兼村 晋哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/24 08:59
 
アバター
研究者氏名
兼村 晋哉
 
カネムラ シンヤ
eメール
kanemuphys.sci.osaka-u.ac.jp
URL
http://www-het.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~kanemu/index.html
所属
大阪大学大学院理学研究科
部署
物理学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪大学)
科研費研究者番号
10362609

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院理学研究科 物理学専攻 教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
富山大学 大学院理工学研究部 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
富山大学 大学院理工学研究部 助手
 
2003年4月
 - 
2006年3月
大阪大学 大学院理学研究科 助手
 
2001年11月
 - 
2003年3月
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 研究機関研究員
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1996年3月
大阪大学 大学院理学研究科 物理学専攻博士後期課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
大阪大学 大学院理学研究科 物理学専攻博士前期課程
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
2019年
高エネルギー委員会  理論委員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
素粒子論委員会  委員長
 
2013年4月
 - 
2014年3月
素粒子論委員会  幹事
 
2008年
 - 
2009年
日本物理学会  素粒子論領域世話人(現領域運営委員)
 

論文

 
Enomoto Kazuki, Kanemura Shinya, Sakurai Kodai, Sugiyama Hiroaki
PHYSICAL REVIEW D   100(1)    2019年7月   [査読有り]
Hashino Katsuya, Jinno Ryusuke, Kakizaki Mitsuru, Kanemura Shinya, Takahashi Tomo, Takimoto Masahiro
PHYSICAL REVIEW D   99(7)    2019年4月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Mawatari Kentarou, Sakurai Kodai
PHYSICAL REVIEW D   99(3)    2019年2月   [査読有り]
Ahriche Amine, Hashino Katsuya, Kanemura Shinya, Nasri Salah
PHYSICS LETTERS B   789 119-126   2019年2月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kikuchi Mariko, Sakurai Kodai, Yagyu Kei
COMPUTER PHYSICS COMMUNICATIONS   233 134-144   2018年12月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kikuchi Mariko, Mawatari Kentarou, Sakurai Kodai, Yagyu Kei
PHYSICS LETTERS B   783 140-149   2018年8月   [査読有り]
Hashino Katsuya, Kakizaki Mitsuru, Kanemura Shinya, Ko Pyungwon, Matsui Toshinori
JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   (6)    2018年6月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Sakurai Kodai, Sugiyama Hiroaki
PHYSICAL REVIEW D   96(9)    2017年11月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kikuchi Mariko, Sakurai Kodai, Yagyu Kei
PHYSICAL REVIEW D   96(3)    2017年8月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kikuchi Mariko, Yagyu Kei
NUCLEAR PHYSICS B   917 154-177   2017年4月   [査読有り]
Hashino Katsuya, Kakizaki Mitsuru, Kanemura Shinya, Ko Pyungwon, Matsui Toshinori
PHYSICS LETTERS B   766 49-54   2017年3月   [査読有り]
Aoki Mayumi, Kanemura Shinya, Sakurai Kodai, Sugiyama Hiroaki
PHYSICS LETTERS B   763 352-357   2016年12月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kikuchi Mariko, Sakurai Kodai
PHYSICAL REVIEW D   94(11)    2016年12月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Nishiwaki Kenji, Okada Hiroshi, Orikasa Yuta, Park Seong Chan, Watanabe Ryoutaro
PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   (12)    2016年12月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kaneta Kunio, Machida Naoki, Odori Shinya, Shindou Tetsuo
PHYSICAL REVIEW D   94(1)    2016年7月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Sakurai Kodai, Sugiyama Hiroaki
PHYSICS LETTERS B   758 465-472   2016年7月   [査読有り]
Hashino Katsuya, Kakizaki Mitsuru, Kanemura Shinya, Matsui Toshinori
PHYSICAL REVIEW D   94(1)    2016年7月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Kikuchi Mariko, Yagyu Kei
NUCLEAR PHYSICS B   907 286-322   2016年6月   [査読有り]
Chiang Cheng-Wei, Kanemura Shinya, Yagyu Kei
PHYSICAL REVIEW D   93(5)    2016年3月   [査読有り]
Kanemura Shinya, Sugiyama Hiroaki
PHYSICS LETTERS B   753 161-165   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
Shinya Kanemura
   2014年2月
The discovery of the Higgs boson at the LHC has opened the door to clarify
the mechanism of electroweak symmetry breaking and the origin of masses of
particles. The Higgs sector in the SM is the simplest but has no theoretical
principle, so that t...
Eri Asakawa, Shinya Kanemura
Phys.Lett.B626:111-119,2005      2005年6月
There is a variety of new physics scenarios which deduce extended Higgs
sectors in the low energy effective theory. The coupling of a singly-charged
Higgs boson (Tex) with weak gauge bosons, Tex, directly
depends on the global sy...
Shinya Kanemura
   2004年10月
Theoretical activities on the Higgs physics and its implication to physics
beyond the standard model are summarized as the summary report for the Higgs
session in LCWS 2004.
Michio Hashimoto, Shinya Kanemura
Phys.Rev.D70:055006,2004; Erratum-ibid.D70:119901,2004      2004年8月
We discuss a mechanism to generate hierarchy between masses of the top and
bottom quarks without fine-tuning of the Yukawa coupling constants. In the
framework of the two-Higgs-doublet model (THDM) with a discrete Tex symmetry,
there exists the ...
Shinya Kanemura, Kosuke Odagiri
   2001年4月
We consider the single production of charged Higgs bosons Tex of the
two-Higgs-doublet model in Tex collisions through the production
subprocess Tex.
As the production rate is governed by the size of the loop-induced ...

書籍等出版物

 
ヒッグス粒子の物理から標準理論を超える新物理へ
兼村 晋哉 (担当:共著, 範囲:研究ノート)
『生産と技術』 2018 Autumn Vo1. 70 No4 目次   2018年10月   
特集「素粒子物理の現状と展望」
兼村 晋哉 (担当:共著, 範囲:ヒッグス粒子と標準模型を超える物理)
サイエンス社、数理科学   2018年1月   
物理科学この1年
兼村 晋哉 (担当:共著, 範囲:加速器の新たなステージと素粒子物理)
パリティ 2018年1月号   2018年1月   
解説記事:ヒッグス粒子「発見」の意味と、本当の発見に向けて
兼村 晋哉
日本物理学会70巻第6号   2015年   
最近の研究から「ヒッグス3重項の物理」
兼村 晋哉, 柳生慶 (担当:共著, 範囲:p.14-17)
日本物理学会誌70巻第1号   2014年1月   
素粒子標準理論を超えた新物理学の探究とILC
兼村 晋哉
日本加速器学会誌11巻4号   2014年   

講演・口頭発表等

 
Gravitational waves as a probe of Higgs sector == Synergy with collider experiments == [招待有り]
兼村 晋哉
新学術領域(重力波物理学・天文学:創世記)第2回定例シンポジウム (京大基礎物理学研究所)   2018年11月23日   
ヒッグス物理から新物理へ --LHC, ILCと重力波の相乗効果 -- [招待有り]
兼村 晋哉
益川塾日大合同シンポジウム (京都市)   2018年11月4日   
Synergy of collider and gravita1onal waves to explore the Higgs sector [招待有り]
兼村 晋哉
Multi Higgs Models 2018 (ポルトガル)   2018年9月   
電弱対称性の破れと初期宇宙:重力波と加速器実験 [招待有り]
兼村 晋哉
質量階層性に対する新しい原理が導く多彩な物理現象とプランクスケールの物理(信州大学)   2018年9月   
Electroweak and Higgs Physics [招待有り]
兼村 晋哉
The First International High Energy Physics School in Western China(中国)   2018年8月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
コライダーでの標準理論を超える新物理の検証と暗黒物質及びレプトジェネシスの研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2018年11月 - 2021年3月    代表者: 兼村 晋哉
ヒッグス結合定数の高精度計算と将来精密実験による標準理論を超えた新物理学の探求
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2018年10月 - 2021年3月    代表者: 兼村 晋哉
電弱対称性の破れと世代構造の統一的真空像
新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年6月 - 2021年3月    代表者: 久野 純治
素粒子モデルの新しい検証手段としての重力波物理学
新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 兼村 晋哉
ヒッグス物理とフレーバー物理による標準理論を超えた新物理学理論の探究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年11月 - 2019年3月    代表者: 兼村 晋哉