隅田 聡一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 00:17
 
アバター
研究者氏名
隅田 聡一郎
 
スミダ ソウイチロウ
所属
立正大学
部署
経済学部
職名
非常勤講師
学位
博士(社会学)(一橋大学)
Twitter ID
soichiro_sumida

プロフィール

1986年生まれ、大阪府出身。

専門:社会思想史、社会経済学、政治思想

1.マルクスの唯物論的国家論

2.マルクスの唯物論的歴史観

3.マルクス=エンゲルス全集(MEGA)の編纂

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2018年11月
一橋大学大学院社会学研究科 博士課程
 
2017年4月
 - 
現在
立正大学経済学部 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2017年7月
一橋大学大学院法学研究科 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2016年7月
一橋大学大学院法学研究科 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2012年3月
一橋大学大学院社会学研究科 修士課程
 

委員歴

 
2016年3月
 - 
現在
マルクス研究会  運営委員
 
2012年9月
 - 
現在
日本MEGA編集委員会  編集委員
 

論文

 
MEGA研究の現在ー現代マルクス研究序説
隅田 聡一郎
唯物論研究年誌   23 57-75   2018年10月   [招待有り]
『資本論』第3部草稿における「歴史的考察」の再検討ー新旧「移行論争」を題材にして
隅田 聡一郎
季刊 経済理論   53(3) 59-70   2016年10月   [査読有り]
The Breadth and Depth of “the Asiatic Form” in Pre-Capitalist Economic Formations
隅田 聡一郎
Marx-Engels-Jahrbuch   2015/16 103-114   2016年9月   [招待有り]
マルクス「小経営的生産様式」論の再検討−「小農理論」の視座から−
隅田 聡一郎
唯物論研究年誌   19 202-224   2014年10月   [査読有り]

Misc

 
Eine politische Lektüre des Kapital: Luca Basso: Marx and the Common. From Capital to the Late Writings.
隅田 聡一郎
Marx-Engels-Jahrbuch   2017/18 263-267   2018年12月   [依頼有り]
書評:植村邦彦・若森章孝著『壊れゆく資本主義をどう生きるか:人種・国民・階級2.0』(唯学書房、2017年)
隅田 聡一郎
季刊 経済理論   55(4) 101-103   2019年1月   [依頼有り]
書評:佐々木隆治著『カール・マルクスー「資本主義」と闘った社会思想家』(ちくま新書、2016年)
隅田 聡一郎
唯物論   (91) 119-120   2017年11月   [依頼有り]
翻訳:唯物論的国家論のためにー『国家と資本』序文
ジョン・ホロウェイ/ソル・ピチョット、隅田 聡一郎
マルクス研究会年誌   1    2017年9月
ゲルステンベルガー ハイデ, 隅田 聡一郎
現代思想   45(11) 190-212   2017年6月

書籍等出版物

 
岩佐茂, 佐々木隆治, 明石英人, 斎藤幸平, 隅田聡一郎, 羽島有紀, 梁英聖, クォン・オボム, ポール・バーケット, ジョン・ベラミー・フォスター, カール=エーリッヒ・フォルグラーフ (担当:共著)
堀之内出版   2016年6月   ISBN:4906708609
佐々木隆治, 斎藤幸平, 岡田安樹浩, 小西一雄, 隅田聡一郎, 平子友長, 羽島有紀, 宮田惟史, ケヴィン・B・アンダーソン, アネリーゼ・グリーゼ, 明石英人, ヘザー・ブラウン, 西亮太, 野平一郎, 池上純一, 越懸澤麻衣, 沼口 隆, 三重野清顕 (担当:共著)
堀之内出版   2016年10月   ISBN:4906708706
ケヴィン・B・アンダーソン (担当:共訳)
社会評論社   2015年2月   ISBN:4784514953
本橋哲也, 植村邦彦, 市野川容孝, 斎藤幸平, 佐々木隆治, 溝口大助, 明石英人, 松本卓也, 永野潤, 大貫隆史, 河野真太郎, 宮﨑裕助, 前川真行, 山本圭, 隅田聡一郎, 渋谷望, 西亮太, 鈴木宗徳, 伊豫谷登士翁, 清水知子, 大河内泰樹 (担当:共著)
堀之内出版   2015年1月   ISBN:4906708560
ミヒャエル・ハインリッヒ (担当:共訳)
堀之内出版   2014年4月   ISBN:4906708528

講演・口頭発表等

 
アソシエーションの政治的形態—「社会国家」の可能性と限界 —
隅田 聡一郎
マルクス生誕200年記念国際シンポジウム   2018年12月22日   
初期マルクスの「国家形態」論ー『ドイツ・イデオロギー』を中心に
隅田 聡一郎
経済理論学会第66回大会第15分科会「MEGA研究の最前線」   2018年10月14日   
階級闘争と国家形態―「社会国家」の可能性と限界
隅田 聡一郎
マルクス研究会第20回定例研究会   2018年6月10日   
マルクス主義国家論の系譜
隅田 聡一郎
マルクス研究会連続入門講座   2017年11月15日   
マルクスの「国家財政」批判ー国家形態・租税・国債ー
隅田 聡一郎
経済理論学会第65回大会第1分科会「マルクスの均衡経済学批判」   2017年10月28日   

担当経験のある科目