共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2020年3月

ハイブリッド型人工神経を用いた端側型神経移植における神経再生様式の解析

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 垣淵 正男
  • ,
  • 藤原 敏宏
  • ,
  • 西本 聡
  • ,
  • 曽束 洋平
  • ,
  • 藤田 和敏
  • ,
  • 河合 建一郎
  • ,
  • 石瀬 久子

課題番号
16K11391
配分額
(総額)
4,810,000円
(直接経費)
3,700,000円
(間接経費)
1,110,000円

既に製品化されているポリグリコール酸(PGA)とⅠ型コラーゲンを組み合わせた人工神経(PGA-collagen tube)に、既に製剤化されている線維芽細胞増殖因子(bFGF)やマウスの脂肪組織由来由来幹細胞(ADSC)を付加する一定のノウハウを得た。人工神経は、臨床例における顔面神経再建に際して、ドナー神経として採取した下腿の腓腹神経の約5㎝の欠損に対して使用し、露出や感染などの合併症を認めなかった。臨床における顔面神経再建術および顔面神経麻痺に対する静的再建術を行った症例を検討し、包括的な治療戦略を策定した。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16K11391/16K11391seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 16K11391