Koichi Hoshikawa

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2019 at 14:08
 
Avatar
Name
Koichi Hoshikawa
Nickname
hoshiko
Affiliation
Iwate Medical University
Research funding number
10508998

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Research associate, Department of Emergency, Disaster and General Medicine, Iwate medical Univ.
 
Oct 2010
 - 
Mar 2018
Deputy Chief of Medical Clinic and surgical director, Surgery, Hachimanntai national health insurance Nishine Hospital
 
Oct 2010
 - 
Mar 2018
Part-time Lecturer, Department of Critical care medicine, Iwate medical univ.
 
Apr 2008
 - 
Sep 2010
Research associate, Department of Critical care medicine, Iwate medical univ.
 
Apr 2002
 - 
Mar 2010
Collaborative Researcher, Department of Medicalchemistry(Suematsu Lab.), Keio univ. the medical department
 
Apr 2000
 - 
Mar 2008
Department of Surgery, Iwate medical univ.
 

Education

 
Apr 1994
 - 
Mar 2000
Department of Medicine, the medical department, Yamaguchi Univ.
 

Published Papers

 
Rhabdomyolysis associated with Campylobacter jejuni infection
Hoshikawa K, Sato M, Nasu K, Yamada T, Kikuchi D, Takahashi T, Takahashi G, Terui K, Fujino Y, Inoue Y, Shimooki O
Japanese Society of Hospital General Medicine   1-3 21-25   Sep 2019   [Refereed]
Tract disruption following gastrostomy tube exchange.
Daiki Kikuchi, Osamu Shimooki, Tomohiro Takahashi, Koichi Hoshikawa, Tetsuya Yamada, Hironobu Ito.
J Iwate Med Assoc   70(5) 165-171   May 2018   [Refereed]
ドクターヘリにて対応したクマ外傷の10症例
松本 尚也, 星川 浩一, 菅 重典, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本救急医学会雑誌   26(4) 105-110   Apr 2015   [Refereed]
【目的】岩手県では以前からクマ外傷が多発していた。クマ外傷は顔面外傷が多く、出血性ショックを合併することもある。そのため、初期治療開始までの時間が短縮され、さらに、治療可能な施設へ直接搬送が可能であるとされているドクターヘリの出動が効果的と考えられる。今回、岩手県ドクターヘリが過去2年間に対応したクマ外傷の10症例について報告する。【症例】ドクターヘリが対応した症例は10症例であった。発生場所は県内全域であり、10症例中6症例は山菜取りのために山に入った際の受傷であった。全例で顔面挫創を認...
DICを合併した敗血症ショックに対するPMX-DHP施行時の造血因子の推移
星川 浩一, 高橋 学, 松本 尚也, 小鹿 雅博, 提嶋 久子, 丹保 亜希仁, 那須 和広, 吉岡 靖史, 大沼 禎史, 秋冨 慎司, 大邊 寛幸, 藤田 友嗣, 小守林 靖一, 大間々 真一, 千葉 健太, 藤村 秀男, 柴田 繁啓, 眞壁 秀幸, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 240-248   Oct 2014   [Refereed]
DICを合併した敗血症ショックに対するPMX-DHP施行時の造血因子の推移について検討した。敗血症性ショックにDICを合併した10例を対象とした。APACHEIIスコアの平均は32±6.8、急性期DICスコアの平均は5.6±1.6であった。全例でPMX-DHPによりエンドトキシン値は1.1pg/mL未満となり、敗血症性ショックおよびDICから離脱した。DICスコアは、第0病日と第2病日間では有意に低下した。血小板数は、第1病日に一旦減少したが、第2病日には増加した。SCFは、第0病日と第1...
PMX-DHPを施行したエンドトキシンショック症例におけるNOx値とエンドセリン-1値の検討
柴田 繁啓, 高橋 学, 松本 尚也, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 提嶋 久子, 佐藤 寿穂, 遠藤 史隆, 野田 宏伸, 石塚 直樹, 森 潔史, 秋冨 慎司, 肥田 頼彦, 菊池 哲, 藤田 友嗣, 星川 浩一, 眞壁 秀幸, 高橋 智弘, 照井 克俊, 鈴木 泰, 中館 俊英, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 230-239   Oct 2014   [Refereed]
PMX-DHPを施行したエンドトキシンショック症例におけるNOx値とエンドセリン-1値について検討した。PMX-DHPを施行したエンドトキシン値が1.1pg/mL以上を呈したエンドトキシンショック症例17例を対象とした。APACHEIIスコアは31.5±6.0、SOFAスコアは12.1±4.1、DICスコアは5.3±2.0であった。PMX-DHP施行後に何らかの血液浄化法は10例で併用した。いずれの症例もPMX-DHP施行により収縮期血圧の上昇を認めた。PMX-DHP施行によりNOx値、E...
PMX-DHP施行時に炎症性サイトカインと抗炎症性サイトカインを継続して検討した敗血症性ショックの1例
秋丸 理世, 高橋 学, 小鹿 雅博, 松本 尚也, 佐藤 寿穂, 遠藤 史隆, 野田 宏伸, 小野寺 ちあき, 石部 頼子, 菊池 哲, 星川 浩一, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 159-166   Oct 2014   [Refereed]
80歳代後半男。右下腹部痛が出現し、様子を見ていたが疼痛が増強した。来院時、敗血症性ショック状態であった。SIRSの4項目をすべて満たし、APACHEIIスコア36、SOFAスコア14であった。エンドトキシン値は5.3pg/mLで、エンドトキシンショックであった。大腸穿孔による汎発性腹膜炎で、直ちに一期的に結腸吻合を行った。術後、十分な補液と昇圧剤の投与にも関わらず、収縮期血圧が80〜90mmHg台で推移するためPMX-DHPを施行し、収縮期血圧の上昇が得られた。腹水の培養ではK.pneu...
プレセプシン値はPMX-DHP施行時の敗血症性DICの重症度をよく反映する
佐藤 正幸, 高橋 学, 佐藤 諒, 佐藤 寿穂, 遠藤 史隆, 野田 宏伸, 小鹿 雅博, 星川 浩一, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 79-85   Oct 2014   [Refereed]
80歳代男。腹痛で受診し、診察中にショック状態となった。胸部X線写真で両側に浸潤陰影を認め、ARDSを呈し、呼吸状態不良であり人工呼吸器管理とした。APACHEIIスコアは39、SOFAスコアが14であった。P-SEP値は1460pg/mLと上昇した。S状結腸憩室穿孔による敗血症性ショックと診断し、直ちに一期的吻合手術を施行した。PMX-DHP施行により収縮期血圧の上昇を認めた。敗血症に対しては抗菌剤とγ-グロブリン製剤、DICに対しては蛋白分解阻害剤とAT-III製剤を、ARDSに対して...
プレセプシン値は敗血症性DICの重症度を良く反映する(Presepsin values closely reflect the severity of septic DIC)
石部 頼子, 高橋 学, 小鹿 雅博, 松本 尚也, 佐藤 寿穂, 遠藤 史隆, 野田 宏伸, 星川 浩一, 秋丸 理世, 小野寺 ちあき, 提嶋 久子, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本救命医療学会雑誌   28 59-64   Sep 2014   [Refereed]
症例は80歳代後半の男性。敗血症性ショックを伴う汎発性腹膜炎患者である。SIRSの4項目をすべて満たしていた。急性期DIC診断基準では8点であった。APACHE IIスコアが38、SOFAスコアが15であった。エンドトキシン値は14.7pg/mLであった。S状結腸憩室穿孔による敗血症性ショックであり、直ちに一期的吻合を行った。第4病日目には血小板数も10.8万/mLまで上昇しDICからも離脱した。プレセプシン値は、来院時1,480pg/mLと上昇したが、症状の改善に伴い漸次低下した。経過中...
松本 尚也, 増田 卓之, 高橋 学, 石部 頼子, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 星川 浩一, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本外傷学会雑誌   28(3) 286-290   Jul 2014
<目的>出血性ショックを伴う開放骨折は,患肢温存よりも救命を優先すべきであり,止血目的に速やかに切断しなければならないこともある.しかし,一期的な切断術は骨切りにより出血を助長する,手術時間を要するといった問題点がある.今回,出血性ショックを伴う下腿開放骨折3症例に対して行った関節離断について,その有用性を報告する.<方法>患肢温存不能な出血性ショックを伴う下腿開放骨折3症例に対してDamage Control Surgery(以下DCS)として膝関節離断術を行い,二期的に断端形成術を行っ...
Assessment of hematopoietic factors in sepsis patients and in sepsis patients with disseminated intravascular coagulation
Hoshikawa K, Kojika M, Takahashi G, Matsumoto N, Fujino Y, Suzuki Y, Inoue Y, Nitta H, Wakabayashi G, Endo S
Journal of Iwate Medical Association   65(5) 333-341   Dec 2013   [Refereed]
PMX-DHP施行時にプレセプシンをPOC testで評価した1例
佐藤 正幸, 小鹿 雅博, 小豆嶋 立頼, 佐藤 諒, 増田 卓之, 佐藤 寿穂, 秋丸 理世, 野田 宏伸, 八重樫 瑞典, 藤井 仁志, 遠藤 史隆, 寺島 良幸, 松本 尚也, 星川 浩一, 高橋 学, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 井上 義博, 白川 嘉門, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   16(1) 189-196   Oct 2012   [Refereed]
著者等はプレセプシンの半定量法としてイムノクロマトグラフィを応用したPOC test(Point of Care test)を開発した。今回、汎発性腹膜炎による敗血症性ショックに対してPMX-DHPを施行した80代男性例にPOC testを行い、その有用性について検討した。結果、POC testの値はAPACHE IIスコアとほぼパラレルに推移し、IL-6値やCRP値よりも速やかに反応したことから、本テストは敗血症の診断や重症度評価に有用と考えられた。
PMX-DHP施行時にHMGB1値を継続して検討した敗血症性DICの1例
佐藤 諒, 高橋 学, 佐藤 正幸, 増田 卓之, 佐藤 寿穂, 秋丸 理世, 肥田 篤彦, 小泉 範高, 名取 達徳, 寺島 良幸, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 松本 尚也, 石部 頼子, 野田 宏伸, 藤井 仁志, 星川 浩一, 小鹿 雅博, 鈴木 泰, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   16(1) 140-147   Oct 2012   [Refereed]
60代男。下腿蜂窩織炎の加療中に敗血症性DICを併発した。PMX-DHPを2時間施行し、その際、HMGB1値やエンドトキシン値、収縮期血圧、急性期DICスコアの変化を観察した。エンドトキシン値は初診時3.3pg/mLがPMX-DHPによって0.8pg/mLまで低下し、収縮期血圧は初診時88mmHgから100mmHg台まで上昇した。HMGB1値は初診時34ng/mLがPMX-DHP施行後漸減して6日後には4ng/mLとなった。HMGB1の経時的変化は急性期DICスコアとほぼパラレルに推移し、...
Takahashi G, Matsumoto N, Shozushima T, Onodera C, Kan S, Akitomi S, Hoshikawa K, Kikkawa T, Kojika M, Inoue Y, Suzuki K, Wakabayashi G, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   17(6) 812-820   Dec 2011   [Refereed]
Polymyxin-B immobilized fiber-direct hemoperfusion(PMX-DHP)を施行した敗血症患者における補体の検討
星川 浩一, 小鹿 雅博, 高橋 学, 吉川 智宏, 片桐 弘勝, 小野寺 ちあき, 西成 悠, 梅邑 晃, 渡邉 陽太郎, 秋冨 慎司, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   15(1) 213-219   Oct 2011   [Refereed]
Polymyxin-B immobilized fiber-direct hemoperfusion(PMX-DHP)施行時に可溶性接着分子を継続して測定した敗血症性acute respiratory distress syndrome(ARDS)の1例
佐藤 寿穂, 小鹿 雅博, 高橋 学, 吉川 智宏, 星川 浩一, 片桐 弘勝, 松本 尚也, 小豆嶋 立頼, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 増田 卓之, 渡邉 陽太郎, 佐藤 正幸, 佐藤 諒, 塩谷 信喜, 柴田 繁啓, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 青木 英彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   15(1) 206-212   Oct 2011   [Refereed]
岩手県高度救命救急センターにおける敗血症治療成績の変遷
遠藤 重厚, 井上 義博, 青木 英彦, 吉田 雄樹, 山田 裕彦, 鈴木 泰, 藤野 靖久, 照井 克俊, 小野寺 誠, 高橋 進, 柴田 繁啓, 真壁 秀幸, 大間々 真一, 及川 博隆, 塩谷 信喜, 小鹿 雅博, 星川 浩一, 松浦 秀樹, 吉川 智宏, 秋冨 慎司, 石部 頼子, 高橋 学, 松本 尚也, 高橋 智弘, 小島 剛史, 菊池 哲, 小豆嶋 立頼, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 渡邉 陽太郎, 佐藤 寿穂, 増田 卓之, 佐藤 正幸, 佐藤 諒, 三条 克己, 工藤 薫, 荻野 義信, 上田 寛修, 肥田 頼彦, 加藤 可奈子, 梅邑 晃, 西成 悠, 片桐 弘勝, 八重樫 泰法, 佐藤 信博
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   15(1) 16-19   Oct 2011   [Refereed]
敗血症性ショック患者に対する抗tumor necrosis factorモノクローナル抗体(TNFMab)投与が効果的であった一症例
小野寺 ちあき, 小鹿 雅博, 高橋 学, 松本 尚也, 菅 重典, 佐藤 正幸, 佐藤 諒, 秋冨 慎司, 吉川 智宏, 星川 浩一, 鈴木 泰, 井上 義博, 葛西 健, 遠藤 重厚
日本救命医療学会雑誌   25 43-48   Aug 2011   [Refereed]
症例は80歳代の女性である。大腸穿孔による汎発性腹膜炎に敗血症性ショックを合併した。術後約1時間の補液・昇圧剤の投与にもかかわらず、収縮期血圧は90mmHg台で推移した。この時点のAPACHE IIスコアは32点であった。従来の治療に加えて、抗tumor necrosis factorモノクローナル抗体を投与した。投与翌日から臨床症状の改善を認め、APACH IIスコア、DICスコアの改善を認めた。TNF-α、IL-6、IL-8、そしてNOxは著明な低下を認めた。敗血症性ショック症例に対す...
珍しい症例(その5) 子宮留膿腫の腹腔穿破
井上 義博, 藤野 靖久, 小野寺 誠, 菊池 哲, 小豆嶋 立頼, 星川 浩一, 小鹿 雅博, 遠藤 重厚
ICUとCCU   35(5) 428-429   May 2011
珍しい症例(その4) 特発性大網出血
井上 義博, 藤野 靖久, 小野寺 誠, 菊池 哲, 小豆嶋 立頼, 星川 浩一, 小鹿 雅博, 遠藤 重厚
ICUとCCU   35(4) 340-341   Apr 2011
珍しい症例(その3) 特発性食道破裂
井上 義博, 藤野 靖久, 小野寺 誠, 菊池 哲, 小豆嶋 立頼, 星川 浩一, 小鹿 雅博, 遠藤 重厚
ICUとCCU   35(3) 256-257   Mar 2011

Conference Activities & Talks

 
交通外傷により尿道完全断裂を伴った骨盤骨折の2症例
星川 浩一, 松本 尚也, 菅 重典, 小守林 靖一, 眞壁 秀幸, 大間々 真一, 小野寺 誠, 照井 克俊, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本航空医療学会雑誌   Oct 2017   
敗血症性ショックに対するPMX-DHP施行時のエイコサノイドと肺酸素化能を検討した1例
星川 浩一, 高橋 学, 秋丸 理世, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 正幸, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 鈴木 泰, 柴田 繁啓, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   Oct 2017   
脊髄出血による急性大腸偽性腸閉塞症の1例
藤野 靖久, 小野寺 誠, 菊池 哲, 佐藤 正幸, 小鹿 雅博, 佐藤 寿穂, 石田 馨, 佐々木 秀策, 星川 浩一, 井上 義博
日本腹部救急医学会雑誌   Feb 2017   
腹部症状による救急搬送患者と独歩受診患者の比較
藤野 靖久, 小野寺 誠, 菊池 哲, 佐藤 正幸, 小鹿 雅博, 佐藤 寿穂, 石田 馨, 吉田 宗平, 星川 浩一, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   Aug 2015   
米飯による食道異物の2例
藤野 靖久, 井上 義博, 小野寺 誠, 菊池 哲, 佐藤 正幸, 小鹿 雅博, 佐藤 寿穂, 石田 馨, 星川 浩一, 遠藤 重厚
日本腹部救急医学会雑誌   Feb 2015   
農薬中毒事例に対する岩手県ドクターヘリの活動
小野寺 誠, 佐藤 正幸, 星川 浩一, 菊池 哲, 小守林 靖一, 松本 尚也, 照井 克俊, 藤野 靖久, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚, 岩谷 涼子, 金子 拓, 佐臼 智恵子, 平船 由美子, 齊藤 麻知子, 井上 和子
日本航空医療学会雑誌   Oct 2014   
農薬中毒事例に対する岩手県ドクターヘリの対応
小野寺 誠, 佐藤 正幸, 星川 浩一, 菊池 哲, 小守林 靖一, 松本 尚也, 照井 克俊, 藤野 靖久, 井上 義博, 遠藤 重厚, 金子 拓, 佐臼 智恵子, 平船 由美子, 齋藤 麻知子, 井上 和子
東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Jul 2014   
敗血症の診断と治療 beyond guidelines 31年間の敗血症に対する診断と治療成績の検討
遠藤 重厚, 鈴木 泰, 高橋 学, 小鹿 雅博, 松本 尚也, 野田 宏伸, 佐藤 寿穂, 星川 浩一, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 井上 義博, 八重樫 泰法, 佐藤 信博
日本外科感染症学会雑誌   Oct 2012   
岩手県高度救命救急センターにおける敗血症性DICの検討
遠藤 重厚, 鈴木 泰, 高橋 学, 小鹿 雅博, 松本 尚也, 野田 宏伸, 佐藤 寿穂, 星川 浩一, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 井上 義博, 八重樫 泰法, 佐藤 信博
日本外科感染症学会雑誌   Oct 2012   
種々の液性因子からみた敗血症性ALI/ARDSに対するPMX-DHP効果の検討
柴田 繁啓, 佐藤 信博, 鈴木 泰, 青木 毅一, 小鹿 雅博, 吉川 智宏, 星川 浩一, 秋冨 慎司, 高橋 学, 松本 尚也, 塩谷 信喜, 真壁 秀幸, 高橋 進, 藤野 靖久, 小野寺 誠, 大間々 真一, 山田 裕彦, 吉田 裕樹, 井上 義博, 藤重 厚
日本アフェレシス学会雑誌   May 2012   
集学的治療を行ったStageIV膵癌の長期生存例
伊藤 直子, 新田 浩幸, 高橋 正浩, 高原 武志, 板橋 英教, 長谷川 康, 藤田 倫寛, 星川 浩一, 佐々木 章, 若林 剛
日本消化器外科学会総会   Jul 2011   
安全かつ確実な腹腔鏡下肝切除術を目指して 肝細胞癌に対する腹腔鏡補助下肝前区切除術
新田 浩幸, 佐々木 章, 藤田 倫寛, 板橋 英教, 眞壁 健二, 武田 大樹, 石橋 正久, 星川 浩一, 伊藤 直子, 高原 武志, 高橋 正浩, 西塚 哲, 木村 祐輔, 大塚 幸喜, 柏葉 匡寛, 肥田 圭介, 水野 大, 若林 剛
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   Jun 2011   
前方アプローチによる肝右葉切除術の有用性
新田 浩幸, 高原 武志, 藤田 倫寛, 板橋 英教, 星川 浩一, 伊藤 直子, 高橋 正浩, 西塚 哲, 木村 祐輔, 大塚 幸喜, 柏葉 匡寛, 肥田 圭介, 佐々木 章, 水野 大, 若林 剛
日本外科学会雑誌   May 2011   
肝胆膵外科領域における真皮縫合の有効性についての検討
伊藤 直子, 新田 浩幸, 高原 武志, 板橋 英教, 藤田 倫寛, 高橋 正浩, 星川 浩一, 肥田 圭介, 水野 大, 佐々木 章, 若林 剛
日本外科学会雑誌   May 2011   
右季肋部の圧痛を認めなかった急性胆のう炎の2例
藤野 靖久, 井上 義博, 小野寺 誠, 菊池 哲, 小鹿 雅博, 星川 浩一, 吉川 智宏, 小野寺 ちあき, 遠藤 重厚
日本腹部救急医学会雑誌   Feb 2011   
PMX-DHPを施行した敗血症性ショック患者における造血因子の検討 症例報告
菅 重典, 小鹿 雅博, 高橋 学, 星川 浩一, 吉川 智宏, 小野寺 ちあき, 照井 克俊, 鈴木 泰, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   Jan 2011   
消化管出血で発症した内臓動脈破裂症例の検討
井上 義博, 藤野 靖久, 小野寺 誠, 菊地 哲, 小豆嶋 立頼, 吉川 智宏, 星川 浩一, 小鹿 雅博, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   Jan 2011   
セプシス治療の最前線 本邦に於けるSSCGの現状 下部消化管穿孔における集学的周術期管理の再検討
小鹿 雅博, 星川 浩一, 吉川 智宏, 高橋 学, 秋冨 慎司, 小豆嶋 立頼, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 遠藤 重厚, 若林 剛
日本外科感染症学会雑誌   Oct 2010   
下部消化管穿孔術後のAcute Lung Injuryにおける血中S100A12、sRAGE測定の意義
吉川 智宏, 高橋 学, 星川 浩一, 秋冨 慎司, 松本 尚也, 小豆嶋 立頼, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 遠藤 重厚
日本外科感染症学会雑誌   Oct 2010   
末梢血刺激による抗菌薬のendotoxin releaseとCytokine productionの検討
星川 浩一, 高橋 学, 吉川 智宏, 秋冨 慎司, 小野寺 ちあき, 小鹿 雅博, 遠藤 重厚, 若林 剛
日本外科感染症学会雑誌   Oct 2010