鳥海森

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/27 16:54
 
アバター
研究者氏名
鳥海森
 
トリウミ シン
eメール
toriumi.shinjaxa.jp
URL
https://hinode.nao.ac.jp/user/toriumi/index-j.html
所属
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署
宇宙科学研究所
職名
国際トップヤングフェロー
学位
博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号
30738290
ORCID ID
0000-0002-1276-2403

プロフィール

数値シミュレーションと観測データ解析により、太陽黒点の形成過程や太陽フレアの発生機構に関する研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 国際トップヤングフェロー
 
2014年4月
 - 
2019年3月
自然科学研究機構国立天文台 太陽天体プラズマ研究部 特任助教(国立天文台フェロー)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学 理学部 地球惑星物理学科
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 教養学部 理科I類
 

受賞

 
2017年11月
4th Asia-Pacific Solar Physics Meeting (APSPM 2017) Young Scientist Best Presentation Award
 
2016年11月
大和日英基金 Daiwa Adrian Prizes Understanding magnetic energy release at all scales in the solar atmosphere: from small-scale jets and flares that are seen anywhere on the sun, to large scale explosions that are hard to predict and can have a significant impact on the Earth.
受賞者: L. Harra, L. Calhane, H. Mason, D. Baker, S. Matthews, H. Hara, T. Watanabe, S. Imada, S. Toriumi, T. Shimizu
 
2013年3月
LWS/SDO 2013 Science Workshop Student Poster Award
 
2011年3月
東京大学大学院理学系研究科 研究奨励賞
 

論文

 
H. Hayakawa, Y. Ebihara, E. Cliver, K. Hattori, S. Toriumi, J.J. Love, N. Umemura, K. Namekata, T. Sakaue, T. Takahashi, and K. Shibata
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   484(3) 4083-4099   2019年4月   [査読有り]
https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2019MNRAS.484.4083H/abstract
S. Toriumi and H. Wang
Living Reviews in Solar Physics   16(3) 1-128   2019年5月   [査読有り][招待有り]
https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2019LRSP...16....3T/abstract
Hinode Review Team, K. Al-Janabi, P. Antolin, D. Baker, L.R. Bellot Rubio, L. Bradley, D.H. Brooks, R. Centeno, J.L. Culhane, G. Del Zanna, G.A. Doschek, L. Fletcher, H. Hara, L.K. Harra, A.S. Hillier, S. Imada, J.A. Klimchuk, J.T. Mariska, T.M.D. Pereira, K.K. Reeves, T. Sakao, T. Sakurai, T. Shimizu, M. Shimojo, D. Shiota, S.K. Solanki, A.C. Sterling, Y. Su, Y. Suematsu, T.D. Tarbell, S.K. Tiwari, S. Toriumi, I. Ugarte-Urra, H.P. Warren, T. Watanabe, and P.R. Young
Publications of the Astronomical Society of Japan   71(5) R1   2019年10月   [査読有り]
https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2019PASJ...71R...1H/abstract
S. Toriumi and H. Hotta
Astrophysical Journal Letters   886(1) L21   2019年11月   [査読有り]
https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2019arXiv191103909T/abstract
M. Fujiyama, H. Hayakawa, T. Iju, T. Kawai, S. Toriumi, K. Otsuji, K. Kondo, Y. Watanabe, S. Nozawa, and S. Imada
Solar Physics   294(4) 43   2019年4月   [査読有り]
https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2019SoPh..294...43F/abstract

Misc

 
西塚直人、堀田英之、鳥海 森
プラズマ・核融合学会誌   94(2) 51-57   2018年2月
T. Shimizu, S. Imada, T. Kawate, K. Ichimoto, Y. Suematsu, H. Hara, Y. Katsukawa, M. Kubo, S. Toriumi, T. Watanabe, T. Yokoyama, C.M. Korendyke, H.P. Warren, T. Tarbell, B. De Pontieu, L. Teriaca, U.H. Sch_hle, S. Solanki, L.K. Harra, S. Matthews, A. Fludra, F. Auch_re, V. Andretta, G. Naletto, A. Zhukov
Proceedings of the SPIE   1111807    2019年9月
H. Wang, V. Yurchyshyn, C. Liu, K. Ahn, S. Toriumi, and W. Cao
Research Notes of the American Astronomical Society   2(1) 8   2018年1月
鳥海森
パリティ   32(1) 63   2017年1月   [依頼有り]
鳥海森
天文月報   107(11) 639-646   2014年11月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Comparative Study of Data-driven Coronal Field Models with a Ground-truth Flux Emergence Simulation
S. Toriumi, S. Takasao, M.C.M. Cheung, C. Jiang, Y. Guo, K. Hayashi, S. Inoue
AGU 2019   2019年12月11日   
口頭(10+3分)[SH34B-04]
Flare-productive active regions and delta-spot simulations
S. Toriumi
Astrophysical and Solar MHD Workshop   2019年12月6日   
口頭(25+5分)
鳥海森
プラズマ・核融合学会 第36回年会   2019年11月29日   
口頭(25+5分)[29Bp01]
太陽の謎を追って 〜400年にわたる人類の挑戦〜 [招待有り]
鳥海森
元総社中学校進路講演会   2019年11月22日   
口頭(90分)
鳥海森
2019年度JAXA相模原キャンパス特別公開 太陽系科学の最前線!ミニ講演会   2019年11月2日   
口頭(20分)

競争的資金等の研究課題

 
太陽から恒星へ:シミュレーションと観測に基づく普遍的な黒点・フレア理論の構築
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 鳥海森
数値的観測的アプローチによる太陽活動領域・フレア発生機構の研究
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年8月 - 2016年3月    代表者: 鳥海森
浮上磁場MHD数値計算による太陽磁束生成輸送過程の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 鳥海森