基本情報

所属
昭和女子大学 環境デザイン学部 環境デザイン学科 非常勤講師
立教大学 全学共通カリキュラム運営センター 兼任講師
東洋大学 国際学部 非常勤講師
学位
修士号(学術)(2010年3月 東京大学大学院 総合文化研究科)
Master2(美術史学)(2013年9月 パリ西大学ナンテール・ラ・デファンス校大学院)

J-GLOBAL ID
201501017662186755

外部リンク

2018年3月に東京大学大学院総合文化研究科博士課程(比較文学比較文化コース)を単位取得満期退学しました。

現在は、19世紀フランスの画家エドゥアール・マネ(Édouard Manet, 1832-83)が第二帝政期(1852-70)のサロンに展示した作品の受容研究を中心とした博士論文を執筆中です。


専門は19世紀フランス美術史で、特に関心のある分野は以下の通りです。

 ・エドゥアール・マネと「ポスト・レアリスト」世代、印象派画家たちの同時代受容

 ・美術批評、サロン戯画の成立と展開:テクストとイメージの相互関係について

 ・サロンを中心とした展覧会制度の実態:美術行政と美術アカデミーについて

 ・個人コレクション、芸術家協会(国民美術協会、腐食銅版画家協会など)の活動

 

CiNii Articlesに登録された論文の検索はこちらから。

 


論文

  7

書籍等出版物

  2
  • 朝日会館, 会館芸術研究会(担当:分担執筆, 範囲:解説)
    ゆまに書房  2017年12月 (ISBN: 9784843352373) 
  • 朝日会館, 会館芸術研究会(担当:分担執筆, 範囲:解説)
    ゆまに書房  2017年12月 (ISBN: 9784843352366) 

講演・口頭発表等

  10

担当経験のある科目(授業)

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  1
  • 講師
    講談社クーリエ・ジャポン編集部、三菱一号館美術館 特別講座「夢の西洋美術史500年」 2019年9月28日