基本情報

所属
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 国際トップヤングフェロー
学位
博士(理学)(2014年3月 東京大学)

連絡先
toriumi.shinjaxa.jp
研究者番号
30738290
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-1276-2403
J-GLOBAL ID
201801010150385982

2014年3月東京大学大学院地球惑星科学専攻修了。博士(理学)。国立天文台特任助教を経て、2019年4月よりJAXA宇宙科学研究所国際トップヤングフェロー。太陽黒点の形成過程や太陽フレアの発生機構に興味を持ち、数値シミュレーションと観測データ解析の両面から研究を行っています。最近は恒星黒点・恒星フレアに関する研究にも取り組んでいます。ADS Google Scholar

  • 浮上磁場と黒点形成:黒点は太陽内部から磁場が浮上することで形成されますが、内部を光によって観測することはできません。そこで、大規模な数値シミュレーションにより太陽内部から磁場が浮上する様子を再現し、浮上速度などを明らかにしました。また、「日震学」により太陽内部の磁場を検出する手法を開発し、浮上磁場の速度がシミュレーションと一致することを示しました。
  • 黒点ジェットの発生メカニズム:黒点の上空では活発な爆発やジェット噴出が生じます。「ひので」「IRIS」衛星による同時観測と数値シミュレーションの解析を組み合わせ、黒点ジェットが、対流に駆動された磁気リコネクションによって生じることを明らかにしました。→ プレスリリース
  • フレア黒点の研究:太陽フレアは、複雑な形状を持つ黒点に発生しやすいことが知られています。衛星観測データの解析により、フレア黒点の統計的性質を明らかにしました。また、太陽内部の磁場がリアリスティックな熱対流によって浮上し、自発的にフレア黒点を形成する世界初の数値シミュレーションに成功しました。→ 解説記事
  • 多波長ライトカーブによる恒星黒点の探査:恒星は空間分解して観測することが難しいため、恒星全体から届く光によって黒点の性質を探る必要があります。黒点が太陽面をトランジットする際のさまざまな波長帯における明るさの変化(ライトカーブ)を調べ、恒星黒点トランジット時に測定される多波長のライトカーブから恒星黒点の性質を調査する方法を提案しました。→ プレスリリース[NASA,国立天文台,JAXA宇宙研]
  • 次期太陽観測衛星「Solar-C(EUVST)」:2020年代中頃の打ち上げを目指す日本の次期太陽観測衛星「Solar-C(EUVST)」計画において、科学検討とともに、運用体制の構築などに取り組んでいます。



学歴

  3

主要な論文

  40

MISC

  17

主要な講演・口頭発表等

  173

担当経験のある科目(授業)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

学術貢献活動

  7

社会貢献活動

  8

メディア報道

  8