Takeo Minematsu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 8, 2018 at 18:28
 
Avatar
Name
Takeo Minematsu

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Koyano Y, Nakagami G, Minematsu T, Sanada H
International wound journal   15(5) 807-813   Oct 2018   [Refereed]
Ibuki A, Minematsu T, Yoshida M, Iizaka S, Matsumoto M, Sugama J, Sanada H
PloS one   13(7) e0199994   Jul 2018   [Refereed]
Nakagami G, Schultz G, Gibson DJ, Phillips P, Kitamura A, Minematsu T, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Sugama J, Sanada H
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society   25(1) 131-138   Jan 2017   [Refereed]
PROPERTIES OF PRURITUS AND RELATED FACTORS AMONG ELDERLY RESIDENTS OF PANTI WERDHA, PUBLIC NURSING HOMES IN INDONESIA
Sari Dianis Wulan, Minematsu Takeo, Yoshida Mikako, Masatoshi Abe, Sanada Hiromi
ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   97(8) 1052   Sep 2017   [Refereed]

Misc

 
褥瘡発生に対するスキンブロッティング法の臨床適用可能性の検証 褥瘡発生メカニズムに関連したタンパク質マーカーへの着目
中井 彩乃, 峰松 健夫, 玉井 奈緒, 真田 弘美
日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌   22(2) 129-129   May 2018
上畑陽子, 上畑陽子, 佐藤文, 吉田美香子, 吉田美香子, 峰松健夫, 峰松健夫, 関根里恵, 窪田直人, 須釜淳子, 真田弘美, 真田弘美
日本静脈経腸栄養学会雑誌   33(supplement) 339(J‐STAGE)-339   Jan 2018
Kennedy Terminal Ulcerは見極められるか?
玉井 奈緒, 中井 彩乃, 峰松 健夫, 青木 未来, Arisandi Defa, 須釜 淳子, 真田 弘美
日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌   22(2) 175-175   May 2018
車椅子バスケットボールアスリートにおける皮膚変化の実態
前田 智徳, 玉井 奈緒, 峰松 健夫, 仲上 豪二朗, 藪中 幸一, 野口 博史, 真田 弘美
日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌   22(2) 177-177   May 2018
創面ブロッティング法とザイモグラフィ技術を組み合わせた細胞外基質分解酵素活性の分布解析法の開発 マウスを用いたパイロットスタディ(Development of a distribution analysis method for metalloproteinase activity by combining wound blotting and zymography techniques: A pilot study in mice)
峰松 健夫, 仲上 豪二朗, 麦田 裕子, 玉井 奈緒, 真田 弘美
看護理工学会誌   5(1) 58-64   Jan 2018
細胞外基質分解酵素(MMPs)は、創傷治癒の進行と阻害にかかわる酵素であり、その活性は創部炎症状態を反映するバイオマーカーとして期待される。しかし、状態の異なる部位が混在する慢性創傷において、MMP活性の分布を可視化する技術は開発されていない。そこで、本研究では創面ブロッティング技術とザイモグラフィ技術を組み合わせて、MMP活性分布解析法の開発を試みた。マウス全層欠損創において、創作成後3、7、10日目に創面ブロッティングを実施し、ゼラチンゲルと反応させた。ゲルのタンパク質染色イメージは画...