正木彰伍

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 21:22
 
アバター
研究者氏名
正木彰伍
eメール
masakimech.suzuka-ct.ac.jp
URL
https://sites.google.com/view/smasaki
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
機械工学科
職名
助教
学位
博士(理学)(名古屋大学)

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 機械工学科 助教
 
2013年4月
 - 
2018年3月
日本電信電話株式会社 NTTセキュアプラットフォーム研究所 研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院 理学研究科素粒子宇宙物理学専攻 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院 理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻
 
2004年4月
 - 
2008年3月
名古屋大学 理学部 物理学科
 
2001年4月
 - 
2004年3月
静岡県立韮山高等学校 普通科 
 

論文

 
T. Okumura, M. Takada, S. More & S. Masaki
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   469(1) 459-475   2017年7月   [査読有り]
Mikito Yamamoto, Shogo Masaki, Chiaki Hikage
   2015年3月
We present a first application of the subhalo abundance matching (SHAM)
method to describe the redshift-space clustering of galaxies including the
non-linear redshift-space distortion, i.e., the Fingers-of-God. We find that
the standard SHAM conne...
高橋克巳, 正木彰伍, 濱田浩気
電子情報通信学会誌   98(3) 193-201   2015年3月   [査読有り][招待有り]
Shogo Masaki, Yen-Ting Lin, Naoki Yoshida
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   436(3) 2286-2300   2013年12月   [査読有り]
We extend the subhalo abundance matching method to assign galaxy color to
subhalos. We separate a luminosity-binned subhalo sample into two groups by a
secondary subhalo property which is presumed to be correlated with galaxy
color. The two subsam...
Shogo Masaki, Chiaki Hikage, Masahiro Takada, David N. Spergel, Naoshi Sugiyama
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   433(4) 3506-3522   2013年8月   [査読有り]
We develop a novel abundance matching method to construct a mock catalog of
luminous red galaxies (LRGs) in SDSS, using catalogs of halos and subhalos in
N-body simulations for a LCDM model. Motivated by observations suggesting that
LRGs are passi...
Shogo Masaki, Naoki Yoshida
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society Letters   423(1) 117-121   2012年3月   [査読有り]
We develop an analytic halo model for the distribution of dust around
galaxies. The model results are compared with the observed surface dust density
profile measured through reddening of background quasars in the Sloan Digital
Sky Survey (SDSS) r...
Masaki Shogo, Fukugita Masataka, Yoshida Naoki
ASTROPHYSICAL JOURNAL   746(1)    2012年2月   [査読有り]
Matsuoka Y., Masaki S., Kawara K., Sugiyama N.
MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   410(1) 548-558   2011年1月   [査読有り]
Takahiro Inagaki, Keitaro Takahashi, Shogo Masaki, Naoshi Sugiyama
Phys.Rev.D82:124007,2010   82(12)    2010年11月   [査読有り]
A systematic study of gravitational waves from galaxy mergers, through N-body
simulations, was performed. In particular, we investigated the relative
importance of galaxy components (disk, bulge and halo) and effects of initial
relative velocity, ...
The distribution of dark matter around galaxies: Mean surface density profile and outer structure
Proceedings of Science, IDM 2010   080   2010年7月   [査読有り]

Misc

 
匿名化アルゴリズムの公開・非公開による再識別容易性の比較
濱田浩気、岡田莉奈、小栗秀暢、菊池浩明、中川裕志、野島良、波多野卓磨、正木彰伍、渡辺知恵美
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2018予稿集   3C4-2    2018年1月
正木彰伍
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(2) ROMBUNNO.1F3‐3   2017年10月
長谷川聡, 正木彰伍, 岡田莉奈
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(2) ROMBUNNO.3F3‐1   2017年10月
岡田莉奈, 正木彰伍, 長谷川聡, 田中哲士
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(2) ROMBUNNO.3F3‐4   2017年10月
時空間クラスタリングを用いた軌跡情報k-匿名化法の位置精度向上に関する考察
正木彰伍
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2017予稿集   3A4-4   2017年1月
あり得ない領域への遷移を防ぐ位置情報のPk-匿名化
岡田莉奈、池田朋哉、長谷川聡、正木彰伍
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2017予稿集   3A4-3   2017年1月
正木彰伍, 長谷川聡, 千田浩司
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2016(2) ROMBUNNO.3A2‐2   2016年10月
長谷川聡, 菊池亮, 正木彰伍, 濱田浩気
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2016(2) ROMBUNNO.3A2‐4   2016年10月
テーブル結合分析に適した匿名化
千田浩司、長谷川聡、正木彰伍、濱田浩気、高橋克巳
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2016予稿集   2C1-2   2016年1月
確率的k-匿名化における再構築の正確度に関する理論的解析
長谷川聡、正木彰伍、濱田浩気、菊池亮
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2016予稿集   2A3-2   2016年1月
正木 彰伍, 五十嵐 大, 菊池 亮
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(45) 193-198   2015年5月
齋藤恆和, 五十嵐大, 菊池亮, 廣田啓一, 正木彰伍
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2014(2) ROMBUNNO.3D2-1   2014年10月
廣田 啓一, 正木 彰伍, 齋藤 恆和, 菊池 亮, 五十嵐 大, 冨士 仁
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(32) 11-18   2014年5月
近年購買データ等のパーソナルデータの活用ニーズが高まる中,匿名化技術による安全な利活用の方法が検討されている.しかし,匿名化したデータの安全性と有用性の間にはトレードオフの関係があり,特に従来の匿名化技術において,安全性を高く加工すると情報としての有用性が低下することが知られている.我々は,このような匿名化の課題を解決するアプローチとして,匿名化の安全性を示す代表的な指標であるk-匿名性と等価な安全性を持つ,確率的k-匿名性に基づく匿名化システムを実装し,疑似データを用いた精度評価を行った...
データ分布依存処理を用いた確率的 k-匿名化の有用性の検証
正木彰伍、廣田啓一、齋藤恆和、菊池亮、濱田浩気、五十嵐大、千田浩司
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2014予稿集   3D2-4   2014年1月
撹乱再構築法における再構築アルゴリズムの高速手法の提案
齋藤恆和、五十嵐大、菊池亮、濱田浩気、正木彰伍
電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS 2014予稿集   4D1-1   2014年1月
An analytic model for the distribution of matter and dust around galaxies
Proceedings of the 29th Grain Formation Workshop / Dust in Galaxies 2011   58-60   2011年11月

講演・口頭発表等

 
Cosmological simulations for the astrophysical inputs in direct dark matter searches [招待有り]
正木彰伍
新学術領域「宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究」第11回B02班若手研究会   2018年9月25日   
Towards evaluating anonymity of trajectory data against an adversary model with realistic background knowledge [招待有り]
Shonan Meeting No.116 Anonymization methods and inference attacks: theory and practice   2018年3月5日