清水潤

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/09 11:24
 
アバター
研究者氏名
清水潤
 
シミズ ジュン
eメール
jshimitmu.ac.jp
所属
首都大学東京
部署
都市教養学部人文・社会系
職名
助教
学位
文学博士(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年7月
 - 
現在
首都大学東京 都市教養学部人文・社会系 助教
 
2012年9月
 - 
現在
麗澤大学 外国語学部 非常勤講師
 
2010年5月
 - 
2015年6月
教材編集会社カルチャー・プロ
 
2007年2月
 - 
2010年9月
学校法人中央ゼミナール
 
2007年4月
 - 
2009年3月
首都大学東京/東京都立大学 都市教養学部/人文科学部 非常勤講師
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
東京都立大学大学院 人文科学研究科 国文学専修博士課程
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京都立大学大学院 人文科学研究科 国文学専修修士課程
 
1989年4月
 - 
1993年3月
岡山大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
現在
日本文学協会  委員
 
2011年7月
 - 
2014年6月
昭和文学会  会務委員
 

論文

 
顔を奪うむじな 泉鏡花「古狢」の妖怪像
清水潤
ユリイカ   48(9) 147-153   2016年7月
マンガ化される「高野聖」――『水木しげるの泉鏡花伝』を読む
清水潤
論樹   (27) 1-13   2015年12月
鏡花文学を起点とした妖怪論の試み―泉鏡花が描く妖怪像―
清水潤
現代民俗学研究   (7) 15-27   2015年3月
「妖怪ブーム」前夜の水木しげる
清水潤
論樹   (24) 81-97   2012年12月
小説家の眼差しの彼方に――視線のドラマとしての泉鏡花「山海評判記」
清水潤
物語研究   (10) 4-17   2010年3月

Misc

 
古今東西“恋と妖怪”ブックガイド十五選!
清水潤
怪   (49) 62-69   2016年12月
会務委員会だより 第五十二回研究集会
清水潤
昭和文学研究   (67) 131-132   2013年9月
文豪と妖怪 泉鏡花が描き出した妖怪
清水潤
怪   (37) 232-233   2012年11月
あらすじで読む鏡花五十選
市川祥子、田中励儀、杲由美、清水潤
別冊太陽   (167) 142-149   2010年3月
研究動向 ホラー
清水潤
昭和文学研究   (59) 76-79   2009年9月

書籍等出版物

 
怪異の時空1 怪異を歩く
清水潤 (担当:共著, 範囲:地方を旅する鬼太郎――怪異が生じる場所を求めて)
青弓社   2016年9月   
怪異・妖怪文化の伝統と創造――ウチとソトの視点から
清水潤 (担当:共著, 範囲:怨まない幽霊たち――後期鏡花小説の幽霊像)
国際日本文化研究センター   2015年1月   
妖怪文化の伝統と創造――絵巻・草紙からマンガ・ラノベまで
清水潤 (担当:共著, 範囲:恋愛劇と「大魔神」――泉鏡花「飛剣幻なり」の妖怪像)
せりか書房   2010年9月   
図解雑学 日本の妖怪
清水潤 (担当:分担執筆, 範囲:近代文学で描かれた妖怪たち、水木しげるの世界、ジャパニーズホラー映画の妖怪、メディアに残る怨霊・平将門)
ナツメ社   2009年8月   
オカルトの帝国 1970年代の日本を読む
清水潤 (担当:共著, 範囲:一九七〇年代の「妖怪革命」――水木しげる『妖怪なんでも入門』)
青弓社   2006年11月   

講演・口頭発表等

 
水木しげると戦争――戦争を描くということ
清水潤
「研究ネットワーク」市民講座   2016年7月2日   
二つの「鬼太郎夜話」――貸本マンガ版と『ガロ』版
清水潤
国際日本文化研究センターシンポジウム   2015年1月11日   
怨まない幽霊たち―後期鏡花小説の幽霊像
清水潤
国際日本文化研究センター国際研究集会   2013年11月27日   
自動車に乗る鼠―「半島一奇抄」論―
清水潤
泉鏡花研究会   2013年3月26日   
小説家の眼差しの彼方に――泉鏡花「山海評判記」を読む
清水潤
物語研究会   2009年8月20日   

担当経験のある科目