MISC

2016年9月

卵黄腸管嚢胞の一例

KKR札幌医療センター医学雑誌
  • 草地 麻実
  • ,
  • 鹿野 高明
  • ,
  • 伊藤 舞
  • ,
  • 岩本 圭祐
  • ,
  • 大島 由季代
  • ,
  • 津曲 俊太郎
  • ,
  • 簗詰 紀子
  • ,
  • 縄手 満
  • ,
  • 吉岡 幹朗
  • ,
  • 高橋 豊
  • ,
  • 中田 修二
  • ,
  • 谷 道夫

13
1
開始ページ
57
終了ページ
62
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
KKR札幌医療センター

症例は2歳6ヵ月、男児。発熱と腹痛を主訴に当科入院となった。血液検査では白血球数、CRP値の上昇を認め、抗生剤治療を行うも症状改善に乏しかった。入院4日目に腹痛の増強や臍周囲の硬結を認め、腹部造影CTでは臍から膀胱直上まで連続した膿瘍を腹膜外腔に認めた。臨床所見から尿膜管遺残膿瘍と診断し摘出術が行われたが、術後病理組織では尿膜管構造ではなく腸管構造を認めており、最終的に卵黄腸管嚢胞と確定診断した。卵黄腸管嚢胞はまれな疾患であるが、小児の腹痛時に考慮する必要があり、尿膜管遺残膿瘍との鑑別が必要と考えられた。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS