基本情報

所属
東京音楽大学 作曲指揮専攻 指揮部会
学位
藝術

研究者番号
20895453
J-GLOBAL ID
202001017481022840
researchmap会員ID
R000005622

外部リンク

 テレビ・映画の音楽レコーディング、テレビ音楽番組、音楽祭・芸術祭のディレクターや監修、司会も多数担当し、1800公演に出演。350曲を超える作編曲は、著名アーティストからプラハ響、モーツァルテウム管、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、東響、神奈川フィル、札響、仙台フィル、名古屋フィル、大阪フィル、九響、シエナウィンド等で演奏されている。一方、ティンパニ・打楽器奏者(名古屋フィル客演、中部フィル)を14年間務めた経験も持つ。
 CDは、藤田崇文指揮×札幌交響楽団「伊福部昭トリビュート春の音楽祭」が、レコード芸術 “特選盤・優秀録音盤”にダブル選出され、アマゾン、タワーレコード売上1位を記録。故郷・北海道帯広には自作曲「光と風の大地」スコアと共に銅板記念碑が建立され、北海道とかち観光大使を務める。

 


● 本研究マップではカテゴリーを次のように分類し掲載しています>
[書籍等出版物]は、『楽譜』=作曲・編曲、 『CD』『DVD』=作曲・編曲・指揮。
[Works(作品等)]は、作曲・編曲の『音楽作品』(初演時の情報のみ掲載し、再演は含まない)。
[社会貢献活動]は、コンサート』(プロデュースしたコンサートをメインとし、統括した舞台公演、楽曲提供、ゲスト出演を含む)。

なお、商業的傾向が強いイベント、テレビ番組関連は、本研究マップでの掲載を割愛しています。


論文

  1

MISC

  15

書籍等出版物

  62

講演・口頭発表等

  4

Works(作品等)

  80

共同研究・競争的資金等の研究課題

  15

社会貢献活動

  189

学術貢献活動

  56

メディア報道

  65

その他

  4
  • 63
    2017年7月 - 現在
    ・ミュージック・ディレクター:藤田崇文 ・演奏:兵庫県立芸術文化センター管弦楽団 (PAC) ・収録:兵庫県立芸術文化センター ●ニコン100周年「ニコンミュージアム」Theater (映像と音楽・常設) ニコン・ミュージアム パンフレット https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/pdf/nikon-museum.pdf
  • 85
    2008年10月 - 現在
    北海道十勝帯広の原風景を描いた音楽作品「光と風の大地(藤田崇文 作曲)」のスコアが、記念碑として建立。[北海道帯広市・野外常設] (記念碑:スコア28ページ中の 1ページ目)
  • 2017年8月
    松本清張原作、映画『砂の器』のシネマ・コンサート、「ピアノ協奏曲『宿命』」ピアノ全曲復元・編纂担当、コンサート用スコア。 2017年8月12日、8月13日 Bunkamura オーチャードホールにて初演。
  • 57
    2014年
    映画 『ゴジラ』(1954) シネマコンサート <ゴジラ生誕60周年記念/伊福部昭音楽祭(第4回)>(日本映画シネマコンサート初開催) 2014年7月13日 (日) 音楽:伊福部昭 出演・トーク:宝田明 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 プロデューサー:藤田崇文 会場:東京オペラシティコンサートホール <ゴジラ生誕60周年記念> 2015年1月18日(日) 17:00開演   東京フィルハーモニー交響楽団 NHKホール <伊福部昭没後10年/ゴジラ音楽祭> 2016年5月2日(月)18:00開演 日本センチュリー交響楽団 ロームシアター京都 メインホール <伊福部昭没後10年/伊福部昭の世界> 2016年6月15日(水) 19時開演 九州交響楽団 福岡シンフォニーホール <第30回東京国際映画祭> ①2017年10月31日(火) 15:00開演 ②2017年10月31日(火) 19:00開演 東京フィルハーモニー交響楽団 東京国際フォーラムC