的場 章悟

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 13:40
 
アバター
研究者氏名
的場 章悟
 
マトバ ショウゴ
URL
http://ja.brc.riken.jp/lab/kougaku/
所属
特定国立研究開発法人理化学研究所
部署
バイオリソースセンター 遺伝工学基盤技術室
職名
専任研究員
学位
獣医学(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
Tokyo University of Agriculture and Technology Visiting Professor
 
2017年4月
 - 
現在
RIKEN BRC Senior Research Scientist
 
2015年7月
 - 
2017年3月
RIKE BRC Research Scientist
 
2013年9月
 - 
2015年6月
JSPS postdoctral fellow, HMS
 
2012年9月
 - 
2013年8月
HHMI postdoctoral fellow
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻
 
1999年4月
 - 
2005年3月
東京大学 農学部 獣医学科
 

論文

 
Matoba S, Zhang Y
Cell stem cell   23(4) 471-485   2018年10月   [査読有り]
Miura K, Matoba S, Ogonuki N, Namiki T, Ito J, Kashiwazaki N, Ogura A
The Journal of reproduction and development   64(4) 319-326   2018年5月   [査読有り]
Matoba S, Wang H, Jiang L, Lu F, Iwabuchi KA, Wu X, Inoue K, Yang L, Press W, Lee JT, Ogura A, Shen L, Zhang Y
Cell stem cell   23(3) 343-354.e5   2018年9月   [査読有り]
Djekidel MN, Inoue A, Matoba S, Suzuki T, Zhang C, Lu F, Jiang L, Zhang Y
Cell reports   23(7) 1939-1947   2018年5月   [査読有り]
Watanabe S, Kanatsu-Shinohara M, Ogonuki N, Matoba S, Ogura A, Shinohara T
Stem cell reports   10(5) 1551-1564   2018年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
RNAiノックダウンシステムを利用したXist発現抑制による体細胞クローン胚の発生能改善
的場 章悟
第104回日本繁殖生物学会大会   2011年9月   
マウス雌雄PGCからの産仔獲得可能な配偶子作出系の樹立
的場 章悟
第103回日本繁殖生物学会大会   2010年9月   

競争的資金等の研究課題

 
着床に伴うエピゲノムリプログラミングの解析
科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2011年
マウス多能性幹細胞からの卵子作出法の開発
基礎科学特別研究員研究費
研究期間: 2010年 - 2012年