SHNYA RAI

J-GLOBAL         Last updated: Aug 20, 2019 at 11:55
 
Avatar
Name
SHNYA RAI
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Younes A, Sehn LH, Johnson P, Zinzani PL, Hong X, Zhu J, Patti C, Belada D, Samoilova O, Suh C, Leppä S, Rai S, Turgut M, Jurczak W, Cheung MC, Gurion R, Yeh SP, Lopez-Hernandez A, Dührsen U, Thieblemont C, Chiattone CS, Balasubramanian S, Carey J, Liu G, Shreeve SM, Sun S, Zhuang SH, Vermeulen J, Staudt LM, Wilson W, PHOENIX investigators.
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   37(15) 1285-1295   May 2019   [Refereed]
ホジキンリンパ腫に対する自家移植後のbrentuximab-vedotin地固め療法
頼 晋也
血液内科   78(4) 538-544   Apr 2019
Tanaka H, Espinoza JL, Fujiwara R, Rai S, Morita Y, Ashida T, Kanakura Y, Matsumura I
Cells   8(3)    Mar 2019   [Refereed]
Taniguchi T, Nakayama S, Morita Y, Rai S, Espinoza JL, Matsumura I
British journal of haematology   184(2) 121   Jan 2019   [Refereed]
Nakayama S, Taniguchi T, Tanaka H, Espinoza JL, Rai S, Matsumura I
British journal of haematology   184(2) 122   Jan 2019   [Refereed]
賴 晋也
血液内科 = Hematology   77(6) 718-723   Dec 2018
Rai S, Tanaka H, Fujimoto K, Kumode T, Inoue H, Taniguchi Y, Morita Y, Espinoza JL, Tatsumi Y, Ashida T, Matsuoka R, Kikuti YY, Nakamura N, Matsumura I
Cancers   10(9)    Sep 2018   [Refereed]
頼晋也, 松村到
日本内科学会雑誌   107(7) 1316‐1323   Jul 2018
【血液疾患を見逃さないために-プライマリ・ケアと専門医コンサルトのタイミング】血液疾患を疑う症候・病変の診かたと紹介のタイミング 甲状腺病変
頼 晋也
Medicina   55(8) 1194-1197   Jul 2018
<文献概要>Point ◎甲状腺悪性リンパ腫の発症頻度は,甲状腺悪性腫瘍の1〜5%と非常に稀な疾患である.◎約90%に橋本病を合併しており,中高年女性に好発する.◎中悪性度のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫および低悪性度のMALTリンパ腫が主な組織型である.◎超音波検査では「著明な低エコー腫瘤像」が特徴的である.
【急性白血病】 治療関連白血病の病態と治療
頼 晋也, 松村 到
日本内科学会雑誌   107(7) 1316-1323   Jul 2018
【診断と治療のABC[133]悪性リンパ腫】 (第4章)管理・治療 費用対効果の観点から見た悪性リンパ腫の治療選択
頼 晋也
最新医学   別冊(悪性リンパ腫) 187-193   Apr 2018
分子標的治療薬を始めとした新規薬剤の開発は、悪性リンパ腫の予後を大きく改善した。一方で、これらの薬剤は高額であり、治療法の開発・進歩が医療費高騰に及ぼす影響が懸念されている。本稿では医療経済学的な観点から、高額な新規薬剤の"積極的な使用"の意義を、諸外国での分析結果を交えながら検証してみたい。(著者抄録)
Rai S, Espinoza JL, Morita Y, Tanaka H, Matsumura I
Frontiers in immunology   9 3031   2018   [Refereed]
Taniguchi Y, Tanaka H, Luis EJ, Sakai K, Kumode T, Sano K, Serizawa K, Rai S, Morita Y, Hanamoto H, Tsubaki K, Nishio K, Matsumura I
International journal of hematology      Aug 2017   [Refereed]
井上宏昭, 森田泰慶, 頼晋也, 角谷宏明, 大山泰世, 谷口康博, 田中宏和, 嶋田高広, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
臨床血液   58(2) 138‐142(J‐STAGE)-142   Feb 2017
固形臓器移植後の免疫抑制療法は,骨髄異形成症候群(MDS)の発症リスクとなることが知られている。我々は,固形臓器移植後に発症した低リスクMDSに対して移植臓器の拒絶などの悪影響がなく,安全にアザシチジン(AZA)を投与することが可能で,血液学的改善が得られた2症例を経験したので報告する。1例目は肝移植後の74歳の男性である。免疫抑制療法として,シクロスポリンとプレドニゾロンを投与されていた。肝移植9年後,MDS(RCMD)と診断された。2例目は死体腎移植後の47歳の女性である。免疫抑制療法...
Sumiyoshi M, Masuda N, Tanuma N, Ogoh H, Imai E, Otsuka M, Hayakawa N, Ohno K, Matsui Y, Hara K, Gotoh R, Suzuki M, Rai S, Tanaka H, Matsumura I, Shima H, Watanabe T
FEBS letters   589(19 Pt B) 2754-2762   Sep 2015   [Refereed]
和田裕介, 和田裕介, 樋口智紀, 藤田貢, 頼晋也, 前倉俊治, 浦瀬文明, 松村到, 義江修
近畿大学医学雑誌   40(1-2) 23-29   Jun 2015
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma/DLBCL)は非ホジキンリンパ腫の中で最頻のサブタイプである。本疾患に対しては、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、およびプレドニゾロンの併用療法、いわゆるCHOP療法が長きにわたり標準治療法であった。しかし近年、CD20を標的としたキメラIgG1モノクローナル抗体であるリツキシマブがDLBCLに著効することが示され、これを加えたR-CHOPが現在では実質的標準治療となっている。一...
Morita Y, Emoto M, Serizawa K, Rai S, Hirase C, Kanai Y, Ohyama Y, Shiga T, Tanaka H, Miyatake J, Tatsumi Y, Ashida T, Kimura M, Ito M, Matsumura I
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(11) 1393-1396   2015   [Refereed]
Rai S, Tanaka H, Suzuki M, Ogoh H, Taniguchi Y, Morita Y, Shimada T, Tanimura A, Matsui K, Yokota T, Oritani K, Tanabe K, Watanabe T, Kanakura Y, Matsumura I
PloS one   9(10) e109441   2014   [Refereed]
Rai S, Matsuda M, Yamairi N, Eguchi G, Iwanaga T, Morita Y, Tanaka H, Tatsumi Y, Ashida T, Matsumura I
Internal medicine (Tokyo, Japan)   52(2) 273-276   2013   [Refereed]
Recognition of complete response by long-term observation after treatment with 90Y-Ibritumomab tiuxetan for relapsed follicular lymphoma
Acta Med Kinki Univ   36(2) 87-89   Sep 2012
Oiso N, Tatsumi Y, Arao T, Rai S, Kimura M, Nakamura S, Itoh T, Nishio K, Matsumura I, Kawada A
Eur J Dermatol 2012,   22(3) 393-394   May 2012   [Refereed]
笹川淳, 前田裕弘, 頼晋也, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 松村到
近畿大学医学雑誌   37(1/2) 45-52   Mar 2012
HIV感染者は、Epstein-Barrウイルス(EBV)陽性の悪性リンパ腫を高率に発症し、非HIV感染者に発症する悪性リンパ腫と比較すると節外性、特に中枢神経原発の悪性リンパ腫(primary central nervous system lymphoma、PCNSL)の頻度が高い。その機序を解明するため我々は、HIV感染者および健常者から、EBV陽性のBリンパ芽球細胞株(B-LCL)を樹立し、細胞表面の接着分子の発現をフローサイトメーターで解析した。リンパ球機能関連抗原-1(lymph...
Suzuki M, Tanaka H, Tanimura A, Tanabe K, Oe N, Rai S, Kon S, Fukumoto M, Takei K, Abe T, Matsumura I, Kanakura Y, Watanabe T
PloS one   7(2) e31854   2012   [Refereed]
Morita Y, Shimada T, Yamaguchi T, Rai S, Hirase C, Emoto M, Serizawa K, Taniguchi Y, Ojima M, Tatsumi Y, Ashida T, Matsumura I
International journal of hematology   94(6) 583-584   Dec 2011   [Refereed]
Morita Y, Ohyama Y, Rai S, Kawauchi M, Yamaguchi T, Shimada T, Tatsumi Y, Ashida T, Maeda Y, Matsumura I
INTERNAL MEDICINE   50(16) 1737-1740   Aug 2011   [Refereed]
Oiso N, Tatsumi Y, Rai S, Matsumura I, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   21(4) 636-638   Jul 2011   [Refereed]
頼晋也, 松田光弘, 山入望美, 數田高生, 岩永隆行, 青山真人, 川村正喜, 橋本重夫, 板垣信生
臨床血液   51(4) 281-285 (J-STAGE)-285   Apr 2010
症例は51歳女性。慢性腎不全保存期で外来通院中であったが,2008年3月,汎血球減少が出現し,最重症型再生不良性貧血と診断された。抗ヒト胸腺細胞ウマ免疫グロブリン(ATG)療法を選択したが,効果は一時的であった。その後,維持腹膜透析(CAPD)導入となった。平成21年2月に抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン(rATG)療法を施行したが,効果なく,種々の感染症により,徐々に全身状態の悪化を認めた。同胞がなく,平成21年8月にHLA半合致の長男をドナーとした母児間末梢血幹細胞移植を施行した。前...
Oiso N, Rai S, Kawara S, Tatsumi Y, Kawada A
Case reports in dermatology   2(1) 18-21   Feb 2010   [Refereed]
Therapeutic strategies for suboptimal response to in imatinib in chronic myeloid leukemia
95-98   2010
Morita Y, Matsuda M, Yamaguchi T, Sakaguchi M, Rai S, Kanai Y, Hirase C, Kawanishi K, Miyatake J, Shimada T, Tatsumi Y, Ashida T, Maeda Y, Kanamaru A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(19) 2163-2166   2010   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Interleukin-17産生のEvans症候群合併のangioimmunoblastic T-cell lymphomaの一例
谷口 貴英, 中山 聖子, 森田 泰慶, 頼 晋也, 平瀬 主税, 谷口 康博, 井上 宏昭, 大山 泰世, 三宅 義昭, Espinoza J Luis, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
治療抵抗性TAFRO症候群に合併したAILTの1例
三宅 義昭, 頼 晋也, 井上 宏昭, 口分田 貴裕, 谷口 康博, 中山 聖子, 森田 泰慶, Espinoza J.L., 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
ヘモグロビン値と血小板数に基づくびまん性大細胞型B細胞リンパ腫、非特異型の新たな予後指標の提唱
中山 聖子, 松田 光弘, 森田 泰慶, 頼 晋也, 谷口 康博, 井上 宏昭, 大山 泰世, 谷口 貴英, 三宅 義昭, 足立 達哉, 末田 早苗, Espinoza J. Luis, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
十二指腸原発濾胞性リンパ腫における抗腫瘍免疫の寄与
井上 宏昭, 頼 晋也, 口分田 貴裕, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 中山 聖子, 森田 泰慶, Luis Espinoza J., 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
日本リンパ網内系学会会誌   May 2019   
単一施設における初回同種造血幹細胞移植376例の経年的影響
芦田 隆司, 小森 舞子, 源 周治, 大山 泰世, 井上 宏昭, 口分田 貴裕, 谷口 康博, 頼 晋也, 森田 泰慶, 地守 慶亮, 前田 朋子, 中野 勝彦, 福島 靖幸, 川野 亜美, 井手 大輔, 前田 岳宏, 椿本 祐子, 藤田 往子, 金光 靖, 松村 到
日本輸血細胞治療学会誌   Apr 2019   
抗利尿ホルモン分泌異常症を呈したangioimmunoblastic T-cell lymphomaの1例
谷口 貴英, 中山 聖子, 森田 泰慶, 頼 晋也, 大山 泰世, 三宅 義昭, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2019   
末梢血幹細胞採取前のCD34細胞数測定の有用性
山田 枝里佳, 斉藤 花往里, 藤本 昂, 角谷 宏明, 岩田 吉生, 谷口 貴英, 源 周治, 大山 泰世, 口分田 貴裕, 井上 宏昭, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 頼 晋也, 平瀬 主税, 森田 泰慶, 田中 宏和, 岡野 意浩, 坂田 尚己, 芦田 隆司, 松村 到
日本アフェレシス学会雑誌   Oct 2018   
脳静脈洞血栓症を合併し、開頭減圧術・術後エクリズマブ投与が有効であったPNHの一例(Post-operative treatment with eculizumab for PNH presenting as cerebral venous sinus thrombosis)
岩田 吉生, 森田 泰慶, 辻 潔, 頼 晋也, 田崎 貴之, 井上 宏昭, 谷口 康博, 藤本 昂, 田中 宏和, 芦田 隆司, 加藤 天美, 松村 到
臨床血液   Sep 2018   
十二指腸型濾胞性リンパ腫は、抗腫瘍免疫により良好な予後を示す(Duodenal-type follicular lymphoma exhibits good prognosis through the increased anti-tumor immunity)
井上 宏昭, 頼 晋也, 口分田 貴裕, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 中山 聖子, 森田 泰慶, ルイス・エスピノザ, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Sep 2018   
CLEC-2の発現は巨核球にバイアスした長期骨髄再建能を有する造血幹細胞集団を規定する(CLEC-2 identifies a functionally distinct subpopulation of megakaryocyte-biased HSCs)
口分田 貴裕, 田中 宏和, Espinoza J. Luis, 岩田 吉生, 佐野 圭吾, 芹澤 憲太郎, 谷口 康博, 頼 晋也, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Sep 2018   
異常なRTKの細胞内輸送阻害は急性骨髄性白血病における有望な治療標的である(Intracellular trafficking of mutated RTKs shows promising therapeutic target against AML)
頼 晋也, 田中 宏和, 鈴木 麻衣, Espinoza Luis, 谷村 朗, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 横田 貴史, 織谷 健司, 渡邊 俊雄, 金倉 譲, 松村 到
臨床血液   Sep 2018   
Therapy monitoring during deferasirox of iron texicity in MDS with transfusional iron overload
SHNYA RAI
Oct 2017   
Successful treatment of Hodgkin lymphoma variant of Richter syndrome with Bendamustine -Rituximab
SHNYA RAI
Oct 2017   
Efficary and safety of obinutuzumab in Japanese patients with DLBCL-A subgroup analysis of GOYA
SHNYA RAI
Oct 2017   
芦田隆司, 芦田隆司, 斎藤花往里, 藤本昴, 末田早苗, 角谷宏明, 大山泰世, 井上宏昭, 谷口康博, 頼晋也, 森田泰慶, 岩本ちづる, 中野勝彦, 福島靖幸, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 前田岳宏, 椿本祐子, 金光靖, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   15 Feb 2017   
副腎不全を契機に診断した両側性副腎原発悪性リンパ腫の1例
波江野 高大, 頼 晋也, 藤本 昂, 森田 泰慶, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2017   
腹水貯留にて発症したprimary effusion lymphoma-like diffuse large B-cell lymphomaの1例
堀川 亮太, 頼 晋也, 齋藤 花往里, 森田 泰慶, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2017   
リツキシマブによる間質性肺炎をきたしたDLBCLの1例
小森 舞子, 井上 宏昭, 角谷 宏明, 頼 晋也, 森田 泰慶, 芦田 隆司, 松村 到
臨床血液   Jan 2017   
齋藤花往里, 頼晋也, 岩田吉生, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 柳原緑, 大磯直毅, 川田暁
臨床血液   28 Feb 2016   
藤本昂, 頼晋也, 岩田吉生, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
臨床血液   28 Feb 2016   
芦田隆司, 芦田隆司, 角谷宏明, 末田早苗, 岩田吉生, 福井彩乃, 大山泰世, 井上宏昭, 頼晋也, 平瀬主税, 森田泰慶, 中野勝彦, 福島靖幸, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 前田岳宏, 菅野知恵美, 椿本祐子, 金光靖, 松村到, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   10 Feb 2016   
頼晋也, 豊嶋崇徳, 福原規子, 飛内賢正, 畠清彦, 下山達, 安藤潔, 内田俊樹, 永井宏和, 谷脇雅史, 柴山浩彦, 中前博久, 松村到, 石川隆之, 一戸辰夫, 加藤光次, 日高道弘
日本リンパ網内系学会会誌   18 Jun 2015   
芦田隆司, 福井彩乃, 大山泰世, 芹沢憲太郎, 頼晋也, 平瀬主税, 中野勝彦, 福島靖幸, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 前田岳宏, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 金光靖, 松村到
日本輸血細胞治療学会誌   15 Apr 2015   
芦田隆司, 岩田吉生, 谷口貴英, 源周治, 芹沢憲太郎, 川内超矢, 大山泰世, 金井良高, 頼晋也, 平瀬主税, 森田泰慶, 竹中孝子, 福島靖幸, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   6 Feb 2015   
芹澤憲太郎, 森田泰慶, 谷口貴英, 岩田吉生, 源周治, 大山泰世, 川内超矢, 金井良高, 頼晋也, 平瀬主税, 田中宏和, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   6 Feb 2015   
口分田貴裕, 岩田吉夫, 谷口貴秀, 源周治, 大山泰世, 佐野圭吾, 川内超矢, 芹澤憲太郎, 谷口康博, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   6 Feb 2015   
宮武淳一, 岩田吉生, 谷口貴英, 源周治, 大山泰世, 川内超矢, 佐野圭吾, 口分田貴裕, 芹澤憲太郎, 谷口康博, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   6 Feb 2015   
CALM Plays a Critical Role in CYと杵Signaling by Regulating Cellilar Localization of RTKs院Hematopoietic Cells
2nd International Symposium of Training Pla for Oncology Professionals   Jan 2014   2nd International Symposium of Training Pla for Oncology Professionals
Trib1and Trib2 block myeloid differentitation by sippressing AKT phosphorylation
Oct 2013   
CALM controls signaling RTKs by regulating their cellular localization in hematopoietic cells
Oct 2013   
Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT(Z-LEED) for B-cell Lymphoma
Oct 2013   
Results of gemcitabine therapy for related of refractory Non-Hodgkin’slymphoma in one institute
Oct 2013   
CALM links cytokine to hematopoietic cell growth and survival by regulating intracellulartrafficking of receptor tyrosune kinases
Jun 2013   
川西一信, 綿谷陽作, 谷口康博, 川内超矢, 芹澤憲太郎, 江本正克, 金井良高, 頼晋也, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 嶋田高広, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   8 Feb 2013   
Bioclonal acute myeloid leukemia with t(2;5;15)and t(9;22)
Oct 2012   
Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT (Z-LEED)for relapsed and refractory B- cell lymphoma
Jul 2012   
芹澤憲太郎, 川西一信, 大山泰世, 尾嶋真由子, 井上宏昭, 口分田貴裕, 江本正克, 谷口康博, 金井良高, 頼晋也, 笹川淳, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 田中宏和, 嶋田高広, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   1 Feb 2012   
Experience of indolent malignant lymphoma treated with Bendamustine in our institute
2012   
鈴木麻衣, 田中宏和, 谷村朗, 田邊賢司, 大江夏子, 頼晋也, 昆俊亮, 福本学, 竹居孝二, 松村到, 金倉譲, 渡邊利雄
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2012   
Therapy-related myeliod/natural killer cell precursor acute leukemia
Oct 2011   
Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT for relapsed mantle cell lymphoma
Oct 2011   
Analysis of iron overload in patients with transfusion-dependent hematological diseases
Oct 2011   
山口晃史, 頼晋也, 川西一信, 芦田隆司, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 伊藤志保, 峯佳子, 藤田往子, 金光靖, 松村到, 金丸昭久
日本輸血細胞治療学会誌   14 Mar 2011   
頼晋也, 松田光弘, 口分田貴裕, 井上宏昭, 川内超矢, 江本正克, 芹澤憲太郎, 金井良高, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高広, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 松村到
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   2011   
口分田貴裕, 頼晋也, 辰巳陽一, 大山雄一, 金井良高, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高広, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 松村到, 金丸昭久
日本リンパ網内系学会会誌   31 May 2010   
頼晋也, 辰巳陽一, 口分田貴裕, 大山雄一, 金井良高, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高広, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 松村到, 松田光弘, 金丸昭久
日本リンパ網内系学会会誌   31 May 2010   
辰巳陽一, 頼晋也, 金井吉高, 平瀬主悦, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高弘, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
日本リンパ網内系学会会誌   31 May 2010   
辰巳陽一, 宮武淳一, 川西一信, 嶋田高広, 佐野徹明, 森田泰慶, 山口晃史, 川田修平, 頼晋也, 金井良高, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2009   
Pilot study on the use of oral bisphosphonate to prevent bone loss in allo-SCT recipients
Feb 2009   
辰巳陽一, 頼晋也, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 山口晃史, 森田康慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 川西一信, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2008   
前田裕弘, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 金丸昭久, 浦瀬文明, 花本仁, 八木秀男, 椿和央
臨床血液   30 Sep 2008   
佐野徹明, 頼晋也, 高井俊介, 平瀬主税, 川田修平, 森田泰慶, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2008   
頼晋也, 辰巳陽一, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 川西一信, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2008   
川西一信, 金井良高, 頼晋也, 高井俊輔, 平瀬主税, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2008   
頼晋也, 辰巳陽一, 山口晃史, 川田修平, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
日本リンパ網内系学会会誌   9 May 2008   
辰巳陽一, 頼晋也, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 前田裕弘, 金丸昭久
日本内科学会雑誌   20 Feb 2008   
川西一信, 金井良高, 頼晋也, 渡辺克哉, 川田修平, 山口晃史, 土方康基, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2007   
芦田隆司, 金井良高, 頼晋也, 川田修平, 渡辺克哉, 山口晃史, 森田泰憲, 土方康基, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2007   
頼晋也, 辰巳陽一, 金井良高, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久
臨床血液   30 Sep 2007