木村俊介

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/13 09:06
 
アバター
研究者氏名
木村俊介
 
キムラ シユンスケ
URL
http://square.umin.ac.jp/keio-dbc/
所属
慶應義塾大学
部署
薬学部(芝共立)
職名
准教授
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)

プロフィール

神奈川県出身。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年10月
 - 
現在
JSTさきがけ研究者「微粒子」(兼任)
 
2019年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 薬学部生化学講座 准教授
 
2010年10月
 - 
2019年3月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 組織細胞学教室 助教
 
2008年4月
 - 
2010年9月
理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究所 特別研究員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
大阪大学微生物病研究所 特任研究員
 

受賞

 
2017年3月
日本解剖学会 奨励賞 粘膜免疫組織を構成する特殊上皮細胞M細胞の分化機構ならびに発現分子解析
 
2009年5月
日本細胞生物学会 論文賞 Dynein-dependent movement of autophagosomes mediates efficient encounters with lysosomes
 

論文

 
Shunsuke Kimura*, Mami Mutoh, Meri Hisamoto, Hikaru Saito, Shun Takahashi, Takanori Asakura, Makoto Ishii, Yutaka Nakamura, Junichiro Iida, Koji Hase and Toshihiko Iwanaga
Frontiers in Immunology   10 1323   2019年6月   [査読有り]
Nishida K, Hasegawa A, Yamasaki S, Uchida R, Ohashi W, Kurashima Y, Kunisawa J, Kimura S, Iwanaga T, Watarai H, Hase K, Ogura H, Nakayama M, Kashiwakura JI, Okayama Y, Kubo M, Ohara O, Kiyono H, Koseki H, Murakami M, Hirano T
Scientific reports   9(1) 10842   2019年7月   [査読有り]
Kimura S, Kobayashi N, Nakamura Y, Kanaya T, Takahashi D, Fujiki R, Mutoh M, Obata Y, Iwanaga T, Nakagawa T, Kato N, Sato S, Kaisho T, Ohno H, Hase K
The Journal of experimental medicine      2019年3月   [査読有り]
Kobayashi N, Takahashi D, Takano S, Kimura S, Hase K
Frontiers in immunology   10 2345   2019年   [査読有り]
Ogasawara R, Hashimoto D, Kimura S, Hayase E, Ara T, Takahashi S, Ohigashi H, Yoshioka K, Tateno T, Yokoyama E, Ebata K, Kondo T, Sugita J, Onozawa M, Iwanaga T, Teshima T
Scientific reports   8(1) 10719   2018年7月   [査読有り]
Kishimoto A, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Park AM, Iwanaga T
Experimental eye research   172 1-9   2018年3月   [査読有り]
Kanaya T, Sakakibara S, Jinnohara T, Hachisuka M, Tachibana N, Hidano S, Kobayashi T, Kimura S, Iwanaga T, Nakagawa T, Katsuno T, Kato N, Akiyama T, Sato T, Williams IR, Ohno H
The Journal of experimental medicine      2018年1月   [査読有り]
Nakamura Y, Kimura S, Hase K
Inflammation and regeneration   38 15   2018年   [査読有り]
Kimura S
Anatomical science international      2017年11月   [査読有り]
Maeda E, Kimura S, Yamada M, Tashiro M, Ohashi T
Journal of cell communication and signaling      2017年6月   [査読有り]
Natsuko Saito, Shunsuke Kimura, Tomomi Miyamoto, Sanae Fukushima, Misato Amagasa, Yoshinori Shimamoto, Chieko Nishioka, Shiki Okamoto, Chitoku Toda, Kohei Washio, Atsushi Asano, Ichiro Miyoshi, Eiki Takahashi, Hiroshi Kitamura
Biochemistry and Biophysics Reports   9 322-329   2017年3月   [査読有り]
Ariazi J, Benowitz A, De Biasi V, Den Boer ML, Cherqui S, Cui H, Douillet N, Eugenin EA, Favre D, Goodman S, Gousset K, Hanein D, Israel DI, Kimura S, Kirkpatrick RB, Kuhn N, Jeong C, Lou E, Mailliard R, Maio S, Okafo G, Osswald M, Pasquier J, Polak R, Pradel G, de Rooij B, Schaeffer P, Skeberdis VA, Smith IF, Tanveer A, Volkmann N, Wu Z, Zurzolo C
Frontiers in molecular neuroscience   10 333   2017年   [査読有り]
Kimura S, Yamashita M, Yamakami-Kimura M, Sato Y, Yamagata A, Kobashigawa Y, Inagaki F, Amada T, Hase K, Iwanaga T, Ohno H and Fukai S
Scientific Reports   6 33548   2016年9月   [査読有り]
Takahashi-Iwanaga H, Kimura S, Konno K, Watanabe M, Iwanaga T
American journal of physiology. Renal physiology   ajprenal.00539.2016   2017年3月   [査読有り]
Ohashi W, Kimura S, Iwanaga T, Furusawa Y, Irié T, Izumi H, Watanabe T, Hijikata A, Hara T, Ohara O, Koseki H, Sato T, Robine S, Mori H, Hattori Y, Watarai H, Mishima K, Ohno H, Hase K, Fukada T
PLoS genetics   12(10) e1006349   2016年10月   [査読有り]
Kaji I, Akiba Y, Konno K, Watanabe M, Kimura S, Iwanaga T, Kuri A, Iwamoto K, Kuwahara A, Kaunitz JD
The Journal of physiology   594(12) 3339-3352   2016年6月   [査読有り]
Yajima M, Kimura S, Karaki S, Nio-Kobayashi J, Tsuruta T, Kuwahara A, Yajima T, Iwanaga T
Physiological reports   4(7)    2016年4月   [査読有り]
Hashimoto M, Bhuyan F, Hiyoshi M, Noyori O, Nasser H, Miyazaki M, Saito T, Kondoh Y, Osada H, Kimura S, Hase K, Ohno H, Suzu S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   196(4) 1832-1841   2016年2月   [査読有り]
Yajima M, Karaki SI, Tsuruta T, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Kuwahara A, Yajima T
Biomedical research (Tokyo, Japan)   37(5) 319-328   2016年   [査読有り]
Kimura S, Nio-Kobayashi J, Kishimoto A, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan)   37(6) 351-358   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
岩永 敏彦, 木村 俊介( 医学), 小林 純子
医歯薬出版   2017年   ISBN:9784263458051
岩永 敏彦, 小林 純子, 木村 俊介( 医学)
医学書院   2019年   ISBN:9784260034333

講演・口頭発表等

 
腸管ならびに呼吸器粘膜における RANKL-RANK-OPG による M 細胞の分化制御機構
木村俊介
第61回歯科基礎医学会学術大会   2019年10月12日   
M細胞による抗原の取り込みと粘膜免疫系の制御 [招待有り]
木村俊介
第18回お茶の水眼アレルギー研究会   2019年6月26日   
粘膜免疫の最前線で働くM細胞の歴史と最近の知見 [招待有り]
木村俊介
平成29年度日本解剖学会リンパ・免疫系懇話会   2018年3月27日   
Molecular mechanisms of plasma membrane deformation by M-Sec during TNT formation [招待有り]
木村俊介
GSK meeting Tunneling Nanotubes (TNTs) – Cell-to-Cell Social Networking in Disease Conference   2016年9月22日   
RANKL-RANKシグナルによる腸特殊上皮M細胞分化制御機構の解明
木村俊介
松本歯科大学大学院歯学独立研究科大学院セミナー   2015年11月12日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
腸管特殊上皮M細胞成熟過程における転写制御機構の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 木村俊介
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 木村 俊介
M細胞は腸管のリンパ性器官であるパイエル板の濾胞上皮に存在し、管腔内の抗原を取込み、粘膜免疫応答の開始に働く特殊な細胞である。上皮細胞と免疫応答開始機構の関係を理解するために重要であるだけでは無く、ワクチン開発など応用面でも着目されているが、その分化機構は明らかになっていないことが多い。M細胞は濾胞上皮に限局しているうえ、その10%程度しか占めていない。そのため従来の組織切片では解析が困難であった。本研究ではM細胞を効率良く解析する研究手法の開発を行った。パイエル板上皮をEDTA処理後機械...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 大野 博司
上皮細胞における極性物流システムについて、AP-1B 欠損マウスならびに、特殊な腸管上皮M 細胞特異的に発現するGP2 およびM-Sec に関する研究を行った。その結果、AP-1B は上皮細胞の極性と増殖をリンクすること、AP-1B を欠損するとサイトカイン受容体のミスソーティングの結果腸炎を自然発症することが明らかとなった。また、GP2 は細菌の取り込み受容体としてその後の細菌特異的粘膜免疫応答の誘導に重要なこと、M-Sec は遠隔細胞の細胞膜を物理的に連結する細胞ナノチューブの形成制御...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 木村 俊介
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 木村 俊介
小腸パイエル板を覆う上皮細胞には管腔内の抗原を取り込み免疫細胞へと受け渡すM細胞が存在している。その相互作用機構は明らかになっていない。本研究ではM細胞がケモカインCCL9を高発現し、CCL9受容体のCCR1発現細胞がM細胞と密に相互作用している様子を新たに開発した観察法を用いて明らかにした。さらに、もう一つの因子としてM-Secを見いだし、この分子が近年新たに発見された細胞間相互作用に関わる膜ナノチューブの形成に重要な役割を果たすことを示した。