Satoru Tsuda

J-GLOBAL         Last updated: Oct 8, 2018 at 14:47
 
Avatar
Name
Satoru Tsuda
E-mail
tsudaoph.med.tohoku.ac.jp
Affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2016
 - 
Today
Assistant Professor, Ophthalmology, Tohoku university hospital
 
Apr 2015
 - 
Sep 2016
Reviewer, Office of new drug, Pharmaceuticals and Medical Devices Agency
 
2012
 - 
2016
Graduate student, Department of Ophthalmology, Graduate school of medicine, Tohoku university
 
Jun 2011
 - 
Mar 2012
Medical director, Ophthalmology, Yamagata City Hospital SAISEIKAN
 
Apr 2010
 - 
Jun 2011
Clinical fellow, Ophthalmology, Tohoku university hospital
 

Awards & Honors

 
Apr 2018
Young Researcher's Award, Miyagi Ophthalmologists Association
 

Published Papers

 
Kokubun T, Tsuda S, Kunikata H, Himori N, Yokoyama Y, Omodaka K, Kunimatsu-Sanuki S, Nakazawa T
Journal of glaucoma      Sep 2018   [Refereed]
Inoue-Yanagimachi M, Himori N, Sato K, Kokubun T, Asano T, Shiga Y, Tsuda S, Kunikata H, Nakazawa T
The British journal of ophthalmology      Sep 2018   [Refereed]
Sato K, Shiga Y, Nakagawa Y, Fujita K, Nishiguchi KM, Tawarayama H, Murayama N, Maekawa S, Yabana T, Omodaka K, Katayama S, Feng Q, Tsuda S, Nakazawa T
Investigative ophthalmology & visual science   59(10) 3943-3951   Aug 2018   [Refereed]
Kokubun T, Tsuda S, Kunikata H, Himori N, Yokoyama Y, Kunimatsu-Sanuki S, Nakazawa T
Current eye research   43(6) 762-770   Jun 2018   [Refereed]
Shiga Y, Aizawa N, Tsuda S, Yokoyama Y, Omodaka K, Kunikata H, Yasui T, Kato K, Kurashima H, Miyamoto E, Hashimoto M, Nakazawa T
Translational vision science & technology   7(1) 11   Jan 2018   [Refereed]
An G, Omodaka K, Tsuda S, Shiga Y, Takada N, Kikawa T, Nakazawa T, Yokota H, Akiba M
Journal of healthcare engineering   2018 6874765   2018   [Refereed]
Kokubun T, Tsuda S, Kunikata H, Yasuda M, Himori N, Kunimatsu-Sanuki S, Maruyama K, Nakazawa T
Ocular immunology and inflammation   1-12   Jun 2017   [Refereed]
Omodaka K, Kikawa T, Shiga Y, Tsuda S, Yokoyama Y, Sato H, Ohuchi J, Matsumoto A, Takahashi H, Akiba M, Nakazawa T
PloS one   12(10) e0185649   2017   [Refereed]
Aizawa N, Kunikata H, Shiga Y, Tsuda S, Yokoyama Y, Omodaka K, Yasui T, Kato K, Kurashima H, Miyamoto E, Hashimoto M, Nakazawa T
PloS one   12(12) e0188692   2017   [Refereed]
Omodaka K, An G, Tsuda S, Shiga Y, Takada N, Kikawa T, Takahashi H, Yokota H, Akiba M, Nakazawa T
PloS one   12(12) e0190012   2017   [Refereed]
Yamanari M, Tsuda S, Kokubun T, Shiga Y, Omodaka K, Aizawa N, Yokoyama Y, Himori N, Kunimatsu-Sanuki S, Maruyama K, Kunikata H, Nakazawa T
Biomedical optics express   7(11) 4636-4638   Nov 2016   [Refereed]
Yamanari M, Tsuda S, Kokubun T, Shiga Y, Omodaka K, Aizawa N, Yokoyama Y, Himori N, Kunimatsu-Sanuki S, Maruyama K, Kunikata H, Nakazawa T
Biomedical optics express   7(9) 3551-3573   Sep 2016   [Refereed]
Kokubun T, Kunikata H, Tsuda S, Himori N, Maruyama K, Nakazawa T
Clinical & experimental ophthalmology   44(6) 446-454   Aug 2016   [Refereed]
Yasuda M, Tanaka Y, Omodaka K, Nishiguchi KM, Nakamura O, Tsuda S, Nakazawa T
Scientific reports   6 28736   Jun 2016   [Refereed]
Tsuda S, Tanaka Y, Kunikata H, Yokoyama Y, Yasuda M, Ito A, Nakazawa T
Experimental eye research   146 179-188   May 2016   [Refereed]
Aizawa N, Kunikata H, Nitta F, Shiga Y, Omodaka K, Tsuda S, Nakazawa T
PloS one   11(2) e0148812   2016   [Refereed]
Fujita K, Nishiguchi KM, Yokoyama Y, Tomiyama Y, Tsuda S, Yasuda M, Maekawa S, Nakazawa T
Scientific reports   5 18141   Dec 2015   [Refereed]
Tsuda S, Kunikata H, Yamanari M, Nakazawa T
Clinical & experimental ophthalmology   43(7) 685-688   Sep 2015   [Refereed]
Omodaka K, Yokoyama Y, Shiga Y, Inoue M, Takahashi S, Tsuda S, Maruyama K, Nakazawa T
Current eye research   40(7) 744-751   Jul 2015   [Refereed]
Yukita M, Machida S, Nishiguchi KM, Tsuda S, Yokoyama Y, Yasuda M, Maruyama K, Nakazawa T
Documenta ophthalmologica. Advances in ophthalmology   130(2) 149-156   Apr 2015   [Refereed]
眼疾患メカニズムの新しい理解 失明ゼロを目指して
中澤 徹, 國方 彦志, 横倉 俊二, 丸山 和一, 西口 康二, 高橋 秀肇, 国松 志保, 劉 孟林, 檜森 紀子, 田中 佑治, 新田 文彦, 森藤 暁, 藤田 幸輔, 中村 織江, 面高 宗子, 安田 正幸, 横山 悠, 相澤 奈帆子, 山本 耕太郎, 雪田 昌克, 津田 聡, 志賀 由己浩, 前川 重人, 國分 太貴, 今野 瑛之, 高橋 麻衣, 萱場 寛子, 橋本 清香, 佐藤 茉莉華, 矢花 武史, 高田 菜生子, 高橋 世理, 鎌田 泰彰
日本眼科学会雑誌   119(3) 168-194   Mar 2015
緑内障は,本邦での中途失明の最大の原因となっている眼疾患である.その理由の一つに,エビデンスが確立された唯一の治療法である眼圧下降治療を十分に行った場合でも,病状が進行する症例が多いことが挙げられる.そのため,緑内障病態に関与する眼圧非依存因子を同定し,その因子を標的とした新たな治療薬を開発することは,緑内障診療における大きな課題である.しかし,緑内障はその病態が複雑であり,症例ごとにさまざまな因子の異なる組み合わせによって,病気が発症・進行すると考えられる.そのうえ,非常に緩徐に進行する...
Yamanari M, Tsuda S, Kokubun T, Shiga Y, Omodaka K, Yokoyama Y, Himori N, Ryu M, Kunimatsu-Sanuki S, Takahashi H, Maruyama K, Kunikata H, Nakazawa T
Biomedical optics express   6(2) 369-389   Feb 2015   [Refereed]
Tsuda S, Kunikata H, Shimura M, Aizawa N, Omodaka K, Shiga Y, Yasuda M, Yokoyama Y, Nakazawa T
Current eye research   39(12) 1207-1215   Dec 2014   [Refereed]
Yasuda M, Tanaka Y, Nishiguchi KM, Ryu M, Tsuda S, Maruyama K, Nakazawa T
BMC genomics   15 982   Nov 2014   [Refereed]
【濾過手術後眼を科学する】 トラベクレクトミー後の濾過胞瘢痕化とその評価
津田 聡, 中澤 徹
眼科手術   27(4) 491-498   Oct 2014
線維柱帯切除術後の眼圧は、濾過胞の形態と機能に左右され、それには創傷治癒過程で生じる濾過胞の瘢痕化が大きく関与する。前眼部OCTは非侵襲的に濾過胞内部の構造の定量的評価が可能であり、濾過胞構造の評価に有用である。さらに配向性の強い線維状組織を検出することが可能である偏光OCTは、濾過胞内の瘢痕組織を可視化できる装置として期待されている。本稿では濾過胞の瘢痕化のメカニズムと、前眼部OCTと前眼部偏光OCTを用いた濾過胞構造の評価について述べる。(著者抄録)
Tanaka Y, Tsuda S, Kunikata H, Sato J, Kokubun T, Yasuda M, Nishiguchi KM, Inada T, Nakazawa T
Scientific reports   4 5089   May 2014   [Refereed]
眼疾患と遺伝子 緑内障のゲノム解析 次世代医療・個別化医療に向けて
布施 昇男, 清水 愛, 木村 雅恵, 高野 良真, 石 棟, 宮澤 晃子, 国松 志保, 劉 孟林, 渡邉 亮, 安田 正幸, 横山 悠, 檜森 紀子, 津田 聡, 山本 耕太郎, 中澤 徹, 安田 純, 勝岡 史城, 小島 要, 成相 直樹, 松本 光代, 元池 育子, 長崎 正朗, 木下 賢吾, 五十嵐 和彦, 山本 雅之, 新堀 哲也, 青木 洋子, 松原 洋一, 舟山 亮, 長嶋 剛史, 中山 啓子, 眞島 行彦, 船山 智代, 田中 光一, 原田 高幸, 阿部 春樹, 福地 健郎, 安田 典子, 出田 秀尚, 鄭 暁東, 白石 敦, 大橋 裕一, 石田 誠夫, 原 岳, 金森 章泰, 山田 裕子, 中村 誠, 酒井 寛, Richards Julia E.
日本眼科学会雑誌   118(3) 216-240   Mar 2014
主に1990年代から始まった遺伝要因が発症に関係する疾患の解析は,単一遺伝子疾患や遺伝子変異(mutation)から多因子疾患の感受性因子である遺伝子多型(variation)へと移行してきた.個人ゲノムの解析が進むにつれて,個々人の間にはゲノム全体で数百万ヶ所の塩基配列が異なることが判明している.この塩基配列の相違が頻度の高い疾患(common disease)の発症に関わっていることが証明されてきた.近年ゲノム全体にわたる一塩基多型(single nucleotide polymorp...
Yasuda M, Tanaka Y, Ryu M, Tsuda S, Nakazawa T
PloS one   9(3) e93258   2014   [Refereed]
Yokoyama Y, Tanito M, Nitta K, Katai M, Kitaoka Y, Omodaka K, Tsuda S, Nakagawa T, Nakazawa T
PloS one   9(6) e99138   2014   [Refereed]
Shimizu A, Maruyama K, Yokoyama Y, Tsuda S, Ryu M, Nakazawa T
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   8 2383-2389   2014   [Refereed]
Piao W, Tsuda S, Tanaka Y, Maeda S, Liu F, Takahashi S, Kushida Y, Komatsu T, Ueno T, Terai T, Nakazawa T, Uchiyama M, Morokuma K, Nagano T, Hanaoka K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   52(49) 13028-13032   Dec 2013   [Refereed]
Shiga Y, Omodaka K, Kunikata H, Ryu M, Yokoyama Y, Tsuda S, Asano T, Maekawa S, Maruyama K, Nakazawa T
Investigative ophthalmology & visual science   54(12) 7699-7706   Nov 2013   [Refereed]
Omodaka K, Kunimatsu-Sanuki S, Morin R, Tsuda S, Yokoyama Y, Takahashi H, Maruyama K, Kunikata H, Nakazawa T
Japanese journal of ophthalmology   57(5) 457-462   Sep 2013   [Refereed]
Tsuda S, Yokoyama Y, Chiba N, Aizawa N, Shiga Y, Yasuda M, Yokokura S, Otomo T, Fuse N, Nakazawa T
Journal of glaucoma   22(5) 398-403   Jun 2013   [Refereed]
Shiga Y, Shimura M, Asano T, Tsuda S, Yokoyama Y, Aizawa N, Omodaka K, Ryu M, Yokokura S, Takeshita T, Nakazawa T
Current eye research   38(6) 691-698   Jun 2013   [Refereed]
角膜移植の歴史
上松 聖典, 横倉 俊二, 津田 聡, 千葉 真生, 津田 知世子, 西田 幸二
眼科   54(13) 1915-1927   Dec 2012
角膜移植は100年以上の歴史をもち、現在も標準的に行われる優れた治療法である。角膜移植の歴史を、古代〜18世紀(角膜移植の提案)、19世紀前半(角膜移植研究の草創期)、19世紀後半(角膜移植成功への奮闘)、20世紀前半(全層角膜移植の成功と進化)、20世紀後半(全層角膜移植術の確立)、20世紀後半〜現在(角膜移植の発展と最新技術)に分けて概観した。
津田 聡, 中村 政彦, 土井 洋, 布施 昇男
臨床眼科   65(7) 1143-1148   Jul 2011
目的:左眼打撲後に眼窩内骨膜下血腫を生じ,経皮的眼窩内血腫除去術を施行された症例の報告。症例と経過:45歳男性が左眼を打撲し,翌日に眼痛と視力障害で受診した。左眼の矯正視力は30cm指数弁,眼圧は33mmHgであった。眼球突出と眼球運動障害,相対的入力瞳孔反射異常,網膜浮腫と桜実紅斑,視神経乳頭の軽度発赤を認めた。コンピュータ断層撮影で左眼窩上壁の骨折と同部の骨膜下血腫を認め,眼窩内圧の上昇による眼循環障害が疑われ,経皮的眼窩内血腫除去術が施行された。矯正視力は0.3と改善し,眼球突出と眼...
大友 孝昭, 阿部 俊明, 劉 孟林, 渡邉 亮, 津田 聡, 岡村 知世子, 千葉 真生, 布施 昇男
臨床眼科   65(6) 891-894   Jun 2011
目的:過去1年間に受診したぶどう膜炎患者の統計の報告。対象と方法:2010年3月までの1年間に東北大学病院眼科を初診したぶどう膜炎患者171例を病型別に解析した。結果:男性81例,女性90例で,平均年齢は48歳であり,男女間に年齢の差はなかった。128例(75%)で病型分類が可能で,43例(25%)は分類不能であった。サルコイドーシスが23例(14%)で最も多く,原田病が13例(8%),ヘルペス性虹彩毛様体炎が13例(8%),Behcet病が8例(5%)で続いた。1965年からの3年間,1...
Chiba N, Omodaka K, Yokoyama Y, Aizawa N, Tsuda S, Yasuda M, Otomo T, Yokokura S, Fuse N, Nakazawa T
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   5 1549-1556   2011   [Refereed]
[Ehlers-Danlos syndrome with a frequent intestinal perforation].
Sahata T, Tsuda S, Abo M, Sanekata K, Yamagishi T, Aoki Y, Kosho T, Hatamochi A
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   98(4) 852-854   Apr 2009   [Refereed]

Misc

 
【進化するOCT活用術-基礎から最新まで-】 緑内障
津田 聡, 中澤 徹
OCULISTA   (60) 17-26   Mar 2018
緑内障は視神経と視野に特徴的変化を有する疾患であり、その構造的異常を検出するうえでOCTは有用である。OCTは非侵襲的で簡便に緑内障に関連するさまざまなパラメータを客観的に定量化することが可能であり、また緑内障の以外のさまざまな疾患の診療においても汎用性が高く、広く普及している。また緑内障で認められる網膜神経線維層の菲薄化などの構造的異常は、視野異常が出現する数年前より生じており、そのような構造的異常をOCTにより検出することは、緑内障の早期発見のうえでも重要である。最近では、OCTの性能...
New Information of Glaucoma 前視野緑内障
津田 聡, 中澤 徹
Frontiers in Glaucoma   (54) 156-161   Sep 2017
【先端的眼科治療(角膜と網膜の新しい治療法)】 緑内障における神経保護治療
津田 聡, 中澤 徹
Medical Science Digest   40(3) 120-123   Mar 2014
緑内障は年齢とともに有病率が上昇し、未曽有の高齢化が進行する我が国において患者数の急増が予想されている。視野障害の進行により生活の質は低下し、高齢者の自立の妨げとなる。眼科下降治療はエビデンスのある治療として確立され、多くの場合、視野障害の進行を抑制することが可能である。しかし、従来の眼圧下降治療では奏功しない症例が明らかとなり、眼圧下降に依存しない治療の確立が求められている。神経保護治療は、眼圧以外の様々な要因によって生じる網膜神経節細胞死を抑制しようとする新しい治療概念である。細胞死そ...
ステレオ眼底カメラにより測定した視神経乳頭リム偏心率と他のパラメーターの相関
片井 麻貴, 谷戸 正樹, 新田 耕治, 北岡 康史, 横山 悠, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 内藤 知子, 山下 高明, 溝上 志朗, 岩瀬 愛子, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   24回 60-60   Sep 2013
【生活習慣(病)と網膜関連疾患の関与を探る】 緑内障
津田 聡, 中澤 徹
Retina Medicine   1(1) 47-52   Oct 2012
緑内障は進行性の網膜神経節細胞の消失とそれに対応した視野異常を呈する緑内障性視神経症である。眼圧下降は唯一エビデンスのある治療であるが、眼圧下降が十分でも緑内障が進行する症例があり、緑内障が多因子疾患であることを示している。眼圧以外の要因として、虚血、低酸素、視神経乳頭脆弱性、グルタミン酸、栄養因子枯渇、酸化ストレス、遺伝、炎症などの多因子の関与が指摘されている。生活習慣や生活習慣病はこれらの因子と密接に関係しており、緑内障診療において考慮する必要がある。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
眼血流低下型緑内障の検出方法とその特徴
藤岡 俊亮, 面高 宗子, 安光 州, 津田 聡, 志賀 由己浩, 木川 勉, 秋葉 正博, 横田 秀夫, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2018   
OCT-AngiographyによるRadial peripapillary capillary密度の緑内障診断力
津田 聡, 面高 宗子, 木川 勉, 浅野 俊文, 國方 彦志, 相見 太樹, 秋葉 正博, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2018   
POAGとNVGにおける線維柱帯切除術後の濾過胞構造変化の比較
國分 太貴, 津田 聡, 相澤 奈帆子, 檜森 紀子, 横山 悠, 面高 宗子, 国松 志保, 國方 彦志, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2018   
前視野緑内障眼におけるプロスタグランジン関連薬による乳頭血流改善効果に関する検討
横山 悠, 志賀 由己浩, 相澤 奈帆子, 津田 聡, 清田 直樹, 前川 重人, 面高 宗子, 米谷 優輝子, 国松 志保, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2017   
前眼部OCTを用いた線維柱帯切除術後の予後予測の検討
國分 太貴, 津田 聡, 國方 彦志, 横山 悠, 檜森 紀子, 国松 志保, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2017   
前視野緑内障眼における中心視野障害進行と視神経乳頭組織血流の関係性
相澤 奈帆子, 國方 彦志, 志賀 由己浩, 津田 聡, 面高 宗子, 横山 悠, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2017   
緑内障患者の前房水中サイトカインのプロファイルの検討
國分 太貴, 津田 聡, 國方 彦志, 横山 悠, 面高 宗子, 檜森 紀子, 国松 志保, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Jan 2017   
濾過胞観察におけるOCT減衰係数画像の有用性の検討
國分 太貴, 津田 聡, 山成 正宏, 國方 彦志, 面高 宗子, 横山 悠, 檜森 紀子, 國松 志保, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2016   
極早期緑内障病態研究 極早期緑内障眼における視神経乳頭血流の視野進行への関与
志賀 由己浩, 相澤 奈帆子, 津田 聡, 面高 宗子, 横山 悠, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2016   
低眼灌流圧を有する正常眼圧緑内障眼の視神経乳頭血流と構造変化
米谷 優輝子, 志賀 由己浩, 鎌田 泰彰, 面高 宗子, 横山 悠, 津田 聡, 高橋 秀肇, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2016   
極早期緑内障病態研究 極早期緑内障眼での視野障害発症部位の検討
相澤 奈帆子, 志賀 由己浩, 津田 聡, 面高 宗子, 横山 悠, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2016   
マウス視神経挫滅モデルにおけるScotopic Threshold Response早期変化
雪田 昌克, 町田 繁樹, 西口 康二, 津田 聡, 田中 佑治, 横山 悠, 安田 正幸, 丸山 和一, 中澤 徹
眼科臨床紀要   Apr 2015   
パスウェイ特異的レポーターによる網膜神経節細胞ストレス応答のin vivoイメージング
西口 康二, 藤田 幸輔, 藤井 裕介, 山本 耕太郎, 津田 聡, 安田 正幸, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2015   
極早期緑内障病態研究 極早期緑内障眼における視神経乳頭血流動態に関する検討
米谷 優輝子, 志賀 由己浩, 相澤 奈帆子, 津田 聡, 横山 悠, 面高 宗子, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2015   
極早期緑内障病態研究 プラスタグランジン関連薬の乳頭血流改善効果に関する検討
清田 直樹, 志賀 由己浩, 相澤 奈帆子, 津田 聡, 横山 悠, 面高 宗子, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2015   
極早期緑内障病態研究 プロスタグランジン関連薬による12ヵ月長期治療成績
相澤 奈帆子, 國方 彦志, 津田 聡, 志賀 由己浩, 清田 直樹, 米谷 優輝子, 面高 宗子, 横山 悠, 劉 孟林, 安井 朝輝, 加藤 圭一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2015   
マウス視神経挫滅モデルにおけるscotopic threshold response早期変化
雪田 昌克, 町田 繁樹, 西口 康二, 津田 聡, 横山 悠, 安田 正幸, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Feb 2015   
局所性障害に対する乳頭形状別の血流関与についての検討
米谷 優輝子, 高橋 秀肇, 志賀 由己浩, 面高 宗子, 津田 聡, 横山 悠, 国松 志保, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2014   
濾過胞の生存に関与する前房水サイトカインの検討
國分 太貴, 津田 聡, 安田 正幸, 清水 愛, 横山 悠, 渡邊 亮, 劉 孟林, 国松 志保, 丸山 和一, 國方 彦志, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Jan 2014   
極早期緑内障病態研究に関する研究デザイン
川上 綾子, 加藤 圭一, 横山 悠, 相澤 奈帆子, 面高 宗子, 津田 聡, 志賀 由己浩, 安井 朝輝, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2013   
東北大学病院における毛様体光凝固術の術後成績
多田 麻子, 国松 志保, 丸山 和一, 高橋 秀肇, 劉 孟林, 渡邉 亮, 檜森 紀子, 横山 悠, 津田 聡, 志賀 由己浩, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2013   
ステレオ眼底カメラにより測定した視神経乳頭傾斜角度と他のパラメーターの相関
横山 悠, 谷戸 正樹, 新田 耕治, 片井 麻貴, 北岡 康史, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 内藤 知子, 山下 高明, 溝上 志朗, 岩瀬 愛子, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2013   
ステレオ眼底カメラにより計測した視神経乳頭形状パラメーターによる乳頭形状4群分類
新田 耕治, 谷戸 正樹, 片井 麻貴, 北岡 康史, 横山 悠, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 内藤 知子, 山下 高明, 溝上 志朗, 岩瀬 愛子, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2013   
ステレオ眼底カメラにより計測した視神経乳頭形状パラメーターを用いた乳頭形状新分類
谷戸 正樹, 新田 耕治, 片井 麻貴, 北岡 康史, 横山 悠, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 内藤 知子, 山下 高明, 溝上 志朗, 岩瀬 愛子, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2013   
ステレオ眼底カメラによる緑内障性視神経乳頭障害指標(DDLS)の算出
北岡 康史, 谷戸 正樹, 新田 耕治, 片井 麻貴, 横山 悠, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 内藤 知子, 山下 高明, 溝上 志朗, 岩瀬 愛子, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2013   
線維柱帯切除後の濾過胞における経時的結膜血管面積の定量化
浅野 俊文, 津田 聡, 國分 太貴, 横山 悠, 面高 宗子, 渡邉 亮, 劉 孟林, 国松 志保, 高橋 秀肇, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
前眼部3次元OCTを用いた線維柱帯切除術後の濾過胞の評価
國分 太貴, 津田 聡, 浅野 俊文, 横山 悠, 面高 宗子, 多田 麻子, 渡邉 亮, 劉 孟林, 國松 志保, 高橋 秀肇, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
緑内障患者における病期別、年齢別の機能と構造の相関
萱場 寛子, 横山 悠, 多田 麻子, 津田 聡, 面高 宗子, 國松 志保, 丸山 和一, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
エリスロポエチンノックアウトマウスを用いた網膜・視神経の組織学的検討
安田 正幸, 劉 孟林, 田中 佑治, 檜森 紀子, 面高 宗子, 横山 悠, 雪田 昌克, 津田 聡, 丸山 和一, 山本 雅之, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
OCTによる12分割乳頭周囲網膜神経線維層厚に対応する視野検査点の検討
今野 瑛之, 国松 志保, 横山 悠, 面高 宗子, 津田 聡, 高橋 麻衣, 浅野 俊文, 渡邊 亮, 劉 孟林, 高橋 秀肇, 丸山 和一, 岩瀬 愛子, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
低酸素応答生理活性蛍光プローブを用いた網膜低酸素領域のin vivoイメージング
津田 聡, 田中 佑治, 朴 文, 國方 彦志, 横山 悠, 安田 正幸, 花岡 健二郎, 長野 哲雄, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
後期緑内障患者における視野進行評価法
渡邉 亮, 国松 志保, 横山 悠, 今野 瑛之, 浅野 俊文, 津田 聡, 面高 宗子, 劉 孟林, 高橋 秀肇, 中澤 徹
日本眼科学会雑誌   Mar 2013   
ステレオ眼底カメラにより計測した視神経乳頭形状パラメーターの乳頭形状4分類間比較
新田 耕治, 谷戸 正樹, 片井 麻貴, 北岡 康史, 横山 悠, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2012   
ステレオ眼底カメラによる視神経乳頭形状解析に関する多施設共同研究(GSAS)の乳頭形状パラメーター
横山 悠, 谷戸 正樹, 新田 耕治, 片井 麻貴, 北岡 康史, 面高 宗子, 津田 聡, 中川 俊明, 中澤 徹
日本緑内障学会抄録集   Sep 2012   
レーザースペックルフローグラフィを用いた体位変換時の眼底血流評価
志賀 由己浩, 中澤 徹, 横山 悠, 相澤 菜帆子, 千葉 真生, 津田 聡
日本眼科学会雑誌   Apr 2011   

Research Grants & Projects

 
JSPS: KAKEN
Project Year: Apr 2017 - Mar 2019    Investigator(s): Satoru Tsuda