金村尚彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/09 11:32
 
アバター
研究者氏名
金村尚彦
 
カネムラ ナオヒコ
eメール
kanemura-naohikospu.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20379895.ja.html
所属
埼玉県立大学
部署
保健医療福祉学部
職名
教授
学位
博士(保健学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2014年
埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2014年3月
埼玉県立大学  大学院教務委員会 大学院設置準備委員会 共同実験管理部会 
 

論文

 
Nishihara K, Kawai H, Kanemura N, Hara M, Naruse H, Gomi T.
Med Sci Monit   19 309-316   2013年4月   [査読有り]
Effects of Aging and Treadmill Exercise on the Expression of Neurotrophin and Glutamate Receptors in the Hippocampus
Maejima Hiroshi, Kanemura Naohiko, Kokubun Takanori, Murata Kenji, Takayanagi Kiyomi
FASEB JOURNAL   29    2015年4月   [査読有り]
Early protective joint motion influences gene expression in a rat model of anterior cruciate complete rupture
Kokubun Takanori, Kanemura Naohiko, Maejima Hiroshi, Fujino Tsutomu, Morita Sadao, Takayanagi Kiyomi
FASEB JOURNAL   27    2013年4月   [査読有り]
Moriyama H, Kanemura N, Brouns I, Pintelon I, Adriaensen D, Timmermans JP, Ozawa J, Kito N, Gomi T, Deie M
Biogerontology   13(4) 369-381   2012年8月   [査読有り]
Effects of aging and low-load balance exercise on the expression of neurotrophins and glutamate receptors in the mouse brain
Maejima Hiroshi, Kanemura Naohiko, Kokubun Takanori, Murata Kenji, Takayanagi Kiyomi
FASEB JOURNAL   27    2013年4月   [査読有り]

Misc

 
Kenji Murata, Kenji Murata, Naohiko Kanemura, Takanori Kokubun, Yuri Morishita, Tsutomu Fujino, Kiyomi Takayanagi
Sport Sciences for Health   13 113-119   2017年4月
© 2016, Springer-Verlag Italia. Objective: Osteoarthritis is a common consequence of anterior cruciate ligament (ACL) injury. Joint instability induced by ACL transection is involved in the chondrocyte response in the articular cartilage degenerat...
平田恵介, 国分貴徳, 一寸木洋平, 久保田圭祐, 園尾萌香, 金村尚彦, 金村尚彦
理学療法‐臨床・研究・教育   24(1) 68‐72   2017年3月
村田健児, 村田健児, 国分貴徳, 鬼塚勝哉, 藤原秀平, 中島彩, 森下佑里, 藤野努, 高柳清美, 金村尚彦
理学療法‐臨床・研究・教育   24(1) 77‐83   2017年3月
丸毛達也, 金村尚彦, 山崎弘嗣, 白銀暁, 国分貴徳, 藤野努, 塙大樹, 山下祐輔, 高柳清美
理学療法‐臨床・研究・教育   24(1) 73‐76   2017年3月
MRIを用いた肘窩の採血・静脈注射部位における皮静脈の解剖学的研究(Anatomical MRI Study of Cutaneous Veins used for drawing Blood and Intravenous Injection in the Cubital Fossa)
寺嶋 美帆, 五味 敏昭, 西原 賢, 國澤 尚子, 金村 尚彦, 林 弘之, 成瀬 秀夫, 木村 明彦, 小山 浩司, 佐々木 清三, 石川 陽一
保健医療福祉科学   6 28-35   2017年3月
肘窩における採血・静脈注射刺入部位の尺側皮静脈(BA)、尺側正中皮静脈(MBA)、肘正中皮静脈(MC)、橈側正中皮静脈(MCE)、橈側皮静脈(CE)の数と直径について、MRIを用いて映像解剖学的に解析し、被験者データと皮静脈直径間の相関について解析した。男性63名、女性42名の計105名を計測した結果、BAが最も多く、MCが最も少なかった。直径は男女ともに尺側部(BA)、橈側部(CE)と比べて正中部(MBA、MC、MCE)が有意に大きく、その中でもMCが最大を示した。尺側領域(BA、MBA...

書籍等出版物

 
森山 英樹, 木藤 伸宏
医歯薬出版   2015年12月   ISBN:4263219473

講演・口頭発表等

 
変形性膝関節症の理学療法 in 鹿児島
金村尚彦
日本理学療法協会研修部主催 研修会   2014年2月2日   
Age at onset of exercise affects locomotor ability and survival of lumbar motoneurons in aged rats
H. TAKEMOTO, N. KANEMURA, H. IMAGITA, K. OKADA, T. YAMAKAMI, S. KAWATA, K. FUJIMAKI, T. MATSUMOTO, K. MURATA, T. KOKUBUN, T. KATAOKA, M. DEIE, A. OTSUKA, S. OKI, S. MORINOBU
Society for Neuroscience,9-13 Novenver 2013,San Diego, USA   2013年11月10日   
変形性関節症とメカニカルストレス [招待有り]
金村尚彦
第53回近畿理学療法学術大会   2013年11月3日   
EFFECT OF BALANCE EXERCISE ON PLASTICITY AFTER PERIPHERAL NERVE INJURY OF ADULT RATS
Kanemura N, Kokubun T,Murata K, TFujino T, Takemoto H, Kito N, Moriyama4 H,
2013 WCPT-AWP & ACPT Congressthat will be held during September 5-9, 2013 at Nan Shan Education & Training Center (ETC), Taichung, Taiwan.   2013年9月8日   
変形性膝関節症の理学療法 in 石川
金村尚彦
日本理学療法協会研修部主催 研修会   2013年8月18日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 金村 尚彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 金村 尚彦
本研究は,老齢期における運動が,膝関節の神経機能を活性化させるのかどうか分析する事を目的とした.免疫組織化学染色では,脊髄における神経栄養因子陽性神経が増加することが認められた.また生化学分析では,老齢期では運動により腰部脊髄神経における神経栄養因子mRNAは選択的に活性化された.運動は,腰髄神経自体の生理学的過程により,神経栄養因子やその受容体mRNAの発現を活性化させることが示唆された.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 金村 尚彦
1.研究開始当初の背景高齢者のバランス機能の低下には,複数の要因が関与しているが,感覚器や筋などの末梢の変化により全体として平衡機能が低下することが多い.感覚器の機能を維持向上させることはバランス機能を高める重要な要因である.姿勢制御に関与している感覚器に対し,走行やバランス運動を行うことにより機能低下を防止することが可能であろうか感覚器のひとつである機械受容器および末梢神経に着目し,基礎研究から運動の効果を検証した2.研究の目的本研究では,感覚器のひとつである機械受容器および末梢神経に着...