MISC

2019年

メカノケミカル処理による[Ga]-MFIの調製およびメタン転換反応触媒としての応用

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集
  • 芳田 元洋
  • ,
  • 武藤 郁弥
  • ,
  • 堀江 真未
  • ,
  • 藪下 瑞帆
  • ,
  • 真木 祥千子
  • ,
  • 蟹江 澄志
  • ,
  • 横井 俊之
  • ,
  • 村松 淳司

2019
0
開始ページ
17
終了ページ
17
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11523/sekiyu.2019.0_17
出版者・発行元
公益社団法人 石油学会

<p>シェールガス革命を受けメタン転換触媒の開発が求められている。我々は金属導入ゼオライトに着目、評価してきた。メカノケミカル法を用いてSiO2とGa2O3を粉砕・混合して非晶質固体を作製した。各種分析により、4配位Ga種が固体内に導入されたことが示唆された。本非晶質固体を用いて水熱合成を行ったところ、Ga置換MFI型ゼオライトが得られた。本試料を用いて酸素共存下でメタン転換反応を行ったところ、主生成物としてCOが得られた。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11523/sekiyu.2019.0_17
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007684293

エクスポート
BibTeX RIS