Masahiro Chiba

J-GLOBAL         Last updated: Oct 19, 2018 at 19:11
 
Avatar
Name
Masahiro Chiba

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Today
Associate Professor, Division of Pediatric Surgery, Department of Surgery, Showa University Hospital, Showa University
 
Apr 2007
 - 
Mar 2012
Senior Lecturer, The Department of Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital, Showa University
 
Aug 1996
 - 
Mar 2007
Teaching Associate, The Department of Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital, Showa University
 
Feb 1996
 - 
Jul 1996
Clinical Fellow, surgery, Yokohama Asahi Chuo General Hospital
 
Jun 1994
 - 
Jan 1996
Resident, The Department of Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital, Showa University
 

Education

 
Apr 1984
 - 
Mar 1990
Faculty of Medicine, Showa University
 

Awards & Honors

 
May 2014
Logo Mark Best Design Award, metropolitan Area Chapter of Japanese Society for Parenteral & Enteral Nutrition
 
May 1998
Annual Excellent Paper Award, Japanese Society of Pediatric Surgeons
 

Published Papers

 
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 大澤俊亮, 入江理絵
日本小児外科学会雑誌   54(5) 1129‐1133(J‐STAGE)-1133   Aug 2018
症例は13歳の男児で半年前から全身倦怠感を認めた。学校の健康診断で眼瞼結膜蒼白を指摘され、貧血の疑いで当院を受診した。血液検査で貧血と高CRP血症を認めた。腹部超音波検査で脾中極に境界明瞭で内部不均一な高エコー像を呈する腫瘤を認めた。造影CTで腫瘤辺縁に淡い染影効果を認めた。造影MRIでT1強調像は等信号、T2強調像は低信号を示し、内部に線状の低信号を伴う腫瘤を認めた。悪性の可能性が否定できず、用手補助腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した。組織所見から炎症性偽腫瘍と診断した。脾炎症性偽腫瘍は特異的...
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 中山智理, 入江理絵, 大澤俊亮, 川野晋也, 渡井有
小児外科   50(6) 633‐636-636   Jun 2018
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 入江理絵, 大澤俊亮, 中神智和
小児外科   50(4) 372‐375-375   Apr 2018
杉山彰英, 土岐彰, 大澤俊亮, 入江理絵, 中山智理, 千葉正博
日本臨床外科学会雑誌   79(4) 666‐672-672   Apr 2018
目的:出生前診断された先天性嚢胞状腺腫様肺形成異常(CCAM)の治療方針を検討した.方法:過去10年間で出生前診断されたCCAM 10例を後方視的に検討した.結果:在胎22.6±3.0週に出生前診断され,体重2,861±411g,在胎37.2±2.7週で出生した.2例が新生児期に呼吸器症状を認め,1例は新生児期に手術し,残り1例は手術に至らずに死亡した.無症状の8例中1例は早期症状出現の可能性があり,新生児期に手術した.残りの7例は早期手術は行わずに退院となり,うち4例で待機的手術を施行し...
中神智和, 土岐彰, 入江理絵, 大澤俊亮, 中山智理, 杉山彰英, 千葉正博, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   54(2) 242‐247(J‐STAGE)-247   Apr 2018
【目的】近年スポンジ圧迫療法の有用性が報告されているが、詳細な検討はなされていない。そこで、後方視的に有効性を検討した。【方法】2004年1月1日から2016年12月31日までに当科で臍ヘルニアと診断され、圧迫療法施行後、追跡が可能だった症例を対象とした。これらの症例を閉鎖群と非閉鎖群の2群に分け、比較検討した。検討指標は、性別、ヘルニアの形態、在胎週数、出生体重、圧迫療法開始日齢、臍ヘルニア最大径、ヘルニア門最大径、ヘルニア門閉鎖日齢、圧迫療法期間である。統計解析ソフトはJMP Pro1...
Maruyama M, Iijima S, Ishibashi N, Inukai M, Oriishi T, Kawasaki N, Kurata N, Suzuki Y, Tabei I, Chiba M, Nakamura E, Higashiguchi T
Annals of nutrition & metabolism   73(3) 169-176   2018   [Refereed]
杉山彰英, 土岐彰, 入江理絵, 大澤俊亮, 中山智理, 川野晋也, 千葉正博, 渡井有
小児外科   49(10) 1056‐1059-1059   Oct 2017
杉山彰英, 土岐彰, 大澤俊亮, 入江理絵, 中山智理, 中神智和, 千葉正博, 渡井有, 鈴木孝明
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(4) 1353‐1356(J‐STAGE)-1356   Sep 2017
【目的】重症心身障がい児(重症児)に対するバルーン型胃瘻ボタンを使用した腹腔鏡補助下胃瘻造設術(以下、本法と略)の有用性を検討した。【対象及び方法】当科で過去7年間に胃瘻造設術を行った重症児35例をもとに、開腹下に行った27例をOG群、本法を行った8例をLAG群とし、手術時間、術中・術後急性期合併症について比較検討した。【結果】手術時間の中央値はOG群で80分(55〜140分)、LAG群で90分(65〜110分)で両群間に有意差はなかった。術中合併症はOG群の1例で胃壁損傷を認め、LAG群...
Chiba M, Sanada Y, Toki A
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   59(8) 911-916   Aug 2017   [Refereed]
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 菅野丈夫, 佐藤千秋, 十良澤勝雄, 八木仁史, 添野民江
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(3) 1207‐1210(J‐STAGE)-1210   Jul 2017
【目的】脂肪吸収障害が顕著な短腸症候群患児の2例で、経口用ω3系油脂高含有製剤の効果を検討した。【方法】残存小腸27cmおよび18cmで、現在も経静脈栄養投与併用中の短腸症候群症例に対して、経口用ω3系油脂高含有製剤投与後の便中脂肪染色、血清脂肪酸分画の変化を検討した。【結果】脂肪乳剤を0.2〜0.3g/kg/dayの経口・経腸投与開始後も、便中脂肪染色は陰性であった。血清脂肪酸分析では、投与前はω3脂肪酸分画は低値であったが、投与後2週間で改善した。【考察】以前のω3系脂肪酸含有経腸栄養...
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 川野晋也, 中山智理, 中神智和, 大澤俊亮, 小嶌智美
日本小児外科学会雑誌   53(4) 954‐957(J‐STAGE)-957   Jun 2017
症例は、1歳4ヵ月男児で、円筒状・母指頭大の臍ヘルニアを認めた。手術適応と判断し、ヘルニア門の閉鎖と同時に臍形成術を施行した。通常の臍ヘルニアと同様にヘルニア門の縫合閉鎖後、皮膚切開線を臍上縁の皺に沿って延長し、臍輪全周皮膚切開とした。臍の円筒状側面部分の皮膚を真皮レベルで剥離除去し、皮下組織は円筒状に残した。臍輪周囲を全周性に縫合閉鎖し、臍窩形成のために臍底部を術後1週間ツッペルガーゼで圧迫固定した。術後2年経過した現在も、臍窩のある正常形態の臍を維持している。巨大臍ヘルニアにおける臍形...
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 川野晋也, 中山智理, 入江理絵, 小嶌智美, 大澤俊亮
小児外科   49(3) 302‐305-305   Mar 2017
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 入江理絵, 小嶌智美, 大澤俊亮
小児外科   49(2) 177‐180-180   Feb 2017
スポンジ圧迫療法を施行した臍ヘルニア症例を対象とし、圧迫療法が有効で臍ヘルニアが治癒した有効群1046例(男児596名、女児450名)と、無効群148例(男児75名、女児73名)に分けた。臍ヘルニアのタイプは、臍部型1127例、臍上部型67例で、臍上部型の22例が手術となった。圧迫療法中の接触性皮膚炎は、有効群222例、無効群62例で、手術を行った群でより高率にみられた。臍上部型、接触性皮膚炎合併例で治癒率が低かった。体重別に区分した治癒率をみると、出生体重が低値であるほど治癒率が高かった...
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 中山智理, 大澤俊亮, 石井理絵, 小嶌智美
小児外科   49(1) 100‐101-101   Jan 2017
杉山彰英, 土岐彰, 大澤俊亮, 入江理絵, 中山智理, 千葉正博, 渡井有, 鈴木孝明
小児外科   48(9) 923‐927   Sep 2016
千葉正博
消化器の臨床   19(4) 314‐317-317   Aug 2016
短腸症候群症例の経腸栄養療法の基本は、残存小腸に負荷される栄養素量が過負荷とならないよう、(1)単位時間あたりの投与量、および(2)線維・脂質を制限、(3)吸収能力の低下している脂質の投与方法を工夫することにある。また、これらの栄養療法がスムーズに行われるよう、腸管の安定化を図り腸管馴化を促すべくグルタミンおよび水溶性ファイバーの投与や、シンバイオティクス療法が並行して行われる。また、近年ではホエイペプチドの様々な生理活性が着目され、経腸栄養療法の主要な一角を担うようになってきている。(著...
菅沼理江, 菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 入江理絵, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
小児外科   48(3) 274‐277-277   Mar 2016
開腹手術を施行した小児症候性Meckel憩室10例を対象に、アプローチ別に臍部切開開腹法(臍部法)5例と従来法5例に分け、比較検討した。その結果、1)発症の契機となった術前合併症は腸閉塞が3例、出血が1例ずつ各群に認められ、そのほかは臍部法で臍炎が1例、従来法で腸重積が1例に認められた。2)術式はMeckel憩室切除術を2例、憩室を含む小腸部分切除術を3例ずつ各群に施行した。3)異所性胃粘膜は各群で3例ずつ認められた。尚、平均手術時間は臍部法171分、従来法159分で、術後平均入院期間は臍...
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中神智和, 石井理絵, 大澤俊亮, 大橋祐介
小児外科   48(2) 182‐185-185   Feb 2016
小児会陰損傷症例をもとに検討した。小児会陰損傷12例(男児7名、女児5名、0〜14歳)を対象とした。年齢、性別、受傷機転、損傷部位、治療について診療録をもとに検討した。男児泌尿生殖器外傷は4〜14歳の3例で、尿道損傷2例、陰嚢内血腫1例であった。尿道損傷の2例は転落と打撲、陰嚢内血腫は喧嘩で蹴られて受傷した。尿道損傷の2例は膀胱留置カテーテルが挿入でき、保存的に軽快した。陰嚢内血腫は超音波検査で精巣の血流が確認できたため、保存的に経過をみた。その後、精巣萎縮は認めなかった。女児泌尿生殖器外...
Aoyagi M, Chiba M, Kakimoto Y, Nemoto S
Shokuhin eiseigaku zasshi. Journal of the Food Hygienic Society of Japan   57(6) 201-206   2016   [Refereed]
佐藤千秋, 佐藤千秋, 千葉正博, 千葉正博, 十良澤勝雄, 十良澤勝雄, 屋代薫, 屋代薫, 川口由美, 川口由美, 八木仁史, 八木仁史, 添野民江, 添野民江, 菅野丈夫, 菅野丈夫
日本静脈経腸栄養学会雑誌   31(5) 1099‐1104(J‐STAGE)   2016
石井理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
小児外科   47(12) 1319‐1322-1322   Dec 2015
症例1は37週3日に選択的帝王切開で出生した女児で、ヘルニア門径は56mm、肝臓をヘルニア内容とする臍部型ヘルニアであり、出生後直ちに全身管理下にサイロを形成し、生後72時間で肝臓は腹腔内に完全に還納した。症例2は36週6日に帝王切開で出生した女児で、ヘルニア門径は60mm、小腸をヘルニア内容とする臍部型ヘルニアであり、症例1と同様にサイロを形成し、生後96時間で腸管は腹腔内へ完全に還納した。両症例とも腹壁修復術は、臍帯ヘルニア嚢に付着する臍帯動脈を同定し臍形成に利用するため腹壁に残し、ヘ...
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 菅沼理江, 中山智理, 石井理絵, 大澤俊亮, 中神智和, 鈴木孝明, 渡井有, 眞田裕
外科と代謝・栄養   49(6) 283‐286-286   Dec 2015
卒前教育は進路決定に多大な影響を与え、代謝栄養学を研究する人材を育てるためにも重要である。しかしながら、各領域とも修得が必要な知識量が増加しているにも関わらず、近年の医学教育改革により講義コマ数は減少している。その様な状況で、代謝栄養学の講義枠のみを増やすことは困難である。昭和大学では多数の附属病院を活用した少人数での臨床実習と、医系総合大学である特色を生かした多職種連携教育を外科代謝栄養学教育に活用している。今後、外科代謝栄養学を研究する人材を育てるためには外科医の増員のみならず、医師以...
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 菅沼理江, 中神智和, 中山智理, 大澤俊亮, 石井理絵
外科と代謝・栄養   49(6) 293‐298-298   Dec 2015
【目的】短腸症候群(SBS)症例の腸管機能馴化指標としての、空腹時血漿シトルリン濃度(Cit)及び血清diamine oxidase活性(DAO)の有用性について検討した。【方法】SBS患児4例について、後方視的にCit及びDAOとPN必要量(%PN)、成長発育状況について検討した。【結果】2例のみPNから離脱した。残存腸管の極端に短い1例のみ成長発育障害が見られた。%PNの低下に伴いCitは上昇し、両者の間には有意な相関が見られた。また、腸管長とCit間にも有意な正の相関を認めた。一方、...
菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 大澤俊亮, 渡井有, 鈴木孝明, 中野有也, 板橋家頭夫
小児外科   47(11) 1125-1129   Nov 2015
生後0日男児。切迫早産で分娩抑制が不可能なため在胎29週2日目に双胎の第1子として緊急帝王切開にて出生(体重1141g)した。出生時、十分な呼吸が確立できず、生後6分で気管内挿管が行われ、極低出生体重児および新生児仮死の診断で新生児集中治療室に入院となった。だが、腹部単純X線像でsingle bubble signを認め、小児外科へ紹介、上部消化管造影では幽門部にはbeak sign様所見がみられたが、幽門から十二指腸への造影剤の流出は認められなかった。一方、下部消化管造影ではmicroc...
長谷部正晴, 上原秀一郎, 織田成人, 櫻井洋一, 田中芳明, 千葉正博, 土岐彰, 深柄和彦, 福島亮治, 増本幸二, 宮田剛, 和佐勝史
外科と代謝・栄養   49(4) 183-187   Aug 2015
微量元素製剤長期使用例における鉄過剰の発生に関するアンケート調査結果について報告した。全国の中小病院690施設にアンケートを送付し、有効回答は145施設であった。入院または在宅で90日以上に及ぶ中心静脈栄養(TPN)を施行し、この間に定期的に市販微量元素製剤を投与した患者を対象とした。長期TPNがある施設は100施設、ない施設は45施設であった。100施設中、有効回答は33施設で得られた。血清フェリチン、鉄、TIBCなどのモニタリングの重要性に関する知識が多くの施設で不十分であった。有効回...
川野晋也, 千葉正博, 中神智和, 鈴木孝明, 渡井有, 土岐彰
日本小児外科学会雑誌   51(2) 246-250   Apr 2015
症例は日齢2の女児。満期産、体重3,260gで出生し、日齢1に発症した腹部膨満、胆汁性嘔吐のため入院した。単純レントゲン写真で多発拡張小腸像と下腹部のsoap bubble像、注腸造影でmicrocolonとそれに続く球状盲端を認めた。造影時、盲端は盲腸内に吹き流し様に突出し、注腸圧を下げると肛門側へ翻転した。先天性結腸膜様閉鎖症の診断のもと、上行結腸・盲腸を切開して膜切除を行い、transanastmotic tubeに準じたカテーテルを留置の上、チューブ盲腸瘻を作成した。術後は盲腸瘻か...
Chiba M, Toki A, Sugiyama A, Suganuma R, Osawa S, Ishii R, Nakagami T, Suzuki J, Watarai Y, Kawano S, Suzuki K
Journal of medical case reports   9 71   Mar 2015   [Refereed]
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 田中彩, 小嶌智美, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   51(1) 58-63   Feb 2015
症例1は1歳、女児。右鼠径ヘルニアの診断で手術を行った。臍部より3mmトロッカーを挿入し、気腹すると、右内鼠径輪左側に4cm大の嚢胞を認めた。嚢胞は開大した内鼠径輪と連続しており、腹腔内に脱出したNuck管水瘤と考えられた。腹腔鏡下経皮的腹膜外ヘルニア閉鎖術(LPEC)の手技に準じて縫合糸を通した後に、内容液を経皮的に穿刺吸引した。次に臍部創を延長し、3mmポートを追加し、嚢胞を切離した。腹膜鞘状突起を閉鎖し、手術を終了した。症例2は1歳、女児。右Nuck管水瘤の疑いで、症例1と同様に腹腔...
米倉竹夫, 加治建, 千葉正博, 天江新太郎, 田附裕子, 大割貢, 尾花和子, 中野美和子, 黒田達夫, 福本弘二, 山根裕介, 吉野裕顕, 蛇口達造, 土岐彰
外科と代謝・栄養   49(1) 17-26   Feb 2015
千葉正博, 土岐彰, 佐藤千秋
外科と代謝・栄養   49(1) 1-4   Feb 2015
ジアミンオキシダーゼは、小腸の粘膜上皮細胞でその活性は高く、ヒスタミン・ポリアミンの異化に加え細胞増殖の制御にも関与している。そのため小腸粘膜のintegrityやmaturityの指標としてさまざまな臨床検討がされるようになった。しかし、DAO活性を臨床で使用する場合には、その代謝臓器である肝臓の機能、活性化に必要な補欠分子族の銅の濃度などさまざまな影響を考慮しなければならない。また、腸管障害の指標として使用する場合には、障害の程度によりDAO活性の低下時期が異なるため、測定時期に注意が...
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
小児外科   46(12) 1220-1223   Dec 2014
1歳3ヵ月男児。嘔吐を主訴とした。食道造影で第1狭窄部直上に憩室形成と食道狭窄を認め、CTで甲状腺下極の高さに食道を左側に圧排する約18mm大の空気を含む低吸収域を認めた。食道憩室による食道狭窄症と診断し、手術を施行した。術中、食道憩室の一部と、食道憩室により右側に圧排された気管を認めた。食道憩室前壁を切開したところ、憩室頭側に瘻孔を認めた。内視鏡で瘻孔と食道内腔に交通があることを確認し、瘻孔にモスキートペアンを挿入すると、食道内腔に付着したリング状フィルムを認めた。フィルム摘出後に食道内...
【困ったときのヒント満載 栄養力UP NST症例集(4)】 静脈栄養→経腸栄養 ガイドラインどおりにはいかない重症心疾患の栄養療法
神田 由佳, 千葉 正博, 添野 民江
臨床栄養   別冊(栄養力UP NST症例集4) 67-72   Oct 2014
<栄養ケアのポイント>重症患者の栄養評価法。循環動態の安定化のとらえかた。高度鎮静下の栄養投与法。(著者抄録)
菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 中山智理
小児外科   46(8) 841-846   Aug 2014
臍ヘルニアでスポンジ圧迫療法を受けた1189例のうち、追跡可能であった965例の成績を報告した。圧迫療法で治癒したのは851例(男児484例、女児367例;有効群)、臍ヘルニア門が開存したまま手術となったのが114例(男児51例、女児63例;無効群)であった。有効群のうち12例は余剰皮膚に対する臍突出症のため臍形成術が施行され、無効群は圧迫療法で治癒後の再発1例、嵌頓併発4例を含んでいた。臍ヘルニアのタイプは臍部型896例、臍上部型62例で、臍上部型は無効群が20例と有意に多かった。圧迫療...
【小児の臨床栄養 エビデンスとトピックス】(Part-1)栄養アセスメント・食行動 小児に適した栄養アセスメントとは
千葉 正博
臨床栄養   別冊(JCNセレクト9 小児の臨床栄養エビデンスとトピックス) 2-7   Feb 2014
<ポイント>小児の栄養アセスメントとしては、他の方法に比してSTAMPが優れていると思われる。しかし、疾患種類別のスコアにおける感染症の取り扱いや急性リンパ性白血病標準リスク群の扱い、体重の評価方法など改良の余地が残されている。(著者抄録)
菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
小児外科   45(12) 1334-1338   Dec 2013
田中彩, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕, 小池能宣
日本小児放射線学会雑誌   29(2) 106-110   Dec 2013
2歳男児。出生後から右腹部膨隆に気付き経過観察していたが、2歳時に著明な便塊貯留を認め受診となった。所見では腹部膨隆と右上腹部に腫瘤が触知され、腹部X線では右腹部の大部分を占める便塊が認められた。また、下部消化管造影ではS状結腸の著明な拡張がみられ、ヒルシュスブルング病が疑われた。しかし、精査では直腸肛門反射は陽性、直腸粘膜生検ではアセチルコリンエステラーゼ染色にて神経節細胞を認めるも、神経線維の増殖は認められず、ヒルシュスプルング病は否定された。そこで、2歳6ヵ月時に再度、下部消化管造影...
鈴木 淳一, 土岐 彰, 千葉 正博
日本小児外科学会雑誌   49(7) 1234-1239   Dec 2013
症例は、現在14歳の女児で、出生前診断で総排泄腔遺残症と診断され、在胎34週で出生し完全内臓逆位・潜在性二分脊椎・左腎欠損・消化管重複症と診断された。3歳時に直腸肛門奇形に対する根治術を行い、左側のミューラー管の形成不全とウォルフ管が遺残した結果出来た特殊な瘻管を合併切除した。4歳時に膵・胆管合流異常症に伴う胆道拡張症を発症し肝外胆管切除、肝管空腸Roux-Y吻合を行った。また、12歳時に左伝音性難聴を指摘され、耳小骨奇形が原因と診断された。本症例の多発奇形は、Zic3遺伝子が関連する内臓...
【在宅静脈経腸栄養 今日の進歩】 (Part-7)短腸症候群に対する在宅栄養管理 在宅短小腸症候群児の栄養管理 血中ガストリン・シトルリン濃度と慢性期腸管馴化指標
千葉 正博, 土岐 彰, 鈴木 淳一, 杉山 彰英, 菅沼 理江, 中山 智理, 小嶌 智美, 大澤 俊亮, 菅野 丈夫, 鈴木 文, 志村 あゆみ, 中田 美江, 江川 麻里子, 若林 仁美, 遠藤 美緒, 松田 留美子
臨床栄養   別冊(JCNセレクト8 在宅静脈経腸栄養 今日の進歩) 193-197   Aug 2013
短腸症候群における慢性期の腸管機能順化指標として空腹時血中シトルリン・ガストリン濃度が有用であるか検討した。対象は、中心静脈栄養から離脱した在宅短腸症候群児4例(2〜6歳)とし、空腹時血漿シトルリン濃度および血清ガストリン濃度と、推定エネルギー必要量に対する経腸栄養剤の投与エネルギー量の割合(%EN)との関連について解析した。結果、血漿シトルリン濃度と%ENとの間に有意な相関は認められなかったが、血清ガストリン濃度と%ENとの間には有意な負の相関が認められた。
土岐彰, 中山智理, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 小嶌智美, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
小児外科   45(6) 657-660   Jun 2013
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 菅沼理江, 中山智理, 田中彩, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕
小児外科   45(4) 447-451   Apr 2013
千葉正博, 土岐彰, 川野晋也, 中神智和, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 磯山恵一, 外山大輔, 松野良介, 塚田大樹, 真田裕
外科と代謝・栄養   47(2) 45-52   Apr 2013
予定した、がん化学療法を完遂するためには、化学療法に伴うさまざまな有害事象を早期に発見し対応することが重要である。しかし、有害事象の発生と血漿遊離アミノ酸の変化との関係を検討した論文は少ない。今回我々は、小児急性リンパ性白血病患児10例の化学療法前後の血漿遊離アミノ酸濃度の変化と有害事象の発生とを比較検討したので報告する。化学療法後の有害事象として、臨床症状でグレード3以上は見られなかった。血液生化学検査では、グレード3以上の発症は白血球減少が9例、顆粒球減少が10例、Hb低下が5例、血小...
鈴木淳一, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有
小児外科   44(11) 1095-1098   Nov 2012
1985〜1996年に当科で新生児期に手術を受けた低出生体重児のうち、長期生存している症例で連絡可能な25例を対象に、「体格」「遠隔期合併症」「社会生活」について聞き取り調査を行った。結果、体格については多くの症例が標準範囲内になっていた。社会生活については、染色体異常を伴う2例と精神発達遅滞の1例を除く22例は普通学級に進学し、成人に達した症例では消防士・薬剤師・栄養士など多彩な職業に従事していた。また、多くの症例で現状に対する不満や不具合を自覚する訴えはなかった。
八塚正四, 土岐彰, 真田裕, 渡井有, 鈴木淳一, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理
小児外科   44(11) 1109-1113   Nov 2012
著者等は、腸回転異常症(以下;本症)の診断には本態を直接反映する上部消化管造影(UGI)を第一選択としているが、その診断精度は100%ではなくpitfallもある。すなわち、本症であるのに正常と診断する「偽陰性」と、正常であるのに本症と診断する「偽陽性」である。著者等が1981〜2008年に経験した本症の新生児例33例のうちUGIを施行したのは31例で、偽陰性と偽陽性をそれぞれ1例経験している。今回、この2例を提示した。偽陰性例では、胃に注入された造影剤が過剰であったため、背臥位では十二指...
和田美佐, 千葉正博, 菊地美恵子, 添野民江, 八木仁史, 菅野丈夫, 佐藤千秋, 林誠, 眞田裕
臨床栄養   121(6) 769-773   Nov 2012
Sugiyama A, Chiba M, Nakagami T, Kawano S, Sanada Y, Tajiri T, Toki A
Journal of pediatric surgery   47(7) 1427-1432   Jul 2012   [Refereed]
白畑敦, 原田芳邦, 千葉正博, 岩崎拓也, 真田裕, 日比健志
外科と代謝・栄養   46(2) 53-58   Apr 2012
【はじめに】本邦では依然多くの医療施設において、術前の水分摂取、栄養摂取は厳しく制限されているのが現状である。今回、水・電解質補給を目的として開発された経口補水液であるOS-1(オーエスワン、(株)大塚製薬工場、日本)のゼリータイプを使用し健康成人を対象として術前摂取に関する安全性を検証した。【方法】(1)OS-1リキッド(2)OS-1ゼリー(3)市販ミネラルウオーターの3種類の飲料をそれぞれ200ml経口摂取し、胃からの排出能を測定した。【結果】経口投与後の初期(5分後)にOS-1ゼリー...
岩井祐介, 千葉正博, 菅野丈夫, 八木仁史, 佐藤千秋, 十良澤勝雄, 菊地信子, 添野民江, 加藤信明, 伊藤久美, 真田裕
臨床看護   38(4) 565-567   Mar 2012
千葉正博, 八木仁史, 菊池美恵子, 真田裕, 佐藤千秋, 添野民江, 菅野丈夫, 十良澤勝雄, 加藤信明
臨床看護   38(4) 562-564   Mar 2012
八木仁史, 千葉正博, 岩野倫明, 日高直美, 菅野丈夫, 添野民江, 佐藤千秋, 岩久建志, 真田裕
静脈経腸栄養   26(5) 1285-1290 (J-STAGE)-1290   Sep 2011
【目的】免疫賦活経腸栄養剤(IED)の有用性については多数報告されているが、安全性については不明な点が多い。IEDを安全に使用するため、IEDを使用中に問題となる血中尿素窒素(BUN)の上昇について危険因子を解析した。【方法】インパクトを投与された36例を対象に、BUN上昇群、非上昇群に分け、年齢、男女比、投与開始前のBUN、血清クレアチニン値、推定糸球体濾過量(eGFR)、投与カロリー、投与蛋白量、投与期間、腎機能障害の有無を比較した。【結果】インパクト投与期間はBUN非上昇群で7.0日...
川野晋也, 真田裕, 千葉正博, 中神智和, 鈴木孝明, 渡井有, 鈴木淳一, 土岐彰
小児外科   43(7) 693-696   Jul 2011
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 中神智和, 鈴木孝明, 鈴木淳一, 小池能宣, 渡井有, 土岐彰
小児外科   43(4) 388-392   Apr 2011
川野 晋也, 真田 裕, 千葉 正博, 中神 智和, 土岐 彰, 昭和大学小児外科診療グループ
外科と代謝・栄養   45(2) 71-75   Apr 2011
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 中神智和, 鈴木孝明, 小池能宣, 鈴木淳一, 土岐彰
小児外科   43(2) 192-195   Feb 2011
Ikeda H, Watanabe T, Fujimoto Y, Yamamoto S, Hosaki I, Isoyama K, Kawano S, Chiba M
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   57(1) 15-19   Jan 2011   [Refereed]
白畑敦, 千葉正博, 日比健志, 原田芳邦, 岩崎拓也, 真田裕, 川野晋也, 岩久建志
臨床栄養   118(1) 83-87   Jan 2011
健康成人被験者に対して、一般に入手可能な飲料を使用して摂取後の胃からの排泄時間を測定し、術前投与の安全性を検証した。基礎疾患を有しない健康成人6例のボランティアを被験者とした。非盲検、3期のクロスオーバーデザイン試験とした。それぞれの胃内容排出時間(平均時間)は、オーエスワン(0S-1)は31.7±8.2分、20%糖水は98.3±7.5分、アルジネードウォーター(ArgW)は104.2±16.9分で、OS-1は20%糖水やArgWと比較して有意に短かった。20%糖水とArgWとでは胃内容排...
本邦初のAPRT*Q0(M1I)変異によるAPRT欠損症の1例
池田 裕一, 渡辺 常樹, 藤本 陽子, 山本 将平, 保崎 一郎, 磯山 恵一, 川野 晋也, 千葉 正博
泌尿器科紀要   57(1) 15-19   Jan 2011
3歳6ヵ月女児。患者は生後6ヵ月時よりおむつに赤い砂粒粒子の付着が認められ、近医にて無症候性血尿の診断で経過観察中となっていた。だが今回、排尿痛および排尿困難が出現したため著者らの施設へ紹介となった。初診時、尿検査では軽度の蛋白尿と血尿、沈渣では白血球数の増加がみられ、腹部超音波検査では左腎盂と膀胱内に多数の結石像が認められた。更に尿道カテーテルの挿入にて多数の小結石の排泄がみられ、結石を赤外線分光分析した結果、2,8-DHA尿路結石であることが判明した。以後、入院から2週間経過でアロプリ...
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 中神智和
臨床栄養   117(6) 645-651   Nov 2010
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 中神智和
臨床栄養   70-77   Aug 2010
千葉 正博, 真田 裕, 川野 晋也
Japanese journal of clinical medicine   68(0) 569-573   Mar 2010
川野 晋也, 真田 裕, 千葉 正博
Japanese journal of clinical medicine   68(0) 559-563   Mar 2010
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 中神智和, 五味明, 小池能宣, 土岐彰
小児外科   42(1) 31-35   Jan 2010
2006年度から2008年度までの昭和大学藤が丘病院小児内科病棟、小児外科病棟、NICUから提出されたインシデントレポートを集計し、全国統計と比較検討した。その結果、小児病棟では収集事業開始時に比べて現在レポート数が3倍以上に増加した。その報告者は全国統計と異なり、医師からの報告は少なく、その大部分が看護師からの提出であった。発生時間は11〜13時台、15時台、17〜18時台にピークがみられ、夜間帯には殆ど発生がみられなかった。患者年齢別では4歳以下が全体の過半数を占め、0歳の20%をピー...
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 中神智和, 五味明, 土岐彰, 平井慶徳
外科と代謝・栄養   43(5) 95-103   Oct 2009
短腸症候群は小腸の大量切除などに伴い生じる吸収不良状態であり、残存小腸20cm以下では脂質の吸収障害が顕著となり、経静脈栄養(PN)からの離脱が困難となる。そこで、筆者らはPNから離脱しえた残存小腸20cm(回盲弁残存)、19cm(回盲弁なし)の症例とPN併用中の残存小腸13cm(回盲弁なし)の短小腸症例を対象に、脂肪乳剤を経静脈投与から経口及び経胃瘻投与に変更する前後の、腸管長、便中脂肪染色、血清T-cho値、血清脂肪酸(FA)分画の変化を検討した。脂肪乳剤を経静脈投与から経口・経腸投与...
川野晋也, 真田裕, 千葉正博, 中神智和, 五味明, 土岐彰
日本臨床   808-811   Sep 2009
千葉正博, 川野晋也, 真田裕
Med Pract   26 115-119   Jul 2009
八塚正四, 土岐彰, 鈴木淳一, 鈴木孝明, タナカ早恵, 菅沼理江, 千葉正博, 真田裕, 杉山彰英, 五味明
小児外科   41(3) 309-313   Mar 2009
症例は在胎39週1日、自然分娩で出生した男児で、日齢2より胆汁性嘔吐が出現、日齢5にNICUに入院した。経鼻胃管からの胆汁色調胃液の排液が持続した。腸回転異常症を疑い、上部消化管造影を施行した。軸捻転を伴わない腸回転異常症と診断し、手術を施行した。十二指腸空腸脚(DJL)は上腸間膜動脈を越えておらず、正中よりも右下方にあって異常索状物により圧迫狭窄所見を呈していた。これを切離解除し、Ladd手術に準じて腸間膜根部を開大し、反転法による虫垂切除を付加して手術を終えた。なお、この部のDJLには...
大橋祐介, 千葉正博, 川野晋也, 五味明, 杉山彰英, 土岐彰, 八塚正四, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   45(1) 27-33   Feb 2009
【目的】六君子湯(TJ-43)は胃排泄能促進、胃粘膜保護作用を有することから、慢性胃腸機能障害に用いられている。近年、小児領域でも胃食道逆流症に対して有用性が認められている。その薬理効果はNOを介した胃平滑筋適応性弛緩反射改善作用により発現するが、小腸運動機能に対する効果は明らかにされていない。そこで筆者らは、TJ-43の小腸運動機能に対する作用を検討した。【対象と方法】体重220〜260gのWistar系雄性ラットを用い、8時間の絶飲食後に以下の実験を行った。実験1):ピオクタニン0.7...
川野晋也, 真田裕, 千葉正博, 中神智和, 五味明, 土岐彰, 平井慶徳
小児外科   40(11) 1239-1243   Nov 2008
Chiba M, Sanada Y, Kawano S, Murofushi M, Okada I, Yoshizawa Y, Gomi A, Yatsuzuka M, Toki A, Hirai Y
Pediatric surgery international   23(6) 551-554   Jun 2007   [Refereed]
川野晋也, 真田裕, 吉澤康男, 千葉正博, 岡田一郎, 五味明, 八塚正四, 土岐彰, 平井慶徳
小児外科   39(4) 456-457   Apr 2007
表題の質問に対しては、直腸脱のほかにポリープの脱出、痔核、裂肛の"見張りいぼ"などを考慮して診療に当たることになる。それぞれは視診のみで診断され、鑑別は容易である。本稿では直腸脱の病態・診断・治療について述べる。(著者抄録)
川野晋也, 真田裕, 吉澤康男, 千葉正博, 室伏雅之, 五味明, 八塚正四, 土岐彰, 平井慶徳
小児外科   38(7) 801-805   Jul 2006
2歳男児.在胎33週5日,体重1900gにて帝王切開により出生し,「吐きやすい子」との認識で母親が食事を細かく刻んで与えていた.梅干の種を飲み込んだ後から嘔吐を3日間繰り返したことを契機に,X線透視下にバルーンカテーテルを用いて種を摘出しようとした際に第10胸椎の高さでバルーンの通過障害を認め,食道狭窄を疑った.精査加療を目的に入院とし,食道内視鏡及び超音波内視鏡の検査結果から著明に肥厚した筋層が長軸方向に2cm限局して存在し,食道狭窄症であることが判明した.開腹手術により,食道をバルーン...
川野晋也, 真田裕, 千葉正博, 室伏雅之, 五味明, 八塚正四, 土岐彰
小児外科   38(1) 23-27   Jan 2006
千葉正博, 真田裕, 川野晋也, 室伏雅之, 吉沢康男, 五味明, 八塚正四, 土岐彰, 平井慶徳
外科と代謝・栄養   39(5/6) 189-196   Dec 2005
外山大輔, 磯山恵一, 西岡貴弘, 保崎一郎, 広田保蔵, 山田耕一郎, 千葉正博, 光谷俊幸
日本小児科学会雑誌   109(9) 1132-1135   Sep 2005
9ヵ月女児.発熱,貧血を主訴とした.急性胃腸炎,鉄欠乏性貧血のため3回他院入院歴があった.入院時検査所見より正球性低色素性の貧血と網状赤血球の増加を,また腹部エコー,腹部CTにて,十二指腸に近接し左腎臓前面から大動脈をまたぐように存在する嚢腫状構造物と,左腎臓前側の液体貯留像を認めた.出血部位の特定は出来ず,また消化管通過障害や消化管内腔の病変は認められなかった.診断的治療目的で開腹手術を施行したところ,十二指腸に接する重複腸管と後腹膜腔への出血を認めた.後腹膜腔に存在する嚢腫状重複腸管の...
鈴木孝明, 土岐彰, 八塚正四, 鈴木淳一, 渡辺理江, 内藤美智子, 真田裕, 千葉正博, 川野晋也, 五味明, 大橋祐介, 杉山彰英
小児外科   37(7) 796-802   Jul 2005
乳幼児期における腸回転異常症の臨床像を検討した.生後34日〜2歳までの9例を対象とした.7例(78%)が1歳未満で,8例に嘔吐の既往があった.全例に上部消化管造影を行い,注腸造影,腹部超音波検査を追加した症例もあった.緊急手術は1例で,残りの8例は全身状態が安定していたため診断後1〜3日に待機手術とした.中腸軸捻転は8例(89%)にみられたが,腸管大量切除例はなかった.術後,多発奇形症候群を合併していた症例のみが死亡した.嘔吐や腹痛などの症状がある場合,本疾患も念頭に置き早期発見に努めるべ...
千葉正博, 真田裕, 吉沢康男, 川野晋也, 室伏雅之, 平井慶徳
日本小児外科学会雑誌   41(4) 636-642   Jun 2005
グリセンチンの腸管粘膜防御機能に及ぼす効果を,ヒト胎児小腸上皮培養細胞を使用し,遺伝子工学的に精製されたヒトグリセンチンを用いてin vitroで検討した.IgA染色により細胞表面を覆うように分泌型IgAが発現し,グリセンチン添加群,胎児ウシ血清(FCS)添加群ではコントロール群に比し強く発現が認められた.ZO-1染色ではコントロール群に比し,FCS添加群で強く染色されたが,グリセンチン添加群でもコントロール群より増強されていた.E-カドヘリン染色では,コントロール群に比しグリセンチン添加...
杉山彰英, 五味明, 大橋祐介, 川野晋也, 千葉正博, 真田裕, 八塚正四, 土岐彰, 山田耕一郎
日本小児外科学会雑誌   41(2) 216-220   Apr 2005
小児精巣yolk sac tumor 6例(年齢4ヵ月-2歳3ヵ月)を対象に,臨床経過について検討した.経過観察期間は1〜9年である.主訴は全例が陰嚢腫大で,2例は陰嚢水腫を伴っていた.手術は全例高位精巣摘出術のみ行い,臨床病期はStage I 4例,Stage III0 1例,Stage IIIB 1例であった.脈管浸潤が陽性であったStage Iの術後再発1例,Stage III0,Stage IIIBの3例に化学療法を行い,全例生存中である.以上より,Stage Iで脈管浸潤が陽性の...
八塚正四, 土岐彰, 鈴木淳一, 真田裕, 千葉正博, 五味明
日本小児外科学会雑誌   41(2) 154-158   Apr 2005
Ramsted手術94例の術者を対象に,肥厚性幽門狭窄症(本症)に対するRamsted手術の術者の至適開始時期について,小児外科卒後研修の観点から検討した.その結果,61例(65%)は卒後5年未満の小児外科専攻医が行い,内,23例は卒後2年目であった.新生児例は25例で,15例(60%)は卒後5年未満の小児外科専攻医が行い,内,9例は卒後3-4年目であった.手術時間は卒後年数に伴って短縮しており,本症特有の合併症は認めなかった.なお,第一助手は,日本小児外科学会認定指導医68名,動認定医2...
山本将平, 磯山恵一, 外山大輔, 広田保蔵, 山田耕一郎, 千葉正博, 真田裕, 光谷俊彦
小児がん   41(4) 891-895   Dec 2004
日齢69の男児.腹部膨満,呼吸困難を主訴とした.入院時検査では白血球増加,貧血を伴う凝固障害,低タンパク血症,低アルブミン血症,総ビリルビン軽度上昇,AST,LDH増加を認め,腫瘍マーカーは血清NSE,可溶性IL-2レセプター,尿中VMA,HVAが上昇しており,血液ガス分析では著明な低酸素血症であった.CTにて肝右葉に接する径5cmの境界明瞭な充実性腫瘤を認め,肝臓はび漫性に腫大していた.肝生検にて右副腎原発の神経芽腫4Sと診断し,入院7病日から乳児神経芽腫プロトコールRegimen Cを...
Chiba Masahiro, Sanada Yutaka, Kawano Shinya, Murofushi Masayuki, Yoshizawa Yasuo, Amagai Teruyoshi, Ueoka Katuhiko, Hirai Yoshinori
J. Jpn. Soc. Pediatr. Surg.   40(6) 812-816   2004
Isolated segments of the stomach and ileum were used for bladder augmentation in 2 patients with severe atrophic bladder. One patient was a 13-year-old girl with a rectocloacal fistula, and the other was a 9-year-old girl with cloacal exstrophy. W...
千葉正博, 真田裕, 吉沢康男, 川野晋也, 室伏雅之
小児外科   35(8) 957-960   Aug 2003
Suzuki T, Masuda M, Mori T, Hirai Y, Sanada Y, Chiba M, Sumiya N
Journal of pediatric surgery   38(7) 1112-1113   Jul 2003   [Refereed]
川野晋也, 真田裕, 吉沢康男, 千葉正博, 室伏雅之, 平井慶徳, 山田耕一郎
日本小児外科学会雑誌   39(4) 623-629   Jun 2003
症例1は1歳5ヵ月男児,症例2は3歳8ヵ月男児,症例3は6歳女児で,全例,長期にわたる不明熱,腹部腫瘤のため,確定診断を得ないまま開腹手術を施行した.腫瘤は全例,横行結腸から脾彎曲部の結腸間膜にあり,腫瘤を結腸とともに摘出した.摘出腫瘤には,炎症細胞浸潤を伴った線維組織の高度な増殖像が認められ,硬化性腸間膜炎と診断された.本症は中高年に好発し,本邦小児報告例は自験例を含め6例にすぎず,症例1が最年少例である.成人例ではステロイドによる保存的治療法の報告例が多いが,小児症例では悪性疾患との鑑...
前沢浩司, 真田裕, 千葉正博, 吉沢康男, 平井慶徳
小児外科   35(2) 235-239   Feb 2003
千葉正博, 真田裕, 吉沢康男, 川野晋也, 室伏雅之
臨床栄養   100(6) 798-802   May 2002
川野晋也, 真田裕, 吉沢康男, 千葉正博, 室伏雅之, 平井慶徳
JJPEN   24(4) 227-231   Apr 2002
根本洋, 緑川武正, 吉沢康男, 千葉正博, 真田裕, 熊田馨, 岩野倫明, 武井理子, 塙弘道
今日の移植   13(5) 467-471   Sep 2000
5歳女児.胆道閉鎖症に対し3ヵ月齢で葛西手術を行ったが,減黄不良のため2歳3ヵ月齢で生体部分肝移植を行った.移植により減黄は得られたが,その後も拒絶反応や感染症などで入退院を繰り返し,重症感染症により免疫抑制剤を中止した後,灰白質脳症が発症した.この治療にフェノバルビタール(PB)を開始した.免疫抑制剤の再開後,肝機能の安定化と血中トラフ値を維持するためにタクロリムス(プログラフ:PRG)の増量を要した.又血清γ-GTP値も,同時期から高値が続くようになった.これらはPBによる酸素誘導に基...
千葉正博, 真田裕, 吉沢康男
小児外科   32(7) 773-776   Jul 2000
3ヵ月男児.嘔吐を主訴とし,経過から小腸小腸腸重積症を疑った.注腸造影検査で,回盲弁より約40cm口側の回腸に蟹爪様陰影欠損が描出され,回腸回腸型腸重積症と診断した.発症から約36時間経過し患児の活気が乏しいこと,非観血的整復法では高圧浣腸の圧が回腸回腸重積部に加わりにくいことなどから,緊急開腹手術を施行した.約5cmにわたった回腸の重積をHutchinson手技で解除したところ,先進部腸管内腔に直径約2cmの腫瘤を触知した.重積先進部は暗紫色に変色しており,腫瘤を含め回腸を約10cm切除...
千葉正博, 真田裕, 吉沢康男, 角田ゆう子, 根本洋, 岡松孝男
小児外科   32(2) 147-151   Feb 2000
ヒト胎児小腸上皮細胞を実験材料にして,グリセンチン(G)と各種増殖因子との相乗効果を酵素結合免疫吸着法により検討した.増殖因子として遺伝子組換え型ヒト上皮増殖促進因子(A),遺伝子組換え型ヒトインスリン様増殖因子(B),ヒトグルカゴン様増殖因子(C)を用いた.GにA,B,Cを添加したときの増殖率は,それぞれG+A群41±4.5%,G+B群44.8±5.9%,G+C群36.5±2.7%であった.複数の増殖因子を含有する10%ウシ胎仔血清による増殖率と比べた場合,G+A群とG+B群では有意差を...
吉沢康男, 真田裕, 千葉正博, 根本洋, 佐々木純, 武井理子, 山田耕一郎
小児外科   31(11) 1157-1163   Nov 1999
手術適応は,IIIb類肝損傷のうちショックから回避できないもの,出血が持続し輸血量が過多となり血小板数が激減したもの,腹膜炎症状を呈したもの,などが要因となった.IIIb型肝損傷5例中4例を救命し得,うち学童の2例ではTAEが有効であり,IVRによる積極的な治療は予後の改善につながるものと思われた
主肝静脈,及び肝門側グリソン浸潤肝癌への開腹下マイクロ波凝固壊死療法の適応と限界
増田 栄司, 緑川 武正, 菊地 浩彰, 長崎 秀彰, 酒井 均, 千葉 正博, 石橋 一慶, 門倉 茂樹, 斉藤 多紀子, 真田 裕, 熊田 馨, 草野 満夫
Journal of Microwave Surgery   17 71-78   Nov 1999
真田裕, 根本洋, 千葉正博, 吉沢康男, 緑川武正, 磯山恵一, 山田耕一郎
小児外科   31(7) 731-734   Jul 1999
吉沢康男, 真田裕, 千葉正博, 根本洋
小児外科   31(5) 502-506   May 1999
千葉正博, 真田裕, 池田忠明
消化器外科   22(5) 864-869   Apr 1999
根本洋, 真田裕, 吉沢康男, 千葉正博, 平井慶徳, 熊田馨, 清水妙子
小児外科   31(2) 159-167   Feb 1999
1)健康対象例67,病態対象例7に汗テストを行った.2)健康対象例ではやせ型体型が標準体型,肥満体型より汗中Na,Cl濃度値が高い傾向にあった.3)健康対象例において汗中Na,Cl濃度値に有意な性差を認めた.4)同一健康対象例において2年間の体重増加に伴い汗中Na,Cl濃度は減少した.5)栄養不良群(M群),非栄養不良群(N群)の汗中Na,Cl濃度はM群値>基準値>N群値であった.6)汗中Na,Cl濃度は,測定時点での栄養状態を表わすだけでなく,その方向性を示す可能性があり,栄養指標のひと...
千葉正博, 真田裕, 角田ゆう子, 吉沢康男, 根本洋, 岡松孝男
日本小児外科学会雑誌   34(7) 1155-1161   Dec 1998
ヒト胎児小腸上皮培養細胞(INT-407)を1群:増殖因子無添加(control),2群:グリセンチン(100pg/ml,1ng/ml,10ng/ml,100ng/ml,1μg/ml,10μg/ml)添加,3群:EGF(1ng/ml)添加,4群:FCS(10%)添加の4群に分けた.増殖促進効果はMTT法による生細胞数の計測及び,ELISA BrdU法によるDNA合成量の計測の両者で検討した.MTT法,ELISA BrdU法共にグリセンチン1μg/ml添加時に最大の増殖効果を示した.また,そ...

Misc

 
国際化時代における邦文学会誌の在り方 国際化時代における日本小児外科学会誌の在り方
北川 博昭, 千葉 正博, 田中 潔, 山高 篤行, 仁尾 正記
日本外科学会雑誌   116(臨増2) 27-29   Aug 2015

Conference Activities & Talks

 
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 中山智理, 入江理絵, 大澤俊亮, 川野晋也, 渡井有
外科と代謝・栄養   15 Jun 2018   
臍ヘルニアに対するスポンジ圧迫療法中断因子の検討
大澤 俊亮, 土岐 彰, 千葉 正博, 杉山 彰英, 中山 智理, 入江 理絵, 中神 智和, 渡井 有
日本小児外科学会雑誌   Jun 2018   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 大澤俊亮, 入江理絵, 渡井有, 川野晋也
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
川野晋也, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 入江理絵, 大澤俊亮, 渡井有, 土岐彰
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 大澤俊亮, 渡井有, 川野晋也
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 入江理絵, 渡井有, 川野晋也
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
高位型を示した直腸皮膚瘻の1例
中山 智理, 土岐 彰, 千葉 正博, 杉山 彰英, 入江 理絵, 大澤 俊亮, 渡井 有, 川野 晋也
日本小児外科学会雑誌   Apr 2018   
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 菅野丈夫, 青塚光希, 鈴木文, 志村あゆみ, 中田美江, 江川麻里子, 佐藤千秋, 十良澤勝雄, 八木仁史, 添野民江
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2018   
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 大澤俊亮, 渡井有, 川野晋也
日本小児外科学会雑誌   Jan 2018   
川畑亜加里, 金子真由美, 川端千壽, 熊谷正範, 神田由佳, 朝倉之基, 添野民江, 森みさ子, 千葉正博
日本静脈経腸栄養学会雑誌   2018   
臍ヘルニアに対するスポンジ圧迫療法の有効性に関する検討(学位甲)
中神 智和, 土岐 彰, 入江 理絵, 千葉 正博, 杉山 彰英, 中山 智理, 鈴木 孝明, 渡井 有
昭和学士会雑誌   Oct 2017   
臍ヘルニアに対するスポンジ圧迫療法無効例の検討
入江 理絵, 土岐 彰, 千葉 正博, 杉山 彰英, 中山 智理, 小嶌 智美, 大澤 俊亮, 渡井 有, 鈴木 孝明
日本小児外科学会雑誌   Aug 2017   
早産児・低出生体重児における臍ヘルニア圧迫療法の効果
入江 理絵, 土岐 彰, 千葉 正博, 杉山 彰英, 川野 晋也, 中山 智理, 小嶌 智美, 大澤 俊亮, 渡井 有, 鈴木 孝明
日本小児外科学会雑誌   Aug 2017   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 川野晋也, 中山智理, 入江理絵, 小嶌智美, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 川野晋也, 小嶌智美, 大澤俊亮, 入江理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 川野晋也, 中山智理, 大澤俊亮, 小嶌智美, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 小嶌智美, 大澤俊亮, 入江理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   Feb 2017   
杉山彰英, 土岐彰, 大澤俊亮, 入江理絵, 小嶌智美, 中山智理, 中神智和, 千葉正博, 渡井有, 鈴木孝明
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2017   
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 菅野丈夫, 志村あゆみ, 中田美江, 江川麻里子, 佐藤千秋, 十良澤勝雄, 八木仁史, 添野民江
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2017   
森みさ子, 川畑亜加里, 金子真由美, 川端千壽, 今吉成美, 神田由佳, 熊谷正範, 朝倉之基, 添野民江, 千葉正博
日本静脈経腸栄養学会雑誌   2017   
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 川野晋也, 中山智理, 入江理絵, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有, 鈴木孝明
日本ヘルニア学会学術集会抄録集(CD-ROM)   2017   
千葉正博
日本静脈経腸栄養学会雑誌   2017   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 入江理絵, 小嶌智美, 渡井有, 鈴木孝明
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2016   
杉山彰英, 土岐彰, 大澤俊亮, 小嶌智美, 入江理絵, 中山智理, 千葉正博, 渡井有, 鈴木孝明
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2016   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中神智和, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   Aug 2016   
小児NSTの現状と展望 小児センターでのNST 藤が丘病院での取り組み
千葉 正博
日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   Aug 2016   
千葉正博, 菅野丈夫, 添野民江, 佐藤千秋, 八木仁史
外科と代謝・栄養   15 Jun 2016   
先天性横隔膜ヘルニアの検討
中山 智理, 土岐 彰, 千葉 正博, 杉山 彰英, 中神 智和, 大澤 俊亮, 石井 理絵, 渡井 有, 鈴木 孝明
日本小児外科学会雑誌   Jun 2016   
診断に苦慮した新生児胆汁性嘔吐4例の検討
大澤 俊亮, 土岐 彰, 千葉 正博, 中山 智理, 中神 智和, 入江 理絵, 渡井 有, 鈴木 孝明
日本小児放射線学会雑誌   Jun 2016   
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智久, 大澤俊亮, 渡井有, 鈴木孝明
日本外科系連合学会誌   30 May 2016   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中神智和, 大澤俊亮, 入江理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   20 May 2016   
石井理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智久, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   20 May 2016   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 入江理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   20 May 2016   
石井理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 大澤俊亮, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   20 Feb 2016   
千葉正博, 土岐彰, 菅沼理江, 杉山彰英, 菅野丈夫, 青塚光希, 佐藤千秋, 八木仁史, 添野民江, 真田裕
日本静脈経腸栄養学会雑誌   25 Jan 2016   
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 大澤俊亮, 小嶌智美, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   2016   
入江理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2015   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2015   
中神智和, 渡井有, 大橋祐介, 田山愛, 安藤晋介, 中山智理, 川野晋也, 杉山彰英, 鈴木孝明, 千葉正博, 土岐彰
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2015   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   20 Oct 2015   
石井理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 中神智和, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   20 Aug 2015   
神田由佳, 千葉正博, 添野民江
外科と代謝・栄養   15 Jun 2015   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明
外科と代謝・栄養   15 Jun 2015   
千葉正博, 土岐彰, 杉山彰英, 菅沼理江, 中神智久, 中山智理, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明, 真田裕
外科と代謝・栄養   15 Jun 2015   
添野民江, 森みさ子, 川畑亜加里, 朝倉之基, 神田由佳, 千葉正博
外科と代謝・栄養   15 Jun 2015   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明, 阿部祥英
日本小児救急医学会雑誌   1 Jun 2015   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本外科系連合学会誌   30 May 2015   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明
日本小児外科学会雑誌   25 May 2015   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   25 May 2015   
石井理絵, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 中神智和, 大澤俊亮, 渡井有, 鈴木孝明, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   25 May 2015   
神奈川県臨床検査技師対象NST勉強会開催報告 臨床検査技師ネットワーク作りのために
佐藤 千秋, 十良澤 勝雄, 陣場 貴之, 鈴木 誠, 上杉 芳弘, 千葉 正博, 矢澤 直行
医学検査   May 2015   
菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 中神智和, 石井理絵, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   20 Apr 2015   
国際化時代における日本小児外科学会誌の在り方
北川 博昭, 千葉 正博, 田中 潔, 山高 篤行, 仁尾 正記, 日本小児外科学会
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2015   
菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 石井理絵, 大澤俊亮, 永原敬子, 塩澤英輔, 松野良介, 岡部尚行
日本小児外科学会雑誌   20 Feb 2015   
千葉正博, 土岐彰, 菅沼理江, 杉山彰英, 中山智理, 菅野丈夫, 志村あゆみ, 添野民江, 八木仁史, 佐藤千秋, 青塚光希, 真田裕
日本静脈経腸栄養学会雑誌   10 Jan 2015   
林誠, 千葉正博, 楯野英胤, 横塚あゆ子, 吉田佳織, 宮本渚, 横山あずさ, 加藤信明, 屋代薫, 佐藤千秋, 及川佳恵, 十良澤勝雄, 星川麻美, 大石早紀, 山尾尚子, 玉木大輔, 國分二三男, 真田裕
日本静脈経腸栄養学会雑誌   10 Jan 2015   
添野民江, 千葉正博, 森みさ子, 川畑亜加里, 朝倉之基, 神田由佳, 柴崎美紀, 建宮実和, 矢吹浩子
日本静脈経腸栄養学会雑誌   10 Jan 2015   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 石井理絵, 鈴木孝明, 渡井有, 河野葉子, 大池信之
日本小児血液・がん学会雑誌   31 Oct 2014   
菅沼理江, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 中山智理, 石井理絵, 大澤俊亮, 鈴木孝明, 渡井有
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2014   
長谷部正晴, 上原秀一郎, 織田成人, 櫻井洋一, 田中芳明, 千葉正博, 土岐彰, 深柄和彦, 福島亮治, 増本幸二, 宮田剛, 和佐勝史
外科と代謝・栄養   15 Jun 2014   
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 菅沼理江, 中山智理, 石井理絵, 大澤俊亮, 中神智和, 鈴木孝明, 渡井有, 眞田裕
外科と代謝・栄養   15 Jun 2014   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 石井理絵, 小嶌智美, 片桐敦, 石塚久美子
日本小児放射線学会雑誌   1 Jun 2014   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 小嶌智美, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   25 Apr 2014   
石井理絵, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   25 Apr 2014   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 石井理絵, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   25 Apr 2014   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   20 Apr 2014   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   20 Feb 2014   
千葉正博, 土岐彰, 菅沼理江, 杉山彰英, 菅野丈夫, 青塚光希, 鈴木文, 志村あゆみ, 中田美江, 江川麻里子, 佐藤千秋, 八木仁史, 添野民江, 若林仁美, 真田裕
静脈経腸栄養   25 Jan 2014   
佐藤千秋, 千葉正博, 十良澤勝雄, 及川佳恵, 逸見友紀, 加藤信明, 八木仁史, 氏家秀太, 宮本渚, 玉木大輔, 菅野丈夫, 添野民江, 林誠, 真田裕
静脈経腸栄養   25 Jan 2014   
飯田純一, 濃沼政美, 佐藤千秋, 上島順子, 森みさ子, 林宏行, 平間盛吾, 熊谷直子, 樋島学, 石井良昌, 千葉正博, 若林秀隆, 望月弘彦
静脈経腸栄養   25 Jan 2014   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 石井理絵, 渡井有, 鈴木孝明, 町田あゆみ, 若林仁美
日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会プログラム・抄録集   2014   
川野晋也, 眞田裕, 大橋祐介, 鈴木孝明, 渡井有, 鈴木淳一, 千葉正博, 土岐彰
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号   Nov 2013   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 小嶌智美, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   20 Oct 2013   
川野晋也, 眞田裕, 千葉正博, 中神智和, 渡井有, 土岐彰, 佐々木純, 林宗貴
日本小児外科学会雑誌   20 Oct 2013   
佐藤千秋, 千葉正博, 十良澤勝雄, 及川佳恵, 逸見友紀, 八木仁史, 加藤信明, 添野民江, 青塚光希, 玉木大輔, 菅野丈夫, 林誠, 眞田裕
外科と代謝・栄養   15 Jun 2013   
千葉正博, 土岐彰, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有, 眞田裕
外科と代謝・栄養   15 Jun 2013   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 小嶌智美, 大澤俊亮, 大門絵里奈, 矢野瑞穂, 若林ひとみ, 志村あゆみ, 鈴木文, 菅野丈夫
日本外科系連合学会誌   30 May 2013   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕
日本外科系連合学会誌   30 May 2013   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 大澤俊亮, 渡井有
日本小児放射線学会雑誌   20 May 2013   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 田中彩, 小蔦智美, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   10 May 2013   
田中彩, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 真田裕, 渡井有, 矢持淑子, 瀧本雅文
日本小児外科学会雑誌   10 May 2013   
杉山彰英, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 小蔦智美, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   10 May 2013   
千葉正博, 土岐彰, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 中神智和, 渡井有, 川野晋也, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   10 May 2013   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 大澤俊亮, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   10 May 2013   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有
日本小児外科学会雑誌   10 May 2013   
外科系各科に対する栄養サポートチーム(NST)の関わり 小児領域におけるNST 入院から外来・在宅へ
中山 智理, 土岐 彰, 千葉 正博, 鈴木 淳一, 杉山 彰英, 菅沼 理江, 田中 彩, 小嶌 智美, 大澤 俊亮, 大門 絵里奈, 矢野 瑞穂, 若林 ひとみ, 志村 あゆみ, 鈴木 文, 菅野 丈夫
日本外科系連合学会誌   May 2013   
千葉正博, 土岐彰, 菅沼理江, 杉山彰英, 菅野丈夫, 鈴木文, 志村あゆみ, 中田美江, 江川麻里子, 若林仁美, 遠藤美緒, 小川泰葉, 青木美穂, 真田裕
静脈経腸栄養   25 Jan 2013   
佐藤千秋, 千葉正博, 十良澤勝雄, 及川佳恵, 逸見友紀, 八木仁史, 氏家秀太, 加藤信明, 添野民江, 青塚光希, 玉木大輔, 菅野丈夫, 林誠, 真田裕
静脈経腸栄養   25 Jan 2013   
村山隆夫, 千葉正博, 久保田一見, 佐藤千秋, 逸見友紀, 十良澤勝雄, 及川佳恵, 八木仁史, 加藤信明, 青塚光希, 玉木大輔, 林誠, 真田裕
静脈経腸栄養   2013   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 小嶌智美, 大澤俊亮, 石井理絵, 渡井有
日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会プログラム・抄録集   2013   
大澤俊亮, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 中山智理, 小嶌智美, 渡井有, 真田裕
日本小児外科学会雑誌   20 Dec 2012   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 渡井有, 杉山彰英, 田口美保, 冨家俊弥, 岡田知也
静脈経腸栄養   25 Nov 2012   
佐藤千秋, 千葉正博, 逸見友紀, 十良澤勝雄, 及川佳恵, 八木仁史, 添野民江, 加藤信明, 青塚光希, 菅野丈夫, 杉澤千穂, 林誠, 真田裕
静脈経腸栄養   25 Nov 2012   
氏家秀太, 千葉正博, 八木仁史, 宮本渚, 菅野丈夫, 加藤信明, 佐藤千秋, 真田裕, 竹ノ内敏孝
静脈経腸栄養   25 Nov 2012   
日本静脈経腸栄養学会首都圏支部NST専門療法士セミナーの取り組み《第2報》
田中 麗, 若林 秀隆, 鷲澤 尚宏, 千葉 正博, 林 宏行, 斎藤 恵子, 上島 順子
静脈経腸栄養   Nov 2012   
小嶌智美, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 渡井有, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 田中彩, 大澤俊亮, 真田裕
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2012   
中山智理, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 田中彩, 大澤俊亮, 小嶌智美
外科と代謝・栄養   15 Aug 2012   
池田裕一, 渡辺常樹, 藤本陽子, 山本将平, 保崎一郎, 磯山恵一, 川野晋也, 千葉正博
泌尿器科紀要   31 Jul 2012   
田中彩, 土岐彰, 千葉正博, 鈴木淳一, 杉山彰英, 菅沼理江, 中山智理, 小嶌智美, 大澤俊亮, 渡井有
日本小児放射線学会雑誌   20 May 2012   
大橋祐介, 鈴木考明, 田山愛, 千葉正博, 真田裕, 土岐彰
日本小児外科学会雑誌   1 May 2012