今野 翔平

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/06 15:48
 
アバター
研究者氏名
今野 翔平
 
コンノ ショウヘイ
eメール
skonsci.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院総合化学院 総合化学専攻
その他の所属
物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム

プロフィール

 修士課程まではタンパク質の立体構造形成(フォールディング)過程における脱水和を実験的に観測するために、加圧下での市街化し九州測定をを行ってきました。博士後期課程からは、タンパク質の立体構造をアミノ酸ネットワーク(AAN)として粗視化し、タンパク質の立体構造の性質をネットワークのアプローチを用いて調べています。数学的なアプローチに興味があり、所属する物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラムの異分野ラボビジットという制度を利用して、理学研究院数学専攻の行木孝夫准教授の研究室へ2ヶ月間滞在し、複雑ネットワーク理論について学習しました(2014年12月~2015年1月)。

研究分野

 
 

学歴

 
2014年10月
 - 
現在
北海道大学 物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム 
 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院総合化学院 総合化学専攻
 
2010年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 理学部 化学科
 

受賞

 
2014年10月
日本化学会 第4回CSJ化学フェスタ「優秀ポスター発表賞」 圧力効果を用いたシトクロムcの立体構造形成過程における脱水和機構の解析
 
2014年7月
日本化学会北海道支部2014夏季研究発表会「優秀講演賞」 シトクロム c の立体構造形成過程における脱水和機構;圧力効果を用いた解析
 

講演・口頭発表等

 
シトクロムcの立体構造形成過程における脱水和機構;圧力効果を用いた解析
今野翔平, 土井健太郎, 内田毅, 石森浩一郎
日本化学会北海道支部2014夏季研究会   2014年7月12日