Toshimasa Sone

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 15:37
 
Avatar
Name
Toshimasa Sone
Affiliation
Tohoku Fukushi University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Fujita T, Iokawa K, Sone T, Yamane K, Yamamoto Y, Ohira Y, Otsuki K
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   104387   Sep 2019   [Refereed]
Sone T, Nakaya N, Tomata Y, Nakaya K, Hoshi M, Tsuji I
Geriatrics & gerontology international   19(8) 774-779   Aug 2019   [Refereed]
Tomata Y, Tanji F, Nurrika D, Liu Y, Abe S, Matsumoto K, Zhang S, Kotaki Y, Matsuyama S, Lu Y, Sugawara Y, Bando S, Yamazaki T, Otsuka T, Sone T, Tsuji I
BMJ open   9(6) e026086   Jun 2019   [Refereed]
Nakaya N, Sone T, Tomata Y, Nakaya K, Hoshi M, Shimizu K, Tsuji I
Acta oncologica (Stockholm, Sweden)   58(4) 425-431   Apr 2019   [Refereed]
Fujita T, Sato A, Narita A, Sone T, Iokawa K, Tsuchiya K, Yamane K, Yamamoto Y, Ohira Y, Otsuki K
Journal of physical therapy science   31(1) 69-74   Jan 2019   [Refereed]
Nishi D, Su KP, Usuda K, Pei-Chen Chang J, Chiang YJ, Chen HT, Chien YC, Guu TW, Okazaki E, Hamazaki K, Susukida R, Nakaya N, Sone T, Sano Y, Ito H, Isaka K, Tachibana Y, Tanigaki S, Suzuki T, Hashimoto K, Hamazaki T, Matsuoka YJ
Psychotherapy and psychosomatics   88(2) 122-124   2019   [Refereed]
Sone T, Nakaya N, Tomata Y, Hoshi M, Tsuji I
Archives of gerontology and geriatrics   78 150-154   Sep 2018   [Refereed]
Iokawa K, Sone T, Fujita T, Tsukada T, Kaneda M, Hasegawa K
Topics in stroke rehabilitation   1-5   Oct 2018   [Refereed]
Sone T, Nakaya N, Tomata Y, Tsuji I
Geriatrics & gerontology international   18(5) 775-782   May 2018   [Refereed]
小野木 弘志, 山口 政人, 曽根 稔雅
感性福祉研究所年報 = Report of Kansei Fukushi Research Institute   (19) 45-51   Mar 2018
曽根 稔雅, 中谷 直樹, 遠又 靖丈, 辻 一郎, 川越 雅弘
厚生の指標   65(3) 1-8   Mar 2018
目的 本研究の目的は、訪問リハビリテーション(以下、訪問1リハ)利用者と通所1リハビリテーション(以下、通所リハ)利用者における特性や課題の違いを明らかにすることに加え、それぞれの利用者が抱えている課題を要介護度別に分析することである。方法 本研究の対象者として、各事業所に勤務するリハビリテーション(以下、リハ)担当者1名当たり1名の利用者の抽出を依頼し、訪問リハは2016年1月1日時点、通所リハは2015年10月1日時点での調査を実施した。調査項目は、利用者の特性、ケアマネジャーが考える...
Iokawa K, Kohzuki M, Sone T, Ebihara S
Complementary therapies in medicine   36 20-24   Feb 2018   [Refereed]
Iokawa K, Munakata M, Hattori T, Saiki S, Sone T, Kohzuki M
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   26(9) 2013-2018   Sep 2017   [Refereed]
Nakaya N, Sone T, Nakaya K, Tomata Y, Hozawa A, Tsuji I
The Tohoku journal of experimental medicine   243(1) 27-33   Sep 2017   [Refereed]
Nishi D, Su KP, Usuda K, Chang JP, Chiang YJ, Guu TW, Hamazaki K, Nakaya N, Sone T, Hashimoto K, Hamazaki T, Matsuoka YJ
Nutritional neuroscience   1-9   Jul 2017   [Refereed]
Sone T, Kawachi Y, Abe C, Otomo Y, Sung YW, Ogawa S
Environmental health and preventive medicine   22(1) 18   Apr 2017   [Refereed]
Nishi D, Su KP, Usuda K, Chiang YJ, Guu TW, Hamazaki K, Nakaya N, Sone T, Sano Y, Tachibana Y, Ito H, Isaka K, Hashimoto K, Hamazaki T, Matsuoka YJ
BMC psychiatry   16(1) 321   Sep 2016   [Refereed]
Fujita T, Sato A, Yamamoto Y, Otsuki K, Iokawa K, Sone T, Midorikawa M, Tsuchiya K, Bumsuk L, Tozato F
Journal of physical therapy science   28(6) 1883-1887   Jun 2016   [Refereed]
Nishi D, Su KP, Usuda K, Chiang YJ, Guu TW, Hamazaki K, Nakaya N, Sone T, Sano Y, Ito H, Isaka K, Hashimoto K, Hamazaki T, Matsuoka YJ
Psychiatry and clinical neurosciences   70(6) 253-254   Jun 2016   [Refereed]
Sone T, Nakaya N, Sugawara Y, Tomata Y, Watanabe T, Tsuji I
Social science & medicine (1982)   152 96-101   Mar 2016   [Refereed]
Tomata Y, Sone T, Chou WT, Tsuboya T, Watanabe T, Kakizaki M, Tsuji I
Geriatrics & gerontology international   16(1) 74-80   Jan 2016   [Refereed]
Shimizu K, Nakaya N, Saito-Nakaya K, Akechi T, Ogawa A, Fujisawa D, Sone T, Yoshiuchi K, Goto K, Iwasaki M, Tsugane S, Uchitomi Y
Japanese journal of clinical oncology   45(5) 456-463   May 2015   [Refereed]
Sone T, Nakaya N, Iokawa K, Hasegawa K, Tsukada T, Kaneda M, Hamaguchi T, Suzuki K
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   24(4) 815-822   Apr 2015   [Refereed]
曽根 稔雅, 中谷 直樹, 五百川 和明, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子, 濱口 豊太
日本衛生学雑誌   70(1) 62-68   Jan 2015
脳血管疾患で入院し、リハビリテーションが処方された患者357人(男性190人、女性167人)を対象に、上肢機能の予後予測のための研究デザインと初回調査時の特性・急性期症状について報告した。発症後平均1.5日に行った初回調査では、病型は脳梗塞277人(77.6%、平均76.1歳)、脳出血72人(20.2%、平均70.7歳)、クモ膜下出血8人(2.2%、平均71.1歳)と3群間で年齢に有意差を認め、損傷部位では大脳皮質、視床、脳幹で、既往歴では脳血管疾患はクモ膜下出血群におらず、脳梗塞群で31...
Sone T, Nakaya N, Iokawa K, Hasegawa K, Tsukada T, Kaneda M, Hamaguchi T
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   70(1) 62-68   2015   [Refereed]
Tayama J, Nakaya N, Hamaguchi T, Saigo T, Takeoka A, Sone T, Fukudo S, Shirabe S
PloS one   10(6) e0129345   2015   [Refereed]
山口 政人, 曽根 稔雅, 大竹 榮, 渡邉 誠, 藤井 俊勝, 坪川 宏, 齋藤 昌宏, 松本 祥子, 今田 知之, 中林 稔晴, 結城 卓, 窪坂 崇, 大石 康弘, 柿沼 利弘, 大森 俊也, 金 義信, 千葉 英俊, 結城 英則, 伊藤 敏男, 鶉橋 徹, 平野 貴之, 小野 治彦, 中里 仁, 舟越 正博, 坪井 明人
感性福祉研究所年報   (15) 239-249   Mar 2014
Nakaya N, Kogure M, Saito-Nakaya K, Tomata Y, Sone T, Kakizaki M, Tsuji I
European journal of public health   24(1) 45-49   Feb 2014   [Refereed]
Kakizaki M, Kuriyama S, Nakaya N, Sone T, Nagai M, Sugawara Y, Hozawa A, Fukudo S, Tsuji I
Journal of sleep research   22(2) 209-216   Apr 2013   [Refereed]
曽根 稔雅, 中谷 直樹, 遠又 靖丈, 相田 潤, 大久保 一郎, 大原 里子, 大渕 修一, 杉山 みち子, 安村 誠司, 鈴木 隆雄, 辻 一郎
日本衛生学雑誌   68(1) 11-21   Jan 2013
介護予防サービス利用者における生活機能の予後予測及び効果的な運動器の機能向上プログラムの実施内容について検討した。介護予防事業開始前後での効果・費用対効果、介護予防サービス利用者の予後と関連する要因について調査した継続的評価分析支援事業のデータを用いた。特定高齢者1667例、要支援者5463例を対象とした。先行研究で生活機能との関連が報告されている要因を網羅して、1年後の生活機能を予測するモデル式を作成することができた。運動器の機能向上プログラムにおいて、特定高齢者では、月に8回以上の実施...
Hoshi M, Hozawa A, Kuriyama S, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Sone T, Kakizaki M, Niu K, Fujita K, Ueki S, Haga H, Nagatomi R, Tsuji I
Aging clinical and experimental research   24(4) 345-353   Aug 2012   [Refereed]
曽根 稔雅, 中谷 直樹, 遠又 靖丈, 相田 潤, 大久保 一郎, 大原 里子, 大渕 修一, 杉山 みち子, 安村 誠司, 鈴木 隆雄, 辻 一郎
日本衛生学雑誌   67(3) 401-407   May 2012
介護予防サービス利用者における日常生活の過ごし方と要介護認定等の推移との関連につて検討した。日常生活の過ごし方では、「自宅外の仕事(役割)」が460例、「家の仕事(役割)」が2804例、「趣味」が1151例、「主にテレビ」が2697例などであった。「特になし」群に比べ、「自宅外の仕事(役割)」群、「家の仕事(役割)」群、「趣味」群は、年齢が低く、脳血管疾患、認知症の既往者が少なく、基本チェックリスト得点が低く、うつ状態の者、認知機能の低下した者、認知的活動が下位群の者が少なかった。要介護認...
Matsuoka Y, Nishi D, Nakaya N, Sone T, Noguchi H, Hamazaki K, Hamazaki T, Koido Y
BMC public health   12 249   May 2012   [Refereed]
Tomata Y, Kakizaki M, Nakaya N, Tsuboya T, Sone T, Kuriyama S, Hozawa A, Tsuji I
The American journal of clinical nutrition   95(3) 732-739   Mar 2012   [Refereed]
Nishi D, Koido Y, Nakaya N, Sone T, Noguchi H, Hamazaki K, Hamazaki T, Matsuoka Y
PloS one   7(4) e35248   2012   [Refereed]
Nagai M, Kuriyama S, Kakizaki M, Ohmori-Matsuda K, Sone T, Hozawa A, Kawado M, Hashimoto S, Tsuji I
BMJ open   2(3)    2012   [Refereed]
Nishi D, Koido Y, Nakaya N, Sone T, Noguchi H, Hamazaki K, Hamazaki T, Matsuoka Y
Psychotherapy and psychosomatics   81(5) 315-317   2012   [Refereed]
Nagai M, Kuriyama S, Kakizaki M, Ohmori-Matsuda K, Sone T, Hozawa A, Kawado M, Hashimoto S, Tsuji I
BMJ open   1(2) e000240   Jan 2011   [Refereed]
Sone T, Kuriyama S, Nakaya N, Hozawa A, Shimazu T, Nomura K, Rikimaru S, Tsuji I
Food & nutrition research   55    2011   [Refereed]
Nitta A, Hozawa A, Kuriyama S, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Sone T, Kakizaki M, Ebihara S, Ichiki M, Arai H, Tsuji I
Journal of atherosclerosis and thrombosis   17(12) 1290-1296   Dec 2010   [Refereed]
大渕 修一, 小島 基永, 三木 明子, 伊藤 和彦, 新井 武志, 辻 一郎, 大久保 一郎, 大原 里子, 杉山 みち子, 鈴木 隆雄, 曽根 稔雅, 安村 誠司
日本公衆衛生雑誌   57(11) 988-995   Nov 2010
目的 介護予防ケアマネジメントでは、対象者の身体機能レベルを把握し目標設定、効果判定などに活用する必要がある。しかし、特定高齢者および要支援者を対象とした身体機能評価に関する大規模な先行研究は乏しく、明確な判断基準がない。本研究では、運動器関連指標の判断基準を作成することを目的とした。方法 厚生労働省の介護予防継続的評価支援事業で収集されたデータベースを解析した。このデータベースは沖縄を除く全ての都道府県から83の地域包括支援センターの協力を得て、平成19年1月から平成20年12月末までの...
Hozawa A, Kuriyama S, Watanabe I, Kakizaki M, Ohmori-Matsuda K, Sone T, Nagai M, Sugawara Y, Nitta A, Li Q, Ohkubo T, Murakami Y, Tsuji I
Preventive medicine   51(5) 397-402   Nov 2010   [Refereed]
大森 芳[松田], 寳澤 篤, 曽根 稔雅, 小泉 弥生[正宗], 中谷 直樹, 栗山 進一, 鈴木 修治, 粟田 主一, 辻 一郎
日本公衆衛生雑誌   57(7) 538-549   Jul 2010
目的 地域高齢者におけるうつ状態の程度とその後の介護保険の要支援・要介護認定リスクとの関連をコホート研究により検討すること、さらにその関連に男女差があるかを検討すること。方法 仙台市宮城野区鶴ヶ谷地区の70歳以上住民全員(2925人)に対し、高齢者総合機能評価「寝たきり予防健診」を平成15年に行った。受診者(958人)のうち、研究利用への同意が得られ介護保険認定非該当であった者841人を解析対象とした。うつ状態は30項目のGeriatric Depression Scale(GDS)で評価...
Li Q, Kuriyama S, Kakizaki M, Yan H, Sone T, Nagai M, Sugawara Y, Ohmori-Matsuda K, Hozawa A, Nishino Y, Tsuji I
Cancer causes & control : CCC   21(7) 1025-1032   Jul 2010   [Refereed]
閉じこもり改善の関連要因の検討 介護予防継続的評価分析支援事業より
山崎 幸子, 安村 誠司, 後藤 あや, 佐々木 瞳, 大久保 一郎, 大野 裕, 大原 里子, 大渕 修一, 杉山 みち子, 鈴木 隆雄, 本間 昭, 曽根 稔雅, 辻 一郎
老年社会科学   32(1) 23-32   Apr 2010
特定高齢者を対象に閉じこもり改善に関連する要因を明らかにすることを目的とした。分析対象者は、厚生労働省介護予防継続的評価分析支援事業で収集されたデータベースから、初回調査時に基本チェックリストによって、外出頻度が週1回未満と判定された閉じこもり高齢者(n=274)とし、1年後の追跡調査時に閉じこもりが改善していた改善群(n=168)と非改善群(n=106)に分類して用いた。分析の結果、閉じこもりは、基本チェックリストのその他の要介護リスクである「運動器の機能向上」では約8割、「認知症予防・...
Koyama Y, Kuriyama S, Aida J, Sone T, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Hozawa A, Tsuji I
Preventive medicine   50(4) 173-179   Apr 2010   [Refereed]
Kuriyama S, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Shimazu T, Kikuchi N, Kakizaki M, Sone T, Sato F, Nagai M, Sugawara Y, Tomata Y, Akhter M, Higashiguchi M, Fukuchi N, Takahashi H, Hozawa A, Tsuji I
Journal of epidemiology   20(3) 253-258   2010   [Refereed]
Nagai M, Kuriyama S, Kakizaki M, Ohmori-Matsuda K, Sugawara Y, Sone T, Hozawa A, Tsuji I
Journal of epidemiology   20(5) 398-407   2010   [Refereed]
Ui A, Kuriyama S, Kakizaki M, Sone T, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Hozawa A, Nishino Y, Tsuji I
Cancer causes & control : CCC   20(10) 1939-1945   Dec 2009   [Refereed]
Hozawa A, Kuriyama S, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Kakizaki M, Sone T, Nagai M, Sugawara Y, Nitta A, Tomata Y, Niu K, Tsuji I
The American journal of clinical nutrition   90(5) 1390-1396   Nov 2009   [Refereed]
Watanabe I, Kuriyama S, Kakizaki M, Sone T, Ohmori-Matsuda K, Nakaya N, Hozawa A, Tsuji I
The American journal of clinical nutrition   90(3) 672-679   Sep 2009   [Refereed]
Naganuma T, Kuriyama S, Kakizaki M, Sone T, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Hozawa A, Nishino Y, Tsuji I
American journal of epidemiology   170(6) 730-738   Sep 2009   [Refereed]
Kikuchi N, Ohmori-Matsuda K, Shimazu T, Sone T, Kakizaki M, Nakaya N, Kuriyama S, Tsuji I
Journal of pain and symptom management   37(3) 316-324   Mar 2009   [Refereed]
Kuriyama S, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Shimazu T, Kikuchi N, Kakizaki M, Sone T, Sato F, Nagai M, Sugawara Y, Akhter M, Higashiguchi M, Fukuchi N, Takahashi H, Hozawa A, Tsuji I
Journal of epidemiology   19(6) 294-302   2009   [Refereed]
Naganuma T, Kuriyama S, Kakizaki M, Sone T, Nakaya N, Ohmori-Matsuda K, Nishino Y, Fukao A, Tsuji I
American journal of epidemiology   168(12) 1425-1432   Dec 2008   [Refereed]
Kuriyama S, Shimazu T, Hozawa A, Kure S, Kurokawa N, Kakizaki M, Sone T, Matsuda-Ohmori K, Nakaya N, Satoh H, Tsuji I
Metabolism: clinical and experimental   57(11) 1570-1575   Nov 2008   [Refereed]
東口 みづか, 中谷 直樹, 大森 芳, 島津 太一, 曽根 稔雅, 寳澤 篤, 栗山 進一, 辻 一郎
日本公衆衛生雑誌   55(7) 433-439   Jul 2008
目的 介護保険認定および死亡リスク予測の観点から、血清アルブミン値を特定高齢者の決定基準として用いる場合の基準値の妥当性を検討すること。方法 仙台市宮城野区鶴ヶ谷地区の70歳以上住民に対し、高齢者総合機能評価「寝たきり予防健診」を平成15年に行った。受診者のうち、同意が得られ介護保険認定非該当であった者832人を対象とした。血清アルブミンの基準値について、3.5g/dLから4.0g/dLまでの範囲で0.1g/dLごとに基準値を変化させて、各基準値以下群の介護保険認定および死亡リスク(Cox...
Sone T, Nakaya N, Ohmori K, Shimazu T, Higashiguchi M, Kakizaki M, Kikuchi N, Kuriyama S, Tsuji I
Psychosomatic medicine   70(6) 709-715   Jul 2008   [Refereed]
Nakaya N, Kikuchi N, Shimazu T, Ohmori K, Kakizaki M, Sone T, Awata S, Kuriyama S, Tsuji I
Alcohol (Fayetteville, N.Y.)   41(7) 503-510   Nov 2007   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
宮城県山元町産Gynura bicolorの成分分析
小野木 弘志, 山口 政人, 曽根 稔雅, 只野 武
日本薬学会年会要旨集   Mar 2018   
小学校教諭と本学理学療法学科教員の連携による小学生の体力低下に対する取り組み
前田 佑輔, 河戸 誠司, 曽根 稔雅
理学療法科学   Jan 2018   
東日本大震災被災者における社会的孤立と心理的苦痛との縦断的関連性
曽根 稔雅, 中谷 直樹, 菅原 由美, 遠又 靖丈, 辻 一郎
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2016   
脳卒中患者の上肢機能評価 上肢動作評価とManual Function Testとの関連
佐藤 瑛子, 曽根 稔雅, 後藤 理恵, 五百川 和明, 塚田 徹
日本作業療法学会抄録集   Sep 2016   
当院脳卒中患者における自宅退院可否の予後予測式
後藤 理恵, 塚田 徹, 佐藤 瑛子, 曽根 稔雅, 五百川 和明
日本作業療法学会抄録集   Sep 2016   
脳卒中急性期患者の日常生活活動能力が転帰先に与える影響
五百川 和明, 曽根 稔雅, 佐藤 瑛子, 後藤 理恵, 長谷川 敬一
日本作業療法学会抄録集   Sep 2016   
脳血管疾患患者における予後予測システムの開発
曽根 稔雅, 五百川 和明, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子
日本作業療法学会抄録集   Sep 2016   
妊婦におけるうつ症状軽減を目指したオメガ3系脂肪酸によるオープン試験
西 大輔, Su Kuan-Pin, 臼田 謙太郎, Chiang Yi-Ju Jill, Guu Tai-Wei, 浜崎 景, 中谷 直樹, 曽根 稔雅, 佐野 養, 伊東 宏絵, 井坂 恵一, 橋本 謙二, 浜崎 智仁, 松岡 豊
脂質栄養学   Aug 2016   
脳血管疾患患者におけるManual Function Testを使用した実用手・準実用手の評価
曽根 稔雅, 五百川 和明, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子
日本作業療法学会抄録集   Jun 2015   
脳卒中発症時の状態が急性期病棟からの転帰先に与える影響
五百川 和明, 曽根 稔雅, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子
日本作業療法学会抄録集   Jun 2015   
当院脳卒中患者における退院可否の予後予測式の精度について
後藤 理恵, 塚田 徹, 曽根 稔雅, 五百川 和明
日本作業療法学会抄録集   Jun 2015   
高齢者における生活習慣調査 鶴ヶ谷プロジェクト10年後調査ベースライン調査報告
柿崎 真沙子, 遠又 靖丈, 菅原 由美, 渡邉 崇, 杉山 賢明, 小暮 真奈, 曽根 稔雅, 海法 悠, 高橋 英子, 辻 一郎
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2013   
震災救援者におけるPTSD症状の予測因子に関する検討
西 大輔, 中谷 直樹, 曽根 稔雅, 野口 普子, 浜崎 景, 浜崎 智仁, 小井土 雄一, 松岡 豊
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   Sep 2013   
脳卒中発症時の機能状態と発症後3週時点の上肢機能との関連
五百川 和明, 曽根 稔雅, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子
日本作業療法学会抄録集   Jun 2013   
脳血管疾患急性期における上肢・手指機能の予後予測に関する研究
曽根 稔雅, 五百川 和明, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子
日本作業療法学会抄録集   Jun 2013   
睡眠時間と総死亡・死因別死亡リスク 大崎国保コホート研究
柿崎 真沙子, 栗山 進一, 中谷 直樹, 曽根 稔雅, 永井 雅人, 菅原 由美, 寳澤 篤, 辻 一郎
宮城県公衆衛生学会会誌   Mar 2013   
東北大学地域保健支援センター活動報告
中原 篤史, 佐藤 眞理, 佐藤 紀子, 渡邉 崇, 柿崎 真沙子, 遠又 靖丈, 高橋 英子, 菅原 由美, 曽根 稔雅, 周 婉てい, 小坂 健, 福地 成, 松岡 洋夫, 永富 良一, 八重樫 伸生, 南 優子, 平野 かよ子, 押谷 仁, 辻 一郎
東北公衆衛生学会誌   Jul 2012   
脳血管疾患急性期における上肢・手指機能の予後予測に関する研究 研究デザインと初回調査時における対象者の特性
曽根 稔雅, 五百川 和明, 長谷川 敬一, 塚田 徹, 金田 麻利子
日本作業療法学会抄録集   Jun 2012   
脳卒中発症早期の上肢・手指機能に影響を与える要因
五百川 和明, 曽根 稔雅, 塚田 徹, 金田 麻利子, 長谷川 敬一
日本作業療法学会抄録集   Jun 2012   
脳血管疾患における再発因子の検討
塚田 徹, 曽根 稔雅, 五百川 和明, 金田 麻利子, 波多 竜也
日本作業療法学会抄録集   Jun 2012   
ソーシャルキャピタルの地域差に関する研究
坪谷 透, 栗山 進一, 遠又 靖丈, 中谷 直樹, 大森 芳[松田], 高橋 英子, 寳澤 篤, 福地 成, 曽根 稔雅, 永井 雅人, 菅原 由美, 星 玲奈, 柿崎 真沙子, 辻 一郎
宮城県公衆衛生学会会誌   Jun 2011   
介護予防運動器の機能向上サービスの実施方法による効果の差異の検討
小島 基永, 大渕 修一, 新井 武志, 三木 明子, 伊藤 和彦, 辻 一郎, 大久保 一郎, 大原 里子, 杉山 みち子, 鈴木 隆雄, 曽根 稔雅, 安村 誠司
理学療法学   Apr 2011   
緑茶摂取と要介護認定・死亡リスクに関する研究 大崎コホート2006研究
遠又 靖丈, 寳澤 篤, 大森 芳, 永井 雅人, 菅原 由美, 星 玲奈, 曽根 稔雅, 栗山 進一, 辻 一郎
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2010   
高齢者における血圧と要介護認定の関連 鶴ヶ谷コホート研究
寳澤 篤, 栗山 進一, 大森 芳, 曽根 稔雅, 新田 明美, 菅原 由美, 中谷 直樹, 牛 凱軍, 粟田 主一, 辻 一郎
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   Oct 2009   
日常生活中の役割と要介護認定等の状況との関連 継続的評価分析支援事業より
曽根 稔雅, 辻 一郎, 相田 潤, 大久保 一郎, 大原 里子, 杉山 みち子, 鈴木 隆雄, 遠又 靖丈, 安村 誠司
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2009   
介護予防口腔機能向上サービスの効果の検討 継続的評価分析支援事業より
大原 里子, 相田 潤, 植田 耕一郎, 大久保 一郎, 杉山 みち子, 鈴木 隆雄, 曽根 稔雅, 辻 一郎, 遠又 靖丈, 安村 誠司
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2009   
運動器の機能向上プログラム評価基準 介護予防継続的評価分析支援事業より
大渕 修一, 小島 基永, 三木 明子, 伊藤 和彦, 辻 一郎, 大久保 一郎, 大里 里子, 杉山 みち子, 鈴木 隆雄, 曽根 稔雅, 安村 誠司
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2009   
要介護認定者における要介護状態区分の推移に関する研究
曽根 稔雅, 中谷 直樹, 大森 芳, 寳澤 篤, 栗山 進一, 辻 一郎
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2008