共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

日本の高齢者の「人生の最終段階を見据えた話し合い」促進プログラム開発と検証

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 宮下 淳
  • ,
  • 福原 俊一
  • ,
  • 山本 洋介
  • ,
  • 清水 さやか

課題番号
18K07418
配分額
(総額)
4,030,000円
(直接経費)
3,100,000円
(間接経費)
930,000円

応募者らは、2015年度より日本の高齢者によるACP実践の促進・阻害要因に関する量的研究や、日本の高齢者がACP実践に至るプロセスを解明する質的研究を行った。さらに現在、ACP実践を開始する最適な時期に関する国際共同研究を行っており、日本の非終末期高齢者がACP実践を行うプロセスを家族関係や社会的ネットワークの観点から明らかにしつつあった。以上のことを踏まえ、日本の非終末期高齢者に対するACP実践促進プログラム開発を行う事が、本研究のの目的である。
2018年度中に先行して行っていた研究の知見を学術誌に出版させることを目標としていたが、出版までにかなり時間がかかり、2019年度までに“Association between social networks and discussions regarding adnvance care planning among Japanese older adults”がPlos Oneに受理され、“How Psychosocial Factors Contribute to Japanese Older Adults' Initiation of Advance Care Planning Discussions: A Qualitative Study”がJournal of Applied Gerontologyに、"Patients’ preferences and factors influencing initial advance care planning discussions’ timing: A cross-cultural mixed-methods study"がPalliative Medicineに受理された。
2018年度には、デルファイ法を用いてコンセンサス形成研究の倫理申請を行い、受理されたので、2019年度から本格的に応募者らの先行研究の知見に加えて、Pubmed や医中誌から研究の検索を行った。その上で、「比較的健康な高齢者に対するACPを実践するための介入プログラム(健康高齢者ACP実践プログラム)」の内容のリストアップを行い、プログラム項目の原案を作成した。

ID情報
  • 課題番号 : 18K07418