共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年6月 - 2018年3月

オートファジーの生理・病態生理学的意義とその分子基盤

日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
  • 水島 昇
  • ,
  • 塚本 智史
  • ,
  • 松本 直通

課題番号
25111005
配分額
(総額)
311,350,000円
(直接経費)
239,500,000円
(間接経費)
71,850,000円

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞質成分の分解系であり、広範な生命現象に関与していることが明らかにされてきた。本課題では、オートファゴソーム形成、オートファゴソームとリソソームの融合、それに引き続くオートファゴソーム膜の分解の分子基盤を明らかにし、さらにマウスにおけるオートファジーの生理機能の解析、新規オートファジー活性評価レポーターの開発、新規オートファジー制御化合物の同定を行った。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PLANNED-25111005/25111005seika.pdf