Shota Sakai

J-GLOBAL         Last updated: Jun 12, 2019 at 12:26
 
Avatar
Name
Shota Sakai
Affiliation
National Institute of Infectious Diseases
Section
Faculty of Advanced Life Science Frontier Research Center for Post-Genome Science and Technology

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nakao Naoki, Ueno Masaharu, Sakai Shota, Egawa Daichi, Hanzawa Hiroyuki, Kawasaki Shohei, Kumagai Keigo, Suzuki Makoto, Kobayashi Shu, Hanada Kentaro
COMMUNICATIONS CHEMISTRY   2    Feb 2019   [Refereed]
Esaki Shota, Nagasawa Tomotaka, Tanaka Haruka, Tominaga Aoi, Mikami Daisuke, Usuki Seigo, Hamajima Hiroshi, Hanamatsu Hisatoshi, Sakai Shota, Hama Yoichiro, Igarashi Yasuyuki, Kitagaki Hiroshi, Mitsutake Susumu
JOURNAL OF FOOD BIOCHEMISTRY   42(5)    Oct 2018   [Refereed]
Multiple roles of Sms2 in white and brown adipose tissues from diet-induced obese mice.
Hanamatsu H., Mitsutake S., Sakai S., Okazaki T., Watanabe K., Igarashi Y., Yuyama K.
J. Metabolic Syndrome      2018   [Refereed]
Sanaki T, Kasai-Yamamoto E, Yoshioka T, Sakai S, Yuyama K, Fujiwara T, Numata Y, Igarashi Y
Journal of oleo science   66(6) 591-599   Jun 2017   [Refereed]
Makino A, Abe M, Ishitsuka R, Murate M, Kishimoto T, Sakai S, Hullin-Matsuda F, Shimada Y, Inaba T, Miyatake H, Tanaka H, Kurahashi A, Pack CG, Kasai RS, Kubo S, Schieber NL, Dohmae N, Tochio N, Hagiwara K, Sasaki Y, Aida Y, Fujimori F, Kigawa T, Nishibori K, Parton RG, Kusumi A, Sako Y, Anderluh G, Yamashita M, Kobayashi T, Greimel P, Kobayashi T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   31(4) 1301-1322   Apr 2017   [Refereed]
Mikami D, Sakai S, Sasaki S, Igarashi Y
Journal of oleo science   65(8) 671-680   Aug 2016   [Refereed]
Inaba T, Kishimoto T, Murate M, Tajima T, Sakai S, Abe M, Makino A, Tomishige N, Ishitsuka R, Ikeda Y, Takeoka S, Kobayashi T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(28) 7834-7839   Jul 2016   [Refereed]
Usuki S, Tamura N, Sakai S, Tamura T, Mukai K, Igarashi Y
Biochemistry and biophysics reports   5 160-167   Mar 2016   [Refereed]
Sugimoto M, Wakabayashi M, Shimizu Y, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Zhao S, Sakai S, Igarashi Y, Kuge Y
PloS one   11(3) e0152191   Mar 2016   [Refereed]
A Study of Safety and Skin Improvment Effect of Beverage Containing Extracted Glucosylceramide form Tamogitake (Pleurotus cornucopiae var. citrinopileatus).
Sekiguchi H., Suzuki T., Sakai S., Takahashi K., Hayashida S., Sutoh K., Usumi K., Katsumata Y., Igarashi Y.
Trace Nutrients Research   33 21-30   2016   [Refereed]
Sugimoto M, Shimizu Y, Yoshioka T, Wakabayashi M, Tanaka Y, Higashino K, Numata Y, Sakai S, Kihara A, Igarashi Y, Kuge Y
Biochimica et biophysica acta   1851(12) 1554-1565   Dec 2015   [Refereed]
Furukawa J, Sakai S, Yokota I, Okada K, Hanamatsu H, Kobayashi T, Yoshida Y, Higashino K, Tamura T, Igarashi Y, Shinohara Y
Journal of lipid research   56(12) 2399-2407   Dec 2015   [Refereed]
Yuyama K, Sun H, Usuki S, Sakai S, Hanamatsu H, Mioka T, Kimura N, Okada M, Tahara H, Furukawa J, Fujitani N, Shinohara Y, Igarashi Y
FEBS letters   589(1) 84-88   Jan 2015   [Refereed]
Yamagami K, Yamamoto T, Sakai S, Mioka T, Sano T, Igarashi Y, Tanaka K
PloS one   10(3) e0120108   Mar 2015   [Refereed]
Yuyama K, Sun H, Sakai S, Mitsutake S, Okada M, Tahara H, Furukawa J, Fujitani N, Shinohara Y, Igarashi Y
The Journal of biological chemistry   289(35) 24488-24498   Aug 2014   [Refereed]
Calpain-Mediated Hsp70.1 Cleavage in Monkey CA1 after Ischemia Induces Similar ‘Lysosomal Vesiculosis’ to Alzheimer Neurons.
Yamashima T, Mathivanan A, Dazortsava MY, Sakai S, Kurimoto S, Zhu H, Funaki N, Liang H, Hullin-Matsuda F, Kobayashi T, Akatsu H, Takahashi H, Minabe Y.
Journal of Alzheimers Disease & Parkinsonism   4(2) 139-147   2014   [Refereed]
Hanamatsu H, Ohnishi S, Sakai S, Yuyama K, Mitsutake S, Takeda H, Hashino S, Igarashi Y.
Nutrition and Diabetes   4 e141   2014   [Refereed]
Ueda Y, Makino A, Murase-Tamada K, Sakai S, Inaba T, Hullin-Matsuda F, Kobayashi T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   27(8) 3284-3297   Aug 2013   [Refereed]
Luquain-Costaz C, Lefai E, Arnal-Levron M, Markina D, Sakaï S, Euthine V, Makino A, Guichardant M, Yamashita S, Kobayashi T, Lagarde M, Moulin P, Delton-Vandenbroucke I
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   33(8) 1803-1811   Aug 2013   [Refereed]
Hullin-Matsuda F, Tomishige N, Sakai S, Ishitsuka R, Ishii K, Makino A, Greimel P, Abe M, Laviad EL, Lagarde M, Vidal H, Saito T, Osada H, Hanada K, Futerman AH, Kobayashi T
The Journal of biological chemistry   287(29) 24397-24411   Jul 2012   [Refereed]
Duan J, Sugawara T, Hirose M, Aida K, Sakai S, Fujii A, Hirata T
Experimental dermatology   21(6) 448-452   Jun 2012   [Refereed]
Masuda T, Otomo R, Kuyama H, Momoji K, Tonomoto M, Sakai S, Nishimura O, Sugawara T, Hirata T
Fish & shellfish immunology   32(1) 61-68   Jan 2012   [Refereed]
Abe Mikiko, Oshima Eriko, Sakai Shota, Hirabayashi Yoshio, Tsuchida Tetsuya, Hamanaka Sumiko
J. SJWS   12(1) 32-43   2012
We analyzed hair lipids focusing on sphingolipids of murine hair. Murine hair contains ceramides (Cer), glucosylceramides (GlcCer) and sphingomyelins (SM). Composition and structure of murine hair sphingolipids are different from those of epider...
Duan J, Sugawara T, Sakai S, Aida K, Hirata T
Lipids   46(6) 505-512   Jun 2011   [Refereed]
Sakai S, Sugawara T, Hirata T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   75(5) 1013-1015   May 2011   [Refereed]
Sakai S, Sugawara T, Kishi T, Yanagimoto K, Hirata T
Life sciences   86(9-10) 337-343   Feb 2010   [Refereed]
Sakai Shota, Komura Yukako, Nishimura Yuki, Sugawara Tatsuya, Hirata Takashi
FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH   17(2) 171-177   Mar 2011   [Refereed]
Sakai S, Sugawara T, Matsubara K, Hirata T
The Journal of biological chemistry   284(41) 28172-28179   Oct 2009   [Refereed]
Sugawara T, Yamashita K, Sakai S, Asai A, Nagao A, Shiraishi T, Imai I, Hirata T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   71(4) 1069-1072   Apr 2007   [Refereed]
Sugawara T, Zaima N, Yamamoto A, Sakai S, Noguchi R, Hirata T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70(12) 2906-2912   Dec 2006   [Refereed]

Misc

 
Sakai Shota, Mitsutake Susumu, Igarashi Yasuyuki
VITAMINS   87(11) 605-609   Nov 2013
スフィンゴ脂質の生体内における生理機能として、セラミドのアポトーシス誘導作用や、スフィンゴシン-1-リン酸の細胞増殖および分化誘導作用などがよく知られており、これらの機能を利用した創薬研究が盛んに行われている。またスフィンゴ脂質は機能性食品成分としても近年注目されており、様々な生理活性を有することが報告されているが、経口摂取した際の体内動態や作用機序などについての科学的な根拠はまだ研究の初期段階にあり未解明の部分が多い。そこで今回、機能性食品成分としてのスフィンゴ脂質の生理作用について、「...
セラミドを介したMRN複合体-ATMアポトーシス経路の制御
橋爪 智恵子, 上田 善文, 谷口 真, 酒井 祥太, 花田 賢太郎, 岡崎 俊朗
脂質生化学研究   60 80-81   May 2018
我々は、セラミドを介したアポトーシスシグナルにおけるMRN複合体-ATMシグナルの関与を解明するため、ヒトリンパ芽球様細胞L-39とATM欠損ヒトリンパ芽球様細胞AT-59に対し、DNA二重鎖切断(DSB)を誘導する遺伝毒性薬neocarzinostatin(NCS)を用いて解析を行った。その結果、どちらの細胞でも中性スフィンゴミエリン分解酵素(nSMase)活性が増加し、スフィンゴミエリン合成酵素活性が減少するのに伴って、セラミド量が同程度増加することを見出した。しかし、AT-59ではL...
Chlamydia trachomatisは細胞内寄生に宿主のスフィンゴミエリン生合成を必要としない
立田 由里子, 熊谷 圭悟, 酒井 祥太, 山地 俊之, 花田 賢太郎
脂質生化学研究   60 178-180   May 2018
Chlamydia trachomatis(Ct)は偏性細胞内寄生細菌であり、宿主細胞内でのみ増殖する。Ctは細胞に取り込まれた後、寄生胞(封入体)を形成することにより、細胞質と隔離された領域で増殖する。この封入体膜の形成及び封入体膜内におけるCtの増殖に、宿主細胞のセラミド輸送タンパクCERTを必要とすることが報告されている。CERTは通常セラミドを小胞体膜からスフィンゴミエリン(SM)生合成の場であるゴルジ体へと輸送するが、Ctは小胞体膜上で生合成されたセラミドをCERTを介して封入体...
スフィンゴミエリン合成酵素2(SMS2)ノックアウトマウスにおける魚鱗癬様の皮膚症状の解析
酒井 祥太, 牧野 麻美, 西 明仁, 市川 毅, 山下 匡, 徳留 嘉寛, Crumrine Debra, 内田 良一, Elias Peter, 土田 哲也, 濱中 すみ子
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1LBA-016]   Dec 2017
血清中のスフィンゴ糖脂質および遊離オリゴ糖鎖に特異的なABO式血液型抗原の解析
岡田 和恵, 横田 育子, 花松 久寿, 三浦 信明, 大西 俊介, 湯山 耕平, 酒井 祥太, 伊東 信, 五十嵐 靖之, 坂本 直哉, 篠原 康郎, 古川 潤一
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0021]   Dec 2017
タモギタケセラミド含有飲料の安全性及び肌質改善効果の検討
関口 博太, 鈴木 健, 酒井 祥太, 高橋 環奈, 林田 茂, 須藤 慶太, 宇住 晃治, 勝又 亨祥, 五十嵐 靖之
微量栄養素研究   33 21-30   Dec 2016
肌荒れに悩む40代〜60代の日本人女性33名を対象に、タモギタケより抽出したグルコシルセラミド0.6mgを含む50mL飲料(試験品)を3ヵ月間連続摂取してもらい、その効果を検討した。顕著な体重の増減は認められず、臨床検査値はいずれも基準値内の変動であり、試験品に起因する重篤な副作用は認められなかった。試験品摂取によりVISIA Evoluationによる紫外線シミスコアは6週目および12週目に有意に減少し、皮膚のターンオーバーを整える作用があると推察された。また、12週目に前腕内側部の角質...
血清中に含まれる血液型特異的スフィンゴ糖脂質および遊離オリゴ糖鎖の同定
横田 育子, 古川 潤一, 花松 久寿, 大西 俊介, 岡田 和恵, 湯山 耕平, 酒井 祥太, 伊東 信, 五十嵐 靖之, 坂本 直哉, 篠原 康郎
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1P-056]   Sep 2016
イメージング質量分析法を用いたスフィンゴミエリン合成酵素2欠損マウスの腎臓におけるスフィンゴミエリン代謝の解析
杉本 正志, 志水 陽一, 若林 雅人, 吉岡 健, 東野 賢一, 沼田 義人, 酒井 祥太, 趙 松吉, 五十嵐 靖之, 久下 裕司
JSMI Report   9(2) 156-156   Apr 2016
ヒト血清中のABO血液型特異的スフィンゴ糖脂質糖鎖解析
横田 育子, 古川 潤一, 花松 久寿, 酒井 祥太, 岡田 和恵, 五十嵐 靖之, 篠原 康郎
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1LBA065]-[1LBA065]   Dec 2015
水産生物由来スフィンゴイド塩基の分子種分離法開発
三上 大輔, 酒井 祥太, 佐々木 茂文, 五十嵐 靖之
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1LBA094]-[1LBA094]   Dec 2015
ヒト血清中スフィンゴ糖脂質糖鎖の網羅的定量グライコミクス
酒井 祥太, 古川 潤一, 横田 育子, 岡田 和恵, 花松 久寿, 田村 具博, 篠原 康郎, 五十嵐 靖之
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0316]-[2P0316]   Dec 2015
こんにゃく芋由来のセラミドによるSema3A-likeグロースコーンのコラプス作用のメカニズムの解明
臼杵 靖剛, 田村 範子, 酒井 祥太, 田村 具博, 向井 克之, 五十嵐 靖之
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0342]-[2P0342]   Dec 2015
超高質量分解能イメージング質量分析装置によるスフィンゴミエリン分子種の組織内分布可視化に関する検討
杉本 正志, 志水 陽一, 若林 雅人, 吉岡 健, 東野 賢一, 沼田 義人, 酒井 祥太, 木原 章雄, 五十嵐 靖之, 久下 裕司
JSMI Report   8(2) 142-142   Apr 2015
若年性肥満群血清におけるセラミド及びスフィンゴミエリン分子種の解析
花松 久寿, 大西 俊介, 酒井 祥太, 湯山 耕平, 光武 進, 五十嵐 靖之
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [2P-487]   Oct 2014
ファーバー病におけるスフィンゴ脂質および糖脂質代謝
酒井 祥太, 光武 進, 古川 潤一, 丸山 慎介, 篠原 康郎, 五十嵐 靖之
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [2P-491]   Oct 2014
NAFLDおよびインスリン抵抗性の発症におけるスフィンゴミエリン代謝系の関与
大西 俊介, 光武 進, 湯山 耕平, 酒井 祥太, 花松 久寿, 折戸 智恵子, 川原 由佳子, 吉村 彩, 高崎 裕代, 武田 宏司, 五十嵐 靖之, 橋野 聡, 坂本 直哉
肝臓   55(Suppl.1) A320-A320   Apr 2014
酸性セラミダーゼのファーバー病における生理学的役割
酒井 祥太, 光武 進, 沖野 望, 豊島 光雄, 五十嵐 靖之
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 2P-050   Sep 2013
【脂質と精神機能】 脳の脂質と疾患
岸本 拓磨, 酒井 祥太, 稲葉 岳彦, 小林 俊秀
最新精神医学   17(3) 201-210   May 2012
脂質ラフトを介した免疫担当細胞の活性化に与える海洋カロテノイドの影響
眞鍋 祐樹, 酒井 祥太, 菅原 達也, 平田 孝
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   66回 234-234   Apr 2012
消化管におけるスフィンゴイド塩基の選択的吸収機構
酒井 祥太, 菅原 達也, 藤井 愛生, 都築 毅, 池田 郁男, 間 和彦, 増田 太郎, 松尾 英一, 西村 紀, 平田 孝
脂質生化学研究   53 239-241   Apr 2011
近年スフィンゴ脂質は、機能性食品成分として注目されており、その素材として高等植物や酵母由来のものがよく利用されている。しかしながら、植物由来スフィンゴ脂質の消化管吸収についてはあまり知られていなかった。我々のこれまでの研究から、植物由来スフィンゴ脂質は、動物由来のものと比べて消化管吸収されにくいことが確認されている。その選択性にはP-糖タンパク質が関与している可能性が示唆されており、動物由来スフィンゴ脂質の主要なスフィンゴイド塩基であるスフィンゴシンに特異的に結合するタンパク質の存在が推定...

Books etc

 
Porphyra yezoensis
Tatsuya Sugawara, Shota Sakai, Takashi Hirata (Part:Joint Work, Nutritional and Physiological Functions of Porphyra)
Nova Science Publishers Inc.   2011