小山 翔一

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/05 16:11
 
アバター
研究者氏名
小山 翔一
 
コヤマ シヨウイチ
URL
http://www.sh01.org/
所属
東京大学
部署
大学院情報理工学系研究科
職名
講師
学位
博士(情報理工学)(東京大学)

プロフィール

2007年 東京大学工学部計数工学科卒業. 2009年 同大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻修了. 同年 日本電信電話(株)入社. 以来, 音響信号処理に関する研究に従事. 博士(情報理工学). 2014年 東京大学大学院情報理工学系研究科 助教, 2018年より同講師. 2016-2018年 Université Paris Diderot (Paris 7) / Institut Langevin 客員研究員.
2009年 計測自動制御学会 計測部門 研究技術奨励賞, 2010年 電気学会 センサ・マイクロマシン部門奨励論文賞, 2011年 日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞, 2015年 日本音響学会 独創研究奨励賞 板倉記念, 電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞, 2018年 船井情報科学科学振興財団 研究奨励賞 各受賞.

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京大学 大学院情報理工学系研究科 講師
 
2016年4月
 - 
2018年3月
Université Paris Diderot (Paris 7) / Institut Langevin 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
東京大学 大学院情報理工学系研究科 助教
 
2009年4月
 - 
2014年3月
日本電信電話株式会社 NTTメディアインテリジェンス研究所 研究員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 工学部 計数工学科
 

論文

 
Naoki Murata, Shoichi Koyama, Norihiro Takamune, Hiroshi Saruwatari
IEEE Transactions on Signal Processing   66 3327-3338   2018年6月   [査読有り]
© 1991-2012 IEEE. A sparse representation method for multidimensional signals is proposed. In generally used group-sparse representation algorithms, the sparsity is imposed only on a single dimension and the signals in the other dimensions are sol...
Shoichi Koyama, Shoichi Koyama, Naoki Murata, Hiroshi Saruwatari
Journal of the Acoustical Society of America   143 3780-3795   2018年6月   [査読有り]
© 2018 Author(s). A sound field recording and reproduction method based on sparse sound field decomposition is proposed. Most current methods are based on plane-wave or harmonic decomposition of the pressure distribution obtained by microphones, w...
Natsuki Ueno, Shoichi Koyama, Hiroshi Saruwatari
IEEE Signal Processing Letters   25 135-139   2018年1月   [査読有り]
© 2017 IEEE. A sound field recording method based on spherical or circular harmonic analysis for arbitrary array geometry and directivity of microphones is proposed. In current methods based on harmonic analysis, a sound field is decomposed into h...
Shoichi Koyama, Kenichi Furuya, Keigo Wakayama, Suehiro Shimauchi, Hiroshi Saruwatari
The Journal of the Acoustical Society of America   139(3) 1024-1036   2016年   [査読有り]
Shoichi Koyama,Ken'ichi Furuya,Yoichi Haneda,Hiroshi Saruwatari
IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing   9(5) 881-894   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
小山 翔一
電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   100(6) 474-478   2017年6月   [依頼有り]
古家 賢一, 小山 翔一
映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   68(8) 621-624   2014年8月   [依頼有り]
小山 翔一
日本音響学会誌   70(4)    2014年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
コロナ社   2017年2月   ISBN:4339008958
廣瀬通孝 (東京大学教授)/ 小柳光正 (東北大学教授)/ 石鍋隆宏 (東北大学准教授)/ 川上徹 (東北大学客員准教授), 小澤史朗 (日本電信電話)/ 八木康史 (大阪大学教授)/ 長原一 (九州大学准教授)/ 鏡慎吾 (東北大学准教授), 徐剛 (立命館大学教授)/ 奥乃博 (早稲田大学教授)/ 中臺一博 (ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン) ほか執筆者計48名 (担当:分担執筆, 範囲:波面再構成フィルタに基づくリアルタイム音場伝送)
エヌティーエス   2014年11月   ISBN:4864690642

講演・口頭発表等

 
Shoichi Koyama, Shoichi Koyama, Laurent Daudet
IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics   2017年12月7日   
© 2017 IEEE. Sparse representations of sound fields have become popular in various acoustic inverse problems. The simplest models assume spatial sparsity, where a small number of sound sources are located in the near-field. However, the performanc...
Natsuki Ueno, Shoichi Koyama, Hiroshi Saruwatari
ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings   2017年6月16日   
© 2017 IEEE. A sound field reproduction method that exploits prior information on listening areas is proposed. Most current methods are aimed at reproducing the sound field over the entire space or around listener locations. We formulate the objec...
Naoki Murata, Shoichi Koyama, Norihiro Takamune, Hiroshi Saruwatari
ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings   2017年6月16日   
© 2017 IEEE. We propose a sound field decomposition method that takes into consideration spatio-temporal sparsity. It has been proved that sparse representation of a sound field is effective in reducing errors originating from spatial aliasing art...
Natsuki Ueno, Shoichi Koyama, Hiroshi Saruwatari
2017 Hands-Free Speech Communications and Microphone Arrays, HSCMA 2017 - Proceedings   2017年4月10日   
© 2017 IEEE. A sound field reproduction method using prior information on listening areas is proposed. Most current methods aim to reproduce the sound field over the entire space or around the listener's location. The methods considering the locat...
Hiroaki Nakajima, Daichi Kitamura, Norihiro Takamune, Shoichi Koyama, Hiroshi Saruwatari, Yu Takahashi, Kazunobu Kondo
2016 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2016   2017年1月17日   
© 2016 Asia Pacific Signal and Information Processing Association. We address a novel nonnegative matrix factorization (NMF) with a new basis deformation method to handle various music sounds. Conventional supervised NMF has a critical problem tha...

受賞

 
2018年
船井情報科学振興財団 研究奨励賞
 
2015年
電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
 
2015年
日本音響学会 独創研究奨励賞 板倉記念
 
2011年
日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞
 
2010年
電気学会 センサ・マイクロマシン部門 奨励論文賞
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
日本音響学会 電気音響研究委員会/電子情報通信学会 応用音響研究専門委員会  専門委員
 
2015年6月
 - 
現在
電子情報通信学会 信号処理研究専門委員会  専門委員
 
2018年9月
 - 
2018年9月
International Workshop on Acoustic Signal Enhancement (IWAENC) 2018  Finance chair
 
2015年6月
 - 
2016年6月
日本音響学会 電気音響研究委員会/電子情報通信学会 応用音響研究専門委員会  幹事補佐
 
2014年12月
 - 
現在
超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム  音響WG幹事団メンバ
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会 海外特別研究員
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 小山 翔一
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 小山 翔一
公益信託 小野音響学研究助成基金
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 小山 翔一
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 小山 翔一