MISC

2014年3月

次世代遺伝子組換え生物の生物多様性影響評価手法の確立及び遺伝子組換え作物の区分管理技術等の開発 第2章 遺伝子組換え作物と非組換え作物との区分管理技術の開発(10)閉花性稲を実用化するための研究:新規閉花性遺伝子のマッピング

農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果
  • 大森伸之介
  • ,
  • 矢頭治
  • ,
  • 吉田均

517
開始ページ
557
終了ページ
561
記述言語
日本語
掲載種別
その他

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201402266592399824

エクスポート
BibTeX RIS