Naohiko Kanemura

J-GLOBAL         Last updated: Aug 24, 2019 at 20:45
 
Avatar
Name
Naohiko Kanemura
E-mail
kanemura-naohikospu.ac.jp
Affiliation
Saitama Prefectural University
Section
School of Health and Social Services

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Hirata K, Hanawa H, Miyazawa T, Kubota K, Sonoo M, Kokubun T, Kanemura N
Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology   48 112-120   Jul 2019   [Refereed]
Restoring knee joint kinematics after anterior cruciate ligament injury might inhibit synovial membrane inflammation
Kenji Murata Takanori Kokubun Kiyomi TakayanagiNaohiko Kanemura
Sport Sciences for Health   15(1) 249-253   Apr 2019   [Refereed]
Contribution of Lower Limb Joint Movement in Adapting to Re-establish Step Length Symmetry During Split-Belt Treadmill Walking
Journal of Medical and Biological Engineering      Nov 2018   [Refereed]
Onitsuka K, Murata K, Kokubun T, Fujiwara S, Nakajima A, Morishita Y, Kanemura N
Cartilage   1947603518783449   Jun 2018   [Refereed]
Gene expressions dynamics in nerve regeneration after anterior cruciate ligament injury in a rat model
N Kanemura, T Kokubun, Y Morishita, K Murata, Y Shimahara, A Nakajima, Y Oka, K Takayanagi
Annals of Physical and Rehabilitation Medicine   61 e415   Jul 2018   [Refereed]

Misc

 
慢性期脳卒中患者の立ち上がり動作における腰関節モーメント減少と体幹運動との関連
塙 大樹, 平田 恵介, 宮澤 拓, 渡邉 孝志, 濱野 祐樹, 青木 健太, 国分 貴徳, 金村 尚彦
理学療法-臨床・研究・教育   26(1) 16-22   Mar 2019
【目的】慢性期脳卒中患者の立ち上がり動作における関節モーメントの特徴から、疾患特異的な動作方略を明らかにすること。【方法】対象は健常成人(快適姿勢条件・体幹前傾条件)および慢性期脳卒中患者とした。光学式三次元動作解析装置を用い、立ち上がり動作における運動学データを取得、逆動力学計算から全身の関節モーメントを算出した。【結果】単に健常成人が体幹前傾を大きくした場合よりも、慢性期脳卒中患者の方が全身の関節モーメント最大値が小さくなった。また、この時の骨盤角速度が小さく、胸郭角度が小さく、床反力...
変形性膝関節症者における筋シナジーと静・動的評価指標との関連性
久保田 圭祐, 園尾 萌香, 喜多 俊介, 塙 大樹, 平田 恵介, 藤野 努, 国分 貴徳, 金村 尚彦
理学療法-臨床・研究・教育   26(1) 23-28   Mar 2019
【目的】本研究の目的は、変形性膝関節症者(以下、膝OA)の歩行における筋シナジーがKL分類と運動力学のどちらと関連するかを明らかにすることである。【方法】膝OA患者10名は、トレッドミル歩行を行い、体幹・下肢16筋の筋電図から筋シナジーを抽出した。同時に前額面の股・膝関節モーメントを取得した。各被験者の筋シナジー数に対して、KL分類における重症度、外部股関節内転モーメントと膝関節外転モーメントとの比較検討を行なった。【結果】筋シナジー数の変化とKL分類は有意な相関を示さなかった。一方で、筋...
体幹拘束による歩行時足部軌道制御と多関節協調性の変化
藤野 努, 金村 尚彦, 国分 貴徳, 園尾 萌香, 久保田 圭祐, 平田 恵介, 塙 大樹, 小林 章, 高柳 清美
理学療法-臨床・研究・教育   26(1) 42-47   Mar 2019
【目的】歩行における前額面上の足部軌道は能動的かつ多関節協調をもって行われ歩行安定性を担保する。また、前額面における足部軌道制御の結果である歩隔は体幹運動の影響を受け変化する。本研究は上部体幹運動の拘束による足部軌道制御およびその多関節協調性への影響を明らかにすることを目的として実施した。【方法】三次元動作解析装置を用いて、上部体幹運動を拘束する条件と自由歩行条件において、足部軌道変化と軌道を制御する多関節協調性の変化をUncontrolled manifold(UCM)解析を用いて明らか...
脳卒中片麻痺者と健常人のsplit-belt treadmillでの歩行適応時における床反力推進成分の変化
平田 恵介, 塙 大樹, 宮澤 拓, 江連 亜弥, 久保田 圭祐, 園尾 萌香, 藤野 努, 国分 貴徳, 金村 尚彦
理学療法-臨床・研究・教育   26(1) 48-54   Mar 2019
【目的】片麻痺者と健常人におけるsplit-belt歩行時の床反力推進成分の変化を明らかにすることとした。【方法】慢性期片麻痺者8名、健常成人15名に対しダブルベルトトレッドミルにて通常歩行2分間、続いて麻痺側が倍速に変化し、非対称歩行を5分間行った。計測は三次元動作解析装置を用い、立脚時間、ステップ長、床反力推進成分(GRFy)のRMS値、ピークタイミングを抽出し、対称(Baseline)・非対称(Early-adapt、Late-adapt)歩行での変化を一要因の反復測定分散分析、多重...
理学療法研究における研究倫理
金村 尚彦
理学療法-臨床・研究・教育   26(1) 72-77   Mar 2019
理学療法研究は、2014年12月に告示された人を対象とする医学系研究に関する倫理指針に基づき研究を行うが、時代とともに変化する社会情勢に対応するため、この倫理指針も個人情報保護法の改定に伴い、2017年2月に一部改正されている。侵襲と介入や、個人認識符号や要配慮個人情報等の用語の定義、インフォームド・コンセント等の手続きの見直し、利益相反などを考慮し、倫理審査のプロセスを確認し、研究計画を立案することが重要である。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
Age at onset of exercise affects locomotor ability and survival of lumbar motoneurons in aged rats
H. TAKEMOTO, N. KANEMURA, H. IMAGITA, K. OKADA, T. YAMAKAMI, S. KAWATA, K. FUJIMAKI, T. MATSUMOTO, K. MURATA, T. KOKUBUN, T. KATAOKA, M. DEIE, A. OTSUKA, S. OKI, S. MORINOBU
Society for Neuroscience,9-13 Novenver 2013,San Diego, USA   10 Nov 2013   
EFFECT OF BALANCE EXERCISE ON PLASTICITY AFTER PERIPHERAL NERVE INJURY OF ADULT RATS
Kanemura N, Kokubun T,Murata K, TFujino T, Takemoto H, Kito N, Moriyama4 H,
2013 WCPT-AWP & ACPT Congressthat will be held during September 5-9, 2013 at Nan Shan Education & Training Center (ETC), Taichung, Taiwan.   8 Sep 2013   
Early protective joint motion influences gene expression in a rat model of anterior cruciate complete rupture
Kokubun, Naohiko Kanemura, Hiroshi Maejima,Fujino, Sadao Morita, Kiyomi Takayanagi
Experimantal Biology,20-24,April,2013,Boston,USA   24 May 2013   
Effects of aging and low-loaded balance exercise on the expression of neurotrophins and glutamate receptors in the brain
Naohiko Kanemura
Experimantal Biology,20-24,April,2013,Boston,USA   23 May 2013   
Exercise on a moving platform elicits different gene expressionof neurotrophins and receptors in the spinal cord of aged rats
Naohiko Kanemura, Hidetaka Imagita, Hiroshi Maejima,Takanori Kokubun, Kenji Murata, Kiyomi Takayanagi.
Experimantal Biology,20-24,April,2013,Boston,USA   23 Apr 2013   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Naohiko KANEMURA
The purpose of study is to analyze whether physical exercise enhanced the neural function in the knee joint with aging and disuse. Exercised rats showed a quantitative increase neurotrophin immunostaining that was mostly evident in the spinal cord...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): Naohiko KANEMURA
Neurotrophins are a family of soluble ligands that promote the survival and differentiation of the peripheral and central neurons. Recent research indicated that the treadmill exercise enhanced the expression level of neurotrophin in the spinal co...