Ikenoue, Satoru

J-GLOBAL         Last updated: Oct 10, 2019 at 23:29
 
Avatar
Name
Ikenoue, Satoru
E-mail
sikenoue.a3keio.jp

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Abe, Y., Ochiai, D., Masuda, H., Sato, Y., Otani, T., Fukutake, M., Ikenoue, S., Miyakoshi, K., Okano, H. and Tanaka, M.
Stem Cells Transl Med      Aug 2019
Despite the poor prognosis associated with myelomeningocele (MMC), the options for prenatal treatments are still limited. Recently, fetal cellular therapy has become a new option for treating birth defects, although the therapeutic effects and mec...
Miyamoto, T., Miyakoshi, K., Sato, Y., Kasuga, Y., Ikenoue, S., Miyamoto, K., Nishiwaki, Y., Tanaka, M., Nakamura, M. and Matsumoto, M.
Sci Rep   9(1) 6787   May 2019
Calcium and nutrients are transferred from mothers to fetuses or infants during pregnancy or lactation, respectively, promoting metabolic changes in the mother, many uncharacterized. To evaluate these changes, we undertook two parallel studies. In...
Akiba, Y., Miyakoshi, K., Ikenoue, S., Saisho, Y., Kasuga, Y., Ochiai, D., Matsumoto, T. and Tanaka, M.
Endocr J      Apr 2019
A number of data on gestational diabetes mellitus (GDM) in singleton pregnancy is available, however, little is known about the glycemic characteristics of twin pregnancy with GDM. The aim of this study was to compare the severity of dysglycemia b...
Anko, Mayuka, Ikenoue, Satoru, Kawamura, Makoto and Yakubo, Kazumi
Biomed J Sci & Tech Res   21(2)    2019
Ikenoue, S., Miyakoshi, K., Kasuga, Y., Ochiai, D., Matsumoto, T. and Tanaka, M.
J Matern Fetal Neonatal Med   1-5   Dec 2018
INTRODUCTION: The average birth weight in Japan has gradually decreased and the number of low birth weight infant has increased over the last 30 years. Japanese pregnant women are characterized with lower prevalence of obesity than those in other ...
Ikenoue Satoru, Miyakoshi Kei, Ishii Tomohiro, Sato Yu, Otani Toshimitsu, Akiba Yohei, Kasuga Yoshifumi, Ochiai Daigo, Matsumoto Tadashi, Ichihashi Yosuke, Matsuzaki Yohei, Tachikawa Kanako, Michigami Toshimi, Nishimura Gen, Ikeda Kazushige, Hasegawa Tomonobu, Tanaka Mamoru
American Journal of Medical Genetics, Part A   176(1) 171-174   Jan 2018
<p>Hypophosphatasia (HPP) is an autosomal recessive metabolic disorder with impaired bone mineralization due to mutations in the ALPL gene. The genotype-phenotype correlation of this disorder has been widely described. Here, we present two affecte...
Ikenoue Satoru, Miyakoshi Kei, Ishii Tomohiro, Sato Yu, Otani Toshimitsu, Akiba Yohei, Kasuga Yoshifumi, Ochiai Daigo, Matsumoto Tadashi, Ichihashi Yosuke, Matsuzaki Yohei, Tachikawa Kanako, Michigami Toshimi, Nishimura Gen, Ikeda Kazushige, Hasegawa Tomonobu, Tanaka Mamoru
American journal of medical genetics. Part A   176(1) i   Jan 2018
<p>The cover image, by Satoru Ikenoue et al., is based on the Clinical Report Discordant fetal phenotype of hypophosphatasia in two siblings, DOI: 10.1002/ajmg.a.38531.</p>
Kasuga Yoshifumi, Miyakoshi Kei, Tajima Atsushi, Saisho Yoshifumi, Ikenoue Satoru, Ochiai Daigo, Matsumoto Tadashi, Arata Naoko, Hata Kenichiro, Tanaka Mamoru
Journal of Diabetes Investigation      Jan 2018
<p>Aims/Introduction: Risk factors of type 2 diabetes mellitus in Japanese women with recent gestational diabetes mellitus are unknown. The objective of the present study was to investigate the clinical and genetic characteristics associated with ...
Entringer Sonja, Rasmussen Jerod, Cooper Dan M., Ikenoue Satoru, Waffarn Feizal, Wadhwa Pathik D., Buss Claudia
Pediatric Research   82(6) 1017-1021   Dec 2017
<p>BackgroundBrown adipose tissue (BAT) is associated with higher energy expenditure and lower adiposity in adults. However, the relationship between BAT composition and adiposity in early life is unknown. The objective of this study was to test t...
Ikenoue Satoru, Waffarn Feizal, Ohashi Masanao, Sumiyoshi Kaeko, Ikenoue Chigusa, Buss Claudia, Gillen Daniel L., Simhan Hyagriv N., Entringer Sonja, Wadhwa Pathik D.
American Journal of Obstetrics and Gynecology   217(2) 204.e1-204.e8   Aug 2017
<p>Background The production of variation in adipose tissue accretion represents a key fetal adaptation to energy substrate availability during gestation. Because umbilical venous blood transports nutrient substrate from the maternal to the fetal ...
Ikenoue S., Waffarn F., Sumiyoshi K., Ohashi M., Ikenoue C., Buss C., Gillen D. L., Simhan H. N., Entringer S., Wadhwa P. D.
Pediatric obesity   12 86-93   Aug 2017
<p>Background: Newborns exhibit substantial variation in gestational age-adjusted and sex-adjusted fat mass proportion. The antecedent characteristics of fetal body composition that are associated with newborn fat mass proportion are poorly unders...
Entringer, S., Rasmussen, J., Cooper, D. M., Ikenoue, S., Waffarn, F., Potkin, S. G., Wadhwa, P. D. and Buss, C.
Pediatr Res      Jul 2017
BACKGROUND: Brown Adipose Tissue (BAT) is associated with higher energy expenditure and lower adiposity in adults. However, the relationship between BAT composition and adiposity in early life is unknown. The objective of this study was to test th...
Kasuga, Y., Miyakoshi, K., Nishio, H., Akiba, Y., Otani, T., Fukutake, M., Ikenoue, S., Ochiai, D., Matsumoto, T., Tanaka, K., Minegishi, K., Kuji, N., Roberts, R., Aoki, D. and Tanaka, M.
BJOG      Apr 2017
OBJECTIVE: To investigate the association between mid-trimester residual cervical length (CL) and the risk of preterm birth in pregnancies after abdominal radical trachelectomy (RT). DESIGN: Retrospective cohort study. SETTING: University hospital...
Kasuga Y., Miyakoshi K., Nishio H., Akiba Y., Otani T., Fukutake M., Ikenoue S., Ochiai D., Matsumoto T., Tanaka K., Minegishi K., Kuji N., Roberts R., Aoki D., Tanaka M.
BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology      2017
<p>Objective: To investigate the association between mid-trimester residual cervical length (CL) and the risk of preterm birth in pregnancies after abdominal radical trachelectomy (RT). Design: Retrospective cohort study. Setting: University hospi...
Ikenoue Satoru, Miyakoshi Kei, Saisho Yoshifumi, Sakai Kensuke, Kasuga Yoshifumi, Fukutake Marie, Izumi Yoko, Matsumoto Tadashi, Minegishi Kazuhiro, Yoshimura Yasunori
Endocrine Journal   61(4) 353-358   2014
<p>There is a paucity of information on perinatal data regarding gestational diabetes mellitus (GDM) by the new criteria from a real experience because the number of health care associations implementing the new criteria is still limited. The aim ...
Clinical impact of women with gestational diabetes mellitus by the new consensus criteria: two year experience in a single institution in Japan
Ikenoue, S., Miyakoshi, K., Saisho, Y., Sakai, K., Kasuga, Y., Fukutake, M., Izumi, Y., Matsumoto, T., Minegishi, K. and Yoshimura, Y.
Endocr J   61(4) 353-8   2014
There is a paucity of information on perinatal data regarding gestational diabetes mellitus (GDM) by the new criteria from a real experience because the number of health care associations implementing the new criteria is still limited. The aim of ...
Kasuga Yoshifumi, Miyakoshi Kei, Ikenoue Satoru, Kadohira Ikuko, Matsumoto Tadashi, Minegishi Kazuhiro, Yoshimura Yasunori
Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica   92(8) 990-991   Aug 2013
Marked decline in beta cell function during pregnancy leads to the development of glucose intolerance in Japanese women
Saisho Yoshifumi, Miyakoshi Kei, Ikenoue Satoru, Kasuga Yoshifumi, Matsumoto Tadashi, Minegishi Kazuhiro, Yoshimura Yasunori, Itoh Hiroshi
Endocrine Journal   60(4) 533-539   2013
<p>The aim of this study is to investigate glucose metabolism longitudinally during pregnancy to explore mechanisms underlying gestational diabetes mellitus (GDM). We reviewed a total of 62 pregnant Japanese women who underwent a 75g oral glucose ...
Matsumoto Tadashi, Miyakoshi Kei, Saisho Yoshifumi, Ishii Tomohiro, Ikenoue Satoru, Kasuga Yoshifumi, Kadohira Ikuko, Sato Seiji, Momotani Naoko, Minegishi Kazuhiro, Yoshimura Yasunori
Endocrine Journal   60(12) 1281-1287   2013
<p>High titer of maternal thyroid-stimulating hormone receptor antibody (TRAb) in patients with Graves' disease could cause fetal hyperthyroidism during pregnancy. Clinical features of fetal hyperthyroidism include tachycardia, goiter, growth rest...
当院における新診断基準導入後の妊娠糖尿病の臨床像に関する検討
学, 池ノ上, 敬, 宮越, 芳史, 税所, 義史, 春日, 育子, 門平, 直, 松本, 一宏, 峰岸 and 泰典, 吉村
糖尿病と妊娠   13(1) 80-83   2013

Misc

 
Mirror症候群に急激な血小板減少を伴った1例
遠藤 豊英, 池ノ上 学, 大石 真希, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   55(2) 431-431   Jun 2019
子宮内膜異型増殖症および早期子宮体癌に対する高用量黄体ホルモン療法後妊娠の産科的予後に関する検討
大石 真希, 宮越 敬, 遠藤 豊英, 池ノ上 学, 落合 大吾, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   55(2) 485-485   Jun 2019
ヒト羊水幹細胞投与はLPS誘発性新生仔炎症モデルラットの予後を改善する
佐藤 佑, 落合 大吾, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   55(2) 551-551   Jun 2019
性分化疾患を含む多発先天異常を胎内診断し周産期管理を行った1例
明石 一浩, 池ノ上 学, 遠藤 豊英, 大石 真希, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守, 長谷川 奉延, 飛彈 麻里子, 有光 威志, 高橋 萌, 若林 大樹, 玉岡 哲, 黒田 達夫
日本周産期・新生児医学会雑誌   55(2) 591-591   Jun 2019
分娩後に急性腎不全を発症し非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)と診断した1例
竹田 将人, 池ノ上 学, 坂井 健良, 遠藤 豊英, 大石 真希, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   68(2) 339-343   Apr 2019
血栓性微小血管症(TMA)は溶血性貧血、血小板減少、臓器機能障害を三徴とする病態であり、非典型溶血性尿毒症症候群(atypical hemolytic uremic syndrome:aHUS)はその一つである。今回、分娩後経過から早期にaHUSを診断し、良好な予後を得た症例を経験したため報告する。症例は33歳、1妊1産。妊娠経過は良好で、妊娠38週に自然経腟分娩となった。分娩後、弛緩出血に対して輸血および子宮内バルーンタンポナーデを行い止血を得たが、産後2日目より腎機能障害、肝機能障害を...
HDlive Flowを併用し左鎖骨下動脈起始異常を伴う右側大動脈弓を胎内診断した一例
遠藤 豊英, 落合 大吾, 大石 真希, 正木 繭, 池ノ上 学, 宮越 敬, 田中 守
超音波医学   46(Suppl.) S709-S709   Apr 2019
三次元スフェア培養はヒト羊水幹細胞の抗炎症性サイトカイン分泌と未分化マーカー発現を増強する
佐藤 佑, 落合 大吾, 阿部 雄志, 遠藤 豊英, 大石 真希, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 升田 博隆, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   71(臨増) S-382   Feb 2019
本邦における妊娠中・後期の胎児Fractional limb volumeについての検討
秋葉 洋平, 池ノ上 学, 玉川 真澄, 小泉 和恵, 天方 朋子, 上野 和典, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本産科婦人科学会雑誌   71(臨増) S-474   Feb 2019
【超音波画像 よみ方道場 基礎からスクリーニングの極意までがわかる!】臍帯の正常・異常
池ノ上 学
ペリネイタルケア   38(1) 65-68   Jan 2019
【周産期のくすり大事典 妊娠期・分娩時・産褥期・新生児の薬剤&ワクチン133大解説】(第1部)くすり大解説(第2章)妊娠期のくすり 前期破水
池ノ上 学
ペリネイタルケア   (2019新春増刊) 48-49   Jan 2019
【周産期のくすり大事典 妊娠期・分娩時・産褥期・新生児の薬剤&ワクチン133大解説】(第1部)くすり大解説(第2章)妊娠期のくすり Rh(D)陰性妊娠
池ノ上 学
ペリネイタルケア   (2019新春増刊) 54-55   Jan 2019
治療〜難治性疾患へのアプローチ〜 ヒト羊水幹細胞を用いた周産期神経疾患の新規治療戦略 脊髄髄膜瘤モデルによる検討
落合 大吾, 阿部 雄志, 福武 麻里絵, 佐藤 佑, 大谷 利光, 升田 博隆, 池ノ上 学, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(別冊) 22-23   Jan 2019
日本人妊娠糖尿病既往女性における産後糖代謝異常発症予測因子に関する後方視的検討
春日 義史, 宮越 敬, 税所 芳史, 池ノ上 学, 荒田 尚子, 田中 守
糖尿病と妊娠   18(3) S-87   Nov 2018
妊娠糖尿病における抗Glutamic Acid Decarboxylase抗体と周産期事象との関連
池ノ上 学, 宮越 敬, 遠藤 豊英, 大石 真希, 税所 芳史, 田中 守
糖尿病と妊娠   18(3) S-104   Nov 2018
成熟嚢胞性奇形腫より発生した腸管上皮由来の腹膜偽粘液腫の1例
遠藤 豊英, 矢久保 和美, 小泉 和恵, 安康 真由香, 白橋 真由, 池ノ上 学, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 池田 俊之
埼玉県医学会雑誌   53(1) np42-np42   Nov 2018
チョコレート過剰摂取が原因と推測された動脈管早期閉鎖症の1例
堀江 裕子, 冨永 尚宏, 山田 恵, 三輪 雅之, 市川 知則, 大森 さゆ, 池ノ上 学, 矢久保 和美, 安康 真由香, 池田 一成
日本小児科学会雑誌   122(10) 1630-1631   Oct 2018
FGRを契機に妊娠中に発症した多発筋炎の1例
小泉 和恵, 池田 俊之, 遠藤 豊英, 白橋 真由, 池ノ上 学, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 村上 功, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   48(2) 139-140   Sep 2018
多胎妊娠と糖代謝異常 より良い管理を目指して 双胎妊娠における妊娠糖尿病の糖代謝異常重症度に関する検討
秋葉 洋平, 宮越 敬, 税所 芳史, 佐藤 佑, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   18(2) S-46   Aug 2018
双胎妊娠における妊娠糖尿病(GDM)の糖代謝異常重症度に関する知見は少ない。本研究の目的は双胎GDMにおける糖代謝異常重症度の解析である。自施設で周産期管理を行ったGDM例を双胎(n=20)と単胎(n=451)に分類し、両群の糖代謝異常重症度を比較検討した(リトドリン使用例は除外)。まず、両群の母体背景(年齢、非妊時BMI、GDM既往、糖尿病家族歴、初期随時血糖)は同等であった。また、インスリン療法導入率および導入週数、投与量について両群間に有意差を認めなかった。したがって、双胎GDMの糖...
【妊娠糖尿病まるわかり 妊娠中・分娩時・産後&新生児の管理に関する最新アプローチ】 妊娠時期別の母体管理と胎児評価 妊娠中の管理
池ノ上 学, 宮越 敬, 田中 守
ペリネイタルケア   37(7) 625-629   Jul 2018
妊娠中の母体体重増加不良と出生体重に関する後方視的検討
池ノ上 学, 宮越 敬, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   18(2) S-86   Aug 2018
本邦では近年、やせ妊婦の増加と妊娠中の体重増加不良が指摘されている。今回、当院で単胎正期産分娩に至った3837例について、米国Institute of Medicine基準による母体体重増加不良と、在胎期間別出生時体格標準値(日本小児科学会)によるlight-for-date(LFD:出生体重<10パーセンタイル)との関連を年齢、経産数、非妊時BMI、児の性別を交絡因子として解析した。体重増加不良群では、LFDが有意に高率であり(adjusted odds ratio:1.94)、とくにや...
転移性骨腫瘍により脊髄圧迫を来した妊娠関連乳癌の1例
遠藤 豊英, 池ノ上 学, 白橋 真由, 秋葉 洋平, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 522-522   Jun 2018
妊娠を契機に発見された先天性二尖弁による大動脈弁狭窄患者の妊娠出産管理
横田 めぐみ, 遠藤 豊英, 白橋 真由, 池ノ上 学, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 534-534   Jun 2018
片児に無脳症を合併した一絨毛膜二羊膜双胎の1症例
白橋 真由, 秋葉 洋平, 遠藤 豊英, 池ノ上 学, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 大森 さゆ, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 592-592   Jun 2018
腹壁誘導胎児心拍モニターにより心臓電気信号解析を行った先天性完全房室ブロックの1例
秋葉 洋平, 宮越 敬, 佐藤 佑, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 松崎 陽平, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 596-596   Jun 2018
妊娠中の高カカオポリフェノールチョコレート摂取が原因と考えられた胎児動脈管早期閉鎖の新生児例
堀江 裕子, 冨永 尚宏, 山田 恵, 池田 一成, 安康 真由香, 池ノ上 学, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 671-671   Jun 2018
転移性骨腫瘍により脊髄圧迫を来した妊娠関連乳癌の1例
遠藤 豊英, 池ノ上 学, 白橋 真由, 秋葉 洋平, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 522-522   Jun 2018
脱出腸管に腸管重複症を認めた臍帯ヘルニアの一例
遠藤 豊英, 宮越 敬, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
超音波医学   45(Suppl.) S852-S852   Apr 2018
妊娠を契機に発見された先天性二尖弁による大動脈弁狭窄患者の妊娠出産管理
横田 めぐみ, 遠藤 豊英, 白橋 真由, 池ノ上 学, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 534-534   Jun 2018
片児に無脳症を合併した一絨毛膜二羊膜双胎の1症例
白橋 真由, 秋葉 洋平, 遠藤 豊英, 池ノ上 学, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 大森 さゆ, 池田 俊之, 矢久保 和美
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 592-592   Jun 2018
腹壁誘導胎児心拍モニターにより心臓電気信号解析を行った先天性完全房室ブロックの1例
秋葉 洋平, 宮越 敬, 佐藤 佑, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 松崎 陽平, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(2) 596-596   Jun 2018
【Dr.中井がレクチャーCTG病態予測 波形が読める!対応がわかる!】 変動一過性徐脈
池ノ上 学, 宮越 敬, 田中 守
ペリネイタルケア   37(4) 332-336   Apr 2018
Bi-Plane imagingが病型診断に有用であった大動脈弓離断複合の1症例
秋葉 洋平, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
超音波医学   45(Suppl.) S847-S847   Apr 2018
妊娠関連乳癌の骨転移による脊髄圧迫のため緊急帝王切開術を施行した1例
遠藤 豊英, 村上 功, 小泉 和恵, 白橋 真由, 池ノ上 学, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   48(1) 11-14   Mar 2018
近年、妊娠関連乳癌(Pregnancy Associated Breast Cancer:PABC)は、出産年齢の高齢化に伴い増加傾向である。今回我々は、PABCの骨転移による脊髄圧迫のため緊急帝王切開術を施行した症例を経験した。症例は36歳0経妊0経産の生来健康な女性である。妊娠30週より腰痛及び下肢の痺れを自覚し、妊娠32週1日、歩行困難のため当院へ搬送となった。MRIで多発骨転移による腰椎圧迫骨折および脊髄圧迫を疑う所見を認め、単純CTにて右乳腺腫瘍、右腋窩リンパ節腫大を認めた。PA...
当院で経験した産科危機的出血症例の検討
白橋 真由, 小泉 和恵, 中山 真恵, 世良 亜紗子, 池ノ上 学, 横田 めぐみ, 村上 功, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉県医学会雑誌   52(1) np41-np41   Dec 2017
多胎妊娠と糖代謝異常 より良い管理を目指して 双胎妊娠における妊娠糖尿病の糖代謝異常重症度に関する検討
秋葉 洋平, 宮越 敬, 税所 芳史, 佐藤 佑, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   17(3) S-60   Nov 2017
妊娠中の母体体重増加不良と出生体重に関する後方視的検討
池ノ上 学, 宮越 敬, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   17(3) S-94   Nov 2017
【次世代への予防医療 DOHaDを活かす】 Fetal Origins of Obesity 超音波による胎児身体組成(Body Composition)の評価と、出生後の体脂肪率との関連
池ノ上 学, 田中 守
産科と婦人科   84(10) 1179-1183   Oct 2017
近年、子宮内環境と小児肥満との関連が明らかとなってきている(Fetal Origins of Obesity)。肥満においては体重だけではなく身体組成(body composition)の評価が重要とされ、胎児期においても超音波断層法を用いた胎児身体組成の評価が可能となってきた。胎児皮下脂肪量は新生児体脂肪率の予測に有用であり、今後、胎児身体組成の規定因子を解明することで、将来の小児肥満や早期発症メタボリックシンドロームの予防へとつながる可能性がある。(著者抄録)
子宮動脈塞栓術が奏効した帝王切開瘢痕部妊娠の1例
荘 慎太郎, 松本 直, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 池ノ上 学, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   66(4) 647-651   Oct 2017
近年、帝王切開率の上昇に伴い、帝王切開瘢痕部妊娠(Cesarean Scar Pregnancy、以下CSP)も増加傾向にあるとされる。CSPでは危機的産科出血や妊娠中の子宮全摘のリスクが高く、早期診断と慎重な周産期管理が求められる。今回我々は子宮動脈塞栓術が奏効したCSPの1例を経験したので報告する。症例は36歳、初回妊娠時に回旋異常による帝王切開の既往があり、妊娠6週2日に異所性妊娠疑いで当院受診となった。超音波検査にて胎嚢は子宮頸部に認められ、着床部位の筋層の菲薄化や胎嚢に流入する豊...
妊娠糖尿病における血糖自己測定保険適用に関する後方視的検討
佐藤 佑, 春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 税所 芳史, 田中 守
糖尿病と妊娠   17(2) S-47   Aug 2017
妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus;GDM)診療において、2016年度よりハイリスクGDMのみならず、75g経口ブドウ糖負荷試験(oral glucose tolerance test;OGTT)2点・3点陽性例および非妊時BMI(body massindex(BMI))≧25のOGTT1点陽性例に対しても血糖自己測定(self monitoring of blood glucose;SMBG)が保険適用となった。今回われわれは2011〜2015年に当院...
当院における妊娠糖尿病例の胎児発育に関する後方視的検討
宮越 敬, 税所 芳史, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   17(2) S-57   Aug 2017
今回われわれは、血糖自己測定(self monitoringof blood glucose;SMBG)による厳重な管理を行った妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus;GDM)例の胎児発育を後方視的に検討した。対象は2011〜2015年に当院にて周産期管理を行った単胎正期産例(正常耐糖能[NGT]1668例、GDM 303例)である。NGTおよびGDMにおける出生体重、light-for-dates(LFD)、heavy-fordates(HFD)には有意差...
常位胎盤早期剥離の管理 常位胎盤早期剥離における胎児低酸素症関連因子に関する後方視的検討
秋葉 洋平, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 467-467   Jun 2017
今後の臨床応用が期待される基礎的研究 ヒト羊水幹細胞がマウス皮膚再生に与える影響 細胞局所注射ならびに細胞シート貼付における検討
福武 麻里絵, 落合 大吾, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 472-472   Jun 2017
臨床像の異なった低ホスファターゼ症の同胞例
池ノ上 学, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 松崎 陽平, 池田 一成, 長谷川 奉延, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 527-527   Jun 2017
胎児画像所見から先天性クロール下痢症を疑い、羊水電解質検査を施行した1例
大谷 利光, 落合 大吾, 佐藤 佑, 久保 雄一, 秋葉 洋平, 原 香織, 池ノ上 学, 春日 義史, 有光 威志, 松崎 陽平, 松本 直, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 660-660   Jun 2017
臍帯嚢胞を契機に診断した臍帯血管腫の一例
佐藤 佑, 春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 695-695   Jun 2017
供血児に頭蓋内出血および腎機能障害を発症し新生児死亡に至ったacute peripartum TTTSの1例
遠藤 豊英, 松本 直, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 池ノ上 学, 有光 威志, 落合 大吾, 松崎 陽平, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(1) 244-248   May 2017
31歳(初産婦)。一絨毛膜二羊膜性双胎妊娠25週3日に両児間のヘモグロビン格差、および一児の胎児機能不全を疑われ、前医より紹介となった。胎児超音波検査では、供血児に中大脳動脈収縮期最高血流速度の上昇、頭蓋内出血を示唆する高輝度領域が描出された。受血児には静脈管血流波形の心房波の逆流が認められた。胎児機能不全の診断で同日帝王切開術を施行した結果、受血児は出生後の経過が良好であったが、供血児は出生直後より頭蓋内出血および腎機能障害を発症し、日齢44に新生児死亡にとなった。本症例は子宮収縮などが...
輸血関連循環過負荷(Transfusion associated circulatory overload)を合併した臨床的羊水塞栓症の一例
佐藤 佑, 松本 直, 佐伯 直彦, 谷本 慧子, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 192-192   May 2017
胎児fractional limb volume計測による出生後の児発育の予測
池ノ上 学, Waffarn Feizal, 宮越 敬, 住吉 香恵子, 大橋 昌尚, 鮫島 浩, 田中 守, Wadhwa Pathik
超音波医学   44(Suppl.) S556-S556   Apr 2017
HD live Flowにより異常血管像が描出された臍帯血管腫の1例
秋葉 洋平, 宮越 敬, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 正木 繭, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
超音波医学   44(Suppl.) S678-S678   Apr 2017
健常妊婦における分娩前後の破骨細胞活性に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   69(2) 912-912   Feb 2017
【妊婦の栄養-今、妊婦は赤ちゃんのために正しい食事をしているのか】 (コラム)健康食品の注意点 妊婦とポリフェノール アントシアニンの胎児動脈管に対する影響
池ノ上 学, 田中 守
周産期医学   46(12) 1511-1513   Dec 2016
妊娠糖尿病既往日本人女性における産後糖代謝異常発症に関する遺伝学的検討
春日 義史, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 税所 芳史, 荒田 尚子, 田嶋 敦, 田中 守, 秦 健一郎
糖尿病と妊娠   16(3) S-57   Oct 2016
妊娠糖尿病における血糖自己測定保険適用に関する後方視的検討
佐藤 佑, 春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 税所 芳史, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(3) S-60   Oct 2016
母体肥満と妊娠中のhigh senseitivity CRPの関連についての検討
池ノ上 学, Waffarn Feizal, 宮越 敬, 住吉 香恵子, 大橋 昌尚, 鮫島 浩, 田中 守, Wadhwa Pathik
糖尿病と妊娠   16(3) S-65   Oct 2016
当院における妊娠糖尿病例の胎児発育に関する後方視的検討
宮越 敬, 税所 芳史, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 春日 義史, 池ノ上 学, 福武 麻里絵, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(3) S-69   Oct 2016
分娩時期の決定に苦慮した糖尿病腎症第3期合併妊娠の一例
大谷 利光, 宮越 敬, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 税所 芳史, 脇野 修, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(3) S-73   Oct 2016
Autopsy imagingにより、出生前診断が困難であった気管狭窄・食道閉鎖が検出された1例
長谷川 慶太, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   53(3) 421-421   Aug 2016
当院における腹式広汎性子宮頸部摘出術施行例の術後妊娠分娩経過に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 西尾 浩, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 佐藤 卓, 仲村 勝, 落合 大吾, 松本 直, 森定 徹, 岩田 卓, 田中 京子, 浜谷 敏生, 藤井 多久磨, 久慈 直昭, 田中 守, 青木 大輔
日本婦人科腫瘍学会雑誌   34(3) 407-407   Jun 2016
腹式広汎性子宮頸部摘出術後妊娠における早産期前期破水発症予知因子に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 青木 大輔, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 512-512   Jun 2016
ヒト羊水幹細胞はマウス皮膚創傷治癒を促進する
福武 麻里絵, 落合 大吾, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 519-519   Jun 2016
供血児に頭蓋内出血や腎機能障害を発症し新生児死亡に至ったMD双胎の1例
遠藤 豊英, 松本 直, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 春日 義史, 池ノ上 学, 有光 威志, 落合 大吾, 松崎 陽平, 小澤 克典, 谷垣 伸治, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 747-747   Jun 2016
腹式広汎性子宮頸部摘出術後妊娠における残存子宮頸管長と周産期予後に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
超音波医学   43(Suppl.) S525-S525   Apr 2016
胎児超音波を用いた新生児体脂肪率予測に関する検討
池ノ上 学, Waffarn Feizal, 宮越 敬, 住吉 香恵子, 大橋 昌尚, 鮫島 浩, 田中 守, Wadhwa Pathik
超音波医学   43(Suppl.) S707-S707   Apr 2016
妊娠中期より広範な胎盤内低エコー領域を認め、異なる胎盤所見を呈した2症例
正木 繭, 落合 大吾, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 春日 義史, 池ノ上 学, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守
超音波医学   42(2) 238-238   Mar 2015
妊婦の代謝異常 日本人妊娠糖尿病の分子遺伝学的病態解析
春日 義史, 秦 健一郎, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 前原 佳代子, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 517-517   Feb 2015
当院で周産期管理を行った卵子提供後妊娠の周産期事象に関する検討
澤野 佳子, 松本 直, 春日 義史, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 門平 育子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(3) 940-944   Sep 2014
周産期管理を行った卵子提供(OD)後妊娠症例24例25妊娠の治療背景と周産期事象について検討した。その結果、母体年齢の中央値は48歳で、初産が22例(88%)であった。周産期事象発症率は、前置胎盤12%、妊娠高血圧症候群20%、産後弛緩出血8%、妊娠糖尿病20%、切迫早産28%であった。自己胚IVF妊娠例と比較しOD後妊娠では、前置胎盤、妊娠高血圧症候群、癒着胎盤の発症率が有意に高率であった。新生児予後では、SGA児を3例認めたが、児の予後は概ね良好であった。OD後妊娠のうち双胎妊娠は8例...
妊娠糖尿病合併妊婦の産後早期糖代謝異常の予測因子に関する検討
宮越 敬, 正木 繭, 門平 育子, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 712-712   Jun 2014
当院における進行子宮頸癌合併妊娠例の臨床像に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 田中 守, 青木 大輔
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 714-714   Jun 2014
CDKN1C変異により再罹患を認めたBeckwith-Wiedemann症候群の家族例
福武 麻里絵, 宮越 敬, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 藤野 明浩, 黒田 達夫, 有光 威志, 池田 一成, 吉村 泰典, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 772-772   Jun 2014
Meconium periorchitisを契機に胎児診断しえた胎便性腹膜炎の1例
落合 大吾, 大森 さゆ, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 池ノ上 学, 松本 直, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典, 福井谷 達郎, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 836-836   Jun 2014
異なる妊娠経過を辿った胎児母体間輸血症候群の2例
結城 瑠美, 福武 麻里絵, 春日 義史, 松本 直, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   51(2) 284-284   May 2014
ESBL産生E.coliにより妊娠中期に敗血症を発症した絨毛膜羊膜炎の1例
佐伯 直彦, 福武 麻里絵, 春日 義史, 宮越 敬, 正木 繭, 池ノ上 学, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 進 伸幸, 吉村 泰典, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   63(2) 314-317   Apr 2014
症例は36歳、0経妊0経産。腹式広汎性子宮頸部摘出術(頸管縫縮術同時施行)を受け体外受精-胚移植にて妊娠成立に至った。妊娠20週0日より子宮収縮の増強および高熱を呈し、絨毛膜羊膜炎(CAM)疑いにてSulbactam/ampicillin投与を開始した。血液培養検査にてextended-spectrum β-lactamase(ESBL)産生Escherichia coli(E.coli)を認め抗菌薬をmeropenemに変更したが、全身状態悪化し妊娠20週4日に妊娠中断に至った。膿性羊水...
胎児の循環機能評価 腹壁誘導胎児心電図を用いたfetal heart rate tracingに関する基礎的検討
福武 麻里絵, 宮越 敬, 田中 守, 池ノ上 学, 春日 義史, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 佐藤 尚明, 木村 芳孝, 吉村 泰典, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   66(2) 453-453   Feb 2014
早産の予防 腹式広汎性子宮頸部摘出術後妊娠例の臨床経過に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 杉山 重里, 西尾 浩, 門平 育子, 松本 直, 田中 京子, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   66(2) 466-466   Feb 2014
Speckle tracking法を用いた胎児心室壁運動特性に関する検討
金 善惠, 宮越 敬, 門平 育子, 正木 繭, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   66(2) 718-718   Feb 2014
当院で経験した前置血管症例の周産期臨床像の検討 超音波検査および胎盤所見を中心に
祝井 麻希, 春日 義史, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   63(1) 30-35   Jan 2014
前置血管は胎児血管が卵膜上を走行し、内子宮口付近に存在する病態である。未診断例では児の予後は不良であるが、早期診断することで良好な予後が期待できる。今回我々は当院で経験した前置血管症例の周産期臨床像について、文献的考察を含めて後方視的に検討した。対象は2009年1月以降に当院で周産期管理を行った前置血管6例である。全例単胎(自然妊娠5例、体外受精/胚移植1例)で、診断週数は妊娠27週(中央値)であった。分娩週数は妊娠35週(中央値)で全例帝王切開術を行い、母児ともに予後良好であった。術中に...
多嚢胞性異形成腎を端緒に出生前診断されたVACTERL連合の一例
池ノ上 学, 峰岸 一宏, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 門平 育子, 松本 直, 宮越 敬, 吉村 泰典
超音波医学   41(1) 77-78   Jan 2014
【周産期の画像診断 第2版】 母体・胎児編 超音波診断 H.胎盤・臍帯・羊水 胎盤の異常
宮越 敬, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
周産期医学   43(増刊) 248-253   Dec 2013
市川 義一, 山田 卓博, 磯部 まり子, 池ノ上 学, 宮内 安澄, 藤岡 泉
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29(1) 228-234   Nov 2013
症例1:32歳女。過多月経、挙児希望を主訴とし、軽度の変性を伴った10cm大の前壁筋層内筋腫に対し全腹腔鏡下子宮筋腫核出術を施行し、Smead-Jones縫合を用いて子宮筋層閉鎖を行った。手術時間は2時間23分、出血量860ml、自己血800mlであった。症例1の経験を踏まえ糸・針の選択や断端処理などについて検討を行い、同様に過多月経、挙児希望を主訴とした症例2において、筋層内から漿膜下に突出する8cm大の前壁筋腫に対し腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術を施行した。Smead-Jones縫合による...
山田 卓博, 池ノ上 学, 藤岡 泉, 市川 義一, 中島 芳樹
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29(1) 245-249   Nov 2013
婦人科腹腔鏡手術の術後鎮痛法として腹横筋膜面ブロックを施行した8例(A群)と硬膜外麻酔を施行した12例(B群)を対象に、帰室後6時間および術後1〜3日に疼痛評価を行った。評価は、安静時および咳嗽時に視覚アナログ尺度(VAS)、Prince Henry pain score(PRS)を用いて行った。また更に、帰室〜鎮痛薬初回投与までの時間、術後鎮痛薬の使用回数についても検討を行った。その結果、安静時、咳嗽時ともに術後1日を中心に、A群で有意にVAS値およびPRSが高かった。多群間比較において...
妊娠糖尿病1点異常に対する管理に関する後方視的研究 全国多施設共同研究
濱田 裕貴, 杉山 隆, 目時 弘仁, 森川 守, 水上 尚典, 板倉 敦夫, 吉田 純, 竹田 善治, 中林 正雄, 宮越 敬, 池ノ上 学, 小川 正樹, 牧野 康男, 松田 義雄, 佐中 眞由実, 穴澤 園子, 本田 正志, 大崎 綾, 橋本 貢士, 小川 浩平, 荒田 尚子, 左合 治彦, 永石 匡司, 山本 樹生, 中島 義之, 正岡 直樹, 五十嵐 豪, 田中 守, 高橋 純, 奥田 美加, 高橋 恒男, 神元 有紀, 池田 智明, 福本 まりこ, 細井 雅之, 石井 桂介, 光田 信明, 和栗 雅子, 中西 功, 成瀬 勝彦, 小林 浩, 延本 悦子, 増山 寿, 寺本 秀樹, 前田 和寿, 苛原 稔, 清水 一紀, 阿部 恵美子, 洲脇 尚子, 山下 洋, 安日 一郎, 川崎 英二, 上妻 友隆, 堀 大蔵, 児玉 由紀, 鮫島 浩, 上塘 正人, 鈴木 奈津子, 大森 安恵, 佐川 典正, 平松 祐司, Japan gestational diabetes mellitus study group(JGSG)
糖尿病と妊娠   13(2) S-81   Oct 2013
妊娠初期の人工妊娠中絶術後に大量性器出血をきたした胎盤ポリープの1例
秋葉 洋平, 春日 義史, 宮越 敬, 冨永 英一郎, 古谷 正敬, 池ノ上 学, 野上 侑哉, 松本 直, 升田 博隆, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   62(4) 562-567   Oct 2013
今回我々は、妊娠初期の人工妊娠中絶術後に大量性器出血をきたした胎盤ポリープの1例を経験したので報告する。症例は37歳、4経妊2経産。前医における妊娠7週時の人工妊娠中絶術ののち、術後43日日に大量性器出血を生じ当院に救急搬送となった。経腟超音波検査およびDynamic CTにて動脈性血流を伴う子宮内腫瘤を認め、胎盤ポリープ疑いと診断した。子宮動脈塞栓術後も小量の性器出血が持続し、MRIでは腫瘤への血流残存を認めた。患者本人が妊孕性温存を希望しなかったため、腹腔鏡下腟式子宮全摘出術を施行した...
当院における新診断基準導入後の妊娠糖尿病の臨床像に関する検討
池ノ上 学, 宮越 敬, 税所 芳史, 春日 義史, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
糖尿病と妊娠   13(1) 80-83   Aug 2013
既報の新基準妊娠糖尿病(GDM)の臨床像は、旧基準でのデータベース解析をもとに推測されたものが多く、基準改定後の実際の臨床像に関して十分な知見は得られていない。そこでわれわれは、基準改定後に当院にて妊娠初期から周産期管理を行った単胎妊婦853例を対象に、GDMの臨床像について後方視的検討を行った。853例中GDM例は101例(11.8%)、overt diabetesは3例(0.3%)であった。さらに経口糖負荷試験(OGTT)陽性ポイント数に関して、OGTT 1点陽性例は69例(68%)、...
妊娠糖尿病既往女性における産後早期糖代謝異常の発症に関する検討
宮越 敬, 税所 芳史, 池ノ上 学, 春日 義史, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
糖尿病と妊娠   13(1) 88-92   Aug 2013
妊娠糖尿病(GDM)の新診断基準は周産期合併症のリスクをもとに作成されたものであり、産後早期糖代謝異常の発症リスクに関する知見は少ない。そこで本研究では基準改定後の当院における周産期データをもとに、GDM既往女性の産後早期糖代謝異常の発症頻度およびその予測指標を検討した。対象は2011年以降に当院で周産期管理を行った新基準GDMのうち産後4〜6ヵ月に75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)を受けた女性47名(GDM診断時OGTT 1点陽性33例;2点陽性11例;3点陽性3例)である。日本糖尿...
胎児治療を施行した胎児胸水症例の臨床像に関する検討
福武 麻里絵, 松本 直, 池ノ上 学, 正木 繭, 春日 義史, 門平 育子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 青木 大輔, 吉村 泰典
関東連合産科婦人科学会誌   50(3) 468-468   Aug 2013
生殖補助医療、性ホルモン補充を行わず、妊娠・出産に至った先天性リポイド副腎過形成の1例
磯部 まり子, 市川 義一, 池ノ上 学, 山田 卓博, 根本 泰子, 服部 政博, 住友 直文, 西澤 和倫, 長谷川 奉延
静岡産科婦人科学会雑誌   2(1) 38-43   Aug 2013
27歳女。6歳時に副腎皮質刺激ホルモン不応症の疑いでホルモン補充療法が開始され、10歳時にはミネラルコルチコイド産生障害を確認した。13歳時に遺伝子検査により非古典型先天性リポイド副腎過形成症(LCAH)と確定診断された。14歳時に月経が発来し、24歳時にはLHサージを起こすエストロゲン産生があることを確認し、25歳時には黄体期に相当するプロゲステロン値の上昇を認め、27歳時に自然妊娠した。妊娠初期より女性ホルモン分泌不全を認めず、従来量のステロイドホルモン内服のみで妊娠管理し、切迫早産の...
【今日の胎児機能評価】 スペックルトラッキングによる胎児心機能解析の試み
宮越 敬, 金 善惠, 門平 育子, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
産婦人科の実際   62(6) 809-816   Jun 2013
当院で周産期管理を行った卵子提供後妊娠の治療背景と周産期事象に関する検討
澤野 佳子, 松本 直, 春日 義史, 池ノ上 学, 門平 育子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典
日本周産期・新生児医学会雑誌   49(2) 654-654   Jun 2013
当院における基準改定後の妊娠糖尿病Screeningの現状
池ノ上 学, 宮越 敬, 春日 義史, 正木 繭, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
日本周産期・新生児医学会雑誌   49(2) 656-656   Jun 2013
妊娠初期から胎内所見の変化を観察し得た小腸閉鎖合併総排泄腔遺残症の1例
春日 義史, 松本 直, 池ノ上 学, 門平 育子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典, 松崎 陽平, 池田 一成, 下島 直樹, 藤野 明浩, 黒田 達夫
日本周産期・新生児医学会雑誌   49(2) 660-660   Jun 2013
当院で経験した前置血管5例における周産期臨床像の検討
祝井 麻希, 春日 義史, 池ノ上 学, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 青木 大輔, 吉村 泰典
関東連合産科婦人科学会誌   50(2) 355-355   May 2013
<科学に活かす>超音波の新技術・ソフトウエアを使いこなす Velocity vector imagingを用いた胎児心室壁運動解析の試み
宮越 敬, 金 善惠, 春日 義史, 池ノ上 学, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
超音波医学   40(Suppl.) S313-S313   Apr 2013
当院で経験した前置血管5例の超音波検査所見に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 池ノ上 学, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
超音波医学   40(Suppl.) S578-S578   Apr 2013
大動脈弓離断の出生前超音波所見に関する後方視的検討
池ノ上 学, 松本 直, 春日 義史, 門平 育子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典
超音波医学   40(Suppl.) S590-S590   Apr 2013
自然発生したComplete Chorioamniotic Membrane Separationの1例
春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 池ノ上 学, 門平 育子, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
超音波医学   40(2) 225-225   Mar 2013
妊娠糖尿病の血糖プロファイルならびにインスリン導入予測因子に関する検討
池ノ上 学, 宮越 敬, 春日 義史, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   65(2) 642-642   Feb 2013
ITP合併妊娠における免疫グロブリン療法の母児への影響に関する後方視的検討
春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 池ノ上 学, 門平 育子, 峰岸 一宏, 青木 大輔, 吉村 泰典
日本産科婦人科学会雑誌   65(2) 779-779   Feb 2013
当院における新診断基準導入後の妊娠糖尿病の臨床像に関する検討
池ノ上 学, 宮越 敬, 税所 芳史, 春日 義史, 門平 育子, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
糖尿病と妊娠   12(2) S-66   Oct 2012
妊娠糖尿病既往女性の産後糖代謝異常発症の予測指標に関する検討
宮越 敬, 税所 芳史, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典
糖尿病と妊娠   12(2) S-83   Oct 2012
母体TRAb高値に伴い反復して胎児甲状腺機能亢進症を発症した1例
片倉 慧美, 池ノ上 学, 松本 直, 門平 育子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 青木 大輔, 吉村 泰典
関東連合産科婦人科学会誌   49(3) 394-394   Aug 2012

Conference Activities & Talks

 
Maternal Insulin Resistance Affects Fetal Body Composition.
Ikenoue, Satoru, Waffarn, Feizal, Sumiyoshi, Kaeko, Ohashi, Masanao, Ikenoue, Chigusa, Lindsey, Karen, Claudia, Buss, Entringer, Sonja, Wadhwa, Pathik D.
REPRODUCTIVE SCIENCES   Mar 2018   
Prospective association of fetal liver blood flow at 30 weeks gestation with newborn adiposity
Ikenoue, Satoru, Waffarn, Feizal, Ohashi, Masanao, Sumiyoshi, Kaeko, Ikenoue, Chigusa, Buss, Claudia, Gillen, Daniel L., Simhan, Hyagriv N., Entringer, Sonja, Wadhwa, Pathik D.
AMERICAN JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNECOLOGY   Jan 2017   

Teaching Experience