基本情報

所属
京都大学 人文科学研究所 附属現代中国研究センター 助教
学位
博士(文学)(京都大学)

J-GLOBAL ID
201401000255297218
researchmap会員ID
B000238418

台湾の農業の歴史について、文書史料の検討とフィールドワークをもとに研究しています。

フィールドワークの過程で、日本統治期台湾を代表する農民運動・二林蔗農事件の指導者の獄中日記を発掘しました。2016年に台北で同日記の研究グループを組織し、台湾の若手研究者や郷土史家らと共同で解読を進めています。グループの中間成果については、以下のリンクから閲覧ください(中国語)。
https://gushi.tw/author/sfliudiary1925/

また台湾農村部の高齢者に対してオーラル・ヒストリーを実施するために、土着言語の一つであるビン南語を習得しました。これをきっかけとして、王育徳(1924-1985)という戦後初期に戒厳令下の台湾から脱出し、亡命先の日本でビン南語研究に大きな足跡を残した人物の思想史にも関心を持っています。

委員歴

  3

論文

  7

MISC

  3

書籍等出版物

  4

担当経験のある科目(授業)

  4