論文

2018年6月

靴着用時における歩行中の足甲接触圧の経時変化

人間工学
  • 武末 慎
  • ,
  • Loh Ping Yeap
  • ,
  • 村木 里志
  • ,
  • 濱中 伸介
  • ,
  • 山田 敦志
  • ,
  • 池上 功一
  • ,
  • 和田 健希
  • ,
  • 古達 浩史

54
3
開始ページ
108
終了ページ
114
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本人間工学会

本研究は、靴着用時における歩行中の足甲接触圧分布の特徴を明らかにすることを目的とした。被験者は若年者男性10名であった。足部皮膚上の母趾球上面、第一趾脛側最突出点、腓側中足点、小趾球上面、第二楔状骨点および踵点に薄型圧力センサを貼り付けた状態で足部寸法計測により選定したサイズの測定靴を着用させた。約10mの木板歩行路上を自由歩行の速度で歩行を行い、歩行動作中の足甲接触圧を測定した。母趾球上面および踵点における足甲接触圧の経時変化は踵接地時および足部蹴り出し時において静止立位時の接触圧と比較して有意に高値を示していた。また、第一趾脛側最突出点、腓側中足点および小趾球上面では遊脚期中の接触圧が静止立位時に比べ有意に低かった。荷重の受け継ぎや身体の前進に特に重要な役割を果たしている歩行相では接触圧が増加する部位が多く見られ、足部が地面から離れている遊脚期では靴設計時の隙間により接触圧が低くなる部位があった。以上のように、足と靴の歩行中の足甲接触圧の特徴を明らかにすることができた。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01218&link_issn=&doc_id=20180629370002&doc_link_id=130007678421&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007678421&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01218&link_issn=&doc_id=20180629370002&doc_link_id=%2Fdp5ergon%2F2018%2F005403%2F003%2F0108-0114%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdp5ergon%2F2018%2F005403%2F003%2F0108-0114%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01218&link_issn=&doc_id=20180629370002&doc_link_id=10.5100%2Fjje.54.108&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5100%2Fjje.54.108&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
ID情報
  • ISSN : 0549-4974
  • eISSN : 1884-2844
  • 医中誌Web ID : 2018285113

エクスポート
BibTeX RIS