後藤 新悟

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/07 22:22
 
アバター
研究者氏名
後藤 新悟
 
ゴトウ シンゴ
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/nifts/introduction/chart/0702/index.html
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツゲノムユニット
職名
主任研究員
学位
博士(食品栄養科学)(静岡県立大学)

プロフィール

博士号取得後は大学でのポスドクを経て、生物研にて複合病害抵抗性イネの開発、JIRCASにて干ばつに強いイネの開発を行ってきました。これら研究所では一貫して遺伝子組換え技術を用いたイネの育種に興味を持ち取り組んできました。
現在では農研機構果樹茶部門にて種なしカンキツ育種の効率化のために雄性不稔性選抜マーカーの開発を行っています。開発したマーカーが公設試験場等においても利用できるように技術普及にも取り組みたいです。将来的にはゲノム育種技術とNBT技術を組み合わせ画期的なカンキツ品種を開発したいと考えています。また、これら技術が社会に正しく認知されるように大学での講義や科学館でのセミナーも行ってます。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 主任研究員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 研究員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
農研機構 果樹研究所 カンキツ研究領域 研究員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
JIRCAS 生物資源・利用領域 特別研究員
 
2007年9月
 - 
2013年3月
農業生物資源研究所 遺伝子組換え研究センター 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年3月
静岡県立大学大学院 博士課程  
 

受賞

 
2015年11月
育種学会中部支部会 育種学会中部地区談話会 優秀ポスター賞 カンキツ後代における雄性不稔性の遺伝様式
 

論文

 
Minamikawa MF, Nonaka K, Kaminuma E, Kajiya-Kanegae H, Onogi A, Goto S, Yoshioka T, Imai A, Hamada H, Hayashi T, Matsumoto S, Katayose Y, Toyoda A, Fujiyama A, Nakamura Y, Shimizu T, Iwata H
Scientific reports   7(1) 4721   2017年7月   [査読有り]
Maruyama K, Ogata T, Kanamori N, Yoshiwara K, Goto S, Yamamoto YY, Tokoro Y, Noda C, Takaki Y, Urawa H, Iuchi S, Urano K, Yoshida T, Sakurai T, Kojima M, Sakakibara H, Shinozaki K, Yamaguchi-Shinozaki K
The Plant Journal   89(4) 671-680   2017年2月   [査読有り]
Shimada T, Endo T, Rodríguez A, Fujii H, Goto S, Matsuura T, Hojo Y, Ikeda Y, Mori IC, Fujikawa T, Peña L, Omura M
Tree physiology   37(5) 654-664   2017年1月   [査読有り]
Shimizu T, Kitajima A, Nonaka K, Yoshioka T, Ohta S, Goto S, Toyoda A, Fujiyama A, Mochizuki T, Nagasaki H, Kaminuma E, Nakamura Y
PLoS ONE   11(11) e0166969   2016年11月   [査読有り]
Suzuki T, Pervin M, Goto S, Isemura M, Nakamura Y
Molecules (Basel, Switzerland)   21(10)    2016年9月   [査読有り]
Isemura M, Ohishi T, Monira P, Goto S, Nakamura Y
Anti-inflammatory & anti-allergy agents in medicinal chemistry   15(3) 1-17   2016年9月   [査読有り]
Shimizu T, Kaminuma E, Nonaka K, Yoshioka T, Goto S, Matsumoto T, Katayose Y, Mochizuki T, Tanizawa Y, Toyoda A, Fujiyama A, Nakamura Y
Acta Horticulturae   1135 23-32   2016年9月   [査読有り]
Goto S, Yoshioka T, Kita M, Ohta S, Shimizu T
Acta Horticulturae   1135 103-108   2016年9月   [査読有り]
Goto S, Yoshioka T, Ohta S, Kita M, Hamada H, Shimizu T
PLoS ONE   11(9) e0162408   2016年9月   [査読有り]
Goto S, Sasakura-Shimoda F, Yamazaki M, Hayashi N, Suetsugu M, Ochiai H, Takatsuji H
Plant Biotechnology Journal   14(4) 1127-1138   2016年4月   [査読有り]

Misc

 
南川舞、他
農研機構プレスリリース      2017年7月   [査読有り]
高辻博志, 後藤新悟, 下田(笹倉)芙裕子, 末次舞, SELVARAJ Michael Gomez, 林長生, 石谷学, 霜野真幸, 菅野正治, 松下茜, 七夕高也
農業生物資源研究所主な研究成果   2014 14-15   2015年7月
高辻博志, 後藤 新悟
生物研ニュース   56 4   2015年4月
高辻博志、後藤 新悟
農業生物資源研究所プレスリリース      2015年2月
複数の病害に強いイネ
常陽新聞2月27日      2015年2月
研究成果紹介記事
複数病害に強いイネ
化学工業日報2月13日   6面   2015年2月
研究成果紹介記事
水稲を病気に強く
日本農業新聞2月13日   12面   2015年2月
研究成果紹介記事
Food Watch Japan 2012年食の10大ニュース      2012年12月
研究紹介記事
つくばサイエンスニュース      2013年8月
研究紹介記事

書籍等出版物

 
“二重膜オルガネラの遺伝学”, 蛋白質核酸酵素 増刊
後藤新悟, 丹羽康夫, 小林裕和 (担当:共著, 範囲:アクティベーションタギングと葉緑体機能発現.)
共立出版   2005年11月   
“Photosynthesis: Fundamental Aspects to Global Perspectives”
Goto S, Niwa Y, Kobayashi H (担当:共著, 範囲:Development into the functional chloroplast involves a receptor-like kinasein Golgi vesicles in Arabidopsis.)
International Society of Photosynthesis Research   2005年   

講演・口頭発表等

 
ウンシュウミカン後代における雄性不稔性連鎖マーカーの開発
後藤新悟, 吉岡照高, 太田智喜, 多正幸, 濱田宏子, 清水徳朗
園芸学会平成29年度秋季大会(酪農学園大学)   2017年9月4日   
恒常性および感染応答性プロモーターを用いたBSR1発現病害抵抗性イネの改良 3.いもち病およびごま葉枯病抵抗性について
前田哲, 後藤新悟, 高辻博志, 森昌樹
日本育種学第131回講演会(名古屋大学)   2017年3月   
温州ミカン後代集団におけるカンキツ雄性不稔性QTLの検出とその効果の検証
後藤新悟, 吉岡照高, 太田智, 喜多正幸, 濱田宏子, 清水徳朗
日本育種学第131回講演会(名古屋大学)   2017年3月   
交雑育種によるウンシュウミカン改良の可能性について
太田智, 藤井浩, 島田武彦, 清水徳朗, 濱田宏子, 野中圭介, 後藤新悟, 遠藤朋子, 吉岡照高
園芸学会平成29年度春季大会(日本大学生物資源科学部)   2017年3月   
High-density genetic map construction of citrus and structure analysis with reference genome sequence
Tokuro Shimizu, Eli Kaminuma, Keisuke Nonaka, terutaka yoshioka, Shingo Goto, Toshimi Matsumoto, Yuichi Katayose, Takako Mochizuki, Yasuhiro Tanizawa, Atsushi Toyoda, Asao Fujiyama, Yasukazu Nakamura
International Symposium on Tropical and Temperate Horticulture   2016年11月   

担当経験のある科目

 
 
  • 植物生理学 (農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域)

競争的資金等の研究課題

 
学振: 科研費若手B
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 後藤 新悟

特許

 
特許US9605271 B2 : Disease resistant plant expressing WRKY45 under control of infection-responsive promoter.
高辻博志, 後藤 新悟
カナダ特許出願2803324 : Disease resistant plant expressing WRKY45 under control of infection-responsive promoter.
高辻博志、後藤 新悟
小林 裕和, 丹羽 康夫, 後藤 新悟

社会貢献活動

 
ポスドク、任期付き研究員を経た私のキャリアパス
【講師】  園芸学会男⼥共同参画委員  園芸学研究者を⽬指す学⽣のためのキャリアパスセミナー  2017年9月2日
【講師】  静岡科学館る・く・る  2017年2月5日

その他

 
2017年4月   複合病害抵抗性イネの第一種使用規程の承認
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程承認申請(8件)
https://www.biodic.go.jp/bch/bch_3_11_9.html
2015年4月   複合病害抵抗性イネの第一種使用規程の承認
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程承認申請(8件)
https://www.biodic.go.jp/bch/bch_3_11_7.html
2014年4月   複合病害抵抗性イネの第一種使用規程の承認
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程承認(1件)
https://www.biodic.go.jp/bch/bch_3_11_6.html
2012年5月   複合病害抵抗性イネの第一種使用規程の承認
遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用規程承認申請(6件)
https://www.biodic.go.jp/bch/bch_3_11_4.html