宮本浩行

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/18 10:10
 
アバター
研究者氏名
宮本浩行
 
ミヤモト ヒロユキ
学位
保健学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年11月
 - 
現在
東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構 特任講師
 
2012年
   
 
国立研究開発法人理化学研究所 研究員
 
2008年
 - 
2009年
独立行政法人理化学研究所 研究員
 
2005年
 - 
2006年
独立行政法人理化学研究所 研究員
 
2005年
 - 
2006年
独立行政法人理化学研究所 神経回路発達研究チーム 研究員
 

論文

 
Nav1.2 haplodeficiency in excitatory neurons causes absence-like seizures in mice
Ogiwara I, Miyamoto H, Tatsukawa T, Yamagata T, Nakayama T, Atapour N, Miura E, Mazaki E, Ernst SJ, Cao D, Ohtani H, Itohara S, Yanagawa Y, Montal M, Yuzaki M, Inoue Y, Hensch TK, Noebels JL, Yamakawa K.
Communications Biology      2018年   [査読有り]
Variant Intestinal-Cell Kinase in Juvenile Myoclonic Epilepsy
Bailey JN, de Nijs L, Bai D, Suzuki T, Miyamoto H, Tanaka M, Patterson C, Lin YC, Medina MT, Alonso ME, Serratosa JM, Durón RM, Nguyen VH, Wight JE, Martínez-Juárez IE, Ochoa A, Jara-Prado A, Guilhoto L, Molina Y, Yacubian EM, López-Ruiz M, Inoue Y, Kaneko S, Hirose S, Osawa M, Oguni H, Fujimoto S, Grisar TM, Stern JM, Yamakawa K, Lakaye B, Delgado-Escueta AV.
New England Journal of Medicine   378(11) 1018-1028   2018年   [査読有り]
Regulation of spinogenesis in mature Purkinje cells via mGluR/PKC-mediated phosphorylation of CaMKIIβ
Sugawara T, Hisatsune C, Miyamoto H, Ogawa N, Mikoshiba K
Proceedings of the National Academy of Science U S A   114(26)    2017年   [査読有り]
Shimohata A, Ishihara K, Hattori S, Miyamoto H, Morishita H, Ornthanalai G,
Experimental Neurology   293 1-12   2017年   [査読有り]
Potentiation of excitatory synaptic transmission ameliorates aggression in mice with Stxbp1 haploinsufficiency
Miyamoto H, Shimohata A, Abe M, Abe T, Mazaki E, Amano K, Suzuki T, Tatsukawa T, Itohara S, Sakimura K, Yamakawa K.
Human Molecular Genetics   264(24) 4961-4974   2017年   [査読有り]
Raveau M, Shimohata A, Amano K, Miyamoto H, Yamakawa K.
Neurobiology of Disease   110 180-191   2017年   [査読有り]
Tomioka NH, Yasuda H, Miyamoto H, Hatayama M, Morimura N, Matsumoto Y, Suzuki T, Odagawa M, Odaka YS, Iwayama Y, Won Um J, Ko J, Inoue Y, Kaneko S, Hirose S, Yamada K, Yoshikawa T, Yamakawa K, Aruga J.
Nature Communications   5(4501)    2014年   [査読有り]
Ogiwara I, Iwasato T, Miyamoto H, Iwata R, Yamagata T, Mazaki E, Yanagawa Y, Tamamaki N, Hensch TK, Itohara S, Yamakawa K
Human molecular genetics   22 4784-4804   2013年12月   [査読有り]
Toyoizumi T, Miyamoto H, Yazaki-Sugiyama Y, Atapour N, Hensch TK, Miller KD
Neuron   80 51-63   2013年10月   [査読有り]
Hisatsune C, Miyamoto H, Hirono M, Yamaguchi N, Sugawara T, Ogawa N, Ebisui E, Ohshima T, Yamada M, Hensch TK, Hattori M, Mikoshiba K
Frontiers in neural circuits   7 156   2013年   [査読有り]
Miyamoto H, Nakamaru-Ogiso E, Hamada K, Hensch TK
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(42) 14794-14803   2012年10月   [査読有り]
Ito S, Ogiwara I, Yamada K, Miyamoto H, Hensch TK, Osawa M, Yamakawa K
Neurobiology of disease   49C 29-40   2012年8月   [査読有り]
Nakamaru-Ogiso E, Miyamoto H, Hamada K, Tsukada K, Takai K
The European journal of neuroscience   35 1762-1770   2012年6月   [査読有り]
Takahashi H, Katayama K, Sohya K, Miyamoto H, Prasad T, Matsumoto Y, Ota M, Yasuda H, Tsumoto T, Aruga J, Craig AM
Nature neuroscience   15 389-98, S1   2012年1月   [査読有り]
Suzuki T, Miyamoto H, Nakahari T, Inoue I, Suemoto T, Jiang B, Hirota Y, Itohara S, Saido TC, Tsumoto T, Sawamoto K, Hensch TK, Delgado-Escueta AV, Yamakawa K
Human molecular genetics   18 1099-1109   2009年3月   [査読有り]
Ogiwara I, Miyamoto H, Morita N, Atapour N, Mazaki E, Inoue I, Takeuchi T, Itohara S, Yanagawa Y, Obata K, Furuichi T, Hensch TK, Yamakawa K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27 5903-5914   2007年5月   [査読有り]
Miyamoto H, Hensch TK
Molecular interventions   3 404-417   2003年10月   [査読有り]
Miyamoto H, Katagiri H, Hensch T
Nature neuroscience   6 553-554   2003年6月   [査読有り]
Fagiolini M, Katagiri H, Miyamoto H, Mori H, Grant SG, Mishina M, Hensch TK
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100(5) 2854-2859   2003年3月   [査読有り]
Enzymatic depletion of serotonin in vivo and its consequences.
Takai K, Ogiso-Nakamaru E, Miyamoto H, Hamada K, Tsukada K
Advances in experimental medicine and biology   527 199-205   2003年   [査読有り]

Misc

 
GABAニューロンによる回路可塑性制御
ヘンシュ貴雄、宮本浩行
実験医学      2015年6月
宮本浩行, 宮本浩行, ヘンシュ貴雄
ねむりと医療   4(2) 70-74   2011年10月
宮本浩行, ヘンシュ貴雄
生体の科学   60(4) 260-268   2009年7月
宮本浩行, ヘンシュ貴雄
Cogn Dement   6(2) 99-107   2007年4月
宮本浩行, ヘンシュ貴雄
Clin Neurosci   24(10) 1108-1111   2006年10月
宮本浩行, HENSCH Takao K.
Brain Med   18(1) 87-93   2006年3月
高井克治, 小木曾-中丸映子, 宮本浩行
健康創造研究会誌   3(1) 1-12   2004年

書籍等出版物

 
視能学エキスパート 視能訓練学 第2章視覚発達 II視覚系の臨界期
ヘンシュ貴雄、宮本浩行 (担当:分担執筆)
2018年   
睡眠科学 12章 睡眠と学習・記憶
宮本浩行・ヘンシュ貴雄 (担当:分担執筆)
化学同人   2016年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
シナプス伝達異常がもたらす攻撃性亢進の脳責任領域の探索と病態機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 宮本浩行
乳児難治性てんかん大田原症候群:二つの独立したモデルマウスの解析によるてんかんと知的障害発症の神経メカニズムの解明
てんかん治療研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 宮本浩行
シナプス伝達異常がもたらす難治性てんかんと知的障害発症機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 宮本浩行
シナプス伝達を制御するMunc18-1欠損による難治性小児てんかんと知的障害発症メカニズムの解明=興奮性・抑制性細胞の選択的寄与を探る=
川野小児医学奨学財団: 一般枠研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 宮本浩行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 宮本 浩行
脳回路網の再編成における睡眠の役割
科学技術振興機構: さきがけ研究 脳神経回路の形成・動作と制御
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 宮本浩行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年
本研究課題は記憶・学習の素過程としての神経系の可塑性における睡眠の働きを回路網レベルで解析することを目的としている。このため睡眠と可塑性とが相互に影響を及ぼすことが知られている第一次マウス視覚野に注目しマルチニューロン活動を慢性的に記録する実験系の構築を行った.
初年度は電極、手術法、記録法、神経活動の分離、解析に関して種々の条件を検討し、複数の可動式テトロード電極を装着した成熟マウスの皮質から自由行動下あるいは麻酔下動物から安定したマルチユニット記録が可能になった。さらに発達期に限られて...