巖谷睦月

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/11 15:06
 
アバター
研究者氏名
巖谷睦月
所属
東京藝術大学
職名
専門研究員
学位
博士(美術)(東京藝術大学)
科研費研究者番号
40749199

プロフィール

専門はイタリア、とくにルーチョ・フォンターナを中心とする20世紀の美術。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京藝術大学大学院 専門研究員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京藝術大学美術学部 教育研究助手
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2014年3月
東京藝術大学大学院 美術研究科 博士後期課程美術専攻芸術学研究領域(西洋美術史)
 
2009年10月
 - 
2011年9月
ボローニャ大学 文学・哲学科 単科留学
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京藝術大学大学院 美術研究科 修士課程芸術学専攻西洋美術史研究分野
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東京藝術大学 美術学部 芸術学科
 

受賞

 
2010年2月
秀桜基金留学賞事務局 秀桜基金留学賞
 

論文

 
原典史料翻訳・解題 『空間芸術宣言』1951年11月26日
巖谷睦月
Aspects of problems in Western art history   (15) 131-140   2017年12月   [査読有り]
原典資料翻訳・解題:空間主義の初期三宣言 二つの『空間主義者たち』と『規定の提言』について
巖谷睦月
声をさがしつづけて 和田忠彦先生退任記念論文集   207-222   2016年12月
巖谷 睦月
鹿島美術財団年報   (33) 470-481   2015年
鹿島美術財団研究助成[2015年度、助成選考時企画書審査有]
巖谷睦月
東京藝術大学大学院美術研究科      2014年3月   [査読有り]
巖谷 睦月
Aspects of problems in Western art history   12 63-68   2014年   [査読有り]
ルーチョ・フォンターナの作品制作とミラノ・トリエンナーレ
巖谷睦月
東京藝術大学美術学部論叢   (10) 41-52   2014年   [査読有り]
ルーチョ・フォンターナ論 その空間についての一考察
巖谷睦月
東京藝術大学大学院美術研究科      2006年3月   [査読有り]
巖谷 睦月
Aspects of problems in Western art history   7 57-69   2006年   [査読有り]

Misc

 
展覧会評:“ルーチョ・フォンターナ:Ambienti / Environments”
巖谷睦月
Aspects of Problems in Western Art History   (16)    2018年12月
韻を踏む二つの言葉とともに会場をめぐる一文
巖谷睦月
『彫刻―気概と意外』展カタログ   6-9   2017年2月   [依頼有り]
東京藝術大学彫刻科企画展実行委員会発行
展覧会に際する評論文
展覧会評:“イヴ・クライン、ルーチョ・フォンターナ:ミラノ、パリ 1957-1962”
巖谷睦月
Aspects of Problems in Western Art History   (13) 175-181   2016年2月
巖谷睦月
WEB [Tomoko Sato] 内 [text]      2015年9月   [依頼有り]
作家解説・評論
カタログ巻頭論文翻訳(学術協力:金井直)マルコ・メネグッツォ「イタリアにおけるキネティック・アートとプログラム・アート:再発見されるべき傾向」
巖谷睦月
「キネティック・アート」展カタログ   11-20   2014年4月
展覧会場:
 山梨県立美術館[平成26年4月26日—6月15日]
 損保ジャパン東郷青児美術館[平成26年7月8日—8月2日]
 ふくやま美術館[平成27年4月11日-6月14日]
 埼玉県立美術館[平成27年7月4日—9月6日]
発行:アートプランニングレイ
分担翻訳 担当:第8章Ⅲ-Ⅴ,第9章
巖谷睦月
ミシェル・フイエ著/越川倫明・小林亜起子監訳『イタリア美術』白水社   150-170   2012年9月
ひとつを見とおす目とふたつの手を持つ作家
巖谷睦月
瀧下和之 JAPON:ism   99-105   2011年11月   [依頼有り]
求龍堂発行
作品集における評論
巖谷 睦月
Aspects of problems in Western art history   8 65-68   2011年2月
カタログレゾネ書評
分担翻訳 担当:第5章「ミラノ宮廷 1490-1499年」
巖谷睦月
チャールズ・ニコル著/越川倫明監訳『レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯 飛翔する精神の軌跡』   339-432   2009年1月
作品解説部分翻訳 担当:ミケランジェロ・ブオナローティ《磔刑のキリスト》ほか
巖谷睦月
「フィレンツェ 芸術都市の誕生」展カタログ      2004年10月
展覧会場:
 国立西洋美術館[平成16年10月23日—12月19日]
 京都市美術館[平成17年1月29日−4月10日]
発行:日本経済新聞社
pp.133−135, 177−178(全277頁)

書籍等出版物

 
教養のイタリア近現代史
巖谷睦月 (担当:分担執筆, 範囲:第十章 イタリア芸術の半世紀)
ミネルヴァ書房   2017年5月   
30人の画家で知る西洋絵画の楽しみ方
巖谷睦月 (担当:分担執筆, 範囲:ポール・セザンヌ、サルバドール・ダリほか)
NHK学園通信講座テキスト   2012年4月   

講演・口頭発表等

 
ルーチョ・フォンターナのネオン作品 1937年のパリ万博の影響の可能性
巖谷睦月
イタリア近現代史研究会   2018年10月27日   
1934年のイタリア航空博覧会開催式典における演出 ——そのルーチョ・フォンターナへの影響——
巖谷睦月
イタリア学会第66回大会   2018年10月20日   
Il “volo” negli anni trenta e cinquanta fra politica e arte attraverso l’esperienza di Lucio Fontana
巖谷睦月
XXXIV Congreso de Lengua y Literatura Italianas de la Asociación Docentes e Investigadores de Lengua y Literatura Italianas   2018年9月20日   
イタリア語による発表
ミラノ、30年代と50年代――ルーチョ・フォンターナから [招待有り]
巖谷睦月
科学研究費基金「国際的文脈における戦後イタリア美術と文化的葛藤――芸術・産業・メディア」(代表:池野絢子)主催研究会『20世紀イタリアの芸術と文化』   2018年3月18日   
芸術における日伊交流の発展――ルーチョ・フォンターナと瀧口修造の時代を中心に―― [招待有り]
巖谷睦月
上智大学・イタリア大使館主催シンポジウム『19 世紀における日伊関係』   2016年10月14日   
ルーチョ・フォンターナと1930年代ミラノの抽象 カルロ・ベッリ、エドアルド・ペルシコ
巖谷睦月
第140回イタリア言語文化研究会例会   2015年10月3日   
“ファシズム期の”美術 ~その複数の貌と再生する未来派の記憶~ [招待有り]
巖谷睦月
日伊協会 連続文化講座 「ファシズムと芸術」第4回   2014年10月25日   
ルーチョ・フォンターナの空間主義 1946年から1958年までを中心に
巖谷睦月
博士学位請求論文公開発表会   2013年12月24日   
ルーチョ・フォンターナのネオン作品と未来派の記憶 エンリコ・プランポリーニによる展示装置との関係を中心に
巖谷睦月
第65回美術史学会全国大会   2012年5月20日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
イタリア新前衛派の軌跡と展開に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 土肥 秀行
研究分担者
エドアルド・ペルシコとの関係から見るルーチョ・フォンターナ (「美術に関する調査研究の助成」研究報告) -- (2015年度助成)
公益財団法人鹿島美術財団: 美術に関する調査研究の助成
研究期間: 2015年5月 - 2016年5月    代表者: 巖谷睦月
20世紀イタリア美術研究
イタリア政府: 奨学金留学生
研究期間: 2010年1月 - 2010年9月    代表者: 巖谷睦月

社会貢献活動

 
イタリア美術の歴史 ― 5 大都市をめぐる旅―
【講師】  中央大学  クレセント・アカデミー  2018年11月10日 - 2018年12月8日
第3回 ボローニャ ―ポルティコの続く街並、画家たちの“聖地” (11月10日)
第5回 ミラノ ―華やかなりし前衛、イタリア唯一の“都会” (12月8日予定)
巨匠の来た道 — 文化を味わう美術の旅 —
【講師】  2018年8月4日 - 2018年8月18日
第1回「フィレンツェ」(8月4日)
第2回「ミラノ」(8月18日)
名作で解き明かす西洋美術の楽しみ方 ルネサンス期の絵画を中心に
【講師】  NHK文化センター千葉教室  春・夏季講座  2018年4月
第1回「イタリア・ルネサンス① レオナルド・ダ・ヴィンチ」(4月18日)
第2回「イタリア・ルネサンス② ミケランジェロ」(5月16日)
第3回「イタリア・ルネサンス③ ラファエッロ」(6月20日)
第4回「イタリア・ルネサンス④ ジョルジョーネとティツィアーノ」(7月18日)
第5回「北方ルネサンス① ファン・エイク兄弟とブリューゲル父・子」(8月29日)
第6回「北方ルネサンス② デューラーとクラーナハ父・子」(9月12日)
イタリアの二都市をめぐる 〜文化を味わう美術の旅〜
【講師】  NHK文化センター青山教室  春季講座  2018年3月17日 - 2018年3月31日
第1回「ミラノ」(3月17日)
第2回「ボローニャ」(3月31日)
知ってみよう、考えてみよう。人間の身体と美術
【講師】  川崎市立看護短期大学  夜間サテライト講座  2013年10月2日 - 2013年10月23日
第2回「描かれた女性とファッション 時代とともに変わる美しさの表現」(10月2日)
第3回「描かれた医術と看護 時代をうつす鏡としての絵画」(10月23日)
「悠久への回帰 高橋秀」展記念シンポジウム
【パネリスト】  岡山県立美術館  2010年3月20日
ミュージアムをどう評価するのか 学芸員の専門性と美術館・博物館の力
【運営参加・支援】  美術史学会  美術館博物館委員会シンポジウム  2009年5月9日
「聖書・聖人のトークシリーズ」ギャラリートーク
【講師】  国立西洋美術館  Fun with Collection 2008:見る楽しみ・知る喜び-宗教・芸術家・修復編  2008年8月5日 - 2008年8月8日
8/5、8/8の2回