福土 審

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/05 17:07
 
アバター
研究者氏名
福土 審
 
フクド シン
URL
http://www.sendaibrain.org/eng/member/fukudo/index.html
所属
東北大学
部署
医学系研究科
職名
教授
学位
医学博士(東北大学)
その他の所属
東北大学病院心療内科

プロフィール

略歴
1983年 東北大学医学部医学科卒業
    東北大学医学部附属病院心療内科入局、十和田市立中央病院内科研修
1987年 東北大学助手 アメリカ・デュ−ク大学医学部 行動医学教室留学
1990年 東北大学学位、医学博士
1993年 東北大学医学部附属病院心療内科医局長
1997年 東北大学講師、医学部附属病院心療内科副科長
1998年 東北大学助教授
1999年 東北大学大学院医学系研究科 教授 (現職)
2000年 東北大学医学部附属病院心療内科 兼担
2010年 東北大学創生医学応用研究センター脳神経科学コアセンター
      病態脳科学プロジェクト長
2011年 東北大学病院心療内科科長

受賞
日本心身医学会石川記念賞、アメリカ心身医学会若手研究者賞、東北大学沢柳賞、文部科学大臣表彰科学技術賞研究部門、アメリカ消化器病学会マスターズ賞、国際神経消化器病学会 The Most Cited Awardなどを受賞。

所属学会等
日本心身医学会(理事長)、日本内科学会、日本消化器病学会、日本心療内科学会、日本神経消化器病学会、アメリカ心身医学会、アメリカ行動医学会、アメリカ消化器病学会、アメリカ神経消化器病学会、日本行動医学会、機能性消化管障害国際ローマ委員会委員。

専門分野
内科学、心身医学、行動医学、消化器病学、脳内臓相関、殊に消化管生理学を中心とする脳腸相関の病態生理学、ストレス病学、ストレスによって発症・増悪する疾患の研究

http://www.hosp.tohoku.ac.jp/sinryou/s08_sinryou.html

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東北大学病院心療内科 科長
 
2010年4月
 - 
現在
東北大学創生医学応用研究センター脳神経科学コアセンター 病態脳科学プロジェクト長
 
2007年7月
 - 
現在
東北大学グローバルCOE メンバー
 
2004年7月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科行動医学分野 教授
 
2000年5月
 - 
現在
東北大学医学部付属病院心療内科
 
1999年5月
 - 
現在
東北大学 大学院 医学系研究科 教授
 
1999年5月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野 教授
 
1998年7月
 - 
1999年5月
東北大学 医学部 附属病院 助教授
 
1998年7月
 - 
1999年5月
東北大学医学部付属病院心療内科 助教授
 
1997年6月
 - 
1998年6月
東北大学 医学部 附属病院 講師
 
1997年6月
 - 
1998年6月
東北大学医学部付属病院心療内科 講師
 
1993年7月
 - 
1997年6月
東北大学医学部付属病院心療内科 医局長 医局長
 
1987年7月
 - 
1997年6月
東北大学 医学部・附属病院 助手
 
1987年7月
 - 
1997年5月
東北大学医学部付属病院心療内科 助手
 
1987年8月
 - 
1988年9月
アメリカ合衆国デューク大学医学部行動医学教室 research associate
 
1984年9月
 - 
1987年6月
東北大学医学部付属病院診療内科 医員
 
1983年4月
 - 
1987年6月
東北大学医学部付属病院心療内科 医員(研修医)
 
1983年6月
 - 
1984年8月
青森県十和田市立中央病院内科 医員
 
1983年4月
 - 
1983年6月
東北大学医学部附属病院心療内科 医員(研修医)
 

受賞

 
2012年11月
第3回Japan Gut Forum 第3回Japan Gut Club特別研究奨励賞, 2012 過敏性腸症候群におけるコルチコトロピン放出ホルモン関連遺伝子多型
受賞者: 佐々木彩加, 佐藤菜保子, 鈴木直輝, 金澤素, 青木正志, 福土審
 
福土指導
2012年11月
第17回日本心療内科学会 第17回日本心療内科学会優秀演題賞, 2012
受賞者: 鹿野理子
 
福土指導
2012年9月
2012 Joint International Neurogastroenterology and Motility Meeting Abstract Award of 2012 Joint International Neurogastroenterology and Motility Meeting Corticotropin-releasing hormone is associated with exaggerated brain activity and pituitary-adrenal response during colorectal distention in IBS
受賞者: Tanaka Y, Morishita J, Kano M, Kanazawa M, Tashiro M, Fukudo S
 
福土指導
2012年9月
2012 Joint International Neurogastroenterology and Motility Meeting Most Cited Award of Neurogastroenterology and Motility 2011. Altered profiles of intestinal microbiota and organic acids may be the origin of symptoms in irritable bowel syndrome. Neurogastroenterol Motil 22 (5): 512-519, 2010
受賞者: Tana C, Umesaki Y, Imaoka A, Handa T, Kanazawa M, Fukudo S
 
福土指導
2011年11月
第16回日本心療内科学会 第16回日本心療内科学会ベストポスター賞, 2011 中学生における腹部症状およびアレキシサイミア傾向と罹患時の親の気遣い度の検討
受賞者: 遠藤由香, 金澤素, 庄司知隆, 町田知美, 町田貴胤, 野田智子, 本郷道夫, 福土審
 
福土指導
2011年11月
第4回Japan-Functional Dyspepsia Research Society研究会 第4回JFD研究会優秀賞, 2011 Functional Dyspepsiaにおける脳腸相関の病態生理:Virtual Reality Stressとバロスタットによる解析
受賞者: 庄司知隆, 白取美幸, 森下城, 遠藤由香, 金澤素, 本郷道夫, 福土審
 
福土指導
2011年10月
第2回JAPAN GUT FORUM 第2回JAPAN GUT FORUM, 特別研究奨励賞, 2011 過敏性腸症候群における内臓刺激時の神経内分泌反応に対するcorticotropin-releasing hormoneの増強作用
受賞者: 田中 由佳里, 森下 城, 金澤 素, 田代 学, 福土 審
 
福土指導
2011年5月
American Gastroenterological Association (AGA)Foundation Morti L. and Kamla Rustgi International Travel Award
受賞者: 田中 由佳里
 
福土指導
2011年1月
The 1st Tohoku International Symposium on Multidisciplinary Neuroscience Tohoku Neuroscience Young Scientist Poster Presentation Prize
受賞者: 相澤祐一
 
福土指導
2010年10月
第1回Japan Gut Forum 第1回Japan Gut Club特別奨励賞, 2010 過敏性腸症候群における神経発達過程の電気生理学的特性と養育環境
受賞者: 清野静, 渡辺諭史, 伊藤菜見子, 服部大樹, 佐々木康之助, 庄子香織, 金澤素, 仲井邦彦, 佐藤洋, 福土審
 
福土指導
2010年10月
第75回日本消化器心身医学研究会 第75回日本消化器心身医学研究会 並木賞, 2010 過敏性腸症候群における認知柔軟性の性差及び同性間比較
受賞者: 相澤恵美子, 佐藤康弘, 河内山隆紀, 森下城, 金澤素, 嶋啓節, 虫明元, 本郷道夫, 福土審
 
福土指導
2010年6月
仙台青葉ライオンズクラブ 仙台青葉ライオンズクラブ奨学賞
受賞者: 郭胤廷
 
福土指導
2010年1月
東北医学会 平成21年度東北医学会奨学賞
受賞者: 有賀元
 
福土指導
2009年11月
IBSクラブ 第9回IBS Club特別奨励賞 過敏性腸症候群におけるnegative feedback時の脳活動
受賞者: 相澤恵美子 佐藤康弘 河内山隆紀 森下城 渡辺諭史 鹿野理子 金澤素 本郷道夫 福土審
 
福土指導
2009年10月
日本消化器心身医学研究会 第73回日本消化器心身医学研究会並木賞 過敏性腸症候群の症状重症度に及ぼす性的虐待歴の影響
受賞者: 金澤素 Olafur S. Palsson William E. Whitehead 福土審
 
福土指導
2009年10月
公益信託菅原医学振興基金 菅原医学振興基金奨学金
受賞者: 有賀元
 
福土指導
2009年9月
日本神経消化器病学会 第11回日本神経消化器病学会奨励賞 消化器症状を伴う小児の聴性脳幹反応と母親の養育態度の特徴
受賞者: 清野静、渡辺諭史、伊藤菜見子、三浦祥子、小澤鹿子、佐々木康之助、庄子香織、仲井邦彦、佐藤洋、金澤素、福
 
福土指導
2009年6月
American Gastroenterological Association Masters Award  
 
福土審受賞
中枢神経系と消化器系の機能的関連を脳腸相関と言う。その早い時期からの概念形成、データ公刊をはじめ多年の領域への貢献が高く評価されたものである。
2009年3月
東北大学 東北大学総長賞
受賞者: 柿崎真沙子
 
福土指導
2009年3月
東北大学 平成20年度Takahashi Memorial Award
受賞者: 谷莉
 
福土指導
2009年1月
東北医学会 平成20年度東北医学会奨学賞 パーソナリティと睡眠時間の健康影響:心理社会的要因に関する疫学研究
受賞者: 柿崎真沙子
 
福土指導
2008年11月
IBS Club 第8回IBSForum特別奨励賞 過敏性腸症候群における内臓知覚の脳機能画像-催眠変容に抵抗する神経回路の証明-
受賞者: 渡辺諭史照井隆広金澤素濱口豊太相模泰宏庄司知隆遠藤由香本郷道夫伊藤正敏福土審
 
福土指導
2008年9月
日本Neurogastroenterology(神経消化器病)学会 第7回日本Neurogastroenterology(神経消化器病)学会奨励賞 過敏性腸症候群における腸内細菌層および腸内有機酸と症状の関連
受賞者: 多那千絵梅崎良則今岡明美半田知美金澤素福土審
 
福土指導
2008年3月
日本行動医学会 第9回荒記記念賞
受賞者: 金澤素、福土審
 
福土指導
2007年11月
IBS Club 第7回IBS特別奨励賞 母子分離によるIBS様ラットにおけるセロトニン2A受容体の作用
受賞者: 谷莉長谷川涼子中谷久美陰法治, 鈴木秀明服部朝美相澤恵美子金澤素福土審
 
福土指導
2007年11月
GAS研究会 第10回GAS研究会三輪賞
受賞者: 金澤素、渡辺諭史、多那千絵、福土審
 
福土指導
2007年11月
日本Neurogastroenterology(神経消化器病)学会 第6回日本Neurogastroenterology(神経消化器病)学会奨励賞 内蔵感覚の中枢神経プロセシングにおける神経活動同期性の検証
受賞者: 渡辺諭史服部朝美金澤素鹿野理子福土審
 
福土指導
2007年3月
American Psychosomatic Society and the National Institutes of Health The young Neuroscientist Award of American Psychosomatic Society
受賞者: 鹿野理子
 
福土指導
2006年12月
日本学生支援機構 平成18年度優秀学生顕彰事業 学術分野 優秀賞 行動医学分野での研究活動と米国心身医学会での受賞が高く評価された
受賞者: 鈴木秀明
 
福土指導
2006年11月
IBS Club 第6回IBS Club特別奨励賞 福土の指導により「過敏性腸症候群の病態におけるセロトニン受容体3遺伝子多型の役割」にて受賞
受賞者: 相引梨沙、水野資子、尾崎紀夫、石原良子、青木正志、糸山泰人、金澤素、福土審
 
福土指導
2006年10月
日本Neurogastroenterology(神経消化器病)学会 第5回日本Neurogastroenterology(神経消化器病)学会優秀発表賞 福土の指導により「内臓感覚の催眠変容過程におけるFunctional Connectivityの検証」にて受賞
受賞者: 渡辺諭史、金澤素、照井隆広、三根浩敬、谷内一彦、伊藤正敏、福土審
 
福土指導
2006年4月
消化器心身医学研究会 第66回消化器心身医学研究会最優秀発表賞 福土の指導により「内臓知覚時の脳活動に対する催眠暗示の影響」にて受賞
受賞者: 渡辺諭史、金澤素、照井隆広、三根浩敬、濱口豊太、谷内一彦、伊藤正敏、福土審
 
福土指導
2006年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞研究部門 過敏性腸症候群の脳腸相関の研究 過敏性腸症候群の脳腸相関の早期の概念化とその解明の糸口を作った研究に対する受賞
 
福土審受賞
2006年3月
日本行動医学会 第7回日本行動医学会荒木賞,2006 Psychological effects of muscle relaxation on juvenile delinquents.
受賞者: 中谷直樹
 
福土指導
2006年3月
American Psychosomatic Society Scholar Award, American Psychosomatic Society,2006 福土指導により「Brain activation correlated with changes in heart rate and autonomic functions during rectal distention.」にて受賞
受賞者: 鈴木秀明
 
福土指導
2005年8月
IBSクラブ 第5回IBSClub特別奨励賞,2005 古典的条件付け刺激に対するヒト大腸運動と脳血流量の変化
受賞者: 金澤素
 
福土指導
2005年5月
日本心身医学会 第3回日本心身医学会池見賞 Personality and the risk of cancer.
受賞者: 中谷直樹
 
福土指導
2004年11月
国立大学法人東北大学 東北大学沢柳賞プロジェクト部門賞
 
福土審受賞
2004年11月
GAS研究会 第7回GAS研究会最優秀賞 ストレスによるヒト胃底部の知覚過敏と弛緩反応
受賞者: 庄司知隆
 
福土指導
2004年10月
IBSクラブ 第4回IBSクラブ研究奨励賞,2004 福土の指導により「催眠暗示法による脳腸相関の神経メカニズムの解明」にて受賞
受賞者: 渡辺諭史
 
福土指導
2004年6月
日本脳科学会 日本脳科学会奨励賞,2004 福土指導により「ヒトの内臓知覚と情動変化に対する脳機能とカテコールアミン動態」にて受賞
受賞者: 濱口豊太
 
福土指導
2004年1月
東北大学医学部 東北大学医学部奨励賞銀賞 Specific brain processing of emotion by facial expressions in alexithymia:a H2150-PET study
受賞者: 鹿野理子
 
福土指導
2004年1月
宮城県医師会 宮城県医師会奨励賞 Specific brain processing of emotion by facial expressions in alexithymia:a H215 O-PET study
受賞者: 鹿野理子
 
福土指導
2003年11月
IBSクラブ 第3回IBSクラブ特別奨励賞,2003 福土指導により「慢性大腸伸展刺激によるIBS病態モデルの作成及びCRH receptor1の役割」にて受賞
受賞者: 齋藤久美
 
福土指導
2002年11月
IBSクラブ 第2回IBSクラブ特別奨励賞 CRH受容体拮抗薬 a-helical CRH9-41投与前後での大腸機能の変化-IBSと健常人での検討-
受賞者: 相模泰宏
 
福土指導
2002年4月
宮城県臨床検査学会 宮城県臨床検査学会福岡記念賞 大腸電気刺激と内臓知覚検査法の開発?過敏性腸症候群の診断治療に向けて
受賞者: 小竹千枝子
 
福土指導
2002年3月
American Psychosomatic Society Scholar Award Specific brain processing of emotion by facial expressions in alexithymia:aH215O-PET study
受賞者: 鹿野理子
 
福土指導
2001年5月
日本心身医学会 第15回日本心身医学会石川記念賞 パニック障害と過敏性腸症候群の関連・パニック障害からの検討
受賞者: 吉澤正彦
 
福土指導
1995年
第3回国際脳腸相関シンポジウム Travel Award受賞
 
福土審受賞
1994年
アメリカ心身医学会 1994年Early Career Award受賞
 
福土審受賞
1987年
日本心身医学会 第1回石川記念賞受賞
 
福土審受賞

論文

 
Fukudo S, Endo Y, Hongo M, Nakajima A, Abe T, Kobayashi H, Nakata T, Nakajima T, Sameshima K, Kaku K, Mizagliflozin Study Group.
Lancet Gastroenterology & Hepatology   3(9) 603-613   2018年9月   [査読有り]
Fukudo S, Miwa H, Nakajima A, Kinoshita Y, Kosako M, Nakagawa A, Akiho H, Kuroishi K, Johnston JM, Currie M, Ohkusa T
Neurogastroenterology and Motility   e13442   2018年8月   [査読有り]
Kano M, Dupont P, Aziz Q, Fukudo S
Journal of neurogastroenterology and motility      2018年7月   [査読有り]
Muto M, Matsufuji H, Taguchi T, Tomomasa T, Nio M, Tamai H, Tamura M, Sago H, Toki A, Nosaka S, Kuroda T, Yoshida M, Nakajima A, Kobayashi H, Sou H, Masumoto K, Watanabe Y, Kanamori Y, Hamada Y, Yamataka A, Shimojima N, Kubota A, Ushijima K, Haruma K, Fukudo S, Araki Y, Kudo T, Obata S, Sumita W, Watanabe T, Fukahori S, Fujii Y, Yamada Y, Jimbo K, Kawai F, Fukuoka T, Onuma S, Morizane T, Ieiri S, Esumi G, Jimbo T, Yamasaki T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   60(5) 400-410   2018年5月   [査読有り]
Tanaka Y, Kanazawa M, Palsson OS, Tilburg MAV, Gangarosa LM, Fukudo S, Drossman DA, Whitehead WE
Journal of neurogastroenterology and motility   24(1) 87-95   2018年1月   [査読有り]
Kano M, Endo Y, Fukudo S
Frontiers in psychology   9 599   2018年   [査読有り]
Takeoka A, Tayama J, Kobayashi M, Sagara I, Ogawa S, Saigo T, Hayashida M, Yamasaki H, Fukudo S, Shirabe S
Helicobacter   22(6)    2017年12月   [査読有り]
Kano M, Muratsubaki T, Morishita J, Kono K, Mugikura S, Takase K, Ly HG, Dupont P, Van Oudenhove L, Fukudo S
Psychosomatic medicine   79(9) 988-999   2017年11月   [査読有り]
Kano M, Muratsubaki T, Van Oudenhove L, Morishita J, Yoshizawa M, Kohno K, Yagihashi M, Tanaka Y, Mugikura S, Dupont P, Ly HG, Takase K, Kanazawa M, Fukudo S
Scientific reports   7(1) 12425   2017年9月   [査読有り]
Sperber AD, Dumitrascu D, Fukudo S, Gerson C, Ghoshal UC, Gwee KA, Hungin APS, Kang JY, Minhu C, Schmulson M, Bolotin A, Friger M, Freud T, Whitehead W
Gut   66(6) 1075-1082   2017年6月   [査読有り]
Matsudaira K, Oka H, Kawaguchi M, Murakami M, Fukudo S, Hashizume M, Löwe B
General hospital psychiatry   45 7-11   2017年3月   [査読有り]
Ida M, Nishida A, Akiho H, Nakashima Y, Matsueda K, Fukudo S
BioPsychoSocial medicine   11 8   2017年   [査読有り]
Ida M, Nishida A, Akiho H, Nakashima Y, Matsueda K, Fukudo S
BioPsychoSocial medicine   11 7   2017年   [査読有り]
Muratsubaki T, Hattori T, Li J, Fukudo S, Munakata M
Chinese medical journal   129(20) 2409-2415   2016年10月   [査読有り]
Nakaya K, Nagura Y, Hasegawa R, Ito H, Fukudo S
Journal of neurogastroenterology and motility   22(4) 686-693   2016年10月   [査読有り]
Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Hayashi K, Akiho H, Nakashima Y, Haruma K
Journal of gastroenterology   51(9) 874-882   2016年9月   [査読有り]
Fukudo S
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   68(6) 607-615   2016年6月   [査読有り]
Enck P, Aziz Q, Barbara G, Farmer AD, Fukudo S, Mayer EA, Niesler B, Quigley EM, Rajilić-Stojanović M, Schemann M, Schwille-Kiuntke J, Simren M, Zipfel S, Spiller RC
Nature reviews. Disease primers   2 16014   2016年3月   [査読有り]
Fang X, Francisconi CF, Fukudo S, Gerson MJ, Kang JY, Schmulson W MJ, Sperber AD
Gastroenterology      2016年2月   [査読有り]
Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Akiho H, Nakashima Y, Nishida A, Haruma K
Gastroenterology   150(2) 358-66.e8   2016年2月   [査読有り]
Tanaka Y, Kanazawa M, Kano M, Morishita J, Hamaguchi T, Van Oudenhove L, Ly HG, Dupont P, Tack J, Yamaguchi T, Yanai K, Tashiro M, Fukudo S
PloS one   11(7) e0157347   2016年   [査読有り]
Kanazawa M, Miwa H, Nakagawa A, Kosako M, Akiho H, Fukudo S
BioPsychoSocial medicine   10 19   2016年   [査読有り]
Sasaki A, Sato N, Suzuki N, Kano M, Tanaka Y, Kanazawa M, Aoki M, Fukudo S
PloS one   11(2) e0149322   2016年   [査読有り]
Komuro H, Sato N, Sasaki A, Suzuki N, Kano M, Tanaka Y, Yamaguchi-Kabata Y, Kanazawa M, Warita H, Aoki M, Fukudo S
PloS one   11(1) e0147817   2016年   [査読有り]
Matsuzaki J, Hayashi R, Arakawa T, Ueno F, Kinoshita Y, Joh T, Takahashi S, Naito Y, Fukudo S, Chan FK, Hahm KB, Kachintorn U, Fock KM, Syam AF, Rani AA, Sollano JD, Zhu Q, Fujiwara Y, Kubota E, Kataoka H, Tokunaga K, Uchiyama K, Suzuki H, IGICS (The International Gastroenterology Consensus Symposium) Study Group.
Digestion   93(1) 93-102   2016年   [査読有り]
Fukudo S
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   112(11) 1956-1965   2015年11月   [査読有り]
Sato Y, Fukudo S
Clinical journal of gastroenterology   8(5) 255-263   2015年10月   [査読有り]
Otera M, Machida T, Machida T, Abe M, Ichie M, Fukudo S
Clinical journal of gastroenterology   8(5) 275-279   2015年10月   [査読有り]
Fukudo S, Kaneko H, Akiho H, Inamori M, Endo Y, Okumura T, Kanazawa M, Kamiya T, Sato K, Chiba T, Furuta K, Yamato S, Arakawa T, Fujiyama Y, Azuma T, Fujimoto K, Mine T, Miura S, Kinoshita Y, Watanabe M, Sugano K, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology   50(7) 817-818   2015年7月   [査読有り]
Fukudo S, Hongo M, Kaneko H, Takano M, Ueno R
Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   13(7) 1379   2015年7月   [査読有り]
Epidemiology of irritable bowel syndrome.
Endo Y, Shoji T, Fukudo S
Annals of gastroenterology   28(2) 158-159   2015年4月   [査読有り]
Fukudo S, Hongo M, Kaneko H, Takano M, Ueno R
Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   13(2) 294-301.e5   2015年2月   [査読有り]
Fukudo S, Kaneko H, Akiho H, Inamori M, Endo Y, Okumura T, Kanazawa M, Kamiya T, Sato K, Chiba T, Furuta K, Yamato S, Arakawa T, Fujiyama Y, Azuma T, Fujimoto K, Mine T, Miura S, Kinoshita Y, Sugano K, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology   50(1) 11-30   2015年1月   [査読有り]
Tayama J, Nakaya N, Hamaguchi T, Saigo T, Takeoka A, Sone T, Fukudo S, Shirabe S
PloS one   10(6) e0129345   2015年   [査読有り]
Kilpatrick LA, Mayer EA, Labus JS, Gupta A, Hamaguchi T, Mizuno T, Komuro H, Kano M, Kanazawa M, Aoki M, Fukudo S
PloS one   10(4) e0123183   2015年   [査読有り]
Zheng Z, Huang C, Guo Y, Niu K, Momma H, Kobayashi Y, Fukudo S, Nagatomi R
PloS one   10(3) e0119097   2015年   [査読有り]
Fukudo S, Hahm KB, Zhu Q, Sollano JD, Rani AA, Syam AF, Kachintorn U, Suzuki H, Kamiya T, Joh T, Uchiyama K, Naito Y, Takahashi S, Kinoshita Y, Ueno F, Yamagami H, Chan FK, Fock KM, Arakawa T, International Gastrointestinal Consensus Symposium Study Group.
Digestion   91(1) 99-109   2015年   [査読有り]
Sato N, Takagi K, Suzuki T, Miki Y, Tanaka S, Nagase S, Warita H, Fukudo S, Sato F, Sasano H, Ito K
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society   24(9) 1549-1557   2014年11月   [査読有り]
Fukudo S
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   111(7) 1323-1333   2014年7月   [査読有り]
Fukudo S, Ida M, Akiho H, Nakashima Y, Matsueda K
Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   12(6) 953-9.e4   2014年6月   [査読有り]
Saigo T, Tayama J, Hamaguchi T, Nakaya N, Tomiie T, Bernick PJ, Kanazawa M, Labus JS, Naliboff BD, Shirabe S, Fukudo S
BioPsychoSocial medicine   8(1) 10   2014年3月   [査読有り]
Kanazawa M, Fukudo S
Clinical journal of gastroenterology   7(1) 14-18   2014年2月   [査読有り]
Guo Y, Niu K, Momma H, Kobayashi Y, Chujo M, Otomo A, Fukudo S, Nagatomi R
PloS one   9(11) e112289   2014年   [査読有り]
Hida N, Nakamura S, Hahm KB, Sollano JD, Zhu Q, Rani AA, Syam AF, Kachintorn U, Ueno F, Joh T, Naito Y, Suzuki H, Takahashi S, Fukudo S, Fujiwara Y, Kinoshita Y, Uchiyama K, Yamaguchi Y, Yoshida A, Arakawa T, Matsumoto T, IGICS Study Group.
Digestion   89(1) 88-103   2014年   [査読有り]
Fukudo S
Pain   154 Suppl 1 S63-70   2013年12月   [査読有り]
Fukudo S
Nature reviews. Gastroenterology & hepatology   10(10) 569-571   2013年10月   [査読有り]
Hamaguchi T, Kano M, Kanazawa M, Itoh M, Yanai K, Fukudo S
Psychosomatic medicine   75(5) 453-462   2013年6月   [査読有り]
Kano M, Farmer AD, Aziz Q, Giampietro VP, Brammer MJ, Williams SC, Fukudo S, Coen SJ
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   304(8) G687-99   2013年4月   [査読有り]
Kakizaki M, Kuriyama S, Nakaya N, Sone T, Nagai M, Sugawara Y, Hozawa A, Fukudo S, Tsuji I
Journal of sleep research   22(2) 209-216   2013年4月   [査読有り]
[Functional gastrointestinal disorders (FGID): progress in diagnosis and treatments. Topic III. Recent topics; 2. Toward Rome IV criteria].
Fukudo S
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102(1) 105-109   2013年1月   [査読有り]
[Functional gastrointestinal disorders (FGID): progress in diagnosis and treatments. Topic I. Basic knowledge of functional gastrointestinal disorders (FGID); 3. Functional brain imaging studies on brain-gut interactions in functional gastrointestinal dis
Kanazawa M, Fukudo S
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102(1) 17-24   2013年1月   [査読有り]
Kano M, Fukudo S
BioPsychoSocial medicine   7(1) 1   2013年1月   [査読有り]
Sato Y, Saito N, Utsumi A, Aizawa E, Shoji T, Izumiyama M, Mushiake H, Hongo M, Fukudo S
PloS one   8(5) e61108   2013年   [査読有り]
Effect of clomipramine on abdominalpain and brain activation in response to colorectal distention
Fukudo Shin, Itoh N, Kanazawa Motoyori, Watanabe S, Hamaguchi T, Morishita Joe, Kano Michiko, Tashiro M
Neurogastroenterol Motil 24 (2)   137-138   2012年12月   [査読有り]
Corticotropin-releasing hormone is associated with exaggerated brain activity and pituitary-adrenal response during colorectal distention in IBS
Tanaka Yukari, Morishita Joe, Kano Michiko, Kanazawa Motoyori, Tashiro M, Fukudo Shin
Neurogastroenterol Motil 24 (2)   42-S548   2012年12月   [査読有り]
Hypnotic Suggestions Altered Brain Activation Associated with Changes in Heart Rate and Heart Rate Variability During Rectal Distension
Suzuki H, Watanabe S, Tanaka Y, Kanazawa Motoyori, Shimokawa H, Fukudo Shin
Biol Psychiatry 71 (8)   246S   2012年12月   [査読有り]
Medical care for irritable bowel syndrome (IBS) in Japan compared to the US
Kanazawa Motoyori, Whitehead WE, Palsson OS, Turner MJ, Shinozaki M, Okuyama Y, Fukudo Shin
Gastroenterology 142 (5)   S10   2012年12月   [査読有り]
Do protease inhibitors influence visceral pain sensitivity in patients with irritable bowel syndrome ?
Kanazawa Motoyori, Morishita Joe, Tanaka Y, Inooka K, Kano Michiko, Hisamichi K, Mano N, Fukudo Shin
Gastroenterology 142 (5)   S306   2012年12月   [査読有り]
Visceral pain sensitivity to intraluminal distention in the rectum is heightened more than that in the descending colon in patients with irritable bowel syndrome (IBS)
Kanazawa Motoyori, Palsson OS, Turner MJ, Gangarosa LM, Fukudo Shin, Whitehead WE
Gastroenterology 142 (5)   S704   2012年12月   [査読有り]
A stress-related peptide, urocortin 2 enhances gastric accommodation via nitrergic pathway in rats
Ariga H, Amano T, Kurematsu A, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin, Yamato S
Gastroenterology 142 (5)   S303   2012年12月   [査読有り]
Aizawa Emiko, Sato Yasuhiro, Kochiyama Takanori, Saito Naohiro, Izumiyama Masahiro, Morishita Joe, Kanazawa Motoyori, Shima Keisetsu, Mushiake Hajime, Hongo Michio, Fukudo Shin
Gastroenterology   143(5) 1188-1198   2012年11月   [査読有り]
Tayama J, Nakaya N, Hamaguchi T, Tomiie T, Shinozaki M, Saigo T, Shirabe S, Fukudo S
BioPsychoSocial medicine   6(1) 20   2012年10月   [査読有り]
[109th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: educational lecture: 8. Functional dyspepsia: pathophysiology and treatment].
Hongo Michio, Fukudo Shin, Shoji Tomotaka, Endo Yuka, Kanazawa Motoyori, Sato Yasuhiro, Tamura Daisaku
Nihon Naika Gakkai Zasshi   101(9) 2690-2697   2012年9月   [査読有り]
[109th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: educational lecture: 8. Functional dyspepsia: pathophysiology and treatment].
Hongo M, Fukudo S, Shoji T, Endo Y, Kanazawa M, Sato Y, Tamura D
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   101(9) 2690-2697   2012年9月   [査読有り]
Asano Teita, Tanaka Ken-ichiro, Suemasu Shintaro, Ishihara Tomoaki, Tahara Kayoko, Suzuki Toshio, Suzuki Hidekazu, Fukudo Shin, Mizushima Tohru
Biochem Biophys Res Commun   420(2) 444-449   2012年4月   [査読有り]
Suzuki Hideaki, Hirose Masanori, Watanabe Satoshi, Fukuda Koji, Fukudo Shin, Shimokawa Hiroaki
Tohoku J Exp Med   226(1) 3-10   2012年4月   [査読有り]
Tayama Jun, Nakaya Naoki, Hamaguchi Toyohiro, Tomiie Tadaaki, Shinozaki Masae, Saigo Tatsuo, Shirabe Susumu, Fukudo Shin
Biopsychosoc Med   6(1) 20-20   2012年4月   [査読有り]
Kano Michiko, Mizuno Tomoko, Kawano Yuko, Aoki Masashi, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin
Neuropsychobiology   65(2) 76-82   2012年4月   [査読有り]
Seino Shizuka, Watanabe Satoshi, Ito Namiko, Sasaki Konosuke, Shoji Kaori, Miura Shoko, Kozawa Kanoko, Nakai Kunihiko, Sato Hiroshi, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin
PLoS One   7(3) e32913-e32913   2012年4月   [査読有り]
Naito Yuji, Uchiyama Kazuhiko, Kinoshita Yoshikazu, Fukudo Shin, Joh Takashi, Suzuki Hidekazu, Takahashi Shin'ichi, Ueno Fumiaki, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo, Matsumoto Takayuki, Hahm Ki-Baik, Kachintorn Udom, Syam Ari Fahrial, Rani Abdul Aziz, Sollano Jose D, Zhu Qi
Digestion   86(2) 94-106   2012年4月   [査読有り]
Ishimura Norihisa, Amano Yuji, Sollano Jose D, Zhu Qi, Kachintorn Udom, Rani Abdul Aziz, Hahm Ki-Baik, Takahashi Shin'ichi, Arakawa Testuo, Joh Takashi, Matsumoto Takayuki, Naito Yuji, Suzuki Hidekazu, Ueno Fumiaki, Fukudo Shin, Fujiwara Yasuhiro, Kamiya Takeshi, Uchiyama Kazuhiko, Kinoshita Yoshikazu
Digestion   86(2) 136-146   2012年4月   [査読有り]
Sato Naoko, Suzuki Naoki, Sasaki Ayaka, Aizawa Emiko, Obayashi Takeshi, Kanazawa Motoyori, Mizuno Tomoko, Kano Michiko, Aoki Masashi, Fukudo Shin
PLoS One   7(9) e42450-e42450   2012年4月   [査読有り]
Fukudo Shin
Rinsho Shinkeigaku   52(11) 1281-1281   2012年4月   [査読有り]
Asano T, Tanaka K, Suemasu S, Ishihara T, Tahara K, Suzuki T, Suzuki H, Fukudo S, Mizushima T
Biochemical and biophysical research communications   420(2) 444-449   2012年4月   [査読有り]
Suzuki H, Hirose M, Watanabe S, Fukuda K, Fukudo S, Shimokawa H
The Tohoku journal of experimental medicine   226(1) 3-10   2012年1月   [査読有り]
Fukudo S, Kuwano H, Miwa H
Digestion   85(2) 85-89   2012年   [査読有り]
Corticotropin-releasing hormone exaggerates regional brain activity and adrenocorticotropic hormone and cortisol release during colorectal distention in men
Tanaka Yukari, Morishita Joe Kanazawa Motoyori, Hamaguchi T, Tashiro M, Fukudo Shin
Neurosci Res 71 (S)   E82-E83   2011年12月   [査読有り]
Gender differences in brain activity evoked by visceral pain in healghy subjects
Kano Michiko, Coen SJ, Farmer A, Giamietro V, Brammer MJ, Williams SCR, Fukudo Shin, Aziz Q
Neurosci Res 71 (S)   E83   2011年12月   [査読有り]
Formation of negative emotion by visceral sensation
Fukudo Shin
Neurosci Res 71 (S)   E42   2011年12月   [査読有り]
Effect of repetitive transcranial magnetic stimulation on rectal function and emotion in humans
Aizawa Yuuichi, Morishita Joe Kano Michiko Mori T, Izumi SI, Tsutsui K, Iijima T, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin
Neurosci Res 71 (S)   E262   2011年12月   [査読有り]
Increased activation of ventromedial prefrontal cortex during decision making in irritable bowel syndrome
Aizawa Emiko, Kochiyama T, Sato Y, Morishita Joe, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyazaki A, Kano Michiko, Kanazawa Motoyori, Sugiura M, Kawashima R, Mushiake H, Fukudo Shin
Neurosci Res 71 (S)   E370-E371   2011年12月   [査読有り]
Corticotropin-releasing hormone is associated with exaggerated brain activity and pituitary-adrenal response during colorectal distention in men
Tanaka Yukari, Morishita Joe, Kanazawa Motoyori, Hamaguchi T, Tashiro M, Fukudo Shin
Gastroenterology 140 (5)   S57   2011年12月   [査読有り]
Increased postprandial colonic motility is associated with sympathetic nerve activity in patients with irritable bowel syndrome
Tanaka Yukari, Kanazawa Motoyori, Hill CE, Palsson OS, Van Tilburg MA, Turner MJ, Gangarosa LM, Fukudo SHin, Drossman DA, Whitehead WE
Gastroenterology 140 (5)   S527   2011年12月   [査読有り]
Enhanced auditory brainstem responses in children with irritable bowel syndrome and parental bonding style
Seino S, Watanabe S, Itoh N, Sasaki K, Miura S, Shoji K, Kozawa K, Nakai K, Sato H, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin
Gastroenterology 140 (5)   S462   2011年12月   [査読有り]
Increased stomach aches in children are associated with parent ibs status and maladaptive parenting in Japan
Kanazawa Motoyori, Whitehead WE, Levy RL, Seino S, Tatsuta N, Palsson OS, Turner MJ, Endo Yuka, Nakai K, Satoh H, Fukudo Shin
Gastroenterology 140 (5)   S465   2011年12月   [査読有り]
Clomipramine reduces visceral perception-related brain activation in humans
Fukudo Shin, Itoh N, Kanazawa Motoyori, Watanabe S, Hamaguchi T, Morishita Joe, Kano Michiko, Tashiro M
Gastroenterology 140 (5)   S2   2011年12月   [査読有り]
Lubiprostone improves not only spontaneous bowel movement but also quality of life in patients with chronic idiopathic constipation : phase ? randomzed, double-blind, and placebo-controlled study and long-term treatment study in Japan
Fukudo Shin, Hongo Michio, Kaneko H, Takano M, Ueno R
Gastroenterology 140 (5)   S616   2011年12月   [査読有り]
Childrens perception of low parent solicitousness is correlated with alexithymic tenency and FBD symptoms in junior high school students in Japan
Endo Yuka, Shoji Tomotaka, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin, Machida Tomomi, Machida Takatsugu, Noda Satoko, Hongo Michio
Gastroenterology 140 (5)   S467   2011年12月   [査読有り]
Neural substrates of decision making in irritable bowel syndrome
Aizawa Emiko, Kochiyama T, Sato Y, Morishita J, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Kano Michiko, Kanazawa Motoyori, Sugiura M, Kawashima R, Mushiake H, Fukudo Shin
Gastroenterology 140 (5)   S365   2011年12月   [査読有り]
Okami Y, Kato T, Nin G, Harada K, Aoi W, Wada S, Higashi A, Okuyama Y, Takakuwa S, Ichikawa H, Kanazawa M, Fukudo S
Journal of gastroenterology   46(12) 1403-1410   2011年12月   [査読有り]
Aizawa Yuuichi, Morishita Joe, Kano Michiko, Mori Takayuki, Izumi Shin-Ichi, Tsutsui Kenichiro, Iijima Toshio, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin
J Gastroenterol   46(9) 1071-1080   2011年9月   [査読有り]
Kano Michiko, Ito Masatoshi, Fukudo Shin
Psychosom Med   73(7) 588-597   2011年9月   [査読有り]
Okami Y Kato T Nin G Harada K Aoi W Wada S Higashi A Okuyama Y Takakuwa S Ichikawa H Kanazawa M Fukudo S.
J Gastroenterol   46 in press   2011年8月   [査読有り]
Kanazawa M, Watanabe S, Tana C, Komuro H, Aoki M, Fukudo S
Neurogastroenterol Motil   23(8) 754-e332   2011年8月   [査読有り]
Fukudo S, Hongo M, Kaneko H, Ueno R
Neurogastroenterol Motil   23(6) 544-e205   2011年6月   [査読有り]
Shiratori M, Shoji T, Kanazawa M, Hongo M, Fukudo S
Neurogastroenterol Motil   23(4) 323-9, e155   2011年4月   [査読有り]
Miura Soichiro, Sugano Kentaro, Kinoshita Yoshikazu, Fock Kwong Ming, Goh Khean Lee, Gibson Peter
J Gastroenterol Hepatol   26 Suppl 3 2-11   2011年4月   [査読有り]
Fukudo Shin
Biopsychosoc Med   5(1) 1-1   2011年4月   [査読有り][招待有り]
Shinozaki Masae, Kanazawa Motoyori, Palsson Olafur S, Sagami Yasuhiro, Endo Yuka, Hongo Michio, Drossman Douglas A, Whitehead William E, Fukudo Shin
Intern Med   50(5) 375-380   2011年4月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
Kanazawa M, Nakajima S, Oshima T, Whitehead WE, Sperber AD, Palsson OS, Drossman DA, Miwa H, Fukudo S
Journal of neurogastroenterology and motility   21(4) 537-544   2015年10月   [査読有り]
Hypothalamic-pituitary-adrenal axis in gastrointestinal physiology (Chapter 28, Section ?:Neurogastroenterology. Wood JD Section Editor. In; Johnson L Editor. Physiology of the Gastrointenstinal Tract, Fifth Edition, Elsevier, Oxford, UK)
Fukudo Shin
Chapter 28, Section ?:Neurogastroenterology. Wood JD Section Editor. In; Johnson L Editor. Physiology of the Gastrointenstinal Tract, Fifth Edition, Elsevier, Oxford, UK   795-815   2012年12月
座談会: IBSの本態を考える (The GI Forefront )
藤本一眞, 福土審, 福田能啓, 春間賢
The GI Forefront   8(2) 1-10   2012年12月
内臓感覚と不安・抑うつ(久保木富房, 久保千春, 野村忍, 不安・抑うつ研究会 編) (心身相関医学の最新知識)
福土審
心身相関医学の最新知識   19-30   2012年11月
過敏性腸症候群の病態 (Medical Science Digest)
福土審
Medical Science Digest   38(12) 538-541   2012年10月
福土審, 庄司知隆, 遠藤由香, 鹿野理子, 田村太作, 森下城, 佐藤康弘, 町田貴胤, 町田知美, 野田智子, 橋田かなえ, 田中由佳里, 金澤素
心身医学   52(5) 388-395   2012年5月   [査読有り]
過敏性腸症候群 (IBS) 特集: 腸管と免疫・栄養 腸内細菌から疾患を理解する (臨床栄養)
福土審
臨床栄養   120(6) 725-729   2012年5月
消化管機能検査(跡見裕, 井廻道夫, 北川雄光, 下瀬川徹, 田尻久雄, 渡辺守 監修・編集) (日本医師会雑誌)
福土審
日本医師会雑誌   141((特別2)) S108-S110   2012年5月
Fukudo Shin, Kuwano Hiroyuki, Miwa Hiroto
Digestion   85(2) 85-89   2012年4月
心身症研究の動向 (こころの研究と病気 2011)
福土審
こころの研究と病気 2011   81-91   2012年4月
消化器系の心身症 Psychosomatic Diseases of the Digestive System (今日の精神疾患治療指針)
福土審
今日の精神疾患治療指針   641-645   2012年2月
便秘:病気について知りたい!臨床講座 (Pharma Tribune)
福土審
Pharma Tribune   4(2) 17-22   2012年2月
佐藤菜保子, 皆川州正, 福土審
心身医学   52(1) 45-53   2012年1月   [査読有り]
福土審
心身医学   51 45-52   2011年12月
過敏性腸症候群 (irritable bowel syndrome: IBS) (消化器疾患最新の治療2011-2012)
福土審
消化器疾患最新の治療2011-2012   211-215   2011年12月
福土審
日本内科学会雑誌   139-149   2011年12月
IBSの症状が起こる病態はどのようなものですか ( IBS診療 Q&A)
福土審
IBS診療 Q&A   29-36   2011年12月
内臓知覚過敏と中枢神経系 ( G. I. Research)
福土審
G. I. Research   19(6) 534-539   2011年12月
追悼: 鈴木仁一先生惜別の辞 (心身医学)
福土審
心身医学   51(11) 972-973   2011年11月
PPAR???の活性が超内分泌細胞のGLP-1産生を引き起こす (Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology)
村椿智彦, 福土審
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology   6(3) 19-25   2011年11月
追悼: 鈴木仁一先生を悼む (日本心療内科学会雑誌)
福土審
日本心療内科学会雑誌   15(3) 130-131   2011年8月
しつこい下痢・便秘 過敏性腸症候群 ストレスで腸に異変? (きょうの健康)
福土審
きょうの健康   7 54-61   2011年7月
脳腸相関からみたうつ・不安と過敏性腸症候群 (Liaison 21)
福土審
Liaison 21   7-12   2011年5月
過敏性腸症候群(上野川修一, 山本憲二 監修) (世紀を越えるビフィズス菌の研究 ? その基礎と臨床応用から製品開発へ ?)
福土審
世紀を越えるビフィズス菌の研究 ? その基礎と臨床応用から製品開発へ ?   196-201   2011年4月
消化器心身症と脳活動 (専門医のための精神科臨床リュミエール. 精神科領域からみた心身症. )
福土審
専門医のための精神科臨床リュミエール. 精神科領域からみた心身症.   100-106   2011年4月
「気分」を作る内臓感覚 (Abiroh 2011 Horiba’s Information Magazine)
福土審
Abiroh 2011 Horiba’s Information Magazine   10-11   2011年4月
内臓知覚過敏と中枢での症状認知 (Modern Physician)
福土審
Modern Physician   31(3) 292-295   2011年3月
Impact of serotonin transporter gene polymorphism on brain activation by colorectal distention (CYRIC Annual Report 2009)
Fukudo Shin, Kanzawa Motoyori, Mizuno T, Hamaguchi T, Kano Michiko, Watanabe Satoshi, Sagami Yasuhiro, Joji Tomotaka, Endo Yuka, Hongo Michio, Itoyama Y, Yanai K, Tashiro M, Aoki M
CYRIC Annual Report 2009   179-186   2010年12月
消化器疾患:過敏性腸症候群 (今日の診療のために. ガイドライン外来診療)
福土審
今日の診療のために. ガイドライン外来診療   156-162   2010年12月
心身相関の臨床 (心療内科実践ハンドブック. 症例に学ぶ用語集p112-115)
福土審
心療内科実践ハンドブック. 症例に学ぶ用語集p112-115   112-115   2010年12月
過敏性腸症候群 (今日の診断指針 第6版)
福土審
今日の診断指針 第6版   737-739   2010年12月
小腸・大腸運動の生理と病態 (Selected Article 2011. イヤーノート2011 内科・外科等編, 第20版)
福土審, 本郷道夫
Selected Article 2011. イヤーノート2011 内科・外科等編, 第20版   201-208   2010年12月
過敏性腸症候群における脳腸相関 (Masters Award, American Gastroenterological Association, 2009年6月1日受賞報告) (東北医学雑誌)
福土審
東北医学雑誌   122 52-55   2010年12月
過敏性腸症候群におけるSNRIの役割. 身体疾患におけるうつ病とSNRI (SNRIのすべて. 第2版)
福土審
SNRIのすべて. 第2版   189-194   2010年12月
福土審
心身医学   50 915-919   2010年12月
IBS診断・治療ガイドライン2010 (日本医師会雑誌)
福土審
日本医師会雑誌   139(8) SF9-SF12   2010年12月
特集:機能性消化管障害. 過敏性腸症候群の病態 (カレントテラピー)
福土審
カレントテラピー   28(6) 555-560   2010年12月
過敏性腸症候群の最新医療 (仙台市医師会報)
福土審
仙台市医師会報   553 26-28   2010年12月
治療:過敏性腸症候群の病態別の治療 (IBS診療の手引き)
福土審
IBS診療の手引き   68-74   2010年12月
金澤素, 篠崎雅江, 遠藤由香, 相模泰宏, 庄司知隆, Whitehead WE, 本郷道夫, 福土審
心身医学   50 271-275   2010年12月
過敏性腸症候群 (門脇孝, 小室一成, 宮地良樹 編) (ポケット判 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2010-2011)
福土審
ポケット判 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2010-2011   302-310   2010年12月
過敏性腸症候群 (日比紀文編) (からだの科学)
福土審
からだの科学   267 92-96   2010年12月
過敏性腸症候群患者と性的虐待歴の関連性 (消化器心身医学)
金澤素, Palsson OS, Whitehead WE, 福土審
消化器心身医学   17 40-43   2010年12月
8. 問診の実践的な進め方(IBSを疑う症状と診断) (IBS診療の手引き-過敏性腸症候群の鑑別と治療-)
金澤素, 福土審
IBS診療の手引き-過敏性腸症候群の鑑別と治療-   52-57   2010年12月
17. 腹痛・腹部不快感への心身医学的対応 (IBS診療の手引き-過敏性腸症候群の鑑別と治療-)
金澤素, 福土審
IBS診療の手引き-過敏性腸症候群の鑑別と治療-   103-108   2010年12月
うつ病の未病 うつ病の脳機能イメージング (日本未病システム学会雑誌)
鹿野理子, 福土審, 谷内一彦
日本未病システム学会雑誌   16 35-39   2010年12月
下部消化管の機能性疾患 (The GI Forefront)
藤本一眞, 福土 審, 中島 淳, 三輪洋人
The GI Forefront   6(1) 41-49   2010年12月
過敏性腸症候群における患者申告評価の心理計量学的検討:ローマ委員会報告 (Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology)
福土審(訳), Spiegel B, Camilleri M, 他
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology   5(1) 30-34   2010年12月
水系流行性胃腸炎に続く感染性腸炎後過敏性腸症候群における関連遺伝子 (Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology)
福土審(訳), Villani A-C, 他
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology   5(3) 24-29   2010年12月
胃の弛緩不全と知覚過敏は関連する (漢方医学)
福土審
漢方医学   34(3) 233-235   2010年12月
過敏性腸症候群の治療ターゲットとしてのセロトニン受容体 (GI Research )
福土審
GI Research   18 (5) 424-432   2010年10月
【消化管機能検査法のコツ】 大腸感覚測定 バロスタット法 (小児外科)
福土審
小児外科   42(7) 777-780   2010年7月
過敏性腸症候群における患者申告評価の心理計量学的検討: ローマ委員会報告 (Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology)
福土審. (訳) Spiegel B Camilleri M 他
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology   5(1) 30-34   2010年5月
水系流行性胃腸炎に続く感染性腸炎後過敏性腸症候群における関連遺伝子 (Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology )
福土審. (訳) Villani A-C 他
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology   24-29   2010年5月
Functional Brain-Gut Researchの動向 (消化器心身医学)
福土審
消化器心身医学   17(1) 1-5   2010年4月
【脳神経系の情報伝達と疾患 さまざまなシグナル伝達因子の異常が引き起こす精神疾患・発達障害・神経変性疾患のメカニズム】 神経回路・システムの障害 内臓感覚の異常と病態 (実験医学)
福土審
実験医学   28(5) 679-684   2010年3月
福土審
日本内科学会雑誌   99(Suppl.) 79-79   2010年2月
清野静, 清野仁, 本郷道夫, 福土審
心身医学   50(2) 125-135   2010年2月
糖尿病患者の食行動のセルフコントロールに関与していると考えられる要因を,患者の内的,外的側面から多元的にとらえ,セルフコントロール状態を予測する調査票を作成した. I:問題解決を適切に行う判断力,持続力, II:不安のコントロールやストレスへの対処, III:外的状況のもたらす誘惑に対する統制の有無, IV:食事のセルフコントロールに対する動機づけ, V:対人場面において相手を優先し自分の問題をないがしろにする傾向, VI:援助資源の有無の6因子から構成されている.構成概念妥当性は,患者を...
谷莉, 福土審
心身医学   50(1) 11-17   2010年1月
過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)の主要な病態は,消化管運動異常,消化管知覚過敏,心理的異常の3つである.これらの病態は相互に関連しており,ストレスによって消化器症状が発症・増悪するという現象から,過敏性腸症候群の本質は脳腸相関の異常であると考えられている.近年IBS研究においてセロトニンが脳腸相関に関与する神経伝達物質として注目を集めつつある.本総説では,IBSにおけるセロトニンの役割について検討した.
【原始感覚と情動 生体防御系としての情動機構とその破綻】 内臓刺激による不快情動生成機構の解明 (医学のあゆみ)
福土審
医学のあゆみ   232(1) 9-13   2010年1月
【原始感覚と情動 生体防御系としての情動機構とその破綻】 原始感覚による情動の生成とその破綻 (医学のあゆみ)
福土審
医学のあゆみ   232(1) 3-6   2010年1月
下部消化管の機能性疾患 (The GI Forefront)
藤本一眞 福土 審 中島 淳 三輪洋人
The GI Forefront   6(1) 41-49   2010年1月
胃の弛緩不全と知覚過敏は関連する. 特集: 機能性ディスペプシアをどう捉え、どう治療していくか (漢方医学)
福土審
漢方医学   34(3) 233-235   2010年1月
過敏性腸症候群の治療ターゲットとしてのセロトニン受容体. 特集:セロトニンと消化管疾患 (GI Research)
福土審
GI Research   18(5) 424-432   2010年1月
過敏性腸症候群における脳腸相関 Masters Award, American Gastroenterological Association, 2009年6月1日受賞報告. (東北医学雑誌)
福土審
東北医学雑誌   122 52-55   2010年1月
Is colonic hypersensitivity realy a biological marker of irritable bowel syndrome (IBS)? A role of visceral sensitivity on pathophysiology of IBS. Chapter IV. (Irritable Bowel Syndrome)
Kanazawa M, Fukudo S
Irritable Bowel Syndrome   1-8   2009年12月
IBSの診断と治療. 診療Up Date: 日常診療に欠かせない消化管疾患の知識. (Nikkei Medical)
福土審
Nikkei Medical   4 41-43   2009年12月
過敏性腸症候群: 環境・刺激応答の病態生理と治療 (Pharma Medica )
福土審
Pharma Medica   27 135-138   2009年12月
脳腸相関の観点からみた機能性胃腸症 (Vita)
白取美幸, 金澤素, 福土審
Vita   26 52-54   2009年12月
下痢 (IBSを中心に) (本消化器病学会健康ニュース 消化器now)
福土審
本消化器病学会健康ニュース 消化器now   4-5   2009年12月
生物心理社会モデル biopsychosocial model. (日本心身医学会用語事典第2版,)
福土審
日本心身医学会用語事典第2版,   159   2009年12月
機能性消化管障害を診る. 専門家が語るプライマリケアにおける診療のコツ. 便秘型過敏性腸症候群 (日本医事新報)
福土審
日本医事新報   4466 48-52   2009年12月
東北大学心療内科における教育研修の実際
庄司知隆 福土審 遠藤由香 相模泰宏 田村太作 金澤素 本郷道夫
心身医学   49 161-164   2009年12月   [査読有り][依頼有り]
【機能性消化管障害を診る! 専門家が語るプライマリケアにおける診療のコツ】 便秘 便秘型過敏性腸症候群
福土審
日本医事新報   (4466) 48-52   2009年11月   [査読有り][依頼有り]
薬の知識 下痢型過敏性腸症候群に対するラモセトロン塩酸塩治療 (臨床消化器内科)
福土審
臨床消化器内科   24(12) 1639-1644   2009年10月
脳腸相関 brain-gut interactions (日本心身医学会用語事典第2版)
福土審
日本心身医学会用語事典第2版   204   2009年10月
【消化器疾患と遺伝子異常のかかわりを探る】 遺伝子異常は消化管機能異常とどうかかわるのか (分子消化器病)
福土審
分子消化器病   6(3) 234-239   2009年9月
福土審, 金澤素, 鹿野理子, 渡辺諭史, 濱口豊太, 田山淳, 照井隆広, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 森下城, 田代学, 谷内一彦, 本郷道夫
心身医学   49(4) 299-304   2009年4月
福土審
日本消化器病学会雑誌   106(3) 346-355   2009年3月
[Irritable bowel syndrome]
Fukudo S
Nippon Shokakibyo Gakkai zasshi The Japanese journal of gastro-enterology   106 346-355   2009年3月   [査読有り]
佐藤菜保子, 小澤信義, 金澤素, 福土審
心身医学   49(9) 997-1006   2009年9月
目的:妊婦の肥満は周産期リスクと強い関連がある.体重管理は日常の生活スタイルに左右されると考えられ,妊婦の認知と行動の分析が必要である.本研究は,肥満妊婦と非肥満の妊婦はリスク認知ならびに生活行動に違いがあるという仮説を検証した.方法:妊娠12週から出産前までの妊婦110名を対象とした.妊婦のリスク認知と生活行動を評価するPregnancy Behavior Scale(PBS)を用い,質問紙調査ならびに個人面接を行った.非妊娠時body mass indexと妊娠中の体重増加量をもとに,...
庄司知隆, 森下城, 渡辺諭史, 遠藤由香, 相模泰宏, 木村裕子, 町田貴胤, 町田知美, 金澤素, 福土審, 本郷道夫
心身医学   49(7) 777-782   2009年7月
目的Rome IIIでは,functional dyspepsia(FD)を食後愁訴症候群(PDS)と心窩部痛症候群(EPS)に分類している.その病態に内臓知覚異常が有力視されているが,PDSとEPSの内臓知覚異常において相違があるかどうか明らかではない.そこで,大脳誘発電位法と飲水負荷試験の2つの内臓知覚検査を用いてFDの内臓知覚について検討した.方法Rome III診断基準を満たす未受診FD有症被験者(FD non-consulter〔FD-NC〕)および健常者を対象とした.A:FD-...
福土審, 金澤素, 鹿野理子, 渡辺諭史, 濱口豊太, 田山淳, 照井隆広, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 森下城, 田代学, 谷内一彦, 本郷道夫
心身医学   49(4) 299-304   2009年4月
心身症とは,心理社会的ストレスにより,器質的病変あるいは機能的異常を呈する身体疾患である.その病態生理は自律神経・内分泌系を中心に研究されてきた.しかし,過敏性腸症候群を代表格とする心身症の脳機能を明らかにすることで,情動の形成機序をも明らかにしうる可能性が出てきている.内臓への侵害刺激は前帯状回,扁桃体,島などを活性化する.この中でも前帯状回と扁桃体の活性化は,それぞれうつと不安の病態で報告されているものであり,内臓痛と陰性情動が生成する共通の機序があるものと考えられる.われわれが情動と...
東北大学心療内科における教育研修の実際 (心身医学)
庄司知隆, 福土審, 遠藤由香, 相模泰宏, 田村太作, 金澤素, 本郷道夫
心身医学   161-164   2009年2月
IBSと食物・睡眠・ストレス (THE GI FOREFRONT)
篠崎雅江, 福土審
THE GI FOREFRONT   4(2) 116-119   2008年12月
過敏性腸症候群(IBS)の病態の理解-より良い治療のために- (Progress in Medicine)
福土審
Progress in Medicine   28(12) 2837-2840   2008年12月
【過敏性腸症候群(IBS)プラクティカルガイド】 過敏性腸症候群(IBS)の病態の理解 より良い治療のために (Progress in Medicine)
福土審
Progress in Medicine   28(12) 2837-2840   2008年12月
過敏性腸症候群の腸内細菌叢は健常者と異なる (AGA/CGH Review)
多那千絵, 福土審
AGA/CGH Review   13-16   2008年12月
非便秘型過敏性腸症候群に対するセロトニン3受容体拮抗薬の症状の改善効果ならびに便秘誘発作用:ランダム化対照比較臨床試の系統的検索とメタ解析 (AGA/CGH Review)
福土審
AGA/CGH Review   37-40   2008年12月
機能性消化管障害(FGID)の現状と課題-FDとIBSを中心に- (消化管運動)
金子宏, 福土審
消化管運動   11-21   2008年12月
生活習慣病に対する心身医学的治療と従来治療の効果の比較 過敏性腸症候群に対する心身医学的治療の効果 (日本心療内科学会誌)
福土審, 篠崎雅江, 鹿野理子, 金澤素, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 本郷道夫
日本心療内科学会誌   12(3) 140-140   2008年8月
過敏性腸症候群に対する心身医学的治療の効果 (日本心療内科学会誌)
福土審, 篠崎雅江, 鹿野理子, 金澤素, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 本郷道夫
日本心療内科学会誌   140   2008年8月

書籍等出版物

 
消化器疾患: 過敏性腸症候群
泉孝英 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:今日の診療のために. ガイドライン外来診療, 156-162)
日経メディカル開発   2010年1月   
心身相関の臨床
日本心療内科学会用語委員会 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:心療内科実践ハンドブック. 症例に学ぶ用語集, 112-115)
マイライフ   2010年1月   
過敏性腸症候群
金澤一郎 永井良三 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:今日の診断指針 第6版. , 737-739)
医学書院   2010年1月   
小腸・大腸運動の生理と病態. Selected Article 2011
医療情報科学研究所 ed. 福土審, 本郷道夫 (担当:共著, 範囲:Selected Article 2011. イヤーノート2011 内科・外科等編, 第20版, 201-208)
メディックメディア   2010年1月   
SNRIのすべて. 第2版
小山司 樋口輝彦 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群におけるSNRIの役割. 身体疾患におけるうつ病とSNRI., 189-194)
先端医学社   2010年1月   
機能性消化管障害
松枝啓 ed. 福土審, 本郷道夫 (担当:共著, 範囲:RomeIII[日本語版], 1-656)
協和企画   2008年12月   
過敏性腸症候群の診断と治療  〜RomeIII新診断基準を踏まえた合理的アプローチ〜
松枝啓 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲: 過敏性腸症候群の病態生理:トピックス 5)消化管炎症, 68-73)
株式会社医薬ジャーナル社   2008年10月   
専門医のための薬物療法Q&A消化器
渡辺純夫, 三輪洋人 eds. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 92-99)
株式会社中外医学社   2008年9月   
治療
前沢政次, 板東浩 eds. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 54-55)
南山堂   2008年4月   
薬剤の選択と使い方 抗うつ薬と抗不安薬
本郷道夫 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:functional dyspepsiaの治療 , 83-89)
ヴァン・メディカル   2008年4月   
FD診療の手びき-Functional Dyspepsiaの鑑別と治療-
本郷道夫 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:薬剤の選択と使い方-抗うつ薬と抗不安薬, 83-89)
株式会社ヴァンメディカル   2008年3月   
わかりやすい内科学第3版
井村裕夫 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 599-601)
文光堂   2008年3月   
今日の治療指針2008年版(第50巻)?私はこう治療している
山口徹、北原光夫、福井次矢 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 368-370)
医学書院   2008年3月   
自律神経機能検査第4版
日本自律神経学会 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:機能的核磁気共鳴法, 414-416)
文光堂   2008年3月   
内科学,
杉本恒明 矢崎義男 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 875-877)
朝倉書店   2007年12月   
SSRIのすべて
小山司 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 175-180)
先端医学社   2007年12月   
内科学 第9版
杉本恒明, 矢崎義男 eds. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 875-877)
朝倉書店   2007年12月   
スタンダード女性の医療学
本庄英雄 島田和幸 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群と機能性消化管障害., 429-434)
永井書店   2007年12月   
内臓感覚 -脳と腸の不思議な関係-
福土 審
NHK Books   2007年9月   
心身症の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究会作成
小牧元久保千春福土審 ed. 福土審, 金澤素, 篠崎雅江, 遠藤由香, 相模泰宏, 庄司知隆, 本郷道夫 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群の診断・治療ガイドライン 心身症診断・治療ガイドライン 2006, 11-40)
協和企画   2006年12月   
The Functional Gastrointestinal Disorders
Drossman DA, Corazziari E, Delvaux M, Spiller RC, Talley NJ, Thompson WG, Whitehead WE eds. Toner BB, Chang L, Fukudo S, Guthrie E, Locke GR, Norton NJ, Sperber AD, Gender age society culture and the patient's persoective (担当:共著, 範囲:RomeIII, 231-294)
Degnon Associates   2006年12月   
レジデントハンドブック:抗不安薬・睡眠薬・抗うつ薬・気分安定薬の使い方
上島国利久保木富房 ed. 福土 審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群ならびに機能性消化管障害, 197-203)
アルタ出版   2006年12月   
過敏性腸症候群:脳と腸の対話を求めて
佐々木大輔 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:内臓知覚過敏と脳-腸相関, 9-15)
中山書店   2006年12月   
腸内フローラと共生・認識
光岡知足 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:ストレス・過敏性腸症候群と神経内分泌, 71-92)
学会出版センター   2006年12月   
自律神経の基礎と臨床
後藤由夫, 本郷道夫 eds. 福土審 (担当:共著, 範囲:自律神経機能による身体調節とその異常 小腸・大腸運動, 185-196)
医薬ジャーナル社   2006年12月   
今日の治療指針2006年版(第48巻)・私はこう治療している
山口徹,北原光夫,福井次矢 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:心身症, 720-721)
医学書院   2006年5月   
脳とこころの科学
鶴紀子 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:中枢性摂食調節の機構をその病態:ストレスと消化管機能, 58-63)
振興医学出版   2006年5月   
プロバイオティクスとバイオジェニクス
伊藤喜久治 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:プロバイオティクスによる過敏性腸症候群の制御, 87-99)
エヌ・ティー・エス   2005年12月   
長寿科学総合研究成果発表会報告書
福土審
長寿科学振興財団   2005年12月   
臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス
上村直実,菅野健太郎 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群 薬物療法のエビデンスは?, 208-214)
文光堂   2005年12月   
腹痛診療のコツと落とし穴
寺野彰 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:慢性腹痛の機能検査-愁訴の科学的根拠を明らかにする方法, 44-45)
中山書店   2005年4月   
消化器疾患最新の治療2005-2006
戸田剛太郎,菅野健太郎,上西紀夫 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 235-239)
南光堂   2005年4月   
不眠研究会第19回研究発表会
不眠研究会 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群に伴う不眠, 182-186)
三原医学社   2004年12月   
今日の治療指針 2004年版(第46巻)・私はこう治療している
山口徹,北原光夫 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 340-341)
医学書院   2004年4月   
ストレス疾患ナビゲーター(1)
久保木富房 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群.4.心身症の診断基準.第二章診断・治療指針, 66-67)
メディカルレビュー   2004年4月   
ストレス疾患ナビゲーター(2)
久保木富房 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群.8.心身症の治療指針.第二章診断・治療指針, 98-99)
メディカルレビュー   2004年4月   
ストレス疾患ナビゲーター(3)
久保木富房 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群.4.心身症.第五章治療の実際, 194-195)
メディカルレビュー   2004年4月   
専門医に学ぶこころのケア.日常診療のためのヒント(1)
久保木富房 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 104-108)
メジカルビュー   2004年4月   
専門医に学ぶこころのケア.日常診療のためのヒント(2)
久保木富房 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:機能性消化管障害,消化性潰瘍,潰瘍性大腸炎, 109-117)
メジカルビュー   2004年4月   
心身症診断・治療ガイドライン2002《2004年ダイジェスト版》
西間三馨,小牧元監修 ed. 福土審,金澤素,遠藤由香,吉沢正彦,野村泰輔,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 71-84)
協和企画   2004年4月   
消化器病診療-良きインフォームド・コンセントに向けて
財団法人日本消化器病学会 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 126-129)
医学書院   2004年4月   
脳科学研究の現状と課題.脳とこころの病気の解明はここまで進んだ
杉田秀夫,高橋清久 ed. 福土審,谷内一彦,伊藤正敏,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:ストレス研究の進歩:心身症研究の進歩.精神・神経科学振興財団監修, 270-286)
じほう   2003年4月   
改定第3版 外来診療のすべて
高久史麿総監修,溝口秀明,矢崎義雄,狩野庄吾,武藤徹一郎 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 410-411)
メジカルビュー   2003年4月   
実践睡眠障害マニュアル・症例からみた診断と治療のすすめ方
久保木富房,井上雄一 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:身体疾患・精神疾患に伴う睡眠障害.過敏性腸症候群による不眠, 121-124)
ライフ・サイエンス   2003年4月   
脳科学研究推進事業成果発表会報告書
長寿科学振興財団 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:心身症と神経症におけるヒスタミン神経系の異常.平成13年度厚生科学研究脳科学研究推進事業成果発表会報告書, 43-62)
長寿科学振興財団   2002年12月   
レジデントハンドブック:Case Study:一般臨床に役立つ抗不安薬と睡眠薬の使い方
上島国利,久保木富房 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:ライフ・サイクル別 Case Study:過敏性腸症候群ならびに機能性消化管障害, 177-183)
アルタ出版   2002年4月   
脳機能の解明.生命科学の主潮流
赤池紀扶,東英穂,安部康二,久保千春 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:脳腸相関の新たな展開:過敏性腸症候群の病態生理から, 425-435)
ガイア出版   2002年4月   
イヤーノート2002 内科・外科等編,第11版
医療情報科学研究所 ed. 福土審,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:小腸・大腸運動の生理と病態.Selected Article 2002, 169-175)
メディックメディア   2001年4月   
内科で診るうつ診療の手引き
久保木富房 ed. 福土審,金澤素,野村泰輔 (担当:共著, 範囲:消化器系:機能性消化器疾患における心身医学の実践法, 65-70)
ヴァンメディカル   2000年12月   
Bulimiaの臨床
久保木富房 ed. 名倉洋子,金澤素,福土審 (担当:共著, 範囲:Bulimiaの病態;過食行動とストレス性高血糖に及ぼす視床下部ペプチドと自律神経の影響, 27-33)
三輪書店   2000年12月   
ストレスと消化管疾患
佐々木大輔 ed. 福土審,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:消化管機能検査, 227-237)
医薬ジャーナル   1999年12月   
ストレス研究の基礎と臨床・現代のエスプリ別冊
河野友信,石川俊男 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:ストレスと遺伝子発現, 114-124)
至文堂   1999年12月   
Selected Article2000,イヤーノート2000内科・外科等編,第9版
医療情報科学研究所 ed. 福土審,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:小腸・大腸運動の生理と病態, 159-165)
メディックメディア   1999年12月   
わかりやすい内科学
井村裕夫 ed. 福土審,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 445-447)
文光堂   1999年12月   
脳機能の解明・21世紀に向けて
赤池紀扶,東英穂,藤原道弘,小暮久也 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:こころと脳:ストレスと脳腸相関, 373-382)
九州大学出版会   1998年12月   
Gastrointestinal Function,Regulation and disturbances,16
Y.Matsuo, Y.Kasuya, T.Muto, M.Tsuchiya eds. FukudoShin, HongoMichio, MuranakaMotoyasu, NomuraTaisuke, SatakeManabu, KanazawaMotoyori (担当:共著, 範囲:Stress induces hippocampal noradrenaline release and acute gastric mucosal lesion in rats: an in vivo microdialysis study. , 37-45)
Excerpta Medica   1998年12月   
Key Word1997-'98精神
松下正明,倉知正佳,樋口輝彦 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群 irritable bowel syndrome(IBS), 48-49)
先端医学   1997年12月   
性格と病気
H. S. Friedman ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:J. Ratliff-Crain, A. Baum;個体差と健康. ─ 性差, コーピングおよびストレス, 291-318)
創元社   1997年4月   
臨床消化管運動機能測定法入門
本郷道夫 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:内圧:ミニチュアトランスデューサー法, 34-39)
協和企画通信   1996年12月   
心身症の絶食療法
日本絶食療法学会 ed. 福土審,金澤素,菅原隆,野村泰輔,本郷道夫 (担当:共著, 範囲:消化器疾患の絶食療法:過敏性腸症候群を中心に, 144-150)
ヴァン・メディカル   1995年12月   
Biobehavioral Self-regulation:Eastern and Western Perspectives
Tsutsui S ed. Fukudo Shin Muranaka Motoyasu Redford B. Williams Jr (担当:共著, 範囲:Brain-heart interactions on psychophysiology: role of hostility in cardiovascular disease., 559-565)
Springer-Verlag   1995年4月   
タイプA行動パターン・タイプA・敵意・社会的サポートの意義と判定の実際
桃生寛和,木村一博,早野順一郎,保坂隆 ed. 福土審,村中一文,佐々木雅之,野村泰輔,佐竹学 (担当:共著, 範囲:消化器疾患とタイプA/敵意性, 273-279)
星和書店   1993年12月   
タイプA行動パターン・A・敵意・社会的サポートの意義と判定の実際
桃生寛和,木村一博,早野順一郎,保坂隆 ed. 村中一文,福土審 (担当:共著, 範囲:タイプAとタイプBの自律神経系反応の相違について, 239-250)
星和書店   1993年12月   
心身症の臨床検査
桂戴作(心身医療研究会) ed. 福土審,村中一文,野村泰輔,金澤素,遠藤由香 (担当:共著, 範囲:心身医学における負荷試験の重要性, 31-46)
医薬ジャーナル社   1993年12月   
過敏性腸症候群の症状と治療法
佐々木大輔 ed. 福土審,村中一文,野村泰輔,佐竹学 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群の病態:過敏性腸症候群のストレスとの関係, 34-40)
医薬ジャーナル社   1992年12月   
モダン・クリニカルポイント心療内科
中川哲也,末松弘行 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群・脳?腸相関と消化管運動異常, 156-157)
金原出版   1992年12月   
消化管機能・自律神経と消化管ホルモン
豊田隆謙 ed. 福土審 (担当:共著, 範囲:消化管自立神経異常による消化管運動機能障害:過敏性腸症候群, 172-184)
医薬ジャーナル社   1991年12月   
過敏性腸症候群の診断と治療
三好秋馬 ed. 福土審,鈴木仁一 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群の診断:負荷試験を用いた診断の面より, 128-137)
医薬ジャーナル社   1989年12月   
プライマリ・ケア医学・包括医療実践のために 第2版
日野原重明,岡安大仁,岩崎栄,植村研一,平野寛,前沢政次 ed. 福土審,鈴木仁一 (担当:共著, 範囲:過敏性腸症候群, 323-329)
医学書院   1988年12月   

講演・口頭発表等

 
機能性消化管障害の臨床的マーカー同定と治療法の開発
福土審
平成24年度精神神経疾患研究委託費. 心身症の病態解明ならびに効果的治療法の開発研究. 第2回班会議報告会   2012年12月17日   
ストレス関連疾患の分子イメージング: 基礎研究から臨床研究への展開
福土審
東北大学サイクロトロンラジオアイソトープセンター共同利用再開記念シンポジウム   2012年12月11日   
ストレスの病態生理に基づく過敏性腸症候群の診療
福土審
第17回日本心療内科学会総会   2012年11月17日   
敏性腸症候群と機能性ディスペプシア:病態生理の共通性と相違点. 主題演題: FDとNERD、IBSの合併例から学ぶ
福土審
第6回機能性ディスペプシア研究会   2012年11月9日   
ストレス関連疾患の精神神経薬理
福土審
第6回九州地区向精神薬セミナー   2012年10月27日   
脳腸相関と恒常性維持機構
福土審
第65回日本自律神経学会総会   2012年10月25日   
過敏性腸症候群 irritable bowel syndrome
福土審
第79回消化器心身医学研究会学術集会   2012年10月12日   
便秘を中心にした機能性消化管障害のマネジマント
福土審
第54回日本消化器病学会大会. 日本消化器関連学会週間2012   2012年10月10日   
過敏性腸症候群の情動制御
福土審
第70回日本心身医学会中部地方会総会   2012年10月6日   
National Institute of Physiological Sciences International Workshop 2012
Shin Fukudo
National Institute of Physiological Sciences International Workshop 2012   2012年9月14日   
Corticotropin-releasing hormone is associated with exaggerated brain activity and pituitary-adrenal response during colorectal distention in IBS
Tanaka Y, Morishita J, Kano M, Kanazawa M, Tashiro M, Fukudo S
2012 Joint International Neurogastroenterology and Motility Meeting   2012年9月6日   
Effect of clomipramine on abdominal pain and brain activation in response to colorectal distention
Fukudo S, Itoh N, Kanazawa M, Watanabe S, Hamaguchi T, Morishita J, Kano M, Tashiro M
2012 Joint International Neurogastroenterology and Motility Meeting   2012年9月6日   
Stress and Visceral Pain
Shin Fukudo
The 14th World Congress on Pain, International Association for the Study of Pain   2012年8月27日   
Brain-Gut Interactions.
福土審
第54回日本平滑筋学会総会   2012年8月2日   
過敏性腸症候群の最近のトピックス
福土審
第8回旭川消化管生理機能研究会   2012年7月20日   
腸管神経(ENS)ストレスによる腸管運動異常(過敏性腸症候群)と喫煙. ―喫煙科学研究財団特定研究?細胞ストレス・炎症・疾病と喫煙 ? 消化器系を中心として
福土審
第27回喫煙科学研究財団発表会   2012年7月18日   
機能性消化管障害の臨床的マーカー同定と治療法の開発.
福土審
平成24年度精神神経疾患研究委託費. 心身症の病態解明ならびに効果的治療法の開発研究. 第1回班会議報告会   2012年7月1日   
医学系研究科倫理委員会への申請における留意点
福土審
平成24年度東北大学大学院医学系研究科?東北大学病院倫理講習会   2012年6月4日   
過敏性腸症候群に見る心身医学の未来
福土審
第53回日本心身医学会総会   2012年5月26日   
消化管機能と脳機能画像
福土審
53回日本神経学会学術大会   2012年5月25日   
Pathophysiological and therapeutic approach from the east
Shin
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年5月19日   
Medical care for irritable bowel syndrome (IBS) in Japan compared to the US
Kanazawa M, Whitehead WE, Palsson OS, Turner MJ, Shinozaki M, Okuyama Y, Fukudo S
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年5月19日   
A stress-related peptide, urocortin 2 enhances gastric accommodation via nitrergic pathway in rats
Ariga H, Amano T, Kurematsu A, Kanazawa M, Fukudo S, Yamato S
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年5月19日   
Visceral pain sensitivity to intraluminal distention in the rectum is heightened more than that in the descending colon in patients with irritable bowel syndrome (IBS)
Kanazawa M, Palsson OS, Turner MJ, Gangarosa LM, Fukudo S, Whitehead W
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年5月19日   
Do protease inhibitors influence visceral pain sensitivity in patients with irritable bowel syndrome?
Kanazawa M, Morishita J, Tanaka Y, Inooka K, Kano M, Hisamichi K, Mano N, Fukudo S
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年5月19日   
Corticotropin-releasing hormone is associated with exaggerated brain activity and pituitary-adrenal response during colorectal distention in IBS
Tanaka Y, Morishita J, Kanazawa M, Hamaguchi T, Tashiro M, Fukudo S
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年5月19日   
Hypnotic Suggestions Altered Brain Activation Associated with Changes in Heart Rate and Heart Rate Variability During Rectal Distension
Suzuki H, Watanabe S, Tanaka Y, Kanazawa M, Shimokawa H, Fukudo S
The 67th Annual Scientific Convention and Meeting of the Society of Biological Psychiatry   2012年5月3日   
日本消化器病学会IBS診療ガイドライン作成の進捗状況
福土審
第98回日本消化器病学会総会   2012年4月19日   
Medical care for irritable bowel syndrome (IBS) in Japan compared to the US
Kanazawa M, Whitehead WE, Palsson OS, Turner MJ, Shinozaki M, Okuyama Y, Fukudo S
The 113th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2012年3月19日   
Reduction of colorectal distention-induced brain activation by clomipramine in men
Shin Fukudo, Namiko Itoh, Motoyori Kanazawa, Satoshi Watanabe, Toyohiro Hamaguchi, Joe Morishita, Michiko Kano, Manabu Tashiro
The 70th Annual Meeting of American Psychosomatic Society   2012年3月14日   
ストレスと脳腸相関
福土審
11th International Congress of Behavioral Medicine   2012年2月26日   
ストレスと機能性消化管障害
福土審
川口医師会学術講演会   2012年2月22日   
過敏性腸症候群: 診療の現在と未来
福土審
第8回日本消化管学会総会   2012年2月11日   
便秘を伴う機能性消化管障害の最新治療
福土審
第8回日本消化管学会総会   2012年2月11日   
東日本大震災とストレス関連疾患
福土審
日本女医会愛知県支部会学術講演会   2012年2月4日   
過敏性腸症候群の新しい診療.
福土審
須郡市医師会学術講演会(日本医師会生涯教育講座)   2011年11月16日   
日本消化器病学会ガイドライン: 過敏性腸症候群の動向
福土審, 金子宏, 秋穂裕唯, 稲森正彦, 遠藤由香, 奥村利勝, 金澤素, 神谷武, 佐藤研, 千葉俊美, 古田賢司, 大和滋, 荒川哲男, 藤山佳秀, 東健, 藤本一眞, 峯徹哉, 三浦総一郎
第13回日本神経消化器病学会   2011年11月4日   
わが国の下部消化管機能の疫学調査
福土審
Biopsychosocial Medicine   2011年10月29日   
消化管機能と脳機能画像
福土審
第64回日本自律神経学会   2011年10月27日   
過敏性腸症候群: 管腔内環境と管腔内環境の病態
福土審
第42回日本消化吸収学会 日本消化器関連学会週間2011   2011年10月20日   
過敏症腸症候群−消化吸収機能の側面から−.
福土審
第42回日本消化吸収学会 日本消化器関連学会週間2011   2011年10月20日   
新展開するストレスと行動の医学
福土審
東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻グランドシンポジウム   2011年10月18日   
ストレス関連疾患に対する東日本大震災の影響
福土審
平成23年度宮城県医師会医師研修講習会(日本医師会生涯教育講座)   2011年10月4日   
過敏性腸症候群の心身医学
福土審
いわき心身医学懇話会   2011年9月30日   
Neural Pathway of Negative Emotion via Sensation
Shin Fukudo
The Neuroscience 2011   2011年9月17日   
Beyond the Earthquake and Tsunami Disaster: Safe Message from the Japan Neuroscience Society
Shin Fukudo
The Neuroscience 2011   2011年9月16日   
過敏性腸症候群とうつ・不安.
福土審
第6回身体疾患とうつ病研究会学術講演会   2011年9月16日   
内臓感覚から不安・抑うつに至る神経回路
福土審
不安・抑うつ臨床研究会 第12回八ヶ岳シンポジウム   2011年9月11日   
東日本大震災とストレス関連疾患. 仙台・宮城からの報告
福土審, 庄司知隆, 金澤素, 遠藤由香, 鹿野理子, 田村太作, 森下城, 佐藤康弘, 町田貴胤, 町田知美, 野田智子, 橋田かなえ, 田中由佳里, 本郷道夫
第73回日本心身医学会東北地方会   2011年9月10日   
腸管神経(ENS)ストレスによる腸管運動異常(過敏性腸症候群)と喫煙. ―喫煙科学研究財団特定研究?細胞ストレス・炎症・疾病と喫煙 ? 消化器系を中心として
福土審
第26回喫煙科学研究財団発表会   2011年7月22日   
機能性消化管障害の臨床的マーカー同定と治療法の開発
福土審
平成23年度精神神経疾患研究委託費. 心身症の病態解明ならびに効果的治療法の開発研究. 第1回班会議報告会   2011年7月3日   
過敏性腸症候群の最近の話題
福土審
第94回新潟消化器病研究会講演会   2011年7月2日   
日本心身医学会専門医制度
福土審
第52回消化器心身医学研究会   2011年6月10日   
大災害のストレスと心身医学. 仙台・宮城からの報告
福土審, 庄司知隆, 遠藤由香, 鹿野理子, 田村太作, 森下城, 佐藤康弘, 町田貴胤, 町田知美, 野田智子, 橋田かなえ, 田中由佳里, 金澤素
第52回消化器心身医学研究会   2011年6月10日   
Clomipramine reduces visceral perception-related brain activation in humans
Shin Fukudo, Namiko Itoh, Motoyori Kanazawa, Satoshi Watanabe, Toyohiro Hamaguchi, Joe Morishita, Michiko Kano, Manabu Thashiro
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Corticotropin-releasing hormone is associated with ezaggerated brain activity and pituitary-adrenal response during colorectal distention in men
Tanaka Y, Morishita J, Kanazawa M, Hamacuchi T, Tashiro M, Fukudo Shin
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Neural substrates of decision making in irritable bowel syndrome
Aizawa E, Kochiyama T, Sato Y, Morishita Joe, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Kano Michiko, Kanazawa Motoyori, Sugiura M, Kawashima R, Mushiake H, Fukudo Shin
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Childrens perception of low parent solicitousness is correlated with alexithymic tendency and FBD symptoms in junior high school students in Japan
Endo Yuka, Shoji Tomotaka, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin, Machida Tomomi, Machida Takatsugu, Noda Satoko, HOngo Michio
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Lubiprostone improves not only spontaneous bowel movement but also quality of life in patients with chronic idiopathic constipation : phase ? randomized, double-blind, and placebo-controlled study and long-term tretment study in Japan
Fukudo Shin, Hongo Michio, Kaneko H, Takano M, Ueno R
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Increased stomach aches in children are associated with parent ibs status and maladaptive parenting in Japan
Kanazawa Motoyori, Whitehead WE, Levy RL, Seino S, Tatsuta N, Palsson ON, Turner MJ, Endo Yuka, Nakai K, Satoh H, Fukudo Shin
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Enhanced auditory brainstem responses in children with irritable bowel syndrome and parental bonding style
Seino S, Watanabe S, Itoh N, Sasaki K, Miura S, Shoji K, Kozawa K, Nakai K, Sato H, Kanazawa Motoyori, Fukudo Shin
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Increased postprandial colonic motility is associated with sympathetic nerve activity in patients with irritable bowel syndrome
Tanaka Yukari, Kanazawa Motoyori, Hill CE, Palsson OS, Van Tilburg MA, Turner MJ, Gangarosa LM, Fukudo Shin, Drossman DA, Whitehead WE
The 112th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2011年5月7日   
Cross Cultural Worldwide Reporting : Epidemiology of FGID : Symptoms Reporting Tendency, Perceptions/Behavior and Illness in that Region : Japan and Asia
Fukudo Shin
9th International Symposium on Functional Gastrointestinal Disorders.   2011年4月8日   
過敏性腸症候群: What’s new?
福土審
県南地区 過敏性腸症候群勉強会   2011年3月8日   
Psychological tratments for irritable bowel syndrome
Fukudo Shin
2nd Biennial congress of ANMA (Asian Neurogastroenterology and Motility Association)   2011年3月3日   
Epidemiology of Functional Gastrointestinal Disorders in Asia
Shin Fukudo
The 8th Annual Meeting of Japanese Gastroenterological Association   2011年2月10日   
過敏性腸症候群と不安障害
福土審
第3回日本不安障害学会   2011年2月5日   
便秘を伴う機能性腸障害の診断と治療
福土審
第86回九州大腸肛門病懇談会   2011年1月15日   
脳腸相関に対するcorticotropin-releasing hormoneの作用
田中由佳里, 森下城, 金澤素, 田代学, 福土審
第31回CYRIC共同利用者研究報告会議   2010年12月9日   
過敏性腸症候群の診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究
福土審, 伊藤菜見子, 渡辺諭史, 濱口豊太, 森下城, 鹿野理子, 金澤素, 田代学
平成22年度精神神経疾患研究委託費. 心身症の診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究. 第2回班会議報告会   2010年12月1日   
Gene, Environment, and Brain-Gut Interactions in Irritable Bowel Syndrome. Topics on Functional Gastrointestinal Disorders
Fukudo Shin
The 1st Asian Pacific Topic Conference (APTC)   2010年11月26日   
脳腸相関からみたうつ・不安と過敏性腸症候群
福土審
第13回不安とうつのリエゾン治療研究会   2010年11月25日   
身体疾患に潜むうつ病の診断と治療
福土審
第74回日本皮膚科学会東部支部学術大会   2010年11月21日   
脳腸相関と神経伝達
福土審
アスビオファーマ研究講演会   2010年11月19日   
過敏性腸症候群の脳腸相関からみた線維筋痛症
福土審
第2回線維筋痛症学会   2010年11月14日   
過敏性腸症候群の基礎と臨床
福土審
第14回消化管病態研究会   2010年10月22日   
下部消化管自律神経制御の病態
福土審
第63回日本自律神経学会総会   2010年10月22日   
機能性消化管障害の病態と漢方薬による治療
福土審
日本東洋医学会関東甲信越支部総会学会   2010年10月17日   
過敏性腸症候群: 最近の話題
福土審
第12回世田谷区(SMS)臨床消化器病研究会   2010年10月16日   
過敏性腸症候群の研究の動向
福土審
第2回神経消化器病学会   2010年9月30日   
Feasibility and effects of physical exercise in daily life for patients with irritable bowel syndrome
Hamaguchi T, Shimizu K, Tayama J, Tomiie T, Knazawa Motoyori, Sakurai K, Fukudo Shin
11th International Congress of Behavioral Medicine   2010年8月4日   
The effects of self efficacy on the outcome of group cognitive-behavioral intervention including the self-monitoring method
Tayama J, Nishiura K, Hamaguchi T, Tomiie T, Tamai M, Yamasaki H, Hayashida M, Shirabe S, Fukudo Shin
11th International Congress of Behavioral Medicine   2010年8月4日   
The relationships of obesity to job stress, eating behavior, physical activity and social skills in part-timers in Japan
Muratsubaki Tomohiko, Tomiie T, Tayama J, Sakano Y, Fukudo Shin
11th International Congress of Behavioral Medicine   2010年8月4日   
腸管神経(ENS)ストレスによる腸管運動異常(過敏性腸症候群)と喫煙 -喫煙科学研究財団特定研究- 細胞ストレス・炎症・疾病と喫煙- 消化器系を中心として
福土審
第25回喫煙科学研究財団発表会   2010年7月28日   
過敏性腸症候群の診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究
福土審, 金澤素, 鹿野理子, 庄司知隆, 遠藤由香, 本郷道夫
平成22年度精神神経疾患研究委託費. 心身症の診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究. 第1回班会議報告会   2010年7月16日   
消化管内腔の酸と消化器症状.
福土審
第52回日本平滑筋学会総会   2010年7月1日   
過敏性腸症候群に対するセロトニン関連薬を中心とする治療法
福土審
第51回日本心身医学会総会   2010年6月26日   
絶食療法の展望
福土審
第30回日本絶食療法   2010年6月26日   
内臓感覚から作られる情動の役割
福土審
第51回日本心身医学会総会   2010年6月26日   
Drossman DA: “Functional”: What does it mean?
福土審
第2回東北IBSシンポジウム   2010年6月24日   
過敏性腸症候群の最新医療
福土審
第154回仙台市内科医会勉強会   2010年6月7日   
過敏性腸症候群の新たなる展開
福土審
第3回鹿児島IBS研究会   2010年6月4日   
過敏性腸症候群: 脳腸相関と情動のモデル
福土審
第16回Pharma Scienceフォーラム   2010年5月14日   
日本と海外におけるIBS研究の現状と未来
福土審
日本消化器病学会附置研究会 第1回 過敏性腸症候群研究会(IBS研究会)   2010年5月13日   
Phenotyping visceral pain in humans using psychophysiological and brain imaging techniques
Coen SJ, Kano Michiko, Farmer AD, Fukudo Shin, Aziz Q
The 111th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2010年5月1日   
Gender differences in brain activity evoked by visceral pain in healthy subjects
Kano Michiko, Coen SJ, Farmer AD, Fukudo Shin, Aziz Q
The 111th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2010年5月1日   
Motility response to colonic distention is increased in post-infectious irritable bowel syndrome (PI-IBS)
Kanazawa Motoyori, Palsson OS, Van Tilburg MA, Gangarosa LM, Fukudo Shin, Drossman DA, Whitehead WE
The 111th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2010年5月1日   
Efficasy of lubiprostone in patients with constipation with or without irritable bowel syndrome in japan : randomized, placebo-controlled and dose-finding study
Fukudo shin, Hongo Michio, Kaneko H, Ueno R
The 111th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2010年5月1日   
Altered brain activity during rule changes in irritable bowel syndrome
Aizawa E, Sato Y, Kochiyama T, Morishita Joe, Kano Michiko, Kanazawa Motoyori, Hongo Michio, Fukudo Shin
The 111th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2010年5月1日   
The Effect of Histamine 2 Receptor Antagonist on Cerebral Evoked Potentials During Visceral Stimulation in Functional Dyspepsia : Double Blind Randomized Placebo Cntrolled Study
Morishita Joe, Shoji Tomotaka, Endo Yuka, Sagami Yasuhiro, Watanabe S, Kanazawa Motoyori, Machida Tomomi, Machida Takatsugu, Fukudo Shin, MHongo Michio
The 111th Annual Meeting of American Gastroenterological Association   2010年5月1日   

所属学協会

 
 
Neurogastroenterology and Motility(2010/01- 編集委員)(1) , Biopsychosocial Medicine(2007/01- 編集副委員長)(1) , American Neurogastroenterology and Motility & FBG Joint Society (2009/01-2012/12 評議員)(1) , Journal of GAstroenterology and Hepatology(2003/01-2003/12 論文査読者)(1) , Physiology and Behavior(1998/01-1998/12 論文査読者)(1) , Journal of Pediatrics(2004/01- 論文査読者)(1) , Tohoku Journal of Experimental Medicine(1998/01- 論文査読者)(1) , Digestive Disease and Science(1999/01-1999/12 論文査読者)(1) , Psychosomatic Medicine(1998/01- 論文査読者)(1) , Psychosomatic Medicine(1992/01-1993/12 論文査読者)(1) , Gastroenterology(2001/01- 論文査読者)(1) , 日本心療内科学会(1997/01- 論文査読者)(1) , 日本心身医学会(1994/01- 論文査読者)(1) , 日本行動医学会(2003/01- 論文査読者)(1) , 日本行動医学会(2005/01-2012/06 編集委員長)(1) , 日本行動医学会(2003/01- 編集副委員長)(1) , 日本行動医学会(1999/01-)(1) , 日本臨床生理学会(2003/01- 評議員)(1) , 日本臨床生理学会(2003/01-)(1) , 日本適応医学会(2000/01- 評議員)(1) , 日本適応医学会(2000/01-)(1) , Type A Behavior Pattern Conference(1995/01-2003/12 編集委員)(1) , 日本絶食療法学会(1994/01- 理事)(1) , 日本Neurogastroenterology学会(2006/01-2006/12 会長)(1) , 日本Neurogastroenterology学会(2003/01- 理事)(1) , Conference on Colorectal and Anal Function(2001/01-2001/12 会長)(1) , Conference on Colorectal and Anal Function(1996/01- 世話人)(1) , 大腸肛門機能障害研究会(2006/01-2006/12 会長)(1) , 大腸肛門機能障害研究会(1995/01- 世話人)(1) , 消化器心身医学研究会(2004/01-2004/12 会長)(1) , 消化器心身医学研究会(1999/01-1999/12 会長)(1) , 消化器心身医学研究会(1997/01- 世話人)(1) , 消化器心身医学研究会(1996/01-1998/12 監事)(1) , 日本心療内科学会(2002/01- 理事)(1) , 日本心療内科学会(1998/01- 編集委員)(1) , 日本心療内科学会(1996/01- 評議員)(1) , 日本消化器病学会(1996/01- 地方会評議員)(1) , 日本消化器病学会(1984/01-)(1) , 日本内科学会(1983/01-)(1) , 日本心身医学会(2003/01-2003/12 支部例会会長)(1) , 日本心身医学会(2003/01-2005/11 国際心身医学会準備委員)(1) , 日本心身医学会(2002/01-2002/12 拡大編集委員)(1) , 日本心身医学会(1999/01-1999/12 拡大編集委員)(1) , 日本心身医学会(1994/01-2002/12 将来計画広報委員)(1) , 日本心身医学会(1988/01- 評議員)(1) , 日本心身医学会(2002/01- 編集委員)(1) , 日本心身医学会(2002/01-2003/12 認定医試験委員)(1) , 日本心身医学会(2003/01-2003/12 認定医試験実行委員長)(1) , 日本心身医学会(2002/01- 教育研修委員長)(1) , 日本心身医学会(2002/01- 理事)(1) , 日本心身医学会(2002/01- 東北支部長)(1) , 日本心身医学会(1983/01-)(1) , 第18回国際心身医学会(2002/01-2005/01 学術委員長)(1) , アメリカ行動医学会(1988/01-)(1) , アメリカ心身医学会(2004/01-2005/12 プログラム委員)(1) , アメリカ消化器病学会(2003/01-2004/12 査読委員)(1) , アメリカ消化器病学会(1998/01-)(1) , アメリカ心身医学会(1998/01-2000/12 プログラム委員)(1) , アメリカ心身医学会(1991/01-)(1) , GUT(2011/01- 編集委員)(1) , 行動医学研究(2003/04- 編集副委員長、査読者)(1) , Journal of Neurogastroenterology and Motility(2010/01- 編集委員)(1) , Functional Brain-Gut Research Group(1995/01- 委員)(1) , Functional Brain-Gut Research Group(1993/01-)(1) , 国際機能性消化管障害RomeIII委員会(2003/01- 委員)(1)

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 福土審
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年
思春期過敏性腸症候群の病因を解明するための前向き調査を開始するにあたり、まず情報収集を行った。アメリカ消化器病学会に参加し過敏性腸症候群の疫学や病因に関する情報を得ると共に、思春期過敏性腸症候群に関する疫学的な先行研究のデータを発表し、当該分野の第一人者からそれに対する批評・意見を得、本調査で用いる質問紙や方法などに関する討議を行った。次にそれを元に調査に利用する質問票を作成した。質問票には通し番号を付し、プライバシー保護に配慮した。協力依頼文書・SIBSQおよびRIIMQ(過敏性腸症候群...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
【目的】ヒトの内臓感覚を作る脳部位はどこで、どのように制御されるのか?この問題はこれまでほとんど追求されていない。これを解決することが本研究の目的である。内臓知覚過敏と情動異常の双方を示す病態が過敏性腸症候群(IBS)である。その脳機能が解明できれば、内臓知覚から情動形成に至る経路が解明されうる。IBSでは催眠暗示により変化する内臓知覚時の局所脳賦活パターンが健常と異なるという仮説を検証した。【方法】対象は健常対照者(n=12)とIBS患者(n=12)である。直腸にバロスタットバッグを挿入...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年
背景:これまで過敏性腸症候群(Irritable bowel syndrome:IBS)を中心とした機能性消化管障害患者の腹部膨満感に対して、どのような要因が関与しているかについて詳細に検討されてはいない。そこで、本研究においてIBS患者の腹部膨満感は健常者と比較して重症であり、その重症度は消化管知覚・消化管ガス量とあまり関連せず、便通症状と関連するという仮説を検証した。
研究方法:Rome II診断基準を満たしたIBS37例と健常者18例を対象とした。消化器症状重症度をIBS Sever...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
ヒトの内臓感覚を作る脳部位はどこで、どのように制御されるのかを解決することが本研究の目的である。本研究では以下の仮説を検証した。仮説1:消化管の刺激位置により、内臓感覚を作る脳部位が異なる。仮説2:催眠暗示により前頭前野と前帯状回機能が変化し、内臓感覚が変化する。仮説3:感覚刺激による条件づけに関連する脳賦活様式はセロトニントランスポーター遺伝子多型(5-HTTLPR)の影響を受ける。
対象は成人333名である。直腸(n=14)ならびに下行結腸(n=15)にバッグを挿入し、圧伸展刺激を加え...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年
【目的】平成17年度に採取した脳と腸を用いて以下の項目を検討し、感作現象におけるCRH receptor 1 (CRHR1)の役割および過敏性腸症候群(IBS)発症のメカニズムを明らかにする。
1.大腸粘膜の炎症を好中球数、好酸球数、リンパ球数を指標とし、HE染色法にて検討する。
2.脳及び大腸のCRHR1 mRNA発現を免疫組織化学染色法にて検討する。
【対象】Wistar rat♂、6週齢、各群6匹
【方法】trinitrobenzamine sulfonic acid (TNBS)を...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年
近年、がん患者に対する心理的介入が行われ、一部の研究では、生存率、心理指標、生理指標の改善効果が示されている。しかし、効果的な心理的介入方法は現在まで確立されていない。本研究では、早期乳がん患者を対象としたwriting法による自己表出(これまでの辛い出来事等を自由に記載する方法)に焦点を当てた介入の心理指標、生理指標、脳機能に対する効果を検討し、writing法のRCTへの実行可能性を検討した。
対象は以下の基準を満たす者とした:(1)研究登録時点で40歳から70歳以下の女性、(2)乳が...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2006年
脳腸相関とは、中枢神経系と消化管の機能的関連を言う。これは発生学的に古い現象であるが、不明な点が多い。脳腸相関には大きく分けて2つの現象・経路がある。一つはストレスにより、中枢神経系興奮が自律神経内分泌系を介して消化管機能を変容させる現象・経路である。もう一つは、消化管からの信号が求心路から中枢神経系に伝達され、中枢神経機能を変容させる現象・経路である。われわれは、ストレスにより、あるいは、消化管刺激により、脳の特定部位でcorticotropin-releasing hormone(CR...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2003年 - 2005年
過敏性腸症候群は、患者のQuality of Lifeの著しい低下を招き、21世紀に重視されることが確実視される重要な消化器病である。過敏性腸症候群の罹患数は多く、欧米では全人口の8-15%を占め、国の医療費に対する負担も巨額となる。過敏性腸症候群の病態においてはストレス感受性と抑うつ、不安を代表とする心理的異常が深く関与する。しかし、わが国における実態は不明である。ここから、過敏性腸症候群の病態形成における遺伝と環境の相互作用をクロスカルチャー分析することにより、本疾患の発症機序に迫るこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年
本研究の目的は、宮城県の地域住民を対象として1990年に開始した前向きコーホート研究の資料を活用して、追跡期間中に新たにがんに罹患した患者について、病前に測定したパーソナリティおよびストレスと、その後の生存率との関連を検討することである。二年間の研究の最終年度にあたる本年度は、初年度に作成したデータセットを用いて、パーソナリティ及びストレスと生存率との解析を行った。
1990年にベースライン調査として、生活習慣に関する質問票とパーソナリティ質問票(Eysenck Personality Q...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2006年
現在先進諸国において、心身症を代表とするストレス関連疾患の対策が、国民の健康上そして医療経済上重要課題となってきている。また、これらストレス関連疾患の発症は若年でも観察されるようになってきており、年々増加傾向にあると考えられている。過敏性腸症候群や摂食障害は思春期に多くみられるストレス関連疾患の代表的疾患であるが、重症化するまで医療機関を受診しないケースが多く、疫学的にも不明な点が多い。
われわれは両疾患の疫学的調査を行うことにより、本邦における思春期での有症状率や症状に伴う生活の変化、発...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年
機能性消化管障害は、{患者のQuality of Lifeの著しい低下を招き、21世紀に重視されることが確実視される重要な消化器病である。なかでも渦敏性腸症候群の罹患数は多く、欧米では全人口の8-15%を占め、国の医療費に対する負担も巨額となるが、わが国における実態には不明な部分が多い。本研究の目的は欧米の調査法と調和させたわが国における機能性消化管障害の疫学調査の具体的な方法を検討することである。アメリカ・ノースカロライナ大学(研究分担者:Douglas A.Drossman教授、Wil...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年
本研究の目的は、宮城県民47,605名を対象に1990年より実施している大規模コホート研究の長期追跡調査にもとづき、英国の心理学者アイゼンクが開発した性格尺度(外向性/内向性、神経症的傾向、逸脱傾向、律儀さ)と、がんを始めとする疾病との関連を明らかにすることである。
コホート集団の死亡、転出、およびがん罹患に関する追跡調査を行った。死亡と転出に関する追跡調査は、2001年3月まで行った。ベースラインから11年間での死亡者は2,536名(対象者の5.3%)、転出者は2,166名(4.5%)で...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間: 2000年 - 2002年
外科治療を受ける大腸癌患者に簡便な心理療法を行うことにより、大腸癌患者のQOLが向上し、免疫機能が改善するとともに予後が改善する、という仮説検証を目的とする。さらに、大腸癌患者の心理特性が予後に及ぼす効果も検討し、psycho-oncologyにおける看護の役割について考察する。
平成14年度は、平成12年度より引き続き患者を選定し、研究例(心理介入群30例、対照群30例)を目標に、次の要領で研究を進めた。
1.対象:大腸癌患者;心理療法群8例(男性3名、女性5名、平均年齢59.7±7.3...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2002年
本研究の目的は消化管刺激により脳の特定部位で神経伝達物質、特にヒスタミンが放出され、中枢機能を変化させるという仮説を検証し、脳腸相関の物質的基盤を解明することである。まずラットで脳マイクロダイアリシスを行った。大腸伸展刺激によって、海馬のヒスタミンが1.34±0.47pmol/lから4.68±0.58pmol/lに有意に増加した(p<0.05)。この時、高架式十字迷路で検出される不安行動が誘発された。また、ノルアドレナリン遊離を確認し、これらの反応はストレスの鍵物質であるcorticotr...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年
本研究助成により、脳賦活試験法と3次元PETを用いた新しい脳機能研究法の開発である。1)抗ヒスタミン薬の静脈内投与により生じる眠気や認知機能障害のH_2^<15>Oによる脳機能イメージング、2)リガンド賦活法による脳内ヒスタミン遊離測定法の開発、特に腸管バルーンパンピング(内臓痛)による脳内ヒスタミン遊離測定、3)アルツハイマー病におけるH1受容体量の変化である。4)新GCPに基づいた市販後臨床試験(第4相)として、[^<11>C]ドキセピンを用いた第2世代抗ヒスタミンのH1受容体占拠率測...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年
(1)脳賦活法を用いたヒスタミン神経系の研究
様々な神経活動に伴う神経伝達機能を非侵襲的に測定することは極めて重要な研究である。脳内ヒスタミンは覚醒や日内リズムに重要な役割を果たすことが知られている。それに関連して、常用量の第1世代H1ブロッカ-の投与により眠気や認知能力の低下が生じることが知られている。しかしその発生メカニズムについて十分な研究はなされていない。本研究は、まず(1)[^<11>C]ドキセピンを用いてH1受容体占拠率を測定し、眠気発生や認知能力低下にどれだけのH1受容体占拠...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年
研究結果 これまで見出した知見を更に発展させ、正常人(生理)と過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome;IBS)患者(病態生理)を比較することによって、電気刺激下の消化管運動と脳機能検査法をヒトで確立した。広告と掲示で募集した健常成人と典型的IBS患者を対象とし、検査日の朝9:00より全例にX線透視下でOlympus社製大腸videoscope CF-200Lを用いて経肛門的にassemblyを下行結腸-S状結腸接合部に留置した。Assemblyは半導体sensor...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年
研究結果 これまで見出した知見を更に発展させ、正常人(生理)と過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome;IBS)患者(病態生理)を比較することによって、CRHが消化管運動と脳機能に及ぼす影響をヒトで確立した。広告と掲示で募集した健常成人10例と典型的なIBS患者10例を対象とし、検査日の朝9:00より全例にX線透視下でOlympus社製大腸videoscope CF-200Lを用いて経肛門的に半導体sensorのSynectics社製silicon pressure...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年
消化管運動と中枢機能はお互いに影響し合っていると考えられる。しかし、その実態は人体では十分には明らかにされていなかった。この脳腸相関が重要な意味を持つ病態の代表は、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome;IBS)である。IBSは日本や欧米で膨大な医療費が費やされているにもかかわらず原因が解明されていない高頻度難治性疾患であり、Sandler(1990)の報告では人口の2.9%に及ぶとされ、日本でも319万人の罹患患者が潜在すると推定される。従って、消化管運動-脳機...

学歴

 
 
 - 
1990年3月
東北大学 医学研究科 
 
 
 - 
1983年3月
東北大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2011年1月
 - 
現在
GUT  編集委員
 
2010年1月
 - 
現在
Journal of Neurogastroenterology and Motility  編集委員
 
2010年1月
 - 
現在
Neurogastroenterology and Motility  編集委員
 
2003年1月
 - 
現在
日本臨床生理学会  評議員
 
2003年1月
 - 
現在
日本Neurogastroenterology学会  理事
 
2002年1月
 - 
現在
日本心療内科学会  理事
 
2002年1月
 - 
現在
日本心身医学会  編集委員
 
2002年1月
 - 
現在
日本心身医学会  理事
 
2000年1月
 - 
現在
日本適応医学会  評議員
 
1998年1月
 - 
現在
日本心療内科学会  編集委員
 
1996年1月
 - 
現在
日本心療内科学会  評議員
 
1994年1月
 - 
現在
日本絶食療法学会  理事
 
1988年1月
 - 
現在
日本心身医学会  評議員
 
2009年1月
 - 
2012年12月
American Neurogastroenterology and Motility & FBG Joint Society  評議員
 
2005年1月
 - 
2012年6月
日本行動医学会  編集委員長
 
2006年1月
 - 
2006年12月
日本Neurogastroenterology学会  会長
 
2006年1月
 - 
2006年12月
大腸肛門機能障害研究会  会長
 
2004年1月
 - 
2004年12月
消化器心身医学研究会  会長
 
2003年1月
 - 
2004年12月
アメリカ消化器病学会  査読委員
 
1995年1月
 - 
2003年12月
Type A Behavior Pattern Conference  編集委員
 
2001年1月
 - 
2001年12月
Conference on Colorectal and Anal Function  会長
 
1999年1月
 - 
1999年12月
消化器心身医学研究会  会長
 

社会貢献活動

 
[日本国内] アボット感染症アワー
【出演, 寄稿】  日経ラジオ  2008年12月19日
[日本国内] なるほど健康雑学2・東北大リレー講座
【出演, 寄稿】  河北新報  2008年4月21日
内臓感覚・意識されないで脳へ
[日本国内] なるほど健康雑学・東北大リレー講座
【出演, 寄稿】  河北新報  2008年4月7日
ストレス関連疾患・胃腸の不調 脳が関係
[日本国内] なるほど健康雑学:東北大学リレー講座
【出演, 寄稿】  2008年3月31日
ストレスの世紀・10大疾患悪化の要因
[日本国内] なるほど健康雑学2nakaguro
【出演, 寄稿】  2008年3月21日
[日本国内] なるほど健康雑学2・東北大リレー講座
【出演, 寄稿】  河北新報  2008年3月21日
内臓感覚・意識されないで脳へ
[海外・国際] Interes major pentru medicina psihosomatica
【出演, 寄稿】  Adevarul de Cluj  2007年3月7日
ルーマニアの新聞に国際心身医学シンポジウムの講演者として再度取り上げられる。
[海外・国際] Cursul international de medicina psihosomatica
【出演, 寄稿】  Adevarul de Cluj  2007年3月5日
ルーマニアの新聞に国際心身医学シンポジウムの講演者として取り上げられる。
[日本国内] 「過敏な腸」と付き合う
【企画】  朝日新聞  2007年2月12日
過敏性腸症候群のストレスに関して取材を受ける。
[海外・国際] Member Spot Light: Shin Fukudo, MD, PhD
【出演, 寄稿】  The Functional Brain-Gut Research Group News Letter  2006年11月15日
国際組織機能的脳腸グループニューズレターのメンバースポットライトに取り上げられる。

その他

 
2012年11月
公開市民講座: ストレスと過敏性腸症候群. 第54回日本消化器病学会大会・市民公開講座 小腸・大腸の病気 あなたのおなかは大丈夫?
2012年10月
ストレス関連疾患. 東北大学脳科学センター市民講座 脳・神経の病気の解明はどこまで進んでいるか. 河北新報
2012年10月
過敏性腸症候群: 症状の特徴. NHKラジオ朝一番健康ライフ: 見過ごさないで!過敏性腸症候群. NHK 第一放送
2012年10月
過敏性腸症候群: 原因. NHKラジオ朝一番健康ライフ: 見過ごさないで!過敏性腸症候群. NHK 第一放送
2012年10月
過敏性腸症候群: 検査と診断について. NHKラジオ朝一番健康ライフ: 見過ごさないで!過敏性腸症候群. NHK 第一放送
2012年10月
過敏性腸症候群: 治療の方法. NHKラジオ朝一番健康ライフ: 見過ごさないで!過敏性腸症候群. NHK 第一放送
2012年10月
過敏性腸症候群: 脳と腸の不思議な関係. NHKラジオ朝一番健康ライフ: 見過ごさないで!過敏性腸症候群. NHK 第一放送
2012年10月
まずは腸の基本的な役割をチェック. シティリビング
2012年9月
慢性便秘症治療薬 ルビプロストン. スズケンDIアワー. ラジオNIKKEI
2012年9月
公開市民講座: ストレス関連疾患. 東北大学脳科学センター市民講座 脳・神経の病気の解明はどこまで進んでいるか
2012年7月
過敏性腸症候群. ここが聞きたい! 名医にQ: 下痢・便秘 あなたの疑問に答えます! NHK Eテレ
2012年7月
過敏性腸症候群. きょうの健康: しつこい下痢・便秘 過敏性腸症候群 ストレスで腸に異変? NHK Eテレ,
2012年7月
過敏性腸症候群. きょうの健康: しつこい下痢・便秘 過敏性腸症候群 薬・ストレス対策・食事. NHK Eテレ
2012年6月
過敏性腸症候群. ここが聞きたい! 名医にQ: ストレスが原因?下痢・便秘. NHK Eテレ
2012年5月
過敏性腸症候群: 脳幹機能に特徴を発見. 東北大学新聞
2012年4月
脳と腸のつながり 便秘、下痢 心にも悪影響. 讀賣新聞 4月5日, 夕刊
2012年4月   ジャパンガットクラブ奨励金(佐々木彩加)
ジャパンガットクラブ奨励金(佐々木彩加)
2012年2月
公開市民講座: 大震災による身体疾患への影響. 第4回日本不安障害学会
2012年2月
機能性消化管障害. 日本医師会生涯教育講座. ラジオNIKKEI
2011年12月
腸の不調を根治せよ! ためしてガッテン. NHK 総合テレビ
2011年7月
東日本大震災とストレス関連疾患. 薬学の時間. ラジオNIKKEI,
2011年6月
復興の光になる 仙台 東日本大震災から3 カ月 J : COMNet(全国放送)
2011年5月
過敏性腸症候群の脳内信号処理が明らかに 第3回日本不安障害学会. Medical Tribune
2011年5月
日本大震災とストレス関連疾患. Medical Tribune
2011年5月
心身のストレスとその対応について. 東日本大震災〜東北大学研究者からの報告〜東北大学サイエンスカフェ+リベラルアーツサロンスペシャル
2011年4月   心身症の病態解明ならびに効果的治療法の開発研究
心身症の病態解明ならびに効果的治療法の開発研究
2011年4月   機能性消化管障害の臨床的マーカー同定と治療法の開発
主任:2011年 小牧元・国立精神・神経医療研究センター心身医学研究部部長、2012-2013年 安藤哲也・国立精神・神経医療研究センター心身医学研究部 ストレス研究室長
2011年4月   ジャパンガットクラブ奨励金(田中由加里)
ジャパンガットクラブ奨励金(田中由加里)
2010年12月
科学欄連載随筆 プリズム. ストレスの源流をさかのぼる 「嫌な事」では不十分. 河北新報
2010年12月
科学欄連載随筆 プリズム. ストレス研究の老舗 東北大の先人に敬意. 河北新報
2010年12月
科学欄連載随筆 プリズム. ストレスと過敏性腸症候群 人口の10〜20%罹患. 河北新報
2010年12月
科学欄連載随筆 プリズム. ストレスと内臓感覚 脳画像で関係性証明. 河北新報
2010年12月
科学欄連載随筆 プリズム. 脳腸相関の曙 ベルナールが第一歩. 河北新報
2010年11月
科学欄連載随筆 プリズム. ストレスは万病のもとか 症状改善の手掛かり. 河北新報
2010年11月
科学欄連載随筆 プリズム. 研究より面白いものはない 成果を得れば高い評価. 河北新報
2010年9月   ラモセトロン塩酸塩(イリボー錠)製造販売後臨床試験及びYM060第II相試験におけるQOL評価
ラモセトロン塩酸塩(イリボー錠)製造販売後臨床試験及びYM060第II相試験におけるQOL評価
2010年7月
下痢: 感染性やストレス、まず診断を. 体とこころの通信簿. 朝日新聞
2010年6月   腸管神経(ENS)ストレスによる腸管運動異常(過敏性腸症候群)と喫煙
腸管神経(ENS)ストレスによる腸管運動異常(過敏性腸症候群)と喫煙. -喫煙科学研究財団特定研究-細胞ストレス・炎症・疾病と喫煙-消化器系を中心として
2010年4月   ジャパンガットクラブ奨励金(清野静)
ジャパンガットクラブ奨励金(清野静)
2010年2月
これってストレス?体の不調と脳の秘密. ストレスと健康. 元気・健康フェア in とうほく
2010年1月   ストレス科学研究助成金
ストレス科学研究助成金
2010年1月   過敏性腸症候群患者のバイオマーカー探索
過敏性腸症候群患者のバイオマーカー探索
2010年1月   過敏性腸症候群患者のバイオマーカー探索
小野薬品では、ストレスを負荷したラットの尿中において、対照群と比較して変動する物質を見出している。本試験において、東北大学病院で採取したサンプル中のこれらの物質の量を小野薬品で測定し、IBSのバイオマーカーとして同定する。
2009年12月
病は気から〜脳腸相関〜. 第4回脳カフェ. 東北大学サイエンスカフェ共同開催. 杜の都で脳を語る
2009年10月
みやぎ健康塾. 胃腸と心 深い関係. 読売新聞, 10月27日号
2009年9月
公開市民講座: 気持ちと腸の症状.  神経消化器病学会講演会: お腹の症状を探る〜気持ちとお腹 人からペットまで〜
2009年9月
講義: ストレスと心と身体. 平成21年度大学模擬講義, 秋田県立横手高等学校
2009年9月
みやぎ健康塾. 読売新聞, 9月27日号
2009年7月
特別講義:ストレスと心と身体. 平成21年度東北大学公開講座 (オープンキャンパス)
2009年2月
公開市民講座: ストレスと心と身体. TBCカルチャーセンター講演会
2008年12月
ラジオ放送: 過敏性腸症候群と腸内環境. アボット感染症アワー
2008年9月
平成20年度大学模擬講義, 秋田県立横手高等学校
2008年4月   心身症診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究
心身症診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究
2008年4月   機能性消化管障害助成金(小野薬品)
機能性消化管障害助成金(小野薬品)
2008年3月   IBSクラブ奨励金(谷莉)
IBSクラブ奨励金(谷莉)
2007年4月   急激に社会問題化している心身症の克服モデル
急激に社会問題化している心身症の克服モデル
2007年2月   IBSクラブ奨励金IV
IBSクラブ奨励金IV
2007年1月   5-HT3研究助成金
5-HT3研究助成金
2006年9月   消化器ストレス研究基金
消化器ストレス研究基金
2006年9月   インターネットによる一般市民の過敏性腸症候群の実態調査
インターネットによる一般市民の過敏性腸症候群の実態調査
2006年9月   過敏性腸症候群の重症度・QOL調査
過敏性腸症候群の重症度・QOL調査
2006年6月   行動医学研究助成(佐藤玄徳)
行動医学研究助成(佐藤玄徳)
2006年3月   IBSクラブ奨励金III
IBSクラブ奨励金III
2005年4月   過敏性腸症候群の診断・治療ガイドラインを用いた臨床的実証研究
過敏性腸症候群の診断・治療ガイドラインを用いた臨床的実証研究
2005年4月   労働ストレスと中枢ストレス反応性の関連に関する研究
労働ストレスと中枢ストレス反応性の関連に関する研究
2005年4月   過敏性腸症候群の病態におけるストレスの役割
過敏性腸症候群の病態におけるストレスの役割
2005年3月   過敏性腸症候群研究ヤクルト基金
過敏性腸症候群研究ヤクルト基金
2005年3月   ゲーム‐アレキシサイミア基金
ゲーム‐アレキシサイミア基金
2005年2月   Bifidobacteriumの過敏性腸症候群に対する投与試験
Bifidobacteriumの過敏性腸症候群に対する投与試験
2005年2月   脳腸伝達物質寄付金
脳腸伝達物質寄付金
2004年12月   IBSクラブ奨励金II
IBSクラブ奨励金II
2004年10月   中山‐アレキシサイミア基金
中山‐アレキシサイミア基金
2004年9月   機能性消化管障害助成金
機能性消化管障害助成金
2004年4月   沢柳賞プロジェクト研究
沢柳賞プロジェクト研究
2004年2月   IBSクラブ奨励金
IBSクラブ奨励金
2003年5月   行動医学研究(田辺製薬)
行動医学研究(田辺製薬)
2002年9月   行動医学研究
行動医学研究
2002年4月   過敏性腸症候群の症状評価法の開発
過敏性腸症候群の症状評価法の開発
2001年12月   ストレス関連疾患に対するCRH-R1拮抗薬JTCO17の開発に関する研究
ストレス関連疾患に対するCRH-R1拮抗薬JTCO17の開発に関する研究
2001年4月   高齢者の機能性消化管障害に対する漢方薬の効果
高齢者の機能性消化管障害に対する漢方薬の効果
2000年4月   循環器心身症研究
循環器心身症研究
1999年4月   ストレス・消化管運動とアレルギー・消化管免疫に関する研究
ストレス・消化管運動とアレルギー・消化管免疫に関する研究
1999年4月   過敏性腸症候群の診断・治療ガイドラインに関する研究
過敏性腸症候群の診断・治療ガイドラインに関する研究
1999年4月   心身症と神経症におけるヒスタミン神経系の異常に関する研究
心身症と神経症におけるヒスタミン神経系の異常に関する研究
1999年4月   電気刺激による大脳誘発電位に関する検討
電気刺激による大脳誘発電位に関する検討
1999年4月   行動医学研究(ツムラ)
行動医学研究(ツムラ)
1997年4月   青年期の過敏性腸症候群の病態と治療に関する研究
青年期の過敏性腸症候群の病態と治療に関する研究