Shinji Watanabe

J-GLOBAL         Last updated: Jul 23, 2019 at 20:28
 
Avatar
Name
Shinji Watanabe

Published Papers

 
Takashita E, Kawakami C, Ogawa R, Morita H, Fujisaki S, Shirakura M, Miura H, Nakamura K, Kishida N, Kuwahara T, Ota A, Togashi H, Saito A, Mitamura K, Abe T, Ichikawa M, Yamazaki M, Watanabe S, Odagiri T
Euro surveillance : bulletin Europeen sur les maladies transmissibles = European communicable disease bulletin   24(12)    Mar 2019   [Refereed]
Tanikawa T, Uchida Y, Takemae N, Tsunekuni R, Mine J, Liu MT, Yang JR, Shirakura M, Watanabe S, Odagiri T, Saito T
Archives of virology   164(2) 535-545   Feb 2019   [Refereed]
Kawakami C, Yamayoshi S, Akimoto M, Nakamura K, Miura H, Fujisaki S, Pattinson DJ, Shimizu K, Ozawa H, Momoki T, Saikusa M, Yasuhara A, Usuku S, Okubo I, Toyozawa T, Sugita S, Smith DJ, Watanabe S, Kawaoka Y
Euro surveillance : bulletin Europeen sur les maladies transmissibles = European communicable disease bulletin   24(6)    Feb 2019   [Refereed]
Takashita E, Kawakami C, Morita H, Ogawa R, Fujisaki S, Shirakura M, Miura H, Nakamura K, Kishida N, Kuwahara T, Mitamura K, Abe T, Ichikawa M, Yamazaki M, Watanabe S, Odagiri T, On Behalf Of The Influenza Virus Surveillance Group Of Japan
Euro surveillance : bulletin Europeen sur les maladies transmissibles = European communicable disease bulletin   24(3)    Jan 2019   [Refereed]
Ackerman EE, Kawakami E, Katoh M, Watanabe T, Watanabe S, Tomita Y, Lopes TJ, Matsuoka Y, Kitano H, Shoemaker JE, Kawaoka Y
mBio   9(6)    Dec 2018   [Refereed]

Misc

 
インフルエンザ-最近の動向- インフルエンザ サーベイランスからワクチン株選定まで
渡邉 真治
日本臨床内科医会会誌   32(5) 789-794   Mar 2018
鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染と伝播の可能性
渡邉 真治, 今井 正樹
インフルエンザ   19(1) 37-42   Jan 2018
2013年に中国で確認されたH7N9鳥インフルエンザウイルスによるヒトへの感染と死亡例が増加している。H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスによるヒトへの感染例は、この2年間数例にとどまっているが、依然としてH5亜型ウイルスによる野鳥・家禽への感染はアジア・ヨーロッパ・アフリカで報告されている。現在、これらウイルスによるヒトからヒトへの効率良い持続的な伝播は確認されていないが、近年、これらを含む鳥インフルエンザウイルスによる世界的な大流行(パンデミック)が危惧されている。ここでは、鳥イン...
最近のインフルエンザの動向
西浦 博, 河岡 義裕, 渡邉 真治
インフルエンザ   18(2) 75-80   Oct 2017
季節性インフルエンザウイルスの抗原変異株の出現予測
今井 正樹, 渡邉 真治, 河岡 義裕
インフルエンザ   18(2) 99-102   Oct 2017
季節性インフルエンザウイルスは、少しずつ抗原性を変えながら毎年流行をくり返している。最近、自然界で起こる季節性インフルエンザウイルスの抗原変異を高い精度で予測する技術が開発された。この予測技術を用いることで、将来流行する可能性のある季節性インフルエンザウイルスの抗原性状と一致したワクチン株を先回りして準備することが可能になると期待されている。(著者抄録)
インフルエンザ 最近の動向 インフルエンザ サーベイランスからワクチン株選定まで
渡邉 真治
日本臨床内科医会会誌   32(3) 408-408   Sep 2017