松本卓也

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 16:42
 
アバター
研究者氏名
松本卓也
 
マツモトタクヤ
URL
http://sokwe-matsu.com/
所属
総合地球環境学研究所
部署
大学共同利用機関等の部局等
職名
外来研究員

プロフィール

東アフリカ・タンザニア連合共和国のマハレ山塊国立公園で、野生チンパンジーの行動観察をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2016年4月
 - 
現在
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター
 
2016年6月
 - 
2017年3月
育児に係る採用中断
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2010年4月
 - 
2016年3月
京都大学 理学研究科 動物学教室 人類進化論研究室
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院 理学研究科 動物学教室 人類進化論研究室
 
2006年4月
 - 
2010年3月
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
国際学術誌『Pan Africa News (ISSN 1884-751X (Print), 1884-7528 (Online))』  Editorial Secretaries
 

受賞

 
 
日本霊長類学会 第11回日本霊長類学会最優秀ポスター発表賞 離乳前後における野生チンパンジーの採食行動の発達変化
 

論文

 
Matsumoto T, Itoh N, Inoue S, Nakamura M
Primates; journal of primatology   57(1) 3-7   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
松本 卓也
霊長類研究 Supplement   33(0) 66-66   2017年
<p>野性チンパンジーの食物レパートリーには,集団ごとに文化的な差異があるとされている。そして,それらは社会的学習によって世代間伝達されると考えられている。これまで子の食物の学習に関する研究では,食物分配を通して,子にとって採食困難な食物を学習する,あるいは,他個体が食べている様子を見て自分も食べるなど,「他個体から学ぶ」という側面が着目されてきた。一方,野生下での観察において,若い個体が新規な食物を食べ始める傾向が強いという指摘がある。また,食物レパートリーの多くは,子にとっても比較的容...
松本 卓也
霊長類研究 Supplement   32(0) 51-52   2016年
<p>これまでの霊長類学における「離乳時期(=アカンボウ期の終わり)」は、母親の発情再開年齢や、次子の出産日から妊娠期間を引いた時期など、主に母親の視点から定義されてきた。その理由は、子の授乳量を野外での行動観察から正確に知ることができず、子が母乳に依存することなく、栄養源を他の食物に移行することができる時期が不明確だからである。しかし、野生チンパンジーの長期調査による研究成果から、3歳以上の子は孤児になっても生き残る可能性があるなど、これまで母親視点で「離乳時期」とされてきた4-5歳より...
松本 卓也
霊長類研究 Supplement   30(0) 59-59   2014年
植物食の霊長類において、離乳期のアカンボウは、授乳量の減少に伴い、外部環境から必要な栄養を補わなくてはならない状況にある。しかし同時に、アカンボウは咀嚼能力や消化能力が未発達であるために、オトナと同じ品目・同じ量の植物を採食することが困難であるとの指摘がある。そのため離乳期のアカンボウは、環境内の植物種の中から、栄養を補うことができ、かつ採食可能な品目を取捨選択して食べる必要があると言える。<br>先行研究において、母子間の採食品目の相違は、これまで多く指摘されてきたものの、次第に母親(あ...
松本 卓也
霊長類研究 Supplement   28(0)    2012年
植物食の霊長類のアカンボウは、環境内の膨大な植物種の中から、必要な栄養素を補うための植物種および植物部位を取捨選択し、採食する必要がある。これまで、採食品目の選択に関わる要因として食物分配に焦点をあてた研究が多くなされ、アカンボウが独力で採食困難な品目を学習する機能が論じられてきた。しかし、アカンボウが独力でも手に入れることができる、採食が容易な品目を、アカンボウが多様な植物の中からどのように取捨選択しているかという点を詳細に分析した研究はこれまで行われていない。<br> 本研究は、アカン...

書籍等出版物

 
田島 知之, 本郷 峻, 松川 あおい, 飯田 恵理子, 澤栗 秀太, 中林 雅, 松本 卓也, 田和 優子, 仲澤 伸子 (担当:共著)
東海大学出版部   2016年2月   ISBN:4486020723
中村 美知夫, 保坂 和彦, 伊藤 詞子, Zamma Koichiro
Cambridge University Press   2015年   ISBN:9781107052314
中川尚史, 伊藤 毅, 森本直記, 山田一憲, 井上英治, 寺川眞理, 松田一希, 郷 もえ, 佐藤宏樹, 山田 彩, 澤田晶子, 風張喜子, 岩田有史, 坂牧はるか, 服部裕子, 小倉匡俊, 酒井朋子, 齋藤慈子, 山本真也, 倉岡康治, 林 美里, 友永雅己, 足立幾磨, 早川卓志, 松下裕香, 東島沙弥佳, 西岡佑一郎, 西川真理, 川添達朗, 松本卓也, 張 鵬, 山梨裕美, 山極寿一, 不破紅樹, 瀧本彩加, 齋藤亜矢, 兼子峰明, 郷 康広, 高井正成, 浅葉慎介, 藤田志歩, 杉浦秀樹, 中村美知夫, 松平一成, 松井 淳, 鈴木南美, 小薮大輔, 日暮泰男 (担当:共著)
京都通信社   2012年12月   ISBN:490347352X

担当経験のある科目