永森 收志

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 11:03
 
アバター
研究者氏名
永森 收志
 
ナガモリ シュウシ
所属
奈良県立医科大学
職名
教授
科研費研究者番号
90467572

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
奈良県立医科大学 生体分子不均衡制御学共同研究講座 教授
 
2013年8月
 - 
2017年9月
大阪大学 大学院医学系研究科生体システム薬理学 准教授
 
2007年9月
 - 
2013年7月
大阪大学 大学院医学系研究科生体システム薬理学 助教
 
2006年7月
 - 
2007年8月
University of California Los Angeles School of Medicine Assistant Research Physiologist
 
2004年9月
 - 
2006年6月
University of California Los Angeles Postgraduate Physiologist
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻
 

論文

 
Shinozaki Y, Furuichi K, Toyama T, Kitajima S, Hara A, Iwata Y, Sakai N, Shimizu M, Kaneko S, Isozumi N, Nagamori S, Kanai Y, Sugiura T, Kato Y, Wada T
Kidney international   92(6) 1356-1369   2017年12月   [査読有り]
Ohgaki R, Teramura Y, Hayashi D, Quan L, Okuda S, Nagamori S, Takai M, Kanai Y
Scientific reports   7(1) 17484   2017年12月   [査読有り]
Masuo Y, Nagamori S, Hasegawa A, Hayashi K, Isozumi N, Nakamichi N, Kanai Y, Kato Y
Pharmaceutical research   34(6) 1233-1243   2017年3月   [査読有り]
Ikeda K, Kinoshita M, Kayama H, Nagamori S, Kongpracha P, Umemoto E, Okumura R, Kurakawa T, Murakami M, Mikami N, Shintani Y, Ueno S, Andou A, Ito M, Tsumura H, Yasutomo K, Ozono K, Takashima S, Sakaguchi S, Kanai Y, Takeda K
Cell reports   21(7) 1824-1838   2017年11月   [査読有り]
Honjo H, Toh Y, Sohda M, Suzuki S, Kaira K, Kanai Y, Nagamori S, Oyama T, Yokobori T, Miyazaki T, Kuwano H
Anticancer research   37(8) 4147-4155   2017年8月   [査読有り]
Nagao H, Nishizawa H, Bamba T, Nakayama Y, Isozumi N, Nagamori S, Kanai Y, Tanaka Y, Kita S, Fukuda S, Funahashi T, Maeda N, Fukusaki E, Shimomura I
The Journal of biological chemistry   292(11) 4469-4483   2017年3月   [査読有り]
Ohgaki R, Ohmori T, Hara S, Nakagomi S, Kanai-Azuma M, Kaneda-Nakashima K, Okuda S, Nagamori S, Kanai Y
Molecular and cellular biology      2017年3月   [査読有り]
Watabe T, Ikeda H, Nagamori S, Wiriyasermkul P, Tanaka Y, Naka S, Kanai Y, Hagiwara K, Aoki M, Shimosegawa E, Kanai Y, Hatazawa J
European journal of nuclear medicine and molecular imaging   44(2) 321-331   2017年2月   [査読有り]
Kongpracha P, Nagamori S, Wiriyasermkul P, Tanaka Y, Kaneda K, Okuda S, Ohgaki R, Kanai Y
Journal of pharmacological sciences   133(2) 96-102   2017年2月   [査読有り]
Sakiyama M, Matsuo H, Nagamori S, Ling W, Kawamura Y, Nakayama A, Higashino T, Chiba T, Ichida K, Kanai Y, Shinomiya N
Nucleosides, nucleotides & nucleic acids   35(10-12) 536-542   2016年12月   [査読有り]
Takamatsu S, Shimomura M, Kamada Y, Maeda H, Sobajima T, Hikita H, Iijima M, Okamoto Y, Misaki R, Fujiyama K, Nagamori S, Kanai Y, Takehara T, Ueda K, Kuroda S, Miyoshi E
Glycobiology   26(11) 1180-1189   2016年11月   [査読有り]
Ohshima Y, Kaira K, Yamaguchi A, Oriuchi N, Tominaga H, Nagamori S, Kanai Y, Yokobori T, Miyazaki T, Asao T, Tsushima Y, Kuwano H, Ishioka NS
Cancer science   107(10) 1499-1505   2016年10月   [査読有り]
Ohgaki R, Wei L, Yamada K, Hara T, Kuriyama C, Okuda S, Ueta K, Shiotani M, Nagamori S, Kanai Y
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   358(1) 94-102   2016年7月   [査読有り]
Nagamori S, Wiriyasermkul P, Okuda S, Kojima N, Hari Y, Kiyonaka S, Mori Y, Tominaga H, Ohgaki R, Kanai Y
Amino acids   48(4) 1045-1058   2016年4月   [査読有り]
Wei L, Tominaga H, Ohgaki R, Wiriyasermkul P, Hagiwara K, Okuda S, Kaira K, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y
Cancer science   107(3) 347-352   2016年3月   [査読有り]
Honjo H, Kaira K, Miyazaki T, Yokobori T, Kanai Y, Nagamori S, Oyama T, Asao T, Kuwano H
Journal of surgical oncology   113(4) 381-389   2016年3月   [査読有り]
Wei L, Tominaga H, Ohgaki R, Wiriyasermkul P, Hagiwara K, Okuda S, Kaira K, Kato Y, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y
Journal of pharmacological sciences   130(2) 101-109   2016年2月   [査読有り]
Nagamori S, Wiriyasermkul P, Guarch ME, Okuyama H, Nakagomi S, Tadagaki K, Nishinaka Y, Bodoy S, Takafuji K, Okuda S, Kurokawa J, Ohgaki R, Nunes V, Palacín M, Kanai Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(3) 775-780   2016年1月   [査読有り]
Toyoda M, Kaira K, Shino M, Sakakura K, Takahashi K, Takayasu Y, Tominaga H, Oriuchi N, Nikkuni O, Suzuki M, Iijima M, Tsukamoto N, Nagamori S, Kanai Y, Oyama T, Chikamatsu K
Head & neck   37(11) 1569-1574   2015年11月   [査読有り]
Shimizu A, Kaira K, Kato M, Yasuda M, Takahashi A, Tominaga H, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y, Oyama T, Asao T, Ishikawa O
Melanoma research   25(5) 399-405   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
プロテオミクスによるアミノ酸輸送と介在シグナルの全体像の解明
永森 收志
アミノ酸研究   9(2) 73-77   2016年3月
【ニュートリゲノミクス-学問分野としての成熟とこれから】 (Part 2)ニュートリゲノミクス研究の可能性 プロテオミクスを用いたトランスポーターの網羅的発現変動解析 食餌等による栄養吸収の変化をとらえる
永森 收志, 金井 好克
遺伝: 生物の科学   69(1) 47-51   2015年1月
【アミノ酸機能のニューパラダイム】 がんとアミノ酸トランスポーター
永森 收志, 金井 好克
生化学   86(3) 338-343   2014年6月
がん細胞は、急速な細胞増殖や亢進した細胞内代謝を維持するため、通常の細胞以上に外部から栄養を取り入れる必要があり、糖やアミノ酸などの栄養トランスポーターの発現が高まっている。糖トランスポーターについては、多くの正常組織に存在するものが、がん細胞でその発現が高まっている。一方、アミノ酸トランスポーターについては、正常組織にも存在しがん細胞での発現が高まっているものもあるが、がん細胞特異的に発現してくるものもある。がん特異的アミノ酸トランスポーターLAT1は、そのがん診断マーカーおよび治療の分...
永森 收志
ファルマシア   49(12) 1164-1169   2013年12月

特許

 
永森 收志, 金井 好克, 中尾 英和, 尾形 篤太郎
金井 好克, 永森 收志, 北浦 良彦, 閨 正博, 松下 直広
金井 好克, 永森 收志, 北浦 良彦, 閨 正博, 松下 直広