嶋吉 隆夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/04 21:55
 
アバター
研究者氏名
嶋吉 隆夫
 
シマヨシ タカオ
URL
http://www.bme.sys.i.kyoto-u.ac.jp/~simayosi/
所属
九州大学
部署
情報基盤研究開発センター
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
京都大学大学院 情報学研究科 助教
 
2007年4月
 - 
2013年3月
京都高度技術研究所 副主任研究員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都高度技術研究所 研究員
 
1999年4月
 - 
2003年3月
三菱電機株式会社
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院 情報学研究科 システム科学専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
京都大学大学院 工学研究科 情報工学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
京都大学 工学部 情報工学科
 

受賞

 
 
生体医工学シンポジウム2007 ベストリサーチアワード 記述言語を用いた細胞生理学実験シミュレーション手法
 

論文

 
Yoshiaki Kasahara,Takao Shimayoshi,Masahiro Obana,Naomi Fujimura
Proceedings of the 2017 ACM Annual Conference on SIGUCCS, Seattle, WA, USA, October 1-4, 2017   109-112   2017年10月   [査読有り]
Shimayoshi T, Yamamoto Y, Matsuda T
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2017 3668-3671   2017年7月   [査読有り]
Yuki Hasegawa, Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
IEEE journal of biomedical and health informatics   20(4) 1100-1106   2016年7月   [査読有り]
嶋吉隆夫, 小川貴史, 松田哲也
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J99-D(5) 571‐578 (WEB ONLY)-578   2016年5月
心壁の拍動現象のシミュレーションでは一般的に、有限要素法による構造力学解析が用いられる。構造力学解析では一般にメッシュ分割が計算結果に影響を与えることが知られている。本論文では、通常の構造力学解析では扱われない、心筋線維方向に生じる心筋細胞の自発的収縮力を考慮した左心室拍動連成シミュレーションにおいて、メッシュ分割の差異が計算結果に与える影響について報告する。本研究では、厚肉回転だ円体の上部を切除した左心室を表現する形状に対して、経緯線に沿って分割したメッシュモデルと、半正多面体である斜方...
Takeda Y, Shimayoshi T, Holz G.G, Noma A.
American Journal of Physiology - Cell Physiology   310(5) C337-C347   2016年3月   [査読有り]
Takeda Y, Shimayoshi T, Holz GG, Noma A
American journal of physiology. Cell physiology   310(5) C337-47   2016年3月   [査読有り]
天野 晃, ラスティ プンザラン フロレンシオ, 嶋吉 隆夫, 國枝 義敏
生体医工学   53(3) 115-122   2015年10月   [査読有り][招待有り]
Many biological findings are continuously reported in the life science area. Most of them are reports on the correlations between some proteins, or correlations between some proteins and macroscopic phenomena such as whole body hemodynamics. In or...
Takao Shimayoshi, Chae Young Cha, Akira Amano
PLOS ONE   10(6) e0124970   2015年6月   [査読有り]
小見山繁, 多々良泰基, PUNZALAN Florencio Rusty, 嶋吉隆夫, 國枝義敏, 天野晃
電子情報通信学会技術研究報告   114(514(MBE2014 116-179)) 111-116   2015年3月
小川貴史, 嶋吉隆夫, 木田直樹, 安達泰治, 松田哲也
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.O2-03-7   2014年
Shimayoshi T, Mishima M, Amano A, Matsuda T
Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2014 6778-6781   2014年   [査読有り]
長谷川 雄基, 三島 充晴, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
生体医工学   52(3) 129-135   2014年   [査読有り]
Although there are numerous reports on the electrical heterogeneity of the myocardium, little has been given attention to its relation to cardiovascular mechanics, because of difficulties of simultaneously observing multiple effects in vivo. In th...
嶋吉 隆夫, 久保田 悠太, 天野 晃
生体医工学 = Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering : 日本エム・イー学会誌   51(4) 248-253   2013年8月
Shimayoshi T, Hasegawa Y, Mishima M, Matsuda T
IET Systems Biology   7(3) 74-78   2013年6月   [査読有り]
天野晃, 嶋吉隆夫, 國枝義敏
心電図   33(Supplement 2) 59   2013年5月
Hasegawa Y, Mishima M, Shimayoshi T, Amano A, Matsuda T
Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2013 6854-6857   2013年   [査読有り]
Punzalan FR, Yamashita Y, Kawabata M, Shimayoshi T, Kuwabara H, Kunieda Y, Amano A
Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2013 1494-1497   2013年   [査読有り]
嶋吉 隆夫, 久保田 悠太, 天野 晃, 松田 哲也
生体医工学   51(4) 248-253   2013年
Detailed analysis of oxygen consumption within the myocardial microcirculation is of importance to understand conditions under ischemic heart disease. However, there are currently difficulties in microscopically precise measurements of local oxyge...
Yuki Hasegawa, Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS   2012 1222-1225   2012年12月   [査読有り]
Multi-scale models of the cardiovascular system provide new insight that was unavailable with in vivo and in vitro experiments. For the cardiovascular system, multi-scale simulations provide a valuable perspective in analyzing the interaction of t...
プンザラン フロレンシオ ラスティ, 山下義陽, 川端真成, 嶋吉隆夫, 桑原寛明, 國枝義敏, 天野晃
生体医工学   50(6) 666-674   2012年12月   [査読有り]
Punzalan FR, Yamashita Y, Soejima N, Kawabata M, Shimayoshi T, Kuwabara H, Kunieda Y, Amano A
Source code for biology and medicine   7(1) 11   2012年10月   [査読有り]
連成循環動態シミュレーションモデルにおける数値法
長谷川 雄基, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
第51回生体医工学会大会, pp.SY3-01-3, 福岡国際会議場, 日本生体医工学会      2012年5月
王 裕〓, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   95(2) 331-338   2012年2月
臨床試験を代替する一手段,あるいは,臨床教育の教材として,特に,臨床試験や臨床教育が困難な乳児について,精密に生体機能を再現する計算機シミュレーションの実現が望まれている.生命維持に欠かせない心臓血管系は生体機能シミュレーションにおいて非常に重要な対象であり,その中で中心的な役割を果たす心臓の機能を評価することは重要である.本論文では,ヒト乳児を対象に血圧変化などの循環動態を再現するような,心機能評価が可能なシミュレーションモデルを提案する.提案モデルは,既存の生理特性を詳細に再現した心室...
Amano A, Kawabata M, Yamashita Y, Rusty Punzalan F, Shimayoshi T, Kuwabara H, Kunieda Y
Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2012 6624-6627   2012年   [査読有り]
山下 義陽, 副島 直樹, 川端 真成, プンザラン フロレンシオ ラスティ, 嶋吉 隆夫, 桑原 寛明, 國枝 義敏, 天野 晃
生体医工学   50(1) 68-77   2012年
Physiology models written in a description language such as CellML are becoming a popular method to handle complex cellular physiological models in biological function simulations. However, in order to fully simulate a model, boundary conditions a...
Akira Amano, Naoki Soejima, Takao Shimayoshi, Hiroaki Kuwabara, Yoshitoshi Kunieda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 940-944   2011年12月
To cope with the complexity of the biological function simulation models, model representation with description language is becoming popular. However, simulation software itself becomes complex in these environment, thus, it is difficult to modify...
Yuki Hasegawa, Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 137-140   2011年12月
We investigated numerical methods for predictors in a multiscale cardiovascular simulation model. The proposed method predicts initial approximations for the iterative convergence calculations of the strong coupling method using the smoothing spli...
嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
情報処理学会論文誌   52(8) 2412-2421   2011年8月
細胞の生理学的機能を対象としたモデルは一般的に常微分方程式と代数方程式の集合として形式的には定義されるが,その中には数値シミュレーションの計算対象が半陽的微分代数方程式系となるものがある.そのようなモデルの構成式が宣言的に与えられた場合にシミュレーションを行うためには,外的に値の定まるパラメータ定数を変数集合から選択することで計算条件を適切に設定する必要があるが,複雑大規模なモデルに対して整合性のある計算条件を設定することは負担の大きい作業である.そこで本稿では,方程式の集合として宣言的に...
Chae Young Cha, Enrique Santos, Akira Amano, Takao Shimayoshi, Akinori Noma
Journal of General Physiology   138(1) 39-47   2011年7月
In our companion paper, the physiological functions of pancreatic β cells were analyzed with a new β-cell model by time-based integration of a set of differential equations that describe individual reaction steps or functional components based on ...
車采映, 姫野友紀子, 嶋吉隆夫, 天野晃, 野間昭典
日本生理学雑誌   72(5) 146   2010年5月
天野 晃, 冨田 幸子, 松岡 達, 嶋吉 隆夫, 陸 健銀, 松田 哲也
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(3) 398-408   2010年3月
心臓は非常に多くのエネルギーを消費して血液を拍出しており,心筋細胞におけるエネルギー代謝と,心筋細胞の興奮収縮連関の関連性の解明は,病態解明等のために重要なテーマである.特に虚血性心疾患は,細胞への酸素供給低下により,細胞に異常を来す疾病であり,このような疾病における心機能の低下は,第1に酸素濃度の低下によって生じるエネルギーバランスの不均衡が原因と考えられている.虚血時の心機能の低下の主たる原因である低酸素に対する心筋細胞の応答を再現するためには,低酸素状態で活性化される解糖系が重要であ...
Cha CY, Himeno Y, Shimayoshi T, Amano A, Noma A
Biophysical journal   97(12) 3086-3094   2009年12月   [査読有り]
Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2343-2346   2009年12月
Some models of cellular physiological functions are formulated as ordinary differential equations that contain multiple systems of simultaneous nonlinear equations. Simulation of such a model described in a declarative representation format requir...
Akira Amano, Yuuta Kubota, Takao Shimayoshi, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   3885-3888   2009年12月
Analyzing the microscopic energy balance of cardiac tissue is very important for understanding heart diseases. However, such analysis is difficult with animal experiments. Therefore, the accurate simulation model is expected to be an important too...
中村靖彦, 藤本新平, WANG Jian‐Wu, 姫野友紀子, CHA Chae Young, 嶋吉隆夫, 野間昭典, 稲垣暢也, 中村靖彦, 藤本新平, WANG Jian‐Wu, 姫野友紀子, CHA Chae Young, 嶋吉隆夫, 野間昭典, 稲垣暢也
生化学   ROMBUNNO.4T6A-13   2009年9月
Mitsuharu Mishima, Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Asia Simulation Conference 2009, JSST 2009      2009年1月   [査読有り]
Frank-Starling law, which describes a relation between cardiac contraction energy and end-diastolic volume, is of importance, but the detailed mechanism is not quantitatively understood yet. In this paper, the mechanism of a linear relation betwee...
Akira Amano, Yasuhiro Takada, Jianyin Lu, Takao Shimayoshi, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   957-960   2008年12月
It is necessary to use complicated myocardial cell model and heart model to evaluate the regional energy production and consumption which leads to the unrealistic computational time. In this research, a left ventricle (LV) simulation model was con...
天野 晃, 信秋 裕, 嶋吉 隆夫, 陸 健銀, シム エン ボ, 松田 哲也
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(8) 2177-2187   2008年8月
循環系を構成する様々な要素の血圧変化に対する反応を再現可能な循環動態シミュレーションモデルは,左心室の圧容積関係を表現する左心室モデルと,血管系の圧容積関係を表現する血管系モデル,更に循環動態の変化に対しフィードバック制御を行う制御系モデルを用いて実現される.本論文では,カテコールアミンβ刺激系モデルを含むモルモットの心筋細胞モデルであるKyoto modelを導入した左心室モデルと,ヒト成人の循環系モデルであるHeldtらの循環系モデルを組み合わせ,パラメータの変更と制御モデルの変更を行...
嶋吉隆夫, 天野晃, 松田哲也
心電図   28(Supplement 1) S.1.79   2008年3月
高田 康弘, 天野 晃, 宋 仁煥, 陸 建銀, 嶋吉 隆夫, 石川 覚志, 小寺 秀俊, 松田 哲也
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   46(1) 85-92   2008年2月
The heart is an organ with highly complex structure and its pump function is affected by various factors. Many reports showed the strong relation between the excitation-propagation phenomenon in the heart and its pump function. But the experimenta...
嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   46(1) 77-84   2008年2月
For computer simulations of physiological experiments by physiological models, a machine-readable description of experimental protocols is useful. Although description formats for cell physiological models are already available, there is no specia...
Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   382-385   2007年12月
For computer simulations of physiological experiments using physiological models, a machine-readable format of experimental protocols is effective. Here, we propose an XML-based language, PEPML (Physiological Experimental Protocol Markup Language)...
Yutaka Nobuaki, Akira Amano, Takao Shimayoshi, Jianyin Lu, Eun B. Shim, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   1010-1013   2007年12月
It is important to use a myocardial cell model to evaluate the effects of the drugs to the hemodynamic parameters. We developed an infant circulation model which incorporates an accurate myocardial cell model including a beta adrenergic system. Th...
嶋吉 隆夫, 堀 謙太, 陸 建銀, 天野 晃, 松田 哲也, 野間 昭典
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   127(11) 1928-1936   2007年11月
Biological simulation has become an important technology for biological research. Though multi-domain simulation technique is required for analysis of complicated biological activities, multi-domain biosimuator system tends to be very complicated ...
Shim Eun Bo, Amano Akira, Takahata Takayuki, SHIMAYOSHI Takao, NOMA Akinori
The journal of physiological sciences : JPS   57(5) 275-285   2007年10月
The force-velocity (F-V) relationship of filament sliding is traditionally used to define the inotropic condition of striated muscles. A simple circulation model combined with the Laplace heart was developed to get a deeper insight into the relati...
Yutaka Nobuaki, Akira Amano, Takao Shimayoshi, Lu Jianyin, Eun B. Shim, Tetsuya Matsuda
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4466 LNCS 190-199   2007年8月   [査読有り]
We developed an infant circulation model which incorporates an accurate myocardial cell model including a beta adrenergic system. The beta adrenergic system is essential for the response reproduction of the baroreflex control system. The proposed ...
高田 康弘, 陸 建銀, 嶋吉 隆夫, 石川 覚志, 天野 晃, 小寺 秀俊, 松田 哲也
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   44(4) 613-620   2006年12月
We evaluated the stress distribution in a cylindrical model and a shape model obtained from human heart using two different fiber orientations. For both orientation models, the results showed large differences between the stress distribution in th...
Shimayoshi Takao, Komurasaki Kazuhiro, Amano Akira, Iwashita Takeshi, Kanazawa Masanori, Matsuda Tetsuya
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   4171-4174   2006年12月
The development of electrophysiological whole cell models to support the understanding of biological mechanisms is increasing rapidly. Due to the complexity of biological systems, comprehensive cell models, which are composed of many imported sub-...
Yutaka Nobuaki, Y. Kamei, Jianyin Lu, Takao Shimayoshi, Satoshi Ishikawa, Akira Amano, Hidetoshi Kotera, Tetsuya Matsuda
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   612-615   2006年12月
To realize precise simulation of the left ventricular motion, it is important to utilize an accurate myocardial tissue model which can reproduce various characteristics of myocardial tissue contraction. In this study, we show that the nonlinear ch...
Yasuhiro Takada, Akira Amano, Jianyin Lu, Takao Shimayoshi, Satoshi Ishikawa, Tetsuya Matsuda, Hidetoshi Kotera
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   624-627   2006年12月
We evaluated the stress distribution in a geometrical shape model and a shape model obtained from human heart using two different fiber orientations. For both orientation models, the results showed large differences of the stress distributions bet...
Natalie S. Schneider, Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Journal of Molecular and Cellular Cardiology   41(3) 522-536   2006年9月
A stretch-induced increase of active tension is one of the most important properties of the heart, known as the Frank-Starling law. Although a variation of myofilament Ca 2+ sensitivity with sarcomere length (SL) change was found to be involved, ...
高田 康弘, 陸 建銀, 嶋吉 隆夫, 石川 覚志, 天野 晃, 小寺 秀俊, 松田 哲也
生体医工学シンポジウム2006予稿集, p.222, 新潟県新潟市, 日本生体医工学会      2006年9月
心筋組織における非線形張力速度関係再現のための非線形並列弾性要素モデル
信秋 裕, 瓶井 悠, 陸 建銀, 嶋吉 隆夫, 石川 覚志, 天野 晃, 小寺 秀俊, 松田 哲也
複合医工学シンポジウム予稿集, pp.172-175, 京都府京都市, 複合医工学インスティテュート      2006年5月
Shimayoshi Takao, Komurasaki Kazuhiro, Amano Akira, Iwashita Takeshi, Matsuda Tetsuya, Kanazawa Masanori
IPSJ Digital Courier   2 726-735   2006年
The development of physiological cell models to support the understanding of biological mechanisms gains increasingly importance. Due to the complexity of biological systems, whole cell models, which are composed of many imported component models ...
堀謙太, LU J., 嶋吉隆夫, 西俊文, 芦原貴司, 寺島啓介, 寺島啓介, 天野晃, 松田哲也
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   49th 237-238   2005年5月
T. Shimayoshi, K. Hori, J. Y. Lu, A. Amano, T. Matsuda
Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings   26 IV 3047-3050   2004年12月   [査読有り]
In order to understand the function of biological elements and their interactions, computer analysis and simulation is an essential technique. For higher research efficiency, it is important to provide a system framework for constructing biologica...
マルチフィジックス細胞・生体機能シミュレーションのための統合シミュレーション環境
嶋吉 隆夫, 堀 謙太, 陸 建銀, 皿井 伸明, 天野 晃, 松岡 達, 松田 哲也
生体医工学   42(特別号) 437-437   2004年5月
嶋吉隆夫, 藤川賢治, 池田克夫
ATM網におけるインターネット技術を基盤とした多地点・多品質同時伝送方式 平成9-11年度 No.09305027   97-98   2000年

講演・口頭発表等

 
非線形方程式求根アルゴリズムの宣言的形式言語の設計
嶋吉 隆夫, 天野 晃
情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   2016年6月6日   
膵β細胞におけるGLP-1受容体刺激によるイノシトール三リン酸受容体(IP3R)を介するCa2+動員制御機構の理論研究
竹田 有加里, 嶋吉 隆夫, Holz George, 野間 昭典
糖尿病   2016年4月   
Influence of Meshing on Simulation of Left Ventricular Wall Motion
37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2015年8月29日   
Influence of cellular level transmural heterogeneity on left ventricular energetic efficiency: A theoretical study
Takao Shimayoshi, Yuki Hasegawa, and Tetsuya Matsuda
Cardiac Physiome Workshop 2015   2015年4月8日   
CellCompiler: Multiscale biological function model simulator which can use complex calculation schemes
Yohei Suzuki, Takeru Arita, Shigeru Komiyama, Punzalan Florencio Rusty, Takao Shimayoshi, Yoshitoshi Kunieda, Akira Amano
第92回日本生理学会大会   2015年3月21日   
小見山繁, 多々良泰基, PUNZALAN Florencio Rusty, 嶋吉隆夫, 國枝義敏, 天野晃
電子情報通信学会MBE研究会   2015年3月17日   
複雑な数値計算スキームに対応する漸化式からの計算プログラム多重ループ構造抽出アルゴリズム
小見山繁, 多々良泰基, PUNZALAN Florencio Rusty, 嶋吉隆夫, 國枝義敏, 天野晃
電子情報通信学会技術研究報告   2015年3月9日   
カルシウムシグナル制御研究から見えてきた内分泌・免疫系疾患の新たな創薬標的 膵β細胞におけるイノシトール三リン酸受容体(IP3R)を介するCa2+動態の数理モデル化及びそのメカニズム解析
竹田 有加里, 嶋吉 隆夫, Holz George G., 野間 昭典
日本薬学会年会   2015年3月   
膵β細胞におけるイノシトール三リン酸受容体(IP3R)を介するCa2+動態の数理モデル化及びそのメカニズム解析
竹田 有加里, 嶋吉 隆夫, Holz G.G., 野間 昭典
日本生理学大会   2015年1月   
Nonlinear Multiscale Circulation Model Reproducable Linear End-Systolic Pressure-Volume Relationship
SHIMAYOSHI Takao, MISHIMA Mitsuharu, AMANO Akira, MATSUDA Tetsuya
36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2014年8月30日   
メッシュ分割が左心室拍動連成シミュレーションに与える影響の調査
小川 貴史, 嶋吉 隆夫, 木田 直樹, 安達 泰治, 松田 哲也
第53回日本生体医工学会大会   2014年6月25日   日本生体医工学会
小川 貴史, 嶋吉 隆夫, 木田 直樹, 安達 泰治, 松田 哲也
生体医工学   2014年6月   
In standard finite element analysis in structural dynamics, meshing can affect computation results. However, there have been no detailed report about effects of meshing on results of coupling simulation of left ventricular wall motion which involv...
多階層数理モデリングによる心エネルギー効率の解析 [招待有り]
嶋吉 隆夫
第72回バイオメクフォーラム21研究会   2014年4月19日   
川端 真成, 鷲尾 直大, 荒川 真帆, プンザラン フロレンシオ ラスティ, 嶋吉 隆夫, 桑原 寛明, 國枝 義敏, 天野 晃
生体工学シンポジウム2013講演予稿集, pp.385-390, 福岡市, 日本生体医工学会   2013年11月   
小川 貴史, 嶋吉 隆夫, 松田 哲也
生体工学シンポジウム2013講演予稿集, pp.395-404, 福岡市, 日本生体医工学会   2013年11月   
長谷川 雄基, 三島 充晴, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
生体工学シンポジウム2013講演予稿集, p.405, 福岡市, 日本生体医工学会   2013年11月   
Theoretical Analysis on Cardiac Energetic Efficiency using a Simple Multiscale Model
2013年10月18日   
Implementation of a Ventricular Cell Model to a Cardiovascular Model Regulated by the Autonomic Nervous System
Himeno Yukiko, Shimayoshi Takao, Noma Akinori, Amano Akira
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   2013年   
A Multiscale Cardiovascular Model on Energetic Efficiency
2012年11月1日   
プンザラン フロレンシオ ラスティ, 山下 義陽, 川端 真成, 嶋吉 隆夫, 桑原 寛明, 國枝 義敏, 天野 晃
生体医工学シンポジウム2012予稿集, 大阪府吹田市, 生体医工学会   2012年11月   
天野晃, 嶋吉隆夫, 國枝義敏
第28回心電情報処理ワークショップ   2012年10月28日   
Software environment and technologies for cell physiological modelling
2012年3月12日   
武下大毅, 嶋吉隆夫, 松田哲也
情報処理学会バイオ情報学(BIO)研究報告   2011年12月1日   
重大な心臓病態の一つに不整脈がある.特に薬剤投与の副作用による不整脈の発生は大きな問題となっており,未然に副作用の危険性を調べることは重要である.従来では危険性を調べるために動物実験を行われてきたが,近年ではコンピュータシミュレーションにより,比較的低コストで効率的にデータを得ることが有効な手段となっている.本稿では,心筋細胞モデルにパラメタ変化を加えたシミュレーションにより,不整脈の一原因である遅延後脱分極 (DAD) を再現する.DAD に大きく関連するパラメタから,薬剤投与を想定する...
形式的に記述されたODE解法スキームに基づくCellMLシミュレーションコード生成システム
山下 義陽, 副島 直樹, 川端 真成, プンザラン フロレンシオ ラスティ, 嶋吉 隆夫, 桑原 寛明, 國枝 義敏, 天野 晃
生体医工学シンポジウム2011予稿集, 長野県長野市, 日本生体医工学会   2011年9月   
局所酸素消費量分布解析のための心筋組織微小循環シミュレーションモデル
嶋吉 隆夫, 赤路 慶朗, 久保田 悠太, 天野 晃, 松田 哲也
生体医工学シンポジウム2011予稿集, 長野県長野市, 日本生体医工学会   2011年9月   
Numerical approach to analyze cellular mechanisms in computational models
2010年9月6日   
Cybow modeller: Yet another cell modelling environment
2010年2月25日   
情報工学を活用した細胞モデル構築支援技術とソフトウェア環境 [招待有り]
嶋吉 隆夫
グローバルCOE「医・工・情報学の融合による予測医学基盤創成」セミナー   2009年11月21日   
Mitsuharu Mishima, Takao Shimayoshi, Akira Amano, Tetsuya Matsuda
Asia Simulation Conference 2009, JSST 2009   2009年10月9日   
A NOVEL METHOD TO QUANTIFY CONTRIBUTION OF CELLULAR COMPONENTS TO AUTOMATIC CHANGES OF MEMBRANE POTENTIAL IN MATHEMATICAL MODELS
Cha Chae Young, Himeno Yukiko, Shimayoshi Takao, Noma Akinori
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   2009年   
COMPARING CONTRIBUTIONS OF EACH IONIC COMPONENT TO CARDIAC PACEMAKER POTENTIAL BETWEEN DIFFERENT MODELS USING THE LEAD POTENTIAL ANALYSIS
Himeno Yukiko, Cha Chae Young, Shimayoshi Takao, Noma Akinori, Inagaki Nobuya
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   2009年   
EVALUATION OF CELL AND TISSUE HYPOXIC REACTION - MODEL STUDY
Amano Akira, Kubota Yuuta, Shimayoshi Takao, Matsuda Tetsuya
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   2009年   
Methods for semantic cell modelling and convenient simulation
2008年3月26日   
記述言語を用いた細胞生理学実験シミュレーション手法
嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
生体医工学シンポジウム2007予稿集, 北海道札幌市, 日本生体医工学会   2007年9月   
Software tools & techniques, cell/biodynamics simulation project of kyoto university
2007年4月4日   
A description language for cell physiology simulation
2004年11月26日   
T. Shimayoshi, K. Hori, J. Y. Lu, A. Amano, T. Matsuda
Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology   2004年9月3日   
DynaBioS: System architecture of biological simulation platform
2004年2月27日   
コンテンツ配送に対するQoS保証のためのポリシーとフレームワークの提案
植田 和憲, 嶋吉 隆夫, 秦 淑彦, 下條 真司, 宮原 秀夫
情報処理学会インターネットと運用技術(IOT)研究会   2001年11月20日   
現在では,ネットワークの側でデータの帯域保証や優先制御を行うことができるような技術がいくつか提案されている.それらの技術を利用するためにはポリシーと呼ばれるネットワーク内での資源配分ルールが必要であるが,個々のネットワークドメインには独自のポリシーが存在し,さらにはその基準は多岐にわたるため,ドメインをまたぐようなコンテンツのQoSを保証するためにはそれらをとりまとめる必要がある.本論文では,複数のネットワークドメインをまたぐデータ配送の品質を保証することを前提とした,ネットワークドメイン...
資源予約における階層伝送とQoSルーティング
嶋吉 隆夫, 藤川 賢治, 池田 克夫
情報処理学会マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会   1999年1月21日   
本稿では,資源予約とその周辺技術とを連携して,受信者のQoS要求を満たすことを考える.まず,フローが必要とするQoSに適した経路で資源予約するために,QoSルーティング技術と資源予約を連携することを考える.その場合の問題点を明らかにし,QoSルーティングに求められる条件とRSVPに必要となる変更について考察する.次に,受信者によってQoS要求が異なる場合に対応するために,階層伝送との連携を考える.階層伝送されるフローをRSVPを用いて予約する場合の手法について比較した後,そのために必要とな...
ATM上での階層符号化によるQoS選択可能な資源予約方法
嶋吉 隆夫, 藤川 賢治, 池田 克夫
情報処理学会全国大会   1997年9月24日   
インターネットを利用してリアルタイムにデータの送受信を行うアプリケーションにおいて要求される通信品質QoSを保証するため, 資源予約を行うプロトコルとしてRSVP (Resource ReSerVation Protocol)が提案されている。また, QoS保証可能なネットワーク技術としてATM (Acynchronous Transfer Mode)があり, 受信側で異なる帯域に応じて, 品質の異なる有効なデータを受け取れる符号化方法として, 階層符号化方式がある。本稿では, まず, R...

委員歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
情報処理学会関西支部  幹事
 

Misc

 
笠原 義晃, 松本 亮介, 近藤 宇智朗, 小田 知央, 嶋吉 隆夫, 金子 晃介, 岡村 耕二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(471) 9-14   2018年3月
松本 亮介, 小田 知央, 笠原 義晃, 嶋吉 隆夫, 金子 晃介, 栗林 健太郎, 岡村 耕二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(471) 97-102   2018年3月
笠原 義晃, 松本 亮介, 近藤 宇智朗, 小田 知央, 嶋吉 隆夫, 金子 晃介, 岡村 耕二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(472) 9-14   2018年3月
松本 亮介, 小田 知央, 笠原 義晃, 嶋吉 隆夫, 金子 晃介, 栗林 健太郎, 岡村 耕二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(472) 97-102   2018年3月
笠原義晃, 松本亮介, 近藤宇智朗, 小田知央, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 岡村耕二
電子情報通信学会技術研究報告   117(472(IA2017 73-93)) 9‐14   2018年2月
松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎, 岡村耕二
電子情報通信学会技術研究報告   117(472(IA2017 73-93)) 97‐102   2018年2月
嶋吉 隆夫, 天野 晃
情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   10(6) 3-3   2017年12月
数値計算アルゴリズムは一般的に,FortranやC言語,MATLABなどの手続き型プログラミング言語による参照実装が公開され,計算性能を重視して,ライブラリの形態で配布されるものを利用することが多い.しかし,利用したいアルゴリズムに対して計算実行環境に対応した実装が公開されていない場合は,自らアルゴリズムを移植する必要がある.特に近年は数値計算が行われる環境が非常に多様化しており,従来の方法では可用性および生産性の問題がある.そこで,本発表では,非線形方程式の求根アルゴリズムを対象にドメイ...
嶋吉 隆夫, 天野 晃
情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   9(3) 24-24   2016年6月
近年,数値計算が行われる環境は,クラスタPCやGPGPU(general-purpose computing on graphics processing units),クラウドコンピューティングなど非常に多様化している.そこで用いられる数値計算アルゴリズムは一般的に,手続き型プログラミング言語を用いて実装されたライブラリの形態で配布,利用される.このやり方は,計算性能の面で有利であるが,一方で,計算実行環境に対応した利用アルゴリズムの実装が公開されていない場合は自らアルゴリズムを移植する...
膵β細胞におけるGLP-1受容体刺激によるイノシトール三リン酸受容体(IP3R)を介するCa2+動員制御機構の理論研究
竹田 有加里, 嶋吉 隆夫, Holz George, 野間 昭典
糖尿病   59(Suppl.1) S-460   2016年4月
竹田有加里, 嶋吉隆夫, HOLZ George, 野間昭典
糖尿病(Web)   59(Suppl) S.460(J‐STAGE)   2016年
小見山 繁, 多々良 泰基, プンザランフロレンシオラスティ, 嶋吉 隆夫, 國枝 義敏, 天野 晃
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(515) 111-116   2015年3月
生体機能モデルのシミュレーションの分野において,モデル数式のシミュレーションをプログラムコードにする場合,時間的コストや誤り検出の難しさを考えるとコードは自動生成される事が理想的である.モデル数式の時間発展計算は漸化式集合として表現される.本研究では,入力される漸化式集合を計算するプログラムのループ構造を効率的に解析するアルゴリズムを提案した.
小見山 繁, 多々良 泰基, プンザランフロレンシオラスティ, 嶋吉 隆夫, 國枝 義敏, 天野 晃
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(514) 111-116   2015年3月
生体機能モデルのシミュレーションの分野において,モデル数式のシミュレーションをプログラムコードにする場合,時間的コストや誤り検出の難しさを考えるとコードは自動生成される事が理想的である.モデル数式の時間発展計算は漸化式集合として表現される.本研究では,入力される漸化式集合を計算するプログラムのループ構造を効率的に解析するアルゴリズムを提案した.
小見山繁, 多々良泰基, PUNZALAN Florencio Rusty, 嶋吉隆夫, 國枝義敏, 天野晃
電子情報通信学会技術研究報告   114(514(MBE2014 116-179)) 111-116   2015年3月
カルシウムシグナル制御研究から見えてきた内分泌・免疫系疾患の新たな創薬標的 膵β細胞におけるイノシトール三リン酸受容体(IP3R)を介するCa2+動態の数理モデル化及びそのメカニズム解析
竹田 有加里, 嶋吉 隆夫, Holz George G., 野間 昭典
日本薬学会年会要旨集   135年会(1) 192-192   2015年3月
膵β細胞におけるイノシトール三リン酸受容体(IP3R)を介するCa2+動態の数理モデル化及びそのメカニズム解析
竹田 有加里, 嶋吉 隆夫, Holz G.G., 野間 昭典
日本生理学雑誌   77(1) 16-16   2015年1月
竹田有加里, 嶋吉隆夫, HOLZ George G., 野間昭典
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.S31-2   2015年
竹田有加里, 嶋吉隆夫, HOLZ George G., 野間昭典
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.S31-2   2015年
竹田有加里, 嶋吉隆夫, HOLZ G.G., 野間昭典
日本生理学雑誌   77(1 (Web)) WEB ONLY   2015年
Takafumi Ogawa, Takao Shimayoshi, Naoki Kida, Taiji Adachi, Tetsuya Matsuda
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52    2014年1月
© 2014, Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering. All rights reserved. In standard finite element analysis in structural dynamics, meshing can affect computation results. However, there have been no detailed report about effects of mes...
小川貴史, 嶋吉隆夫, 木田直樹, 安達泰治, 松田哲也
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.O2-03-7   2014年
天野晃, 嶋吉隆夫, 國枝義敏
心電図   33(Supplement 2) 59   2013年5月
オーガナイズドセッション 形式的記述された組織・臓器モデルのための汎用シミュレーションシステム
天野 晃, 嶋吉 隆夫, 國枝 義敏
心電図   33(Suppl.2) S-2   2013年5月
武下 大毅, 嶋吉 隆夫, 松田 哲也
研究報告バイオ情報学(BIO)   2011(18) 1-6   2011年11月
重大な心臓病態の一つに不整脈がある.特に薬剤投与の副作用による不整脈の発生は大きな問題となっており,未然に副作用の危険性を調べることは重要である.従来では危険性を調べるために動物実験を行われてきたが,近年ではコンピュータシミュレーションにより,比較的低コストで効率的にデータを得ることが有効な手段となっている.本稿では,心筋細胞モデルにパラメタ変化を加えたシミュレーションにより,不整脈の一原因である遅延後脱分極 (DAD) を再現する.DAD に大きく関連するパラメタから,薬剤投与を想定する...
武下 大毅, 嶋吉 隆夫, 松田 哲也
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2011(18) 1-6   2011年11月
重大な心臓病態の一つに不整脈がある.特に薬剤投与の副作用による不整脈の発生は大きな問題となっており,未然に副作用の危険性を調べることは重要である.従来では危険性を調べるために動物実験を行われてきたが,近年ではコンピュータシミュレーションにより,比較的低コストで効率的にデータを得ることが有効な手段となっている.本稿では,心筋細胞モデルにパラメタ変化を加えたシミュレーションにより,不整脈の一原因である遅延後脱分極 (DAD) を再現する.DAD に大きく関連するパラメタから,薬剤投与を想定する...
長谷川 雄基, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   111(121) 47-52   2011年7月
生命維持に不可欠な生体現象である循環動態についてシミュレーションにより詳細に解析する事は非常に重要である.循環動態は心筋細胞生理,心臓構造力学,血行力学などの相互作用により構成されるため,そのシミュレーションには複数の現象を連成解析するマルチフィジックスシミュレーションが必要となる.精密な連成シミュレーションを行うためには,連成計算手法として強連成法を用いることが望ましいが,強連成法には計算時間が膨大になるという問題点がある.そこで本稿では,循環動態シミュレーションシステムにおける強連成計...
藤井 学, 嶋吉 隆夫, 陸 建銀, 朝倉 圭一, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   110(294) 93-97   2010年11月
新薬開発における副作用の予測には各種イオンチャネルの阻害率を推定することが重要である.一方,心筋細胞モデルを用いることで,実計測した細胞の膜電位波形からイオンチャネル阻害率の推定が期待できる.そこで本研究では,薬物作用推定を目的に,心筋細胞モデルの出力とパラメタとの関係を解析する.各パラメタを軸とする5次元パラメタ空間内での膜電位及び収縮力の変化を解析した.その結果,膜電位や収縮力単独による特定のパラメタの推定は困難であるが,両者を併用することにより推定精度が向上する可能性が示された.
赤路 慶朗, 久保田 悠太, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   110(294) 87-91   2010年11月
虚血性心疾患や低酸素症の病態を解明するためには,微小循環における酸素消費量を評価することが重要となる.しかし,微小循環の酸素消費量を正確に計測することは困難であり,精密なモデルを用いた生体機能シミュレーションが有効な手段となる.本研究では,微小循環モデルであるDashモデルに心筋細胞モデルであるKyotoモデルを導入することにより、低酸素状態において微小循環の酸素消費量が計算可能な心筋組織微小循環モデルを提案する.構築したモデルを用いて,低酸素状態における心筋組織毛細血管の動脈側から静脈側...
薬物作用推定を目的とした心筋細胞モデルのパラメタ空間解析
藤井 学, 嶋吉 隆夫, 陸 建銀, 朝倉 圭一, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   110(294) 93-97   2010年11月
新薬開発における副作用の予測には各種イオンチャネルの阻害率を推定することが重要である。一方、心筋細胞モデルを用いることで、実計測した細胞の膜電位波形からイオンチャネル阻害率の推定が期待できる。そこで本研究では、薬物作用推定を目的に、心筋細胞モデルの出力とパラメタとの関係を解析する。各パラメタを軸とする5次元パラメタ空間内での膜電位及び収縮力の変化を解析した。その結果、膜電位や収縮力単独による特定のパラメタの推定は困難であるが、両者を併用することにより推定精度が向上する可能性が示された。(著...
心筋組織微小循環シミュレーションを用いた酸素消費分布の評価
赤路 慶朗, 久保田 悠太, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   110(294) 87-91   2010年11月
虚血性心疾患や低酸素症の病態を解明するためには、微小循環における酸素消費量を評価することが重要となる。しかし、微小循環の酸素消費量を正確に計測することは困難であり、精密なモデルを用いた生体機能シミュレーションが有効な手段となる。本研究では、微小循環モデルであるDashモデルに心筋細胞モデルであるKyotoモデルを導入することにより、低酸素状態において微小循環の酸素消費量が計算可能な心筋組織微小循環モデルを提案する。構築したモデルを用いて、低酸素状態における心筋組織毛細血管の動脈側から静脈側...
宋仁煥, 高橋 康人, 岩下 武史, 金澤 正憲, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
情報処理学会研究報告システム評価(EVA)   2008(76) 9-14   2008年7月
生命科学分野での研究の発展により,生体に関する膨大の知識が蓄積されてきたが,いまだ解明されていない生命現象が多い.このような現象を解明する研究手法としてシミュレーション技術が有効である.特に心臓を構成する心筋細胞において,多数の定量的モデルが構築されるようになってきている.これらの細胞モデルを利用することにより,計算機上で心筋組織に関する細胞レベルの定量的なシミュレーション実験が行われるようになってきた.しかしながら,シミュレーション実験において要素数が増大するにつれ,計算量も増大する問題...
Shimayoshi Takao, Komurasaki Kazuhiro, Amano Akira, Iwashita Takeshi, Matsuda Tetsuya, Kanazawa Masanori
Information and Media Technologies   2(1) 144-153   2007年
The development of physiological cell models to support the understanding of biological mechanisms gains increasingly importance. Due to the complexity of biological systems, whole cell models, which are composed of many imported component models ...
嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2006(135) 127-133   2006年12月
細胞機能の理解にとって,細胞の生理機能を表現した細胞モデルに対してシミュレーションにより動態解析することは極めて重要である.細胞モデルは一般に連立常微分方程式として定式化されるが,その構成式に非線形連立方程式を含む場合があり,複雑な細胞モデルのシミュレーションプログラムへの実装は多くの労力を必要とする.そこで本研究では,細胞モデルの陽解法シミュレーションを半自動的に実現することを目的とする.本報告では,グラフ理論を用いた連立方程式の構造解析手法を細胞モデルへ適用することによる,可解性判定を...
嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO)   2006(135) 127-133   2006年12月
細胞機能の理解にとって,細胞の生理機能を表現した細胞モデルに対してシミュレーションにより動態解析することは極めて重要である.細胞モデルは一般に連立常微分方程式として定式化されるが,その構成式に非線形連立方程式を含む場合があり,複雑な細胞モデルのシミュレーションプログラムへの実装は多くの労力を必要とする.そこで本研究では,細胞モデルの陽解法シミュレーションを半自動的に実現することを目的とする.本報告では,グラフ理論を用いた連立方程式の構造解析手法を細胞モデルへ適用することによる,可解性判定を...
Shimayoshi Takao, Komurasaki Kazuhiro, Amano Akira, IWASHITA TAKESHI, MATSUDA TETSUYA, KANAZAWA MASANORI
情報処理学会論文誌. SIG   47(17) 83-92   2006年11月
The development of physiological cell models to support the understanding of biological mechanisms gains increasingly importance. Due to the complexity of biological systems, whole cell models, which are composed of many imported component models ...
嶋吉 隆夫, 小柴 和宏, 天野 晃, 岩下 武史, 松田 哲也, 金沢 正憲
情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO)   2006(64) 17-22   2006年6月
生命現象の解明のためには,細胞機能要素のモデルを統合した細胞生理学モデルの構築が重要である.我々が開発している細胞モデル構造編集ツールが持つ編集支援機能を利用するためには,既存モデルをオントロジーに対応づける必要がある.そこで,我々は細胞生理学モデルをオントロジーに対応させる一手法を提案する.本手法では,字句解析およびモデル構造の解析を用いて,モデル中の機能要素および変数のオントロジーエントリへの対応を推定する.提案手法を用いた実験結果は提案手法が有効であることを示している.さらに,オント...
小紫 和宏, 嶋吉 隆夫, 天野 晃, 岩下 武史, 松田 哲也, 金澤 正憲
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   105(335) 57-60   2005年10月
精密な生体シミュレーションの実現には, 高精度な細胞のモデルを実現することが重要である.細胞モデルの構築及び編集作業には生理学及び情報科学の専門知識が必要であり, また複雑な編集作業が必要になる.本研究では, 細胞モデル編集ツールにおいて, 情報科学の専門知識を有しない生物研究者が細胞モデル構築を行う際に, 作業の効率化に有効な支援機能を検討した.更に, 支援機能を実現するために必要な知識情報について検討を行い, これらの知識情報を表現するために用いる細胞生理学オントロジーを提案する.
嶋吉 隆夫, 天野 晃, 松田 哲也
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   105(335) 53-56   2005年10月
細胞生理学モデルの開発において, モデル定義や実験方法などのシミュレーション関連情報をファイルに記載し, それらを用いて細胞生理学シミュレーションを実行する方法は効率的である.細胞生理学モデルの交換を目的とした記述言語は存在するが, 開発段階での利用には向かず, また実験方法の記載能力も不十分である.そこで本研究では, モデル開発段階での使用を前提とした, 細胞生理学シミュレーションに関する情報のための記述言語群を提案する.本記述言語群では, モデル定義, モデル構造, 実験条件が分離して...
嶋吉 隆夫, 堀 謙太, 陸 建銀, 皿井 伸明, 天野 晃
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   103(730) 97-102   2004年3月
複雑な生体機能の解明には,多数の現象の相互作用を考慮したシミュレーションが有効である.そこで我々は多様な現象を統合的に扱える汎用的シミュレータ環境を開発している.本システムの設計では,現象と相互作用の階層構造からなる生体の特徴を生かし,現象ごとのサブシミュレータをコンポーネントとして共通プラツトフォームの上で連係動作させ,システムの動作は交換可能なシミュレーションシナリオとして記述する方式を採用した.これによって様々な生体機能のシミュレータを容易に実現可能である.今回その適用例として,細胞...
植田 和憲, 嶋吉 隆夫, 秦 淑彦, 下條 真司, 宮原 秀夫
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2001(111) 77-82   2001年11月
現在では,ネットワークの側でデータの帯域保証や優先制御を行うことができるような技術がいくつか提案されている.それらの技術を利用するためにはポリシーと呼ばれるネットワーク内での資源配分ルールが必要であるが,個々のネットワークドメインには独自のポリシーが存在し,さらにはその基準は多岐にわたるため,ドメインをまたぐようなコンテンツのQoSを保証するためにはそれらをとりまとめる必要がある.本論文では,複数のネットワークドメインをまたぐデータ配送の品質を保証することを前提とした,ネットワークドメイン...
植田 和憲, 嶋吉 隆夫, 秦 淑彦, 下條 真司, 宮原 秀夫
情報処理学会研究報告. QAI, [高品質インターネット]   1 99-106   2001年11月
現在では, ネットワークの側でデータの帯域保証や優先制御を行うことができるような技術がいくつか提案されている.それらの技術を利用するためにはポリシーと呼ばれるネットワーク内での資源配分ルールが必要であるが, 個々のネットワークドメインには独自のポリシーが存在し, さらにその基準は多岐にわたるため, ドメインをまたぐようなコンテンツのQoSを保証するためにはそれらを取りまとめる必要がある.本論文では, 複数のネットワークドメインをまたぐデータ配送の品質を保証することを前提とした, ネットワー...
植田 和憲, 嶋吉 隆夫, 秦 淑彦, 下條 真司, 宮原 秀夫
電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ   101(440) 71-78   2001年11月
現在では, ネットワークの側でデータの帯域保証や優先制御を行うことができるような技術がいくつか提案されている.それらの技術を利用するためにはポリシーと呼ばれるネットワーク内での資源配分ルールが必要であるが, 個々のネットワークドメインには独自のポリシーが存在し, さらにその基準は多岐にわたるため, ドメインをまたぐようなコンテンツのQoSを保証するためにはそれらを取りまとめる必要がある.本論文では, 複数のネットワークドメインをまたぐデータ配送の品質を保証することを前提とした, ネットワー...
嶋吉 隆夫, 藤川 賢治, 池田 克夫
情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)   1999(4) 163-168   1999年1月
本稿では,資源予約とその周辺技術とを連携して,受信者のQoS要求を満たすことを考える.まず,フローが必要とするQoSに適した経路で資源予約するために,QoSルーティング技術と資源予約を連携することを考える.その場合の問題点を明らかにし,QoSルーティングに求められる条件とRSVPに必要となる変更について考察する.次に,受信者によってQoS要求が異なる場合に対応するために,階層伝送との連携を考える.階層伝送されるフローをRSVPを用いて予約する場合の手法について比較した後,そのために必要とな...
嶋吉 隆夫, 藤川 賢治, 池田 克夫
全国大会講演論文集   55(0) 839-840   1997年9月
インターネットを利用してリアルタイムにデータの送受信を行うアプリケーションにおいて要求される通信品質QoSを保証するため, 資源予約を行うプロトコルとしてRSVP (Resource ReSerVation Protocol)が提案されている。また, QoS保証可能なネットワーク技術としてATM (Acynchronous Transfer Mode)があり, 受信側で異なる帯域に応じて, 品質の異なる有効なデータを受け取れる符号化方法として, 階層符号化方式がある。本稿では, まず, R...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 嶋吉 隆夫
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 天野 晃
平成24年度までに構築したシステムは,生体機能モデルから,自動的に並列実行可能なプログラムが生成できるという意味で,世界的にもおそらく初のシステムであるが,生成されたプログラムの実行効率という点では,人手によって構築したプログラムに対し,かなり効率が低く,また偏微分方程式を対象とした多次元空間の扱いでは,計算スキームに制限があった.そこで,平成25年度は,自動生成されるプログラムの実行効率の向上を目指し,また偏微分方程式を対象とする場合にも,複雑な連成計算スキームを適用可能なアルゴリズムを...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 嶋吉 隆夫
医療・創薬応用が期待されている細胞の生理的機能動態に関するモデルの開発を促進することは非常に重要である。本研究では、まず、細胞の生理学モデルにおいて参照される語彙集合を定義するための細胞生理学オントロジを設計、構築し、形式的に記述された細胞モデルに対して意味情報を付加する方法を提案した。さらに、モデルに付加された意味情報を活用して新たなモデルの構築を知的に支援する手法を開発した。

特許

 
秦 淑彦, 桑原 直樹, 嶋吉 隆夫
松田 哲也, 天野 晃, 小寺 秀俊, 堀 謙太, 陸 建銀, 皿井 伸明, 松岡 達, 野間 昭典, 嶋吉 隆夫
桑原 直樹, 秦 淑彦, 嶋吉 隆夫
嶋吉 隆夫, 秦 淑彦, 平 謙二, 坪井 尚登
桑原 直樹, 秦 淑彦, 嶋吉 隆夫