論文

2018年5月

花粉-食物アレルギー症候群に対するシラカバ花粉エキス皮下免疫療法の有効性の検討

アレルギー
  • 津曲 俊太郎
  • ,
  • 森 里美
  • ,
  • 石津 博子
  • ,
  • 田中 裕
  • ,
  • 岡本 義久
  • ,
  • 栗原 和幸

67
3
開始ページ
211
終了ページ
218
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本アレルギー学会

【目的】近年、カバノキ花粉などによる花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)のために、多品目の果物・野菜の摂取に伴う口腔アレルギー症候群(OAS)の発症が全国的に増加している。当科では、PFASの根治を目指して輸入品のシラカバ花粉エキスを含む皮下免疫療法(SCIT)を2011年より実施している。これまで実施した成績をまとめて検討・報告する。【方法】2011年8月〜2016年8月に男児9名、女児10名の計19名(6〜16歳;平均11.8歳)に実施した。シラカバ特異的IgE値は全例陽性であった(中央値91.9UA/mL)。SCITは入院のうえ急速法で導入し、維持期は4〜8週間隔で外来での接種を継続している。症例により他抗原も同時に接種した。急速期前後で経口負荷試験を行い、その後の摂取状況についても調査した。【結果】急速期直後では5名にOAS症状の著明改善、9名に改善を認めた。2名は変化なし、3名は評価不能だったが、うち4名は維持期に症状の改善を認めた。維持期経過中に3名でOAS症状の再燃を認めたが、計15名(79%)で著明改善あるいは改善を認め、高い有効性を示した。中止・脱落例は認めなかった。【結論】PFASによるOASは基本的には自然寛解が期待できないとされている。果物・野菜と交差反応性のある花粉の免疫療法を行うことでOAS症状の改善が期待でき、OASの有効な治療法になると考えられる。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS