杉山清彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 23:23
 
アバター
研究者氏名
杉山清彦
 
スギヤマ キヨヒコ
URL
https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000080379213/
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科・教養学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(大阪大学)
科研費研究者番号
80379213

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2004年
日本学術振興会 特別研究員(PD, 大阪大学)
 
2004年
 - 
2005年
大阪大学 大学院文学研究科 助手
 
2005年
 - 
2009年
駒澤大学 文学部 専任講師
 
2009年
 - 
2011年
駒澤大学 文学部 准教授
 
2011年
   
 
東京大学 大学院総合文化研究科 准教授
 

学歴

 
1988年
 - 
1991年
兵庫県立加古川東高等学校  
 
1991年
 - 
1995年
大阪大学 文学部 史学科
 
1995年
 - 
1997年
大阪大学 大学院文学研究科 博士前期課程
 
1997年
 - 
2000年
大阪大学 大学院文学研究科 博士後期課程
 

委員歴

 
2005年
 - 
2011年
駒沢史学会  評議員
 
2006年
 - 
現在
満族史研究会  運営委員・編集委員
 
2012年
 - 
2017年
財団法人東洋文庫  客員研究員
 
2012年
 - 
現在
内陸アジア史学会  理事・編集委員
 
2015年
 - 
現在
財団法人東洋文庫  『東洋学報』編集委員
 
2017年
 - 
現在
財団法人東洋文庫  兼任研究員
 
2018年
 - 
現在
史学会  『史学雑誌』編集委員
 

受賞

 
2016年7月
公益財団法人三島海雲記念財団 三島海雲学術賞(第5回)
 
2002年11月
内陸アジア史学会賞(第1回)
 

論文

 
大清帝国史研究の現在:日本における概況と展望
杉山清彦
Asian Research Trends New Series   (9) 1-46   2014年12月   [招待有り]
大清帝国の支配構造と八旗制──マンジュ王朝としての国制試論──
杉山清彦
中国史学   (18) 159-180   2008年12月   [査読有り][招待有り]
マンジュ=ハン国としての清帝国:八旗制下の支配構造
杉山清彦
ACTA ASIATICA   (88) 21-48   2005年1月   [査読有り][招待有り]
ヌルハチ時代のヒヤ制──清初侍衛考序説──
杉山清彦
東洋史研究   62(1) 97-136   2003年6月   [査読有り][招待有り]
八旗旗王制の成立
杉山清彦
東洋学報   83(1) 55-85   2001年6月   [査読有り]

Misc

 
マンジュ(満洲)王朝としての大清帝国の国制とその歴史的位置──八旗制を中心に──
杉山清彦
専修大学法学研究所所報   (55) 22-59   2017年12月   [依頼有り]
書評『描かれた倭寇──「倭寇図巻」と「抗倭図巻」』
杉山清彦
東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信   (69) 10-11   2015年4月   [依頼有り]
多民族の中国、同文同種の中国──大清帝国とその遺産──
杉山清彦
アジア研究   (10) 71-74   2015年3月   [依頼有り]
書評 池尻陽子著 汲古書院『清朝前期のチベット仏教政策──扎薩克喇嘛制度の成立と展開──』
杉山清彦
中国研究月報   68(8) 48-50   2014年8月   [依頼有り]
国際シンポジウム「生活世界,暴力の経済,支配の装置――近世における“軍事”とは何か」参加報告
杉山清彦
満族史研究   (12) 85-89   2013年12月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
悪の歴史 東アジア編下/南・東南アジア編(上田信編著)
杉山清彦 (担当:共著, 範囲:「ヌルハチ」「ホンタイジ」「康煕帝」「雍正帝」「乾隆帝」)
清水書院   2018年8月   
中央ユーラシア史研究入門(小松久男・荒川正晴・岡洋樹編)
杉山清彦 (担当:共著, 範囲:「中央ユーラシア国家としての清朝」)
山川出版社   2018年4月   
北京を知るための52章(櫻井澄夫・人見豊・森田憲司編著)
杉山清彦 (担当:共著, 範囲:「清から民国期に北京にいた満洲族──八旗がつくった古都北京」)
明石書店   2017年12月   
MINERVA世界史叢書1 地域史と世界史(羽田正編)
杉山清彦 (担当:共著, 範囲:「中央ユーラシア世界──方法から地域へ──」)
ミネルヴァ書房   2016年10月   
戦闘技術の歴史5 東洋編(マイケル・E・ハスキュー他著、徳永優子・中村佐千江訳)
杉山清彦 (担当:監修)
創元社   2016年1月   

講演・口頭発表等

 
在清代八旗中旗人的“満洲化”与“士人化” [招待有り]
杉山清彦
第2回「跨越想像的辺界:族群・礼法・社会」国際学術会議   2017年12月1日   
明季清初時期的佟佳氏族衍及其活動
杉山清彦
国際満学学術研討会   2017年6月28日   
清露接触下の東北ユーラシアと八旗制──軍事体制の展開と人の移動──
杉山清彦
第60回ロシア史研究会   2016年10月9日   
中央ユーラシア国家としての清帝国:マンジュ=ハン国から近世ユーラシア帝国へ [招待有り]
杉山清彦
Global History Workshop: “Globalization from East Asian Perspectives”   2016年3月15日   
近世東アジアの二つの武人政権──大清帝国と江戸幕府── [招待有り]
杉山清彦
第45回三重大学歴史研究会大会・シンポジウム「東アジアの近世国家──大清帝国と江戸幕府──」   2016年1月30日   

競争的資金等の研究課題

 
八旗制を中心とした大清帝国の国制とその形成過程
東京大学ヒューマニティーズセンター: LIXIL Ushioda East Asian Humanities Initiative(LUI)公募研究
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 杉山清彦
ユーラシア諸帝国の形成と構造的展開──王権と軍事集団の比較史的研究──
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 杉山清彦
大清帝国の多民族統治と八旗制──広域支配の制度と構造──
公益財団法人JFE21世紀財団: アジア歴史研究助成
研究期間: 2017年1月 - 2018年12月    代表者: 杉山清彦
大清帝国における国制としての八旗制の基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 杉山清彦
中央ユーラシア国家としてみた大清帝国の統治機構の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 杉山清彦

社会貢献活動

 
「地歴2.0」の時代の歴史教育・歴史研究──「歴史総合」「世界史探究」「日本史探究」と、焦点としての「近世」
【講師】  岩手県高等学校地歴・公民部会歴史部会  岩手県高等学校地歴・公民部会歴史部会研究大会  2018年10月24日
「地歴2.0」の時代の歴史教育・歴史研究──「歴史総合」「世界史探究」「日本史探究」と、焦点としての「近世」・「地域」──
【講師】  佐賀県高等学校地歴・公民部会歴史部会  佐賀県高等学校地歴・公民部会歴史部会総会  2018年6月29日
「歴史総合」と世界史像──分水嶺は「近世」か「近代」か──
【講師】  神戸大学附属中等教育学校・高大連携歴史教育研究会  神戸大学附属中等教育学校主催・高大連携歴史教育研究会講演「研究会 歴史総合を考える」  2016年6月17日
歴史学からみる現代アジア──世界史の教育と研究の経験から──
【講師】  兵庫県立加古川東高等学校  兵庫県立加古川東高等学校国際理解教育講演会  2016年3月19日
中央ユーラシアと世界史──世界史理解の刷新のために
【講師】  名古屋歴史科学研究会・愛知県歴史教育者協議会  名古屋歴史科学研究会・愛知県歴史教育者協議会合同例会  2015年11月1日