中川 真一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/27 16:58
 
アバター
研究者氏名
中川 真一
 
ナカガワ シンイチ
eメール
nakagawaspharm.hokudai.ac.jp
URL
https://sites.google.com/rnabiol.com/home
所属
北海道大学
部署
大学院薬学研究院 創薬科学部門
職名
教授
学位
理学博士(京都大学)
科研費研究者番号
50324679

研究分野

 
 

経歴

 
2016年5月
 - 
現在
北海道大学大学院 薬学研究院 教授
 
2010年4月
 - 
2016年4月
理化学研究所 准主任研究員
 
2005年4月
 - 
2010年3月
理化学研究所 独立主幹研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
理化学研究所 発生再生科学総合研究センター 研究員
 
2000年4月
 - 
2002年3月
京都大学 大学院・生命科学研究科 助手
 

論文

 
Taiwa K, Yokoi S, Mito M, Fujii K, Kimura Y, Iwasaki S, Nakagawa S
RNA (New York, N.Y.)      2018年9月   [査読有り]
Ahmed ASI, Dong K, Liu J, Wen T, Yu L, Xu F, Kang X, Osman I, Hu G, Bunting KM, Crethers D, Gao H, Zhang W, Liu Y, Wen K, Agarwal G, Hirose T, Nakagawa S, Vazdarjanova A, Zhou J
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(37) E8660-E8667   2018年9月   [査読有り]
Gast M, Rauch BH, Nakagawa S, Haghikia A, Jasina A, Haas J, Nath N, Jensen L, Stroux A, Böhm A, Friebel J, Rauch U, Skurk C, Blankenberg S, Zeller T, Prasanth KV, Meder B, Kuss A, Landmesser U, Poller W
Cardiovascular research      2018年8月   [査読有り]
Yamazaki T, Souquere S, Chujo T, Kobelke S, Chong YS, Fox AH, Bond CS, Nakagawa S, Pierron G, Hirose T
Molecular cell   70(6) 1038-1053.e7   2018年6月   [査読有り]
Lin H, Miyauchi K, Harada T, Okita R, Takeshita E, Komaki H, Fujioka K, Yagasaki H, Goto YI, Yanaka K, Nakagawa S, Sakaguchi Y, Suzuki T
Nature communications   9(1) 1875   2018年5月   [査読有り]
Fox AH, Nakagawa S, Hirose T, Bond CS
Trends in biochemical sciences   43(2) 124-135   2018年2月   [査読有り]
Mito M, Kadota M, Tanaka K, Furuta Y, Abe K, Iwasaki S, Nakagawa S
Scientific reports   8(1) 1143   2018年1月   [査読有り]
Mello SS, Sinow C, Raj N, Mazur PK, Bieging-Rolett K, Broz DK, Imam JFC, Vogel H, Wood LD, Sage J, Hirose T, Nakagawa S, Rinn J, Attardi LD
Genes & development   31(11) 1095-1108   2017年6月   [査読有り]
Chujo T, Yamazaki T, Kawaguchi T, Kurosaka S, Takumi T, Nakagawa S, Hirose T
The EMBO journal   36(10) 1447-1462   2017年5月   [査読有り]
Poller W, Dimmeler S, Heymans S, Zeller T, Haas J, Karakas M, Leistner DM, Jakob P, Nakagawa S, Blankenberg S, Engelhardt S, Thum T, Weber C, Meder B, Hajjar R, Landmesser U
European heart journal      2017年4月   [査読有り]
Chen X, He L, Zhao Y, Li Y, Zhang S, Sun K, So K, Chen F, Zhou L, Lu L, Wang L, Zhu X, Bao X, Esteban MA, Nakagawa S, Prasanth KV, Wu Z, Sun H, Wang H
Cell discovery   3 17002   2017年   [査読有り]
Quesnel-Vallières M, Dargaei Z, Irimia M, Gonatopoulos-Pournatzis T, Ip JY, Wu M, Sterne-Weiler T, Nakagawa S, Woodin MA, Blencowe BJ, Cordes SP
Molecular cell   64(6) 1023-1034   2016年12月   [査読有り]
Sakaguchi T, Hasegawa Y, Brockdorff N, Tsutsui K, Tsutsui KM, Sado T, Nakagawa S
Developmental cell   39(1) 11-12   2016年10月   [査読有り]
Ishida K, Miyauchi K, Kimura Y, Mito M, Okada S, Suzuki T, Nakagawa S
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   20(11) 887-901   2015年9月   [査読有り]
West JA, Mito M, Kurosaka S, Takumi T, Tanegashima C, Chujo T, Yanaka K, Kingston RE, Hirose T, Bond C, Fox A, Nakagawa S
The Journal of cell biology   214(7) 817-830   2016年9月   [査読有り]
Yamada N, Hasegawa Y, Yue M, Hamada T, Nakagawa S, Ogawa Y
PLoS genetics   11(8) e1005430   2015年8月   [査読有り]
Anantharaman A, Jadaliha M, Tripathi V, Nakagawa S, Hirose T, Jantsch MF, Prasanth SG, Prasanth KV
Scientific reports   6 34043   2016年9月   [査読有り]
Nakagawa S
Biochimica et biophysica acta   1859(1) 177-183   2015年6月   [査読有り]
Adriaens C, Standaert L, Barra J, Latil M, Verfaillie A, Kalev P, Boeckx B, Wijnhoven PW, Radaelli E, Vermi W, Leucci E, Lapouge G, Beck B, van den Oord J, Nakagawa S, Hirose T, Sablina AA, Lambrechts D, Aerts S, Blanpain C, Marine JC
Nature medicine   22(8) 861-868   2016年8月   [査読有り]
Peters T, Hermans-Beijnsberger S, Beqqali A, Bitsch N, Nakagawa S, Prasanth KV, de Windt LJ, van Oort RJ, Heymans S, Schroen B
PloS one   11(2) e0150236   2016年2月   [査読有り]
Ip JY, Sone M, Nashiki C, Pan Q, Kitaichi K, Yanaka K, Abe T, Takao K, Miyakawa T, Blencowe BJ, Nakagawa S
Scientific reports   6 27204   2016年6月   [査読有り]
Yoshimoto R, Mayeda A, Yoshida M, Nakagawa S
Biochimica et biophysica acta   1859(1) 192-199   2015年10月   [査読有り]
Mito M, Kawaguchi T, Hirose T, Nakagawa S
Methods (San Diego, Calif.)   98 158-165   2016年4月   [査読有り]
Zong X, Nakagawa S, Freier SM, Fei J, Ha T, Prasanth SG, Prasanth KV
Nucleic acids research   44(6) 2898-2908   2016年4月   [査読有り]
Hirose T, Nakagawa S
Biochimica et biophysica acta   1859(1) 1-2   2016年1月   [査読有り]
Gast M, Schroen B, Voigt A, Haas J, Kuehl U, Lassner D, Skurk C, Escher F, Wang X, Kratzer A, Michalik K, Papageorgiou A, Peters T, Loebel M, Wilk S, Althof N, Prasanth KV, Katus H, Meder B, Nakagawa S, Scheibenbogen C, Schultheiss HP, Landmesser U, Dimmeler S, Heymans S, Poller W
Journal of molecular cell biology   8(2) 178-181   2016年1月   [査読有り]
Nakagawa S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1206 107-122   2015年   [査読有り]
Okada Y, Nakagawa S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1262 21-35   2015年   [査読有り]
Standaert L, Adriaens C, Radaelli E, Van Keymeulen A, Blanpain C, Hirose T, Nakagawa S, Marine JC
RNA (New York, N.Y.)   20(12) 1844-1849   2014年12月   [査読有り]
Hasegawa Y, Nakagawa S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1262 333-348   2015年   [査読有り]
Ishizuka A, Hasegawa Y, Ishida K, Yanaka K, Nakagawa S
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   19(9) 704-721   2014年9月   [査読有り]
Nakagawa S, Shimada M, Yanaka K, Mito M, Arai T, Takahashi E, Fujita Y, Fujimori T, Standaert L, Marine JC, Hirose T
Development (Cambridge, England)   141(23) 4618-4627   2014年12月   [査読有り]
Nakagawa S, Kageyama Y
Biochimica et biophysica acta   1839(3) 215-222   2014年3月   [査読有り]
Nakagawa S, Hirano T
Nature structural & molecular biology   21(3) 207-208   2014年3月   [査読有り]
Hirose T, Virnicchi G, Tanigawa A, Naganuma T, Li R, Kimura H, Yokoi T, Nakagawa S, Bénard M, Fox AH, Pierron G
Molecular biology of the cell   25(1) 169-183   2014年1月   [査読有り]
Naganuma T, Nakagawa S, Tanigawa A, Sasaki YF, Goshima N, Hirose T
The EMBO journal   31(20) 4020-4034   2012年10月   [査読有り]
Murota Y, Ishizu H, Nakagawa S, Iwasaki YW, Shibata S, Kamatani MK, Saito K, Okano H, Siomi H, Siomi MC
Cell reports   8(1) 103-113   2014年7月   [査読有り]
Hirose T, Nakagawa S
Biomolecular concepts   3(5) 415-428   2012年10月   [査読有り]
Nakagawa S, Hirose T
Cellular and molecular life sciences : CMLS   69(18) 3027-3036   2012年9月   [査読有り]
Nakagawa S, Ip JY, Shioi G, Tripathi V, Zong X, Hirose T, Prasanth KV
RNA (New York, N.Y.)   18(8) 1487-1499   2012年8月   [査読有り]
Ip JY, Nakagawa S
Development, growth & differentiation      2011年11月   [査読有り]
Hasegawa Y, Nakagawa S
RNA biology   8 735-739   2011年9月   [査読有り]
Nakagawa S, Prasanth KV
Trends in cell biology   21(6) 321-327   2011年6月   [査読有り]
Tsuiji H, Yoshimoto R, Hasegawa Y, Furuno M, Yoshida M, Nakagawa S
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   16(5) 479-490   2011年5月   [査読有り]
Nakagawa S, Naganuma T, Shioi G, Hirose T
The Journal of cell biology   193(1) 31-39   2011年4月   [査読有り]
Hasegawa Y, Brockdorff N, Kawano S, Tsutui K, Tsutui K, Nakagawa S
Developmental cell   19(3) 469-476   2010年9月   [査読有り]
Kubo F, Nakagawa S
Development (Cambridge, England)   136(11) 1823-1833   2009年6月   [査読有り]
Suga A, Taira M, Nakagawa S
Developmental biology   330(2) 318-328   2009年6月   [査読有り]
Nishimoto Y, Nakagawa S, Hirose T, Okano HJ, Takao M, Shibata S, Suyama S, Kuwako K, Imai T, Murayama S, Suzuki N, Okano H
EMBO J   31 4020-4034   2013年7月   [査読有り]
Kubo F, Nakagawa S
Development, growth & differentiation   50 245-251   2008年5月   [査読有り]
Takahashi Y, Watanabe T, Nakagawa S, Kawakami K, Sato Y
Methods in cell biology   87 271-280   2008年   [査読有り]
Chida D, Nakagawa S, Nagai S, Sagara H, Katsumata H, Imaki T, Suzuki H, Mitani F, Ogishima T, Shimizu C, Kotaki H, Kakuta S, Sudo K, Koike T, Kubo M, Iwakura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104(46) 18205-18210   2007年11月   [査読有り]
Sone M, Hayashi T, Tarui H, Agata K, Takeichi M, Nakagawa S
Journal of cell science   120(15) 2498-2506   2007年8月   [査読有り]
Watanabe T, Saito D, Tanabe K, Suetsugu R, Nakaya Y, Nakagawa S, Takahashi Y
Developmental biology   305(2) 625-636   2007年5月   [査読有り]
Sato Y, Kasai T, Nakagawa S, Tanabe K, Watanabe T, Kawakami K, Takahashi Y
Developmental biology   305(2) 616-624   2007年5月   [査読有り]
Tanabe K, Takahashi Y, Sato Y, Kawakami K, Takeichi M, Nakagawa S
Development (Cambridge, England)   133(20) 4085-4096   2006年10月   [査読有り]
Aoki H, Hara A, Nakagawa S, Motohashi T, Hirano M, Takahashi Y, Kunisada T
Experimental eye research   82 265-274   2006年2月   [査読有り]
Kubo F, Takeichi M, Nakagawa S
Development (Cambridge, England)   132(12) 2759-2770   2005年6月   [査読有り]
Tanabe K, Takeichi M, Nakagawa S
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   229(4) 899-906   2004年4月   [査読有り]
Nakagawa S, Takada S, Takada R, Takeichi M
Developmental biology   260(2) 414-425   2003年8月   [査読有り]
Kubo F, Takeichi M, Nakagawa S
Development (Cambridge, England)   130(3) 587-598   2003年2月   [査読有り]
Takeichi M, Nakagawa S
Current protocols in cell biology   Chapter 9 Unit 9.3   2001年5月   [査読有り]
Takeichi M, Nakagawa S, Aono S, Usui T, Uemura T
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   355(1399) 885-890   2000年7月   [査読有り]
Redies C, Ast M, Nakagawa S, Takeichi M, Martínez-de-la-Torre M, Puelles L
The Journal of comparative neurology   421(4) 481-514   2000年6月   [査読有り]
Honjo Y, Nakagawa S, Takeichi M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   5(4) 309-318   2000年4月   [査読有り]
Ephrin-B regulates the Ipsilateral routing of retinal axons at the optic chiasm.
Nakagawa S, Brennan C, Johnson KG, Shewan D, Harris WA, Holt CE
Neuron   25(3) 599-610   2000年3月   [査読有り]
Aono S, Nakagawa S, Reynolds AB, Takeichi M
The Journal of cell biology   145(3) 551-562   1999年5月   [査読有り]
Wöhrn JC, Nakagawa S, Ast M, Takeichi M, Redies C
Neuroscience   90(3) 985-1000   1999年3月   [査読有り]
Neural crest emigration from the neural tube depends on regulated cadherin expression.
Nakagawa S, Takeichi M
Development (Cambridge, England)   125(15) 2963-2971   1998年8月   [査読有り]
Wöhrn JC, Puelles L, Nakagawa S, Takeichi M, Redies C
The Journal of comparative neurology   396(1) 20-38   1998年6月   [査読有り]
Arndt K, Nakagawa S, Takeichi M, Redies C
Molecular and cellular neurosciences   10(5/6) 211-228   1998年4月   [査読有り]
Arndt K, Nakagawa S, Takeichi M, Redies C
Molecular and cellular neurosciences   10(5-6) 211-228   1998年4月   [査読有り]
Nakagawa S, Takeichi M
Development, growth & differentiation   39(4) 451-455   1997年8月   [査読有り]
Neural crest cell-cell adhesion controlled by sequential and subpopulation-specific expression of novel cadherins.
Nakagawa S, Takeichi M
Development (Cambridge, England)   121(5) 1321-1332   1995年5月   [査読有り]

Misc

 
水戸麻理, 中川真一
実験医学   33(20) 3402-3406   2015年12月
若井道仁, 中川真一
実験医学   33(20) 3296-3297   2015年12月
川口哲哉, 廣瀬哲郎, 中川真一
実験医学   33(14) 2283-2289   2015年9月
【ノンコーディングRNAテキストブック 最新の医学・創薬研究、方法論とマイルストーン論文200報】 (第2章)長鎖ノンコーディングRNAのマイルストーン研究 総論 長鎖ncRNA研究の歴史と現状
中川 真一
実験医学   33(20) 3266-3269   2015年12月
【ノンコーディングRNAテキストブック 最新の医学・創薬研究、方法論とマイルストーン論文200報】 (第2章)長鎖ノンコーディングRNAのマイルストーン研究 核内構造体IncRNA 染色体機能とIncRNA
若井 道仁, 中川 真一
実験医学   33(20) 3296-3297   2015年12月
【ノンコーディングRNAテキストブック 最新の医学・創薬研究、方法論とマイルストーン論文200報】 (第2章)長鎖ノンコーディングRNAのマイルストーン研究 その他のIncRNA関連トピック IncRNA複合体解析法の登場
中川 真一
実験医学   33(20) 3304-3305   2015年12月
【ノンコーディングRNAテキストブック 最新の医学・創薬研究、方法論とマイルストーン論文200報】 (第2章)長鎖ノンコーディングRNAのマイルストーン研究 その他のIncRNA関連トピック IncRNA解析の問題点と遺伝学的解析
中川 真一
実験医学   33(20) 3308-3309   2015年12月
【ノンコーディングRNAテキストブック 最新の医学・創薬研究、方法論とマイルストーン論文200報】 (第4章)ncRNA研究をはじめよう RNA細胞内局在の高解像度解析
水戸 麻理, 中川 真一
実験医学   33(20) 3402-3406   2015年12月
RNAの局在を可視化する手法として最も古くから使われている手法が、in situハイブリダイゼーションである。その原理は、固定した細胞に対してラベルしたプローブを高特異性条件下でハイブリダイズさせ、ラベルを検出することで細胞内局在を調べるというきわめてシンプルなものであるが、感度、特異性、ともにいまだこれを上回る技術は開発されていない。本稿ではin situハイブリダイゼーションを行う際の留意点、および、RNA局在を超解像顕微鏡を用いて観察する手法を解説する。(著者抄録)
【長鎖ノンコーディングRNA:遺伝子発現制御メカニズム別・機能リファレンス】 【メカニズム mRNAと相互作用するIncRNA】 レトロトランスポゾン配列を介して形成される二本鎖RNAによる遺伝子発現制御
石田 賢太郎, 中川 真一
細胞工学   34(1) 38-42   2014年12月
【生命分子を統合するRNA-その秘められた役割と制御機構 分子進化・サイレンシング・non-coding RNAからRNA修飾・編集・RNA-タンパク質間相互作用まで】 (第2章)転移因子・ウイルスと宿主の"せめぎ合い"と遺伝子サイレンシング 概論 転移因子・ウイルスと宿主のせめぎ合いによりもたらされるゲノム進化
中川 真一
実験医学   31(7) 1047-1054   2013年5月
日常生活のタイムスケールにおいてゲノムDNAは不変であり、その安定性が生命現象の基盤となっているのは周知の事実である。ところが、数億年という単位で物事が進む進化的なタイムスケールでみるとこの常識は必ずしも真ではなく、むしろ、ゲノムDNAが変化していくことこそ生命の本質であるという見方もできよう。前者のタイムスケールにおいては、情報はDNAからRNAを経てタンパク質へとほぼ一方向に流れていくが、後者のタイムスケールにおいては逆転写反応を介したRNAからDNAへの情報の流れも端倪すべからざる大...
中川真一
生化学   82(1) 42-46   2010年1月
これまでに知られている機能性核内高分子ノンコーティングRNAの主な機能について、転移座からみてcisに働いて転写サイト付近の転写を制御するもの、transに働いて核内構造体を形成するものの二つに分けて概説した。パラスペックルの構造維持に必要なMENε/β、核スペックルに局在するMalat1、および著者等によって同定された、神経系に特異的に発現する新規核内構造物を形成するGomafuなどの発現、構造、機能などについて述べた。
【ゲノムの"ダークマター"長鎖ncRNAが制御する多彩な生命現象】 概論 長鎖ncRNA研究のはじまりの終わり
中川 真一, 影山 裕二
実験医学   29(11) 1702-1708   2011年7月
ヒトやマウスのゲノムからタンパク質をコードしないノンコーディングRNA(ncRNA)が大量に転写されているということが明らかとなってから、かれこれ10年近くが経とうとしている。ncRNAのなかでも長鎖のncRNAの生理機能は長らく不明であったが、近年になってようやく個々の遺伝子について詳細な解析がなされるようになり、これらの分子が制御する生命機能の全体像がおぼろげながら見えるようになってきた。この概論では、現時点における長鎖ncRNA研究の現状と問題点を解説したい。(著者抄録)
長谷川優子, 筒井公子, 筒井研, 鈴木勉, 中川真一
生化学   84回 ROMBUNNO.1S1P-4-4   2011年9月
石塚 明, 中川 真一
生体の科学   62(5) 502-503   2011年10月
【生命分子を統合するRNA-その秘められた役割と制御機構 分子進化・サイレンシング・non-coding RNAからRNA修飾・編集・RNA-タンパク質間相互作用まで】 (第2章)転移因子・ウイルスと宿主の"せめぎ合い"と遺伝子サイレンシング mRNA非翻訳領域のレトロトランスポゾン挿入配列による転写後遺伝子発現制御 潜在的な遺伝的変化の蓄積と表現型としての多様性の急激な解放
中川 真一, 石田 賢太郎
実験医学   31(7) 1079-1085   2013年5月
高等真核生物においてゲノムの大半を占めるレトロトランスポゾンの配列は、遺伝子間領域やイントロンのみならず、mRNAの非翻訳領域にも少なからぬ割合で挿入されている。本稿では転写産物内のレトロトランスポゾン配列によって制御されている遺伝子発現制御に関する知見をまとめるとともに、中立的なレトロトランスポゾン配列の挿入によって蓄積された潜在的な変異が、それらの配列をターゲットにした発現制御システムの登場によって一気に多様な表現型として解放される可能性について議論する。(著者抄録)
石塚明, 中川真一
生体の科学   62(5) 502-503   2011年10月
[Emerging world of nuclear long noncoding RNAs]
Nakagawa S
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   82 42-46   2010年1月   [査読有り]
中川真一, 石田賢太郎
蛋白質 核酸 酵素   53(15) 1932-1939   2008年12月
近年のトランスクリプトーム解析によって,ゲノムの大部分が転写されていること,その多くがmRNAとしての特徴をもちながら蛋白質をコードしていないmRNA型ノンコーディングRNAであることが明らかとなり,特定のものについてはその機能もわかりつつある.本稿では,とくに最近,あいついで報告された,核内に大量に蓄積するmRNA型ノンコーディングRNAに焦点をあて,その研究の現状を解説したい.また,ノンコーディングRNA全般について,洪水のように発表されつづけている論文から少し距離をおいた議論をしてみ...
長沼孝雄, 中川真一, 青木一真, 五島直樹, 佐々木保典, 廣瀬哲郎
生化学   83回・33回 ROMBUNNO.3P-0795-0795   2010年12月
【拡大・進展を続けるRNA研究の最先端 長鎖noncoding RNA・small RNAからRNA修飾・編集・品質管理まで】 noncoding RNAの分子機構と生命現象、疾患との関わり 進化的に「新しい」バイオマテリアル 核内mRNA型noncoding RNAに何ができるのか
中川 真一
実験医学   28(10) 1496-1501   2010年6月
さまざまな生物のゲノムが解読されて明らかとなったのは、多細胞生物間でタンパク質をコードしている遺伝子の数がそれほど変わらないという事実であった。一方、高等真核生物では大量のnoncoding RNAがゲノムから読み出されている。これらのRNAの働きで高等な生物に見られる複雑さを説明できるのか?本稿ではnoncoding RNAの中でも、特に哺乳類に特異的に存在する4種類の核内mRNA型noncoding RNAに焦点を当て、進化的に「新しい」それらの遺伝子が制御する核内プロセスや生命現象を...
中川真一
脳の神経回路の機能解明 平成16-21年度 No.16069101   118-119   2010年
中川真一
生化学   ROMBUNNO.2S12A-1   2009年9月
石田賢太郎, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   11th 42   2009年7月
[Lessons from abundant nuclear mRNA-like noncoding RNAs]
Nakagawa S, Ishida K
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   53 1932-1939   2008年12月   [査読有り]
中川真一
生化学   76(12) 1573-1576   2004年12月
中川真一
実験医学   26(10) 1552-1556,HYOSHI,1474(2)   2008年6月
曽根正光, 築地仁美, 甲斐田大輔, 吉田稔, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   10th 4   2008年7月
中川真一, 石田賢太郎
蛋白質核酸酵素   53(15) 1932-1939   2008年12月
石田賢太郎, 中川真一
生化学   1P-0918   2008年
長谷川優子, 河野真二, 筒井公子, 筒井研, 中川真一
生化学   2T5-2   2008年
【命名から20年を超えて Wnt研究の新機軸】 概論 Wnt研究の現在 基礎研究の広がりと臨床応用への予兆
中川 真一
実験医学   26(3) 356-360   2008年2月
【RNAの機能解明と医療応用 最新の解析戦略と機能性RNAの知見から、RNA異常と疾患の関わり、RNA医薬・診断への応用まで】 機能性RNAの生理学 核内mRNA型non-coding RNA
中川 真一
実験医学   26(10) 1552-1556   2008年6月
一般にタンパク質をコードしているmRNAは細胞質に局在するが、mRNA型non-coding RNAの中には細胞質へと運ばれず核内に局在するものがある。これら核内mRNA型non-coding RNAの既知の生理的機能として染色体レベルでの発現調節や刷り込みの制御等が知られているが、核内で特定の「足場」を作っていると思われる新たな分子群が同定されつつある。これら新規mRNA型non-coding RNAの機能解析を通じて全く新たな研究領域が発掘される可能性がある。(著者抄録)
中川真一, 竹市雅俊, 久保郁, 久保郁
日本眼科学会雑誌   111 101   2007年3月
千田大, 中川真一, 相良洋, 鈴木春巳, 久保光正, 岩倉洋一郎
生化学   3P-1139   2007年
網膜細胞分化の分子メカニズム 網膜幹細胞の未分化性を制御する分子メカニズム
中川 真一, 竹市 雅俊, 久保 郁
日本眼科学会雑誌   111(臨増) 101-101   2007年3月
中川真一
再生医療   4(2) 277-282,200   2005年5月
【視聴覚の再生】 Wntシグナルによる培養条件下での層形成の誘導と幹細胞の維持活性
中川 真一
再生医療   4(2) 277-282   2005年5月
[Role of Wnt signaling in eye organogenesis]
Nakagawa S
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   76 1573-1576   2004年12月   [査読有り]
青野真也, 中川真一, 竹市雅俊
日本細胞生物学会大会講演要旨集   52nd 36   1999年
【Wntシグナルとその多彩な機能 細胞極性・細胞運動・幹細胞の自己複製・発癌】 網膜の組織形成とWntの活性
中川 真一
細胞工学   23(6) 651-654   2004年5月
発生期の網膜の細胞はいったんばらばらにしても再集合して組織塊を形成することができるが,そこでは特徴的な網膜の層構造は決して再生されず,内腔面に細胞が同心円状に並んだロゼットと呼ばれる異常な構造体ができてしまう.最近になって,Wntがこのロゼット形成を阻害し,正しい層構造を持った組織の再生を誘導することが明らかになった.この層形成誘導因子研究の歴史的背景と網膜の辺縁部の特殊性に焦点を当てて解説した
中川 真一, 森吉 弘毅, 中西 重忠, 竹市 雅敏
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19    1996年8月

書籍等出版物

 
塩見 美喜子, 中川 真一, 浅原 弘嗣
羊土社   2015年   ISBN:9784758103510

講演・口頭発表等

 
Towards Identification of Novel Functional Long noncoding RNAs
中川 真一
Kumamoto Key Forum   2018年1月12日   
中川真一
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   2018年   
Identification ofnovel functional lncRNA candidates using differential sensitivities to UV-irradiation [招待有り]
中川 真一
ConBio 2017   2017年12月9日   
長鎖ノンコーディングRNAの個体レベルでの機能解析 [招待有り]
中川 真一
第6回生命医薬情報学連合大会   2017年9月29日   
小松太和, 小松太和, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2017年7月19日   
長鎖ノンコーディングRNAにできること [招待有り]
中川 真一
千里ライフサイエンスセミナー   2017年7月6日   
Observation of sub-micron size nuclear bodies using super-resolution microscopy [招待有り]
中川 真一
The 43th 内藤コンファレンス「Noncoding RNA: Biology, Chemistry, & Diseases」   2017年6月29日   
Fine structural analyses of nuclear body paraspeckle using SIM
中川 真一
第50回 日本発生生物学会年会   2017年5月10日   
中川真一
千里ライフサイエンスセミナー講演要旨集   2017年   
Observation of nuclear bodies using super-resolution microscopy [招待有り]
Shinichi Nakagawa
第39回 日本分子生物学会年会   2016年12月1日   
RNAと生命現象 長鎖ノンコーディングRNAによる妊孕性の制御
中川 真一
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会   2015年12月   
RNA制御のケミカルバイオロジー スプライシング阻害剤Spliceostatin Aの感受性を決定づけるイントロンの特徴とは?
芳本 玲, 甲斐田 大輔, 古野 正朗, 鈴木 治和, 林崎 良英, 前田 明, 中川 真一, 吉田 稔
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
中條岳志, 中川真一, 川口哲哉, 内匠透, 廣瀬哲郎
日本生化学会大会(Web)   2015年12月   
中川真一
日本核酸医薬学会年会講演要旨集   2015年11月15日   
中川真一, 水戸麻理, 廣瀬哲郎
日本RNA学会年会要旨集   2015年7月15日   
芳本玲, 芳本玲, 甲斐田大輔, 甲斐田大輔, 古野正朗, 鈴木治和, 林崎良英, 前田明, 中川真一, 吉田稔
日本生化学会大会(Web)   2015年   
長谷川優子, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2014年7月23日   
芳本玲, 古野正明, 鈴木治和, 林崎良英, 中川真一, 吉田稔
日本RNA学会年会要旨集   2014年7月23日   
室田友紀子, 石津大嗣, 中川真一, 岩崎由香, 芝田晋介, 鎌谷太陽, 齋藤都暁, 岡野栄之, 塩見春彦, 塩見美喜子
日本RNA学会年会要旨集   2014年7月23日   
中川真一, 石田賢太郎
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   2013年8月31日   
WEST Jason, 工樂樹洋, KINGSTON Robert, 廣瀬哲郎, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2013年7月24日   
長谷川優子, 中川真一
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2013年   
廣瀬哲郎, 谷川明恵, VIRNICCHI Giorgio, BENARD Marianne, 長沼孝雄, 佐々木保典, 中川真一, FOX Archa, PIRRON Gerard
日本RNA学会年会要旨集   2012年7月18日   
中川真一, 廣瀬哲郎
日本RNA学会年会要旨集   2012年7月18日   
石田賢太郎, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2012年7月18日   
室田友紀子, 石津大嗣, 芝田晋介, 鎌谷太陽, 齋藤都暁, 中川真一, 岡野栄之, 塩見春彦, 塩見美喜子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2012年   
石塚明, 長谷川優子, 中川真一
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2012年   
室田友紀子, 石津大嗣, 齋藤都暁, 小谷葉月, 中川真一, 塩見春彦, 塩見美喜子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2011年   
非コードRNA作用マシナリー 動作原理の分子基盤と生理機能 大量に蓄積する核内ノンコーディングRNAの機能解析 Gomafuを例にとって
中川 真一
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2010年12月   
90塩基の低分子ノンコーディングRNAによる核内繋留を介した新規遺伝子発現制御(A novel gene expression regulatory mechanism controlled by 90nt nuclear non-coding RNA through the nuclear retention)
石田 賢太郎, 中川 真一
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2010年12月   
長谷川優子, BROCKDORFF Neil, 筒井公子, 筒井研, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2010年7月27日   
長沼孝雄, 中川真一, 青木一真, 五島直樹, 佐々木保典, 廣瀬哲郎
日本RNA学会年会要旨集   2010年7月27日   
曽根正光, 築地仁美, 芳本玲, 吉田稔, 北市清幸, 山本経之, 阿部高也, 高雄啓三, 宮川剛, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2010年7月27日   
ノンコーディングRNAが制御する多様な機能 新規核内高分子ノンコーディングRNA Gomafuの機能解析
中川 真一
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2009年9月   
長谷川優子, 河野真二, 筒井公子, 筒井研, 鈴木勉, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2009年7月27日   
築地仁美, 芳本玲, 吉田稔, 中川真一
日本分子生物学会年会講演要旨集   2009年   
長沼孝雄, 佐々木保典, 中川真一, 廣瀬哲郎
日本分子生物学会年会講演要旨集   2009年   
非コードRNA研究の新領域 新規mRNA様非コードRNA Gomafuの機能解析(Functional analysis of a novel mRNA-like noncoding RNA Gomafu)
中川 真一
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2008年11月   
長岡真, 大原智也, 中川真一, 加藤敬行, 五島直樹, 野村信夫, 鈴木健夫, 坂口裕理子, 鈴木勉
日本RNA学会年会要旨集   2007年7月28日   
曽根正光, 稲垣智子, 竹市雅俊, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2007年7月28日   
築地仁美, 曽根正光, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2007年7月28日   
石田賢太郎, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2007年7月28日   
Wntシグナル伝達の新たな展望 Wntシグナル伝達下流における網膜幹細胞維持の毛様体境界帯でのNotchシグナル伝達とは独立したC-hairy1による制御(New horizon of Wnt signaling c-hairy1 controls retinal stem cell maintenance downstream of Wnt signaling, independently of Notch singnaling at the ciliary marginal zone)
久保 郁, 竹市 雅俊, 中川 真一
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   2007年5月   
曽根正光, 竹市雅俊, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2006年7月18日   
石田賢太郎, 中川真一
日本RNA学会年会要旨集   2006年7月18日   
曽根正光, 竹市雅俊, 中川真一
日本分子生物学会年会講演要旨集   2005年11月25日   
田辺光志, 竹市雅俊, 中川真一
日本分子生物学会年会講演要旨集   2005年11月25日   
田辺光志, 竹市雅俊, 中川真一
日本発生生物学会大会発表要旨集   2005年5月   
中川真一
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   2004年11月25日   
曽根正光, 竹市雅俊, 中川真一
日本発生生物学会大会発表要旨集   2004年5月10日   
中川真一
日本発生生物学会大会発表要旨集   2004年5月10日   
久保郁, 竹市雅俊, 中川真一
日本発生生物学会大会発表要旨集   2002年   
中川真一, 森吉弘毅, 中西重忠, 竹市雅敏
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1996年8月1日   
中川真一, 森吉弘毅, 中西重忠, 竹市雅俊
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1996年7月   
中川真一, 竹市雅俊
日本発生生物学会大会発表要旨集   1996年   
中川真一, 竹市雅俊
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1994年11月   
中川真一, 竹市雅俊
日本発生生物学会大会発表要旨集   1994年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 中川 真一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 中川 真一
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 影山 裕二
21年度までの解析により、ショウジョウバエMRE32は胚発生期において中枢神経系特異的に発現するnon-coding RNAであることが明らかになっている。また、MRE32遺伝子の欠失変異体は発生に遅れが生じることから、MRE32が神経系において重要な機能を担っていることが推察されている。ショウジョウバエMRE32遺伝子の発現組織・細胞を同定するため、in situハイブリダイゼーションによる解析を行ったところ、従来明らかになっていた胚発生期の中枢神経系に加え、成虫視葉の二次狭窄を構成する...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 吉田 稔
抗癌剤候補化合物として発見されたFR901464を改変して作成した安定誘導体Spliceostatin A (SSA)はスプライシング因子複合体SF3bに結合してスプライシング反応を阻害し、その結果pre-mRNAからタンパク質が合成され、イントロンの配列の翻訳を引き起こす。スプライシング阻害とイントロン配列翻訳のメカニズムを明らかにするため、in vitroスプライシングに対する効果を詳細に調べたところ、U1、SF1、U2AFなどが結合するE complexの形成には影響がなく、SF1と...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 中川 真一
網膜の最もマージン側の領域には長期間にわたって多分化能と分裂能を保つ網膜幹細胞が存在しており、それらは分泌性のシグナル分子であるWnt2bによって維持されている。本研究においては、Wntの下流で働いている転写因子に注目し、それらが作るネットワーク構造を解明することを目指した。その結果、Wntによって活性化されるβ-catenin/LEF1複合体がc-mycを含む複数の転写因子群を活性化していること、それらが協調して転写抑制因子であるc-hairy1を活性化していること、c-hairy1はW...