原 聡史

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/07 14:42
 
アバター
研究者氏名
原 聡史
所属
国立研究開発法人国立成育医療研究センター
部署
システム発生・再生医学研究部
職名
研究員
学位
博士(バイオサイエンス)

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
国立成育医療研究センター システム発生・再生医学研究部 研究員
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京農業大学大学院 農学研究科 バイオサイエンス専攻
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科
 

受賞

 
2017年9月
日本繁殖生物学会 優秀論文賞
 
2013年9月
日本繁殖生物学会 優秀発表賞
 
2012年5月
日本卵子学会 学術奨励賞(口頭発表)
 

論文

 
Sasaki K, Hara S, Yamakami R, Sato Y, Hasegawa S, Kono T, Morohaku K, Obata Y
Molecular reproduction and development      2019年3月   [査読有り]
Ogawa Y*, Terao M*, Hara S*, Tamano M, Okayasu H, Kato T, Takada S (*Co-first author)
Scientific reports   8(1) 17514   2018年11月   [査読有り]
Saito T*, Hara S*, Kato T, Tamano M, Muramatsu A, Asahara H, Takada S (*Co-first author)
Human molecular genetics      2018年6月   [査読有り]
Hara S, Takada S
Journal of human genetics   63(2) 107-113   2018年2月   [査読有り]
Kato T*, Hara S*, Goto Y, Ogawa Y, Okayasu H, Kubota S, Tamano M, Terao M, Takada S (*Co-first author)
Scientific reports   7(1) 59   2017年3月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
ヒト配列ノックインマウスを用いたIG-DMRによるインプリント制御機構の解析
文部科学省: 科学研究費助成事業 若手研究B
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 原 聡史
ゲノム編集効率に寄与するマウス受精卵のDNA修復機構の解明
文部科学省: 科学研究費助成事業 若手研究B
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 原 聡史