鈴木真介

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/31 16:33
 
アバター
研究者氏名
鈴木真介
ハンドル
shinsuke
eメール
shinsuke.szkgmail.com
URL
https://sites.google.com/site/shinsukesuzuki0927/
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所 新領域創成研究部
職名
助教
学位
社会経済
Twitter ID
szkshnsk

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 海外特別研究員
 
2012年10月
 - 
2016年3月
Division of the Humanities and Social Sciences, California Institute of Technology Postdoctoral Scholar
 
2011年4月
 - 
2014年3月
北海道大学大学院 文学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 
2011年4月
 - 
現在
理化学研究所 脳科学総合研究センター 理論統合脳科学研究チーム 客員研究員
 

受賞

 
2017年4月
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞
 
2008年3月
筑波大学学長・表彰
 
2005年3月
筑波大学システム情報工学研究科長・表彰
 

論文

 
Risk contagion by peers affects learning and decision-making in adolescents
Andrea M. F. Reiter, Shinsuke Suzuki, John P. O’Doherty, Shu-Chen Li, Ben Eppinger
Journal of Experimental Psychology: General      2018年8月   [査読有り]
Perception of Intentionality in Investor Attitudes Towards Financial Risks
Peter Bossaerts, Shinsuke Suzuki, John P. O'Doherty
Journal of Behavioral and Experimental Finance      2018年   [査読有り]
Suzuki S, Cross L, O'Doherty JP
Nature neuroscience   20(12) 1780-1786   2017年12月   [査読有り]
Hill CA, Suzuki S, Polania R, Moisa M, O'Doherty JP, Ruff CC
Nature neuroscience   20(8) 1142-1149   2017年7月   [査読有り]
Suzuki S, Jensen EL, Bossaerts P, O'Doherty JP
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(14) 3755-3760   2016年3月   [査読有り]
Suzuki S, Adachi R, Dunne S, Bossaerts P, O'Doherty JP
Neuron   86(2) 591-602   2015年4月   [査読有り]
Takahashi H, Terada K, Morita T, Suzuki S, Haji T, Kozima H, Yoshikawa M, Matsumoto Y, Omori T, Asada M, Naito E
Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior   58 289-300   2014年9月   [査読有り]
[Social decision-making and theoretical neuroscience: prospects for human sciences and computational psychiatry].
Nakahara H, Suzuki S
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   65 973-982   2013年8月   [査読有り]
Suzuki S, Kimura H
Scientific reports   3 1435   2013年3月   [査読有り]
Ichinose G, Saito M, Suzuki S
PloS one   8 e67702   2013年   [査読有り]
Suzuki S, Harasawa N, Ueno K, Gardner JL, Ichinohe N, Haruno M, Cheng K, Nakahara H
Neuron   74(6) 1125-1137   2012年6月   [査読有り]
Suzuki S, Kimura H
Journal of theoretical biology   287C 42-47   2011年7月   [査読有り]
Suzuki S, Niki K, Fujisaki S, Akiyama E
Social cognitive and affective neuroscience   6 338-347   2011年6月   [査読有り]
Suzuki S, Akiyama E
Journal of theoretical biology   252 686-693   2008年6月   [査読有り]
Suzuki S, Akiyama E
Theoretical population biology   73(3) 426-436   2008年5月   [査読有り]
Suzuki S, Akiyama E
Journal of theoretical biology   249 93-100   2007年11月   [査読有り]
Suzuki S, Akiyama E
Journal of theoretical biology   245 539-552   2007年4月   [査読有り]
Suzuki S, Akiyama E
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   272 1373-1377   2005年7月   [査読有り]

Misc

 
中原 裕之, 鈴木 真介
Brain and nerve : 神経研究の進歩   65(8) 973-982   2013年8月
鈴木真介, 秋山英三
数理解析研究所講究録   1597 230-234   2008年5月
鈴木真介, 秋山英三
情報処理学会論文誌   47(5) 1463-1472   2006年5月
社会的ジレンマにおける協力の形成・維持は人間社会や生態系にとって重要な問題であり,社会生物学,社会心理学,経済学など様々な分野で研究されている.間接的互恵性に関する一連の研究では,評判の効果を導入することにより,間接的互恵性に基づく協力関係が成立しうることが示されている.しかし,これらの研究で前提となっているのは主に2者間の相互作用である.現実の社会や生態系では多くの場合,3者以上の間の相互作用も重要になる.本研究では,様々な評判基準や行動基準の下での「評判が存在する状況における多人数グル...
鈴木真介, 秋山英三
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2006(37) 7-12   2006年3月
非血縁個体間でみられる協力行動の進化は,しばしば直接的互恵性の理論と間接的互恵性の理論によって説明される.本研究では,直接的互恵性に基づく協力行動の進化と間接的互恵性に基づく協力行動の進化を比較した.計算機シミュレーションによる分析の結果以下のことが分かった:(1)グループの人数が多いとき,間接的互恵性に基づく協力行動は直接的互恵性に基づく協力行動に比べて進化しにくい;(2)グループの人数が少ないときは,「一人でも評判の悪いメンバーがいるグループ内での裏切りを正当な行為とみなす」評判基準(...