Yusuke Sotomaru

J-GLOBAL         Last updated: Dec 12, 2018 at 15:33
 
Avatar
Name
Yusuke Sotomaru
E-mail
sotomaruhiroshima-u.ac.jp

Published Papers

 
Sakashita A, Wakai T, Kawabata Y, Nishimura C, Sotomaru Y, Alavattam KG, Namekawa SH, Kono T
Biology of reproduction      Oct 2018   [Refereed]
Yang B, Kumoto T, Arima T, Nakamura M, Sanada Y, Kumrungsee T, Sotomaru Y, Shimada M, Yanaka N
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   23(3) 136-145   Mar 2018   [Refereed]
Kanda A, Nobukiyo A, Yoshioka M, Hatakeyama T, Sotomaru Y
Theriogenology   106 221-226   Jan 2018   [Refereed]
Shirafuji T, Ueyama T, Adachi N, Yoshino KI, Sotomaru Y, Uwada J, Kaneoka A, Ueda T, Tanaka S, Hide I, Saito N, Sakai N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(2) 278-290   Jan 2018   [Refereed]
Kumamoto S, Takahashi N, Nomura K, Fujiwara M, Kijioka M, Uno Y, Matsuda Y, Sotomaru Y, Kono T
Human molecular genetics   26(19) 3653-3662   Oct 2017   [Refereed]
Miguchi M, Hinoi T, Shimomura M, Adachi T, Saito Y, Niitsu H, Kochi M, Sada H, Sotomaru Y, Ikenoue T, Shigeyasu K, Tanakaya K, Kitadai Y, Sentani K, Oue N, Yasui W, Ohdan H
PloS one   11(11) e0166422   Nov 2016   [Refereed]
KRAS mutation leads to decreased expression of regulator of calcineurin 2, resulting in tumor proliferation in colorectal cancer
Niitsu, H.; Hinoi, T.; Kawaguchi, Y.; Sentani, K.; Yuge, R.; Kitadai, Y.; Sotomaru, Y.; Adachi, T.; Saito, Y.; Miguchi, M.; Kochi, M.; Sada, H.; Shimomura, M.; Oue, N.; Yasui, W.; Ohdan, H.
5 e253   Aug 2016   [Refereed]
Kanda M, Yamanaka H, Kojo S, Usui Y, Honda H, Sotomaru Y, Harada M, Taniguchi M, Suzuki N, Atsumi T, Wada H, Baghdadi M, Seino K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(24) E3394-402   Jun 2016   [Refereed]
Phenotypic analysis of a mouse model for 15q25.2-25.3 deletion syndrome
Nomura Jun, Kanda Akifumi, Sotomaru Yusuke, Takumi Toru
INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY   19 50   Jun 2016   [Refereed]
Miguchi Masashi, Hinoi Takao, Shimomura Manabu, Adachi Tomohiro, Saito Yasufumi, Niitsu Hiroaki, Kochi Masatoshi, Sotomaru Yusuke, Ijichi Hideaki, Ikenoue Tsuneo, Shigeyasu Kunitoshi, Tanakaya Kohji, Sentani Kazuhiro, Oue Naohide, Yasui Wataru, Ohdan Hideki
CANCER RESEARCH   75    Aug 2015   [Refereed]
Niitsu Hiroaki, Hinoi Takao, Kawaguchi Yasuo, Sentani Kazuhiro, Oue Naohide, Sotomaru Yusuke, Adachi Tomohiro, Saito Yasufumi, Miguchi Masashi, Kochi Masatoshi, Shimomura Manabu, Yasui Wataru, Ohdan Hideki
CANCER RESEARCH   75    Aug 2015   [Refereed]
Sasada T, Hinoi T, Saito Y, Adachi T, Takakura Y, Kawaguchi Y, Sotomaru Y, Sentani K, Oue N, Yasui W, Ohdan H
PloS one   10(7) e0132435   Jul 2015   [Refereed]
Sakashita A, Kobayashi H, Wakai T, Sotomaru Y, Hata K, Kono T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   19(8) 629-636   Aug 2014   [Refereed]
Tanaka S, Miyagi T, Dohi E, Seki T, Hide I, Sotomaru Y, Saeki Y, Antonio Chiocca E, Matsumoto M, Sakai N
Neurobiology of disease   68 215-227   Aug 2014   [Refereed]
Eto T, Takahashi R, Kamisako T, Hioki K, Sotomaru Y
Cryobiology   68(1) 147-151   Feb 2014   [Refereed]
Sueoka E, Sueoka-Aragane N, Sato A, Ide M, Nakamura H, Sotomaru Y, Taya C, Yonekawa H, Kitagawa T, Kubota Y, Kimura S, Nakachi K, Tanimoto K
PloS one   8(4) e57833   Apr 2013   [Refereed]
Kanda A, Sotomaru Y, Nobukiyo A, Yamaoka E, Hiyama E
Folia histochemica et cytobiologica   51(4) 292-299   2013   [Refereed]
Yamasaki S, Nabeshima K, Sotomaru Y, Taguchi Y, Mukasa H, Furue MK, Sato JD, Okamoto T
The International journal of developmental biology   57(9-10) 715-724   2013   [Refereed]
Kanda A, Sotomaru Y, Shiozawa S, Hiyama E
The Journal of reproduction and development   58(1) 77-83   Feb 2012   [Refereed]
Kobayashi H, Sakurai T, Imai M, Takahashi N, Fukuda A, Yayoi O, Sato S, Nakabayashi K, Hata K, Sotomaru Y, Suzuki Y, Kono T
PLoS genetics   8(1) e1002440   Jan 2012   [Refereed]
Yoshioka H, Yoshiko Y, Minamizaki T, Suzuki S, Koma Y, Nobukiyo A, Sotomaru Y, Suzuki A, Itoh M, Maeda N
Calcified tissue international   89(3) 192-202   Sep 2011   [Refereed]
Shiozawa S, Kawai K, Okada Y, Tomioka I, Maeda T, Kanda A, Shinohara H, Suemizu H, James Okano H, Sotomaru Y, Sasaki E, Okano H
Stem cells and development   20(9) 1587-1599   Sep 2011   [Refereed]
Yamaoka E, Hiyama E, Sotomaru Y, Onitake Y, Fukuba I, Sudo T, Sueda T, Hiyama K
International journal of oncology   39(1) 5-11   Jul 2011   [Refereed]
Sotomaru Yusuke, Sasaki Erika, Okano Hideyuki
NEUROSCIENCE RESEARCH   71 E41   2011   [Refereed]
Fukuda A, Cao F, Morita S, Yamada K, Jincho Y, Tane S, Sotomaru Y, Kono T
PloS one   5(6) e11274   Jun 2010   [Refereed]
Wong WF, Nakazato M, Watanabe T, Kohu K, Ogata T, Yoshida N, Sotomaru Y, Ito M, Araki K, Telfer J, Fukumoto M, Suzuki D, Sato T, Hozumi K, Habu S, Satake M
Immunology   130(2) 243-253   Jun 2010   [Refereed]
Sotomaru Y, Hirakawa R, Shimada A, Shiozawa S, Sugawara A, Oiwa R, Nobukiyo A, Okano H, Tamaoki N, Nomura T, Hiyama E, Sasaki E
Cloning and stem cells   11(4) 575-583   Dec 2009   [Refereed]
Sasaki E, Suemizu H, Shimada A, Hanazawa K, Oiwa R, Kamioka M, Tomioka I, Sotomaru Y, Hirakawa R, Eto T, Shiozawa S, Maeda T, Ito M, Ito R, Kito C, Yagihashi C, Kawai K, Miyoshi H, Tanioka Y, Tamaoki N, Habu S, Okano H, Nomura T
Nature   459(7246) 523-527   May 2009   [Refereed]
Takahashi N, Okamoto A, Kobayashi R, Shirai M, Obata Y, Ogawa H, Sotomaru Y, Kono T
Human molecular genetics   18(10) 1879-1888   May 2009   [Refereed]
H. Ogawa, N. Shindo, T. Kumagai, Y. Usami, M. Shikanai, K. Jonwn, A. Fukuda, M. Kawahara, Y. Sotomaru, S. Tanaka, T. Arima, T. Kono
Placenta   30 448-456   May 2009
Neither parthenogenetic (PG) nor androgenetic (AG) mouse embryos survive after day 9.5 of pregnancy, owing to the inadequate growth of extraembryonic tissues, including the placenta. At day 9.5 of pregnancy, the placental structures are poorly dev...
Kobayashi H, Yamada K, Morita S, Hiura H, Fukuda A, Kagami M, Ogata T, Hata K, Sotomaru Y, Kono T
Genomics   93(5) 461-472   May 2009   [Refereed]
Global Gene Expression Analysis of Mouse Single Cloned Blastocysts
Fukuda Atsushi, Morita Shinnosuke, Feng Cao, Inoue Kimiko, Ogura Narumi Ogonuki Atsuo, Sotomaru Yusuke, Kono Tomohiro
BIOLOGY OF REPRODUCTION   95   2009   [Refereed]
Hiyama K, Tanimoto K, Nishimura Y, Tsugane M, Fukuba I, Sotomaru Y, Hiyama E, Nishiyama M
Experimental lung research   34(7) 373-390   Sep 2008   [Refereed]
Jincho Y, Sotomaru Y, Kawahara M, Ono Y, Ogawa H, Obata Y, Kono T
Biology of reproduction   78(4) 568-576   Apr 2008   [Refereed]
Kawahara M, Obata Y, Sotomaru Y, Shimozawa N, Bao S, Tsukadaira T, Fukuda A, Kono T
Nature protocols   3(2) 197-209   2008   [Refereed]
Shimozawa N, Sotomaru Y, Eguchi N, Suzuki S, Hioki K, Usui T, Kono T, Ito M
Reproduction (Cambridge, England)   132(3) 435-441   Sep 2006   [Refereed]
Fukuchi Y, Shibata F, Ito M, Goto-Koshino Y, Sotomaru Y, Ito M, Kitamura T, Nakajima H
The EMBO journal   25(14) 3398-3410   Jul 2006   [Refereed]
Ayako Sugawara, Kazuo Goto, Yusuke Sotomaru, Toshio Sofuni, Toshio Itoh
Comparative Medicine   56 148   Apr 2006
Current status of chromosomal abnormalities in mouse embryonic stem cell lines used in Japan.
Sugawara A, Goto K, Sotomaru Y, Sofuni T, Ito T
Comparative medicine   56(1) 31-34   Feb 2006   [Refereed]
Udagawa J, Hashimoto R, Suzuki H, Hatta T, Sotomaru Y, Hioki K, Kagohashi Y, Nomura T, Minami Y, Otani H
Endocrinology   147(2) 647-658   Feb 2006   [Refereed]
Sotomaru Y, Kamisako T, Hioki K
Experimental animals   54(2) 137-141   Apr 2005   [Refereed]
Suemizu H, Kito-Maruyama C, Sotomaru Y, Ogura T, Hioki K, Ohnishi Y, Tamaoki N
Experimental animals   53(5) 463-466   Oct 2004   [Refereed]
Hozumi K, Negishi N, Suzuki D, Abe N, Sotomaru Y, Tamaoki N, Mailhos C, Ish-Horowicz D, Habu S, Owen MJ
Nature immunology   5(6) 638-644   Jun 2004   [Refereed]
H. Ogawa, Y. Ono, N. Shimozawa, Y. Sotomaru, Y. Katsuzawa, H. Hiura, M. Ito, Tomohiro Kono
Reproduction   126 549-557   Jan 2003
Cloned mice typically display abnormal development, such as overgrowth of fetuses and placentae. Quantitative expression analysis of eight imprinted genes (H19, Igf2, Igf2r, Air, Peg1/Mest, Peg3, Nuronatin (Nnat) and Ndn) and an alternate transcri...
Shimoda M, Morita S, Obata Y, Sotomaru Y, Kono T, Hatada I
Genomics   79(4) 483-486   Apr 2002   [Refereed]
Sotomaru Y, Katsuzawa Y, Hatada I, Obata Y, Sasaki H, Kono T
The Journal of biological chemistry   277(14) 12474-12478   Apr 2002   [Refereed]
Kono T, Sotomaru Y, Katsuzawa Y, Dandolo L
Developmental biology   243(2) 294-300   Mar 2002   [Refereed]
Mizuno Y, Sotomaru Y, Katsuzawa Y, Kono T, Meguro M, Oshimura M, Kawai J, Tomaru Y, Kiyosawa H, Nikaido I, Amanuma H, Hayashizaki Y, Okazaki Y
Biochemical and biophysical research communications   290(5) 1499-1505   Feb 2002   [Refereed]
Sotomaru Y, Katsuzawa Y, Hatada I, Obata Y, Sasaki H, Kono T.
J Biol Chem.   5(277(14)) 12474-12478   Jan 2002   [Refereed]
Yusuke Sotomaru, Yosuke Kawase, Yosuke Kawase, Takayuki Ueda, Yayoi Obata, Yayoi Obata, Hiroshi Suzuki, Ikuo Domeki, Izuho Hatada, Tomohiro Kono, Tomohiro Kono
Journal of Biological Chemistry   276 26694-26698   Jul 2001
The present study shows that the U2afbp-rs gene, a paternally expressed imprinted gene, is activated and expressed in a biallelic manner from maternal alleles in parthenogenetic mouse fetuses on day 9.5 of gestation. The mean expression was detect...
Izuho Hatada, Sumiyo Morita, Yayoi Obata, Yusuke Sotomaru, Yusuke Sotomaru, Masafumi Shimoda, Tomohiro Kono
Journal of Biochemistry   130 187-190   Jan 2001
Systematic screening of differentially expressed genes among androgenetic, parthenogenetic, and normal embryos by means of fluorescent differential display revealed five imprinted genes. One of them, named Rian, was expressed exclusively from the ...
Yusuke Sotomaru, Yukiko Katsuzawa, Ikuo Domeki, Tomohiro Kono
Journal of Reproduction and Development   47 139-144   Jan 2001
Uniparental mouse embryos are generally used in the study of imprinting mechanisms as models to determine parental expression of imprinted genes. In this study, we used the real-time RTPCR method to carry out a quantitative analysis of the express...
B. X. Nguyen, B. X. Nguyen, Y. Sotomaru, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53 1439-1448   Apr 2000
Preservation by vitrification of Day 7 and Day 8 bovine blastocysts derived from nuclear transfer with cumulus cells was compared with preservation of in vitro fertilized blastocysts. In Experiment 1, embryos were vitrified in PBS containing 60% e...
Y. Sotomaru, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   52 213-220   Jul 1999
Pluripotency of mouse trophectoderm (TE) cells was examined using a nuclear transfer technique. We transferred a TE cell to an enucleated oocyte and cultured the reconstituted oocyte to the blastocyst stage. Then a portion of the inner cell mass (...
Yoko Kato, Tetsuya Tani, Yusuke Sotomaru, Kazuo Kurokawa, Jun Ya Kato, Hiroshi Doguchi, Hiroshi Yasue, Yukio Tsunoda
Science   282 2095-2098   Dec 1998
Eight calves were derived from differentiated cells of a single adult cow, five from cumulus cells and three from oviductal cells out of 10 embryos transferred to surrogate cows (80 percent success). All calves were visibly normal, but four died a...
Yusuke Sotomaru, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Reproduction and Development   44 1-6   Jan 1998
Trophectoderm (TE) and inner cell mass (ICM) cells from blastocytsts were compared for their ability to produce chimeric mice or conceptuses (pluripotency) using nuclear transplantation in which a single cell was transplanted into an enucleated bl...
Yusuke Sotomaru, Yoko Kato, Yoko Kato, Yukio Tsunoda, Yukio Tsunoda
Cryobiology   37 139-145   Jan 1998
We examined the viability of mouse bisected embryos after freezing and thawing and produced monozygotic twin mice from these embryos. Two-cell embryos were collected from superovulated mature agouti, F1 hybrid (C57BL/6 X CBA) female mice. For bise...
Y. Sotomaru, Y. Kato, Y. Tsunoda, Y. Tsunoda
Theriogenology   48 977-984   Oct 1997
The ability of trophectoderm (TE) cells to produce chimeric mice (pluripotency) was compared with that of inner cell mass (ICM) cells. TE and ICM cells of blastocysts and hatching or hatched blastocysts derived from albino mice (CD-1, Gpi-1a/a) we...
Tomohiro Kono, Yusuke Sotomaru, Yasuhiro Sato, Tatsuo Nakahara
Molecular Reproduction and Development   34 43-46   Jan 1993
Enucleated mouse oocytes were successfully fertilized in vitro, and the resultant androgenetic eggs developed to the blastocyst stage. The proportion of enucleated oocytes fertilized in vitro was high (87–99%) at sperm concentrations ranging from ...

Misc

 
中山航, 中村美奈子, KUMRUNGSEE Thanutchaporn, 中川佳子, 竹尾透, 中潟直己, 清水孝彦, 外丸祐介, 佐久間哲史, 山本卓, 矢中規之
ビタミン   92(4) 217   Apr 2018
池田晋也, 田中康貴, 杉本茉優, 蓮沼智也, 外丸祐介, 河野友宏
日本卵子学会誌   3(1) S43   Apr 2018
外丸祐介, 信清麻子
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   51st 48   Sep 2017
有馬岳志, YANG Bo, 久本高央, 中村美奈子, 眞田洋平, 加藤範久, 外丸祐介, 島田昌之, 矢中規之
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2017 ROMBUNNO.3A02a03 (WEB ONLY)   Mar 2017
土谷佳弘, 土谷佳弘, 金井昭教, 金輪真佐美, 外丸祐介, 前田愼, 鎌田英明
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.4AT18‐14(3P‐0508) (WEB ONLY)   2017
森野豊之, 松田由喜子, 倉重毅志, 六車恵子, 外丸祐介, 橋本浩一, 丸山博文, 川上秀史
神経治療学(Web)   34(6) S111(J‐STAGE)   2017
隈本宗一郎, 雉岡めぐみ, 高橋望, 高橋望, 外丸祐介, 小川英彦, 尾畑やよい, 河野友宏
Journal of Reproduction and Development   62(Suppl Japanese Issue) j77   Sep 2016
坂下陽彦, 西村千秋, 小林久人, 外丸祐介, 河野友宏, 河野友宏
Journal of Reproduction and Development   62(Suppl Japanese Issue) j76   Sep 2016
佐藤容, 印藤頼子, 木下こづえ, 柳川洋二郎, 外丸祐介, 岡本宗裕
霊長類研究   32(Supplement) 62   Jun 2016
外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   63rd 94   Apr 2016
SATO Yo, INDO Yoriko, KINOSHITA Kodzue, YANAGAWA Yojiro, SOTOMARU Yusuke, OKAMOTO Munehiro
Program and abstracts of PSJ   32(0) 62-62   2016
<p>ニホンザルは季節性多発情動物であり、秋から冬にかけての約6ヶ月間のみ発情し繁殖を行うことが知られている。発情期の間は卵巣機能が活性化して性ステロイドホルモンの分泌が促進され、またそれらのホルモン濃度は周期的な動きを示す。人工授精や胚移植など、人工繁殖技術を成功させるためには排卵のタイミングを正確に判定する必要がある。本研究では、室内個別飼育下の雌ニホンザルを対象に、非侵襲的に採取可能である尿サンプルを用いて、尿中発情ホルモン代謝産物(E1G)および黄体ホルモン代謝産物(PdG)濃度動...
KUMAMOTO Soichiro, KIJIOKA Megumi, TAKAHASHI Nozomi, SOTOMARU Yusuke, OGAWA Hidehiko, OBATA Yayoi, KONO Tomohiro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   109(0) OR1-26-OR1-26   2016
<p>【目的】我々は,マウス12番染色体遠位部のDlk1-Dio3インプリンティングドメインの発現制御機構およびmiRNAを多数含むインプリント遺伝子の機能解析を進めている。IG-DMR-Rianまでの150 kbを含むBAC-TGマウスを作出したところ,母方伝達した場合に致死性を見いだし,その原因究明を進めてきた。本研究ではBAC-TGマウスにおけるnon-coding RNAの作用を明らかにするために,まずmiRNAの発現解析を実施した。【方法】BAC(pB...
SAKASHITA Akihiko, NISHIMURA Chiaki, KOBAYASHI Hisato, SOTOMARU Yusuke, KONO Tomohiro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   109(0) OR1-25-OR1-25   2016
<p>【目的】哺乳動物の性分化は遺伝的性に支配され,妊娠中期の生殖巣支持細胞においてY染色体上から発現するSRYが雄への性分化を決定する。SRYの発現により下流の雄性決定因子が逐次的に活性化し,始原生殖細胞(PGC)を精子形成へと導く。SRY機能の欠損は,生殖巣環境を雌型へ転換させ,XY雌へと性転換する。しかしながら,XYsry–卵子は卵胞数の減少および性染色体不対合の多発などの異常を呈し,性転換雌マウスの妊孕性は喪失することが報告されている。本研究では...
KUMAMOTO Soichiro, KIJIOKA Megumi, TAKAHASHI Nozomi, NOMURA Kayo, SOTOMARU Yusuke, OGAWA Hidehiko, OBATA Yayoi, KONO Tomohiro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   108(0) P-88-P-88   2015
マウス12番染色体遠位部には,約1 MbにおよぶDlk1-Dio3インプリンティングドメインが存在し,この領域の遺伝子発現は父方メチル化インプリントを受けるIG-DMR(Germ line DMR)とGtl2-DMR(Secondly DMR)により制御されている。Dlk1-Dio3領域の機能を明らかにするためにIG-DMR-Rainまでの150kbを含むBAC-TGマウスを作出したところ,母方伝達した場合に致死性が認められた。そこで...
SOTOMARU Yusuke, NOBUKIYO Asako, YOSHIOKA Miyuki, HATAKEYAMA Teruhiko, KANDA Akifumi, NISHIMOTO Hitomi, NOJIRI Tomoko, SASAKI Erika, OKAHARA Junko
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   30(2)    Apr 2013
Kobayashi Hisato, Yamada Kaori, Morita Shinnosuke, Hiura Hitoshi, Fukuda Atsushi, Kagami Masayo, Ogata Tsutomu, Sotomaru Yusuke, Kono Tomohiro
JRD Supplement   101(0) 16-16   2008
ゲノムインプリンティング機構を獲得した哺乳類では、単為発生胚が妊娠初期で致死となる。このことは、片親アレル特異的に発現する"インプリント遺伝子"の存在に起因する。インプリント遺伝子は、現在までにマウスでは約80同定されてきているが、全遺伝子で網羅的に探査されたことはない。また、インプリント遺伝子は胚の成長・発達だけでなくヒトの遺伝病や発癌に関与するものが多いため、インプリント遺伝子の研究は、哺乳類の個体発生における雌雄ゲノムの役割を解き明かすばかりでなく、疾病の原因解明や治療法の開発にも極...
YAMADA Kaori, MORITA Shinnosuke, MASUI Ryoichi, FUKUDA Atsushi, SOTOMARU Yusuke, KONO Tomohiro
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   24(2)    Apr 2007
fukuda atsushi, sotomaru yusuke, kono tomohiro
JRD Supplement   100(0) 20098-20098   2007
【目的】代表的な雄核発生胚構築方法は「前核期受精卵の核置換」又は,「染色体除去未受精卵への体外受精」が知られている。後者は前者に比べて雌雄前核を取り違える危険は回避できるが発生率が低い。この原因を探るべく,2つの前核が異なる環境下で形成され,前核間が同調及び,非同調の雄核発生胚を構築することによって,体外培養,胎子発生に与える影響について検討した。【方法】BDF1系統の雌マウスにPMSG及び,hCGを48時間間隔で投与することで過剰排卵処置し,同系統の雄マウスと交配させ,体内発生由来雄性前...
Takeda Tomohito, Sotomaru Yusuke, Eto Tomoo, Kamisako Tsutomu, Hoya Nanako, Hioki Kyoji, Ito Mamoru
JRD Supplement   98(0) 96-96   2005
目的:顕微授精技術は、実験動物学の分野においても不妊治療や早期死亡個体からの産子の獲得など、利用価値の高い技術である。しかし、本技術の検討は、交雑系を用いて行われ、広く一般的に用いられている近交系では比較的少ない。今回、我々は近交系オスマウスの生殖細胞を用いた胎子作出を検討したので報告する。<BR>材料および方法:オスマウスには3-7週齢(試験区1)および11-19週齢(試験区2)のC57BL/6Jを用いた。精子は精巣上体尾部より、円形精子細胞は精巣より採取した。メスマウスには8-15週齢...
SOTOMARU Yusuke, KATSUZAWA Yukiko, DOMEKI Ikuo, KONO Tomohiro
Journal of Reproduction and Development   47(3) 139-144   Jun 2001
TANI Tetsuya, SOTOMARU Yusuke, KATO Jun-ya, KATO Yoko, TSUNODA Yukio
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   15(2)    Apr 1998
SOTOMARU Yusuke, KATO Yoko, TSUNODA Yukio
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   15(2)    Apr 1998
外丸 祐介, 河野 友宏, 中原 達夫
The Journal of Reproduction and Development   40(5) j25-j30   Jun 1994
AONO Fumihito, KONO Tomohiro, SOTOMARU Yusuke, TAKAHASHI Tomoko, OGIHARA Isao, SEKIZAWA Fumio, ARAI Touru, NAKAHARA Tatsuo
J. Reprod. Dev.   40(5) j35-j40   1994
We assessed the effect of the developmental stage of donor embryos on in vitro development of nuclear transplants in cattle. Nuclear donor embryos were obtained from in vitro fertilization and culture. The average cell numbers per do...

Conference Activities & Talks

 
中山航, 中村美奈子, KUMRUNGSEE Thanutchaporn, 中川佳子, 竹尾透, 中潟直己, 清水孝彦, 外丸祐介, 佐久間哲史, 山本卓, 矢中規之
ビタミン   25 Apr 2018   
池田晋也, 田中康貴, 杉本茉優, 蓮沼智也, 外丸祐介, 河野友宏
日本卵子学会誌   1 Apr 2018   
土谷佳弘, 土谷佳弘, 金井昭教, 金輪真佐美, 外丸祐介, 前田愼, 鎌田英明
日本生化学会大会(Web)   Dec 2017   
脊髄小脳変性症の最近の話題 SCA42の臨床と分子病態機序
森野 豊之, 松田 由喜子, 倉重 毅志, 六車 恵子, 外丸 祐介, 橋本 浩一, 丸山 博文, 川上 秀史
神経治療学   Nov 2017   
外丸祐介, 信清麻子
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   12 Sep 2017   
有馬岳志, YANG Bo, 久本高央, 中村美奈子, 眞田洋平, 加藤範久, 外丸祐介, 島田昌之, 矢中規之
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   5 Mar 2017   
森野豊之, 松田由喜子, 倉重毅志, 六車恵子, 外丸祐介, 橋本浩一, 丸山博文, 川上秀史
神経治療学(Web)   2017   
KUMAMOTO Soichiro, KIJIOKA Megumi, TAKAHASHI Nozomi, SOTOMARU Yusuke, OGAWA Hidehiko, OBATA Yayoi, KONO Tomohiro
JRD Supplement   Sep 2016   
<p>【目的】我々は,マウス12番染色体遠位部のDlk1-Dio3インプリンティングドメインの発現制御機構およびmiRNAを多数含むインプリント遺伝子の機能解析を進めている。IG-DMR-Rianまでの150 kbを含むBAC-TGマウスを作出したところ,母方伝達した場合に致死性を見いだし,その原因究明を進めてきた。本研究ではBAC-TGマウスにおけるnon-coding RNAの作用を明らかにするために,まずmiRNAの発現解析を実施した。【方法】BAC(pB...
土谷佳弘, 松永泰花, 外丸祐介, 前田愼, 鎌田英明
日本生化学会大会(Web)   Sep 2016   
坂下陽彦, 西村千秋, 小林久人, 外丸祐介, 河野友宏, 河野友宏
Journal of Reproduction and Development   Sep 2016   
<p>【目的】哺乳動物の性分化は遺伝的性に支配され,妊娠中期の生殖巣支持細胞においてY染色体上から発現するSRYが雄への性分化を決定する。SRYの発現により下流の雄性決定因子が逐次的に活性化し,始原生殖細胞(PGC)を精子形成へと導く。SRY機能の欠損は,生殖巣環境を雌型へ転換させ,XY雌へと性転換する。しかしながら,XYsry–卵子は卵胞数の減少および性染色体不対合の多発などの異常を呈し,性転換雌マウスの妊孕性は喪失することが報告されている。本研究では...
Dik1-Dio3ドメインBAC TGマウスにおける網羅的miRNA発現解析
隈本 宗一郎, 雉岡 めぐみ, 高橋 望, 外丸 祐介, 小川 英彦, 尾畑 やよい, 河野 友宏
The Journal of Reproduction and Development   Sep 2016   
発達障害と相関する新規CNV(15q25.2-25.3)動物モデルの開発と解析(Role of the 15q25.2-25.3 CNV in developmental disorders: genetic and behavioral analyses)
野村 淳, 神田 暁史, 外丸 祐介, 内匠 透
日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集   Jul 2016   
佐藤容, 印藤頼子, 木下こづえ, 柳川洋二郎, 外丸祐介, 岡本宗裕
霊長類研究   20 Jun 2016   
外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   22 Apr 2016   
隈本宗一郎, 雉岡めぐみ, 野村佳代, 高橋望, 高橋望, 外丸祐介, 小川英彦, 尾畑やよい, 河野友宏
日本卵子学会誌   1 Apr 2016   
SATO Yo, INDO Yoriko, KINOSHITA Kodzue, YANAGAWA Yojiro, SOTOMARU Yusuke, OKAMOTO Munehiro
Program and abstracts of PSJ   2016   
<p>ニホンザルは季節性多発情動物であり、秋から冬にかけての約6ヶ月間のみ発情し繁殖を行うことが知られている。発情期の間は卵巣機能が活性化して性ステロイドホルモンの分泌が促進され、またそれらのホルモン濃度は周期的な動きを示す。人工授精や胚移植など、人工繁殖技術を成功させるためには排卵のタイミングを正確に判定する必要がある。本研究では、室内個別飼育下の雌ニホンザルを対象に、非侵襲的に採取可能である尿サンプルを用いて、尿中発情ホルモン代謝産物(E1G)および黄体ホルモン代謝産物(PdG)濃度動...
隈本宗一郎, 雉岡めぐみ, 高橋望, 高橋望, 外丸祐介, 小川英彦, 尾畑やよい, 河野友宏
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2016   
佐藤容, 印藤頼子, 木下こづえ, 柳川洋二郎, 外丸祐介, 岡本宗裕
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2016   
外丸祐介, 畠山照彦, 吉岡みゆき, 信清麻子
日本実験動物学会総会講演要旨集   30 Apr 2015   
KUMAMOTO Soichiro, KIJIOKA Megumi, TAKAHASHI Nozomi, NOMURA Kayo, SOTOMARU Yusuke, OGAWA Hidehiko, OBATA Yayoi, KONO Tomohiro
JRD Supplement   2015   
マウス12番染色体遠位部には,約1 MbにおよぶDlk1-Dio3インプリンティングドメインが存在し,この領域の遺伝子発現は父方メチル化インプリントを受けるIG-DMR(Germ line DMR)とGtl2-DMR(Secondly DMR)により制御されている。Dlk1-Dio3領域の機能を明らかにするためにIG-DMR-Rainまでの150kbを含むBAC-TGマウスを作出したところ,母方伝達した場合に致死性が認められた。そこで...
若井拓哉, 森園倫成, 渡辺大士, 外丸祐介, 神田暁史, 塩沢誠司, 河野友宏
J Reprod Dev   10 Aug 2014   
外丸祐介, 信清麻子, 畠山照彦, 吉岡みゆき, 印藤頼子, 兼子明久, 高江洲昇, 柳川洋二郎, 永野昌志, 岡本宗裕
日本実験動物学会総会講演要旨集   1 May 2014   
信清麻子, 印藤頼子, 兼子明久, 石上暁代, 山中淳史, 畠山照彦, 吉岡みゆき, 岡本宗裕, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   1 May 2014   
野村圭代, 藤原真, 高橋望, 雉岡めぐみ, 隈本宗一郎, 外丸祐介, 河野友宏
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014   
野村淳, 佐久間哲史, 神田暁史, 岸本恵子, 前田知花, 外丸祐介, 山本卓, 内匠透
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014   
北川雅恵, 宮内睦美, 岡広子, 外丸祐介, 高田隆, 高田隆
Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   Sep 2013   
藤原真, 高橋望, 片倉由貴, 野村圭代, 平田裕, 外丸祐介, 阿部訓也, 河野友宏
J Reprod Dev   20 Aug 2013   
坂下陽彦, 小林久人, 井関陽介, 若井拓哉, 外丸祐介, 河野友宏
J Reprod Dev   20 Aug 2013   
神田暁史, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   26 Apr 2013   
江藤智生, 神田暁史, 上迫努, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   26 Apr 2013   
外丸祐介, 佐々木えりか
日本実験動物学会総会講演要旨集   26 Apr 2013   
畠山照彦, 信清麻子, 西本瞳, 野尻智子, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   26 Apr 2013   
外丸祐介, 信清麻子, 吉岡みゆき, 畠山照彦, 神田暁史, 西本瞳, 野尻智子, 佐々木えりか, 岡原純子
J Mamm Ova Res   1 Apr 2013   
坂下陽彦, 小林久人, 井関陽介, 若井拓哉, 外丸祐介, 河野友宏
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2013   
藤原真, 高橋望, 平田裕, 外丸祐介, 河野友宏
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2013   
渡辺大士, 曹峰, 福田篤, 森園倫成, 外丸祐介, 神田暁史, 塩澤誠, 河野友宏
J Reprod Dev   20 Aug 2012   
【目的】マウスセルトリ細胞クローン胚(SeCNTs)では、本来不活性化されることのないX染色体が不活性化を受け、多くの遺伝子の発現異常が生じていることが報告され、低発生能の原因の一つと考えられている。これまでに我々はSeCNTs胚盤胞のマイクロアレイ解析により、X染色体に位置する遺伝子のMsnおよびXlr3aが大半の胚で発現抑制を受け受けていることを明らかにした。そこで本研究では、EGFPを発現するノックインマウス由来セルトリ細胞を用いて作出されたSeCNTsに...
神田暁史, 塩澤誠司, 信清麻子, 畠山照彦, 山岡絵美, 檜山英三, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   1 May 2012   
柳美穂, 上迫努, 青砥利裕, 安齋政幸, 金子武人, 後藤元人, 外丸祐介, 滝澤明子, JACOB Howard J., 川辺敏晃, 常吉梨沙, 東雅志, 倉持隆司, 江藤智生
日本実験動物学会総会講演要旨集   1 May 2012   
外丸祐介, 吉岡みゆき, 大中麻子, 畠山照彦, 神田暁史, 西本瞳, 野尻智子, 島田亜希子, 大岩亮, 高橋誠司, 岡原純子, 塩澤誠司, 岡野栄之, 佐々木えりか
日本実験動物学会総会講演要旨集   1 May 2012   
2iを使用した近交系マウス由来ES細胞株の樹立の検討(Establishment of ES cells of inbred strain mice by dual inhibition (2i))
神田 暁史, 塩澤 誠司, 外丸 祐介
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   Dec 2010   
吉岡みゆき, 信清麻子, 畠山照彦, 西本瞳, 野尻智子, 神田暁史, 佐々木えりか, 外丸祐介
J Reprod Dev   20 Aug 2010   
【目的】コモンマーモセットにおける卵巣刺激法や未成熟卵子の体外成熟法は,ヒトやマウスに比べて報告も少なく,確立されているとはいえない。そこで本研究では,より良質な卵子を多数得るための卵巣刺激法を検討し,さらにその卵子がより安定に体外にて成熟する方法を検討した。【方法】発情休止期の成熟雌マーモセットにFSHとhCGを投与し,hCG投与後約20時間目に卵巣から未成熟卵子を吸引採取した。採取した未成熟卵子は24時間体外成熟を行い,第1極体の有無を指標に体外成熟率を調べた。(実験1)まず,FSHを...
小間義郎, 吉岡広陽, 吉子裕二, 南崎朋子, 信清麻子, 外丸祐介, 鈴木敦詞, 伊藤光泰, 前田憲彦
広島大学歯学雑誌   1 Dec 2009   
III型Na/Pi共輸送担体Pitl過剰発現ラットはエナメル質の石灰化不全を来す
小間 義郎, 吉岡 広陽, 吉子 裕二, 南崎 朋子, 信清 麻子, 外丸 祐介, 鈴木 敦詞, 伊藤 光泰, 前田 憲彦
広島大学歯学雑誌   Dec 2009   
福田篤, 曹峰, 森田慎之介, 山田かおり, 越後貫成美, 井上貴美子, 小倉淳郎, 外丸祐介, 河野友宏
J Reprod Dev   25 Aug 2009   
【目的】体細胞クローン動物に頻発する異常はゲノムリプログラミングが適切に行われないことに起因すると考えられている。現在までに、マウスクローン胚盤胞における未分化マーカー遺伝子等をはじめとした一部の遺伝子の発現異常が報告されているが、ドナー細胞種とクローン胚の遺伝子発現との関連については、十分に明らかにされていない。そこで、本研究ではセルトリ細胞、卵丘細胞及びES細胞を用いて作出したクローン胚における網羅的遺伝子発現解析を基に、ネットワーク及びパスウェイ解析を行い各クローン胚における特性を比...
神田暁史, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   24 Apr 2009   
小林久人, 山田かおり, 森田慎之介, 樋浦仁, 福田篤, 鏡雅代, 緒方勤, 外丸祐介, 河野友宏
生化学   Nov 2008   
ゲノムインプリンティング機構を獲得した哺乳類では、単為発生胚が妊娠初期で致死となる。このことは、片親アレル特異的に発現する"インプリント遺伝子"の存在に起因する。インプリント遺伝子は、現在までにマウスでは約80同定されてきているが、全遺伝子で網羅的に探査されたことはない。また、インプリント遺伝子は胚の成長・発達だけでなくヒトの遺伝病や発癌に関与するものが多いため、インプリント遺伝子の研究は、哺乳類の個体発生における雌雄ゲノムの役割を解き明かすばかりでなく、疾病の原因解明や治療法の開発にも極...
小林久人, 山田かおり, 森田慎之介, 樋浦仁, 福田篤, 鏡雅代, 緒方勤, 外丸祐介, 河野友宏
J Reprod Dev   25 Aug 2008   
畠山照彦, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   23 Apr 2008   
佐藤晃, 外丸祐介, 江藤智生
日本実験動物学会総会講演要旨集   23 Apr 2008   
外丸祐介, 平川玲子, 島田亜樹子, 塩澤誠司, 佐々木えりか
日本実験動物学会総会講演要旨集   23 Apr 2008   
塩澤誠司, 佐々木えりか, 前田拓志, 末水洋志, 江袋美和, 後藤一雄, 外丸祐介, 岡野栄之
生化学   2008   
福田篤, 外丸祐介, 河野友宏
J Reprod Dev   25 Sep 2007   
【目的】代表的な雄核発生胚構築方法は「前核期受精卵の核置換」又は,「染色体除去未受精卵への体外受精」が知られている。後者は前者に比べて雌雄前核を取り違える危険は回避できるが発生率が低い。この原因を探るべく,2つの前核が異なる環境下で形成され,前核間が同調及び,非同調の雄核発生胚を構築することによって,体外培養,胎子発生に与える影響について検討した。【方法】BDF1系統の雌マウスにPMSG及び,hCGを48時間間隔で投与することで過剰排卵処置し,同系統の雄マウスと交配させ,体内発生由来雄性前...
外丸祐介, 平川玲子, 島田亜樹子, 塩澤誠司, 佐々木えりか
日本実験動物学会総会講演要旨集   25 Apr 2007   
平川玲子, 島田亜樹子, 大岩亮, 佐々木えりか, 外丸祐介
日本実験動物学会総会講演要旨集   25 Apr 2007   
山田かおり, 森田慎之介, 増井亮一, 福田篤, 外丸祐介, 河野友宏
J Mamm Ova Res   1 Apr 2007   
福地由美, 伊藤美由紀, 柴田文, 外丸祐介, 伊藤守, 北村俊雄, 中島秀明
臨床血液   30 Sep 2006   
武田知仁, 外丸祐介, 江藤智生, 上迫努, 保谷奈那子, 日置恭司, 伊藤守
J Reprod Dev   25 Aug 2005   
目的:顕微授精技術は、実験動物学の分野においても不妊治療や早期死亡個体からの産子の獲得など、利用価値の高い技術である。しかし、本技術の検討は、交雑系を用いて行われ、広く一般的に用いられている近交系では比較的少ない。今回、我々は近交系オスマウスの生殖細胞を用いた胎子作出を検討したので報告する。<BR>材料および方法:オスマウスには3-7週齢(試験区1)および11-19週齢(試験区2)のC57BL/6Jを用いた。精子は精巣上体尾部より、円形精子細胞は精巣より採取した。メスマウスには8-15週齢...
BrlHan:WIST@Jcl(GALAS)ラットの発情周期や週齢に依存しない過剰排卵誘起(Estrous Stage- and Animal Age-Independent Superovulation in the BrlHan:WIST@Jcl(GALAS) Rat)
外丸 祐介, 上迫 努, 日置 恭司
Experimental Animals   Apr 2005   
日置恭司, 外丸祐介, 小倉智幸, 筒本まりこ
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成16年度 (2年度班・初年度班)   2005   
日置恭司, 筒本まりこ, 外丸祐介, 小倉智幸, 伊藤守
遺伝性筋疾患に対する分子治療の基盤研究 平成13-15年度総括研究報告書   2004   
遺伝性筋疾患に対する分子治療の基盤研究 筋ジストロフィー関連モデル動物の生産・供給システムの検討
日置 恭司, 下澤 律浩, 川幡 まりこ, 外丸 祐介, 小倉 智幸, 伊藤 守
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費研究報告集   Jun 2003   
日置恭司, 下沢律浩, 川幡まりこ, 外丸祐介, 小倉智幸, 伊藤守
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成14年度 (2年度班・初年度班)   2003   
勝沢由紀子, 下沢律浩, 小野由紀子, 木元真悟, 外丸祐介, 伊藤守, 河野友宏
日本畜産学会大会講演要旨   20 Mar 2002   
マウス片親性胎仔におけるH19及びIgf2r遺伝子の発現機構
外丸 祐介, 勝沢 由紀子, 畑田 出穂, 河野 友宏
The Journal of Reproduction and Development   Dec 2001   
SOTOMARU Yusuke, KATSUZAWA Yukiko, DOMEKI Ikuo, KONO Tomohiro
Journal of Reproduction and Development   1 Jun 2001   
リアルタイムRT-PCR法によるマウス片親性胎仔におけるインシュリン様成長因子II型(Igf2)遺伝子の定量的インプリント発現解析(Determination by Real-Time RT-PCR of Imprinted Expression of the Insulin-Like Growth Factor II (Igf2) Gene in Mouse Uniparental Fetuses)
外丸 祐介, 勝沢 由紀子, 百目鬼 郁男, 河野 友宏
The Journal of Reproduction and Development   Jun 2001   
雌核発生胚におけるU2afbp-rs遺伝子の発現機構
外丸 祐介, 川瀬 洋介, 植田 孝之, 尾畑 やよい, 百目鬼 郁夫, 畑田 出穂, 河野 友宏
The Journal of Reproduction and Development   Dec 2000   
インプリンティング遺伝子によるマウス単為生殖胚の発生支配
河野 友宏, 外丸 祐介, Dandolo Luisa
The Journal of Reproduction and Development   Dec 2000   
cDNAマイクロアレイによるマウス新規インプリント遺伝子の探査
勝沢 由紀子, 外丸 祐介, 水野 洋介, 岡崎 康司, 林崎 良英, 河野 友宏
The Journal of Reproduction and Development   Dec 2000   
森田純代, 尾畑やよい, 外丸祐介, 霜田雅史, 河野友宏, 畑田出穂
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   25 Nov 2000   
河野友宏, 外丸祐介, DANDOLO L
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   25 Nov 2000   
外丸祐介, 川瀬洋介, 和田賢, 尾畑やよい, 畑田出穂, 河野友宏
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   22 Nov 1999   
水野洋介, 岡崎康司, 外丸祐介, 河野友宏, 天沼宏, 村松正実, 林崎良英
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   22 Nov 1999   
継代培養ウシ卵丘細胞の核移植,特にドナー細胞の細胞周期同調法の違いが核移植卵の発生能に及ぼす影響
谷 哲弥, 外丸 祐介, 加藤 順也, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   Dec 1998   
ウシ体細胞由来核移植卵の受胎成績について
加藤 容子, 外丸 祐介, 谷 哲弥, 堀 登, 松田 達彦, 黒坂 正光, 北 満夫, 立浦 凱一, 関沢 文夫, 斎藤 光男
The Journal of Reproduction and Development   Dec 1998   
雄ウシ由来体細胞をドナーとした核移植卵の発生能の検討
外丸 祐介, 谷 哲弥, 加藤 順也, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   Dec 1998   
谷哲弥, 外丸祐介, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本繁殖生物学会講演要旨   Aug 1998   
外丸祐介, 谷哲弥, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本繁殖生物学会講演要旨   Aug 1998   
SOTOMARU Yusuke, KATO Yoko, TSUNODA Yukio
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1 Apr 1998   
TANI Tetsuya, SOTOMARU Yusuke, KATO Jun-ya, KATO Yoko, TSUNODA Yukio
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1 Apr 1998   
谷哲弥, 外丸祐介, 高橋清也, 今井裕, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   Mar 1998   
外丸祐介, 谷哲弥, 高橋清也, 今井裕, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   Mar 1998   
ウシ卵管由来細胞の核移植,特にドナー細胞の低血清処理日数及び継代回数の影響
外丸 祐介
日本畜産学会大会講演要旨集   Mar 1998   
初期化後胚盤胞への注入によるマウス栄養外胚葉(TE)細胞の多能性の誘導
外丸 祐介
The Journal of Reproduction and Development   Dec 1997   
外丸祐介, 加藤容子, 角田幸雄
日本繁殖生物学会講演要旨   Sep 1997   
マウス栄養外胚葉細胞(TE細胞)のキメラ形成能の検討
外丸 祐介
The Journal of Reproduction and Development   Jun 1997   
秦正樹, 米村功, 大越勝広, 外丸祐介, 森田恭弘, 小島敏之, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   Mar 1997   
外丸祐介, 加藤容子, 角田幸雄
日本繁殖生物学会講演要旨   Oct 1996   
関沢文夫, 荒井徹, 河野友宏, 外丸祐介, 青野文仁, 高橋知子, 荻原勲, 中原達夫
J Reprod Dev   Jun 1994   
AONO Fumihito, KONO Tomohiro, SOTOMARU Yusuke, TAKAHASHI Tomoko, OGIHARA Isao, SEKIZAWA Fumio, ARAI Touru, NAKAHARA Tatsuo
J. Reprod. Dev.   Jun 1994   
We assessed the effect of the developmental stage of donor embryos on in vitro development of nuclear transplants in cattle. Nuclear donor embryos were obtained from in vitro fertilization and culture. The average cell numbers per do...
外丸 祐介, 河野 友宏, 中原 達夫
The Journal of Reproduction and Development   Jun 1994   
T. Kono, Y. Sotomaru, F. Aono, T. Takahasi, I. Ogiwara, F. Sekizawa, T. Arai, T. Nakahara
Theriogenology   1 Jan 1994   
We assessed the effect of ooplast (enucleated oocytes) activation prior to receiving a donor nucleus on the development of nucleus transferred oocytes in cattle. The ooplasts were activated by electric stimulus at 30, 33, 36 and 39 h after being p...
外丸祐介, 印牧暁, 河野友宏, 青野文仁, 中原達夫
東京農業大学アイソトープセンター研究報告   Mar 1993   
河野友宏, 外丸祐介, 青野文仁, 荻原薫, 高橋知子, 関沢文男, 荒井徹, 中原達夫
家畜繁殖学会講演要旨   Sep 1992   
青野文仁, 河野友宏, 外丸祐介, 高橋知子, 荻原勲, 関沢文夫, 荒井徹, 中原達夫
家畜繁殖学会講演要旨   Sep 1992   
外丸祐介, 河野友宏, 青野文仁, 荻原勲, 高橋知子, 関沢文夫, 荒井徹, 中原達夫
家畜繁殖学会講演要旨   Sep 1992   
外丸祐介, 河野友宏, 青野文仁, 荻原勲, 高橋知子, 関沢文夫, 荒井徹, 中原達夫
日本畜産学会大会講演要旨   Jul 1992   
河野友宏, 佐藤靖弘, 外丸祐介, 中原達夫
ほ乳動物卵子学会誌   Apr 1992