Sho Maruyama

J-GLOBAL         Last updated: Aug 22, 2019 at 18:44
 
Avatar
Name
Sho Maruyama
E-mail
ot1985shogmail.com
Twitter ID
@OTsho

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Pilot study on novice occupational therapist's experience of using narrative reasoning for elderly clients in Japan
Sho MARUYAMA, Yohei JINBO, Yuki SAITO
Japanese journal of research for the occupational therapy education      Mar 2019   [Refereed]
高齢障害者に対するクリニカルリーズニングの変化 回復期リハビリテーション病棟での作業療法介入の自省
丸山 祥, 笹田 哲, 山田 孝
作業行動研究   21(1) 20-27   Jun 2017   [Refereed]
日本の高齢者に対する訪問作業療法実践の文献研究 40の事例報告に対する作業療法過程の視点を利用した分析
丸山 祥, 高森 麻貴, 長谷 龍太郎
日本臨床作業療法研究   4(1) 23-30   Feb 2017   [Refereed]
高齢者に対する訪問作業療法における作業療法リーズニング研究 参加観察と半構成的面接を利用した質的研究
丸山 祥, 長谷 龍太郎, 笹田 哲
日本臨床作業療法研究   4(1) 13-22   Feb 2017   [Refereed]
作業療法リーズニング概念の活用に関する文献研究 欧米と日本における2005年以前と2006年以降の比較
丸山 祥, 長谷 龍太郎
日本臨床作業療法研究   3(1) 39-46   Dec 2016   [Refereed]
外来リハビリテーションにおける遊びと集団活動の利用 風林火山班会の活動と学び
丸山 祥, 宇藤 健司, 長谷 龍太郎
日本臨床作業療法研究   2(1) 1-4   Dec 2015   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
The usefulness of training tools created by a 3D printer for upper-limb dysfunction
Gou Kinosita, Sho Maruyama, Hiroya Tanaka, Shoko Miyakawa, Tsuneo Masuda
The 53rd Japanese Occupational Therapy Congress & Expo in Fukuoka 2019   Sep 2019   
Efficacy of the combined approach for acute stroke patients with upper extremity paresis
The 53rd Japanese Occupational Therapy Congress & Expo in Fukuoka 2019   Sep 2019   
Therapeutic strategies of severe upper-limb paralysis after stroke in task-oriented approach. Qualitative Analysis through interviews
Sachi Hagiwara, Sho Maruyama, Hirofumi Nagayama
The 53rd Japanese Occupational Therapy Congress & Expo in Fukuoka 2019   Sep 2019   
Development of an Evaluation of Clinical Reasoning (ECR) for occupational therapy students in Japan: Testing of content validity and face validity
Maruyama S, Sasada S, Jinbo Y, Bontje P
13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress   Jun 2019   
A case study of hand usage facilitation in daily living of a patient with chronic stroke: The effect of KiNvis therapy and conventional therapy
Maruyama S, Matsumoto H, Kaneko F, Shindo K, Akaboshi K
13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress   Jun 2019   
Pilot study on novice occupational therapist’s experience of using narrative reasoning for elderly clients in Japan
Maruyama S, Jinbo Y, Saitou Y, Kaneko F, Shindo K, Akaboshi K
1st International/5th Japanese Congress of Clinical Occupational Therapy   Jul 2018   
回復期リハビリテーション病棟における認知症高齢者の行動・心理症状(BPSD)の対応に関する院内教育活動の試み
丸山 祥, 重田 優子, 上城 憲司, 勝俣 隆寛
日本作業療法学会抄録集   Sep 2017   
意味のある作業で有能感を取り戻した一例 新人作業療法士による回復期リハ病棟での人間作業モデルの活用
藤崎 慧, 丸山 祥, 笹田 哲
作業行動研究   Jun 2016   
高齢期障害に対する作業療法リーズニングの変化と介入モデルの応用 回復期リハビリテーション病棟における一事例
丸山 祥, 笹田 哲
作業行動研究   Jun 2016   
ライブOSA-II
村仲 隼一郎, 丸山 祥
作業行動研究   Jun 2016   
対象者の価値観と興味に基づいた関わり
神長 麻貴, 丸山 祥
日本作業療法学会抄録集   Jun 2015   
クライアント立脚型評価の整理と分類 ICFを用いた文献研究
丸山 祥, 村仲 隼一郎
日本作業療法学会抄録集   Jun 2010