松浦 博

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/02 12:23
 
アバター
研究者氏名
松浦 博
 
マツウラ ヒロシ
eメール
matsuurau-shizuoka-ken.ac.jp
URL
http://ai.u-shizuoka-ken.ac.jp/~matsuura/
所属
静岡県立大学
部署
経営情報学部 経営情報学科
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)

経歴

 
2007年9月
 - 
現在
静岡県立大学 経営情報学部 教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
静岡県立大学 経営情報学部 学部長
 
2012年12月
 - 
2013年3月
静岡県立大学大学院 経営情報イノベーション研究科 研究科長
 
2008年10月
 - 
2012年9月
静岡県立大学 経営情報学部 副学部長
 
1981年4月
 - 
2007年8月
株式会社東芝 研究開発センター 等 研究主幹 等
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
早稲田大学大学院 電気工学専攻 博士前期課程
 
1975年4月
 - 
1979年3月
早稲田大学 理工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2004年1月
 - 
2005年12月
(独)科学技術振興機構  科学技術振興調整費プログラム主幹
 
2003年10月
 - 
2005年9月
文部科学省  科学技術振興調整費プログラムオフィサー
 

受賞

 
2006年10月
情報処理学会 情報処理学会平成17年度論文賞 「チェアサイドで使用可能な発語評価のための音声認識の開発」
受賞者: 松浦博、桃崎浩平、正井康之、秀島雅之、犬飼周佑、佐藤雅之、安藤智宏、大山喬史
 

論文

 
Wada J, Hideshima M, Inukai S, Katsuki A, Matsuura H, Wakabayashi N
Folia phoniatrica et logopaedica : official organ of the International Association of Logopedics and Phoniatrics (IALP)   70(3-4) 138-148   2018年   [査読有り]
松浦 博
電子情報通信学会論文誌A   J99-A(9) 351-360   2016年9月   [査読有り]
岡本恵里, 松浦博, 渡邉貴之, 鈴木直義, 竹内登美子
JeLA会誌(CD-ROM)   16 53‐64   2016年8月   [査読有り]
松浦博, 北條友梨, 澤崎宏一, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 秀島雅之
JeLA会誌(CD-ROM)   16 29‐39   2016年8月   [査読有り]
和田淳一郎, 秀島雅之, 犬飼周佑, 松浦博, 若林則幸
日本補綴歯科学会誌(Web)   8 307 (WEB ONLY)   2016年7月
山本 哲平, 松浦 博, 鈴木 直義
JeLA会誌   14 53-63   2014年7月   [査読有り]
松浦 博, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑
JeLA会誌   14 14-24   2014年7月   [査読有り]
Wada J, Hideshima M, Inukai S, Matsuura H, Wakabayashi N
Folia phoniatrica et logopaedica : official organ of the International Association of Logopedics and Phoniatrics (IALP)   66(6) 227-236   2014年   [査読有り]
横山 航, 鍋田 真一, 松浦 博
JeLA会誌   13 123-132   2013年7月   [査読有り]
秀島雅之, 松浦博
東京都歯科医師会雑誌   61(1) 4-13,1(1)   2013年1月
Wada J, Hideshima M, Inukai S, Ando T, Igarashi Y, Matsuura H
Journal of prosthodontic research   55(4) 234-242   2011年10月   [査読有り]
和田淳一郎, 秀島雅之, 犬飼周佑, 安藤智宏, 五十嵐順正, 松浦博
口腔病学会雑誌   78(1) 50   2011年3月
和田 淳一郎, 秀島 雅之, 犬飼 周佑, 安藤 智宏, 五十嵐 順正, 松浦 博
日本顎口腔機能学会雑誌 = The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function   16(2) 152-153   2010年2月
松浦 博, 秀島 雅之, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 安藤 智宏, 五十嵐 順正, 永江 尚義
日本音響学会誌   66(8) 370-380   2010年8月   [査読有り]
発話音声の時間-周波数パターンから8[ms]のフレームシフトごとにラベル表示する音声セグメント技術を用いて日本語の音素レベルで発音誤り検出する新たな手法を述べる。本手法は言語情報を極力用いずに音響情報のみを評価し,正確に発音の正誤を弁別することを目指している。本手法によって留学生の発音誤りを定性的に説明できることを述べた後,留学生だけでなく日本人でも「ち」と発話することが少なくないと分かった「じ」を取り上げて定量的な発音誤り検出を試みた。その結果,自動抽出した子音領域の音声セグメントラベル...
松浦博, 秀島雅之, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 安藤智宏, 五十嵐順正
音声研究   13(3) 53-65   2009年12月   [査読有り]
田中 晳男, 岡崎 彰夫, 松浦 博, 近藤 洋, 秀島 雅之, 和田 淳一郎, 安藤 智宏, 犬飼 周佑, 五十嵐 順正
筑波技術大学テクノレポート   17(1) 29-35   2009年12月
発音を学習する聴覚障害者にとって、自分の発音についてのフィードバック情報を得ることは重要であるが、従来はこのフィードバック情報は、教師としての人間を介してしか与えられなかった。音声認識手法によって聴覚障害者の発音を音声セグメント系列に変換する実験を行い、得られた系列が人間による聞き取り内容を反映していることを確認した。この音声セグメントラベルを新しい視覚的フィードバック情報として学習者に提供できると考えられる。
松浦 博, 秀島 雅之, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 安藤 智宏, 五十嵐 順正
音声研究   13(3) 53-65   2009年   [査読有り]
In this paper we describe a newly developed assessment method of Japanese mora timing, which is the foundation of the rhythm of the Japanese language, based on the phonetic segment technique. In this technique time-spectral patterns of uttered spe...
犬飼周佑, 秀島雅之, 安藤智宏, 和田淳一郎, 佐藤雅之, 五十嵐順正, 松浦博
日本歯科医師会雑誌   61(5) 498   2008年8月
新田 恒雄, 松浦 博, 西本 卓也, 西村 雅史
情報処理   47(7) 762-767   2006年7月
安藤 智宏, 秀島 雅之, 犬飼 周佑, 佐藤 雅之, 西山 暁, 酒井 哲史, 松浦 博
日本顎口腔機能学会雑誌   12(2) 134-135   2006年2月

Misc

 
松浦博
東芝技術公開集   13(62) 171-175   1995年9月
神尾広幸, 松浦博
東芝技術公開集   12(50) 139-144   1994年7月

講演・口頭発表等

 
音声セグメントと基本周波数を用いた日本語学習者の発話学習支援システムの開発と実評価虞
松浦 博
JeLA第21回学術講演会   2018年11月24日   
音声セグメントと深層学習を用いた発話アクセント・イントネーションの推定
樋口 智也, 松浦 博, 澤崎 宏一, 和田 淳一郎, 秀島 雅之
日本音響学会研究発表会   2018年9月13日   
樋口智也, 浅野慎二, 松浦博, 澤崎宏一, 和田淳一郎, 秀島雅之
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018年2月27日   
松浦博, 澤崎宏一, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 秀島雅之
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2017年9月11日   
井本智明, 松浦博, 秀島雅之
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2017年9月11日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
音声セグメント技術を用いた日本語発話学習支援システムの研究
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 松浦 博 静岡県立大学, 経営情報学部, 教授 (60451085)
学習フィードバック付きのフィジカルアセスメント用PC教材の開発と学習効果の検証
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 岡本 恵里 三重県立看護大学, 看護学部, 教授 (20307656)
義歯装着時の発語評価・調整法の確立−チェアサイド用構音動態可視化システムの開発−
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 秀島 雅之 東京医科歯科大学, 歯学部附属病院, 講師 (50218723)
音声認識による聴覚障害者の発音訓練法の開発 -音声セグメント技術の導入-
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 松浦 博 静岡県立大学, 経営情報学部, 教授 (60451085)
動作実習遠隔指導システムの開発-フィジカル・アセスメントスキル訓練への応用
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 鈴木 直義 静岡県立大学, 経営情報学部, 教授 (40112495)