須藤 圭

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 11:43
 
アバター
研究者氏名
須藤 圭
 
スドウ ケイ
所属
筑紫女学園大学
部署
文学部 日本語・日本文学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(立命館大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
筑紫女学園大学 文学部 日本語・日本文学科 准教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
立命館大学 文学部 地域研究学域 京都学専攻 助教
 
2014年10月
 - 
2015年3月
国文学研究資料館 外来研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
立命館大学 文学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

受賞

 
2014年
池田亀鑑賞事務局 第3回池田亀鑑賞
 
『狭衣物語 受容の研究』(新典社、2013年)で受賞

書籍等出版物

 
須藤圭
新典社   2013年10月   ISBN:4787942468
第3回池田亀鑑賞受賞
岡田貴憲・桜井宏徳・須藤圭編 (担当:共編者, 範囲:企画・編集、および、論文:須藤圭「弘徽殿大后「悪后」享受史再読―源氏物語論としての注釈の位置―」)
勉誠出版   2017年10月   ISBN:4585291547
田中登 (担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「源通親 六半切(狭衣物語)」「讃岐 六半切(狭衣物語)」「蜷川親当 四半切(狭衣物語)」)
武蔵野書院   2017年5月   ISBN:4838604734
田中登編(担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「藤原為家六半切(狭衣物語)」「冷泉為相六半切(狭衣物語)」「蜷川親当四半切(狭衣物語)」)
武蔵野書院   2015年2月   ISBN:4838604556
井上眞弓・乾澄子・鈴木泰恵・萩野敦子編 (担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「「虫の声々、野もせの心地」の遠景―『狭衣物語』における引用とその享受」)
翰林書房   2014年5月   ISBN:4877373721
横井孝・久下裕利編 (担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「狭衣物語のからみあう異文―古筆切を横断する―」)
武蔵野書院   2014年5月   ISBN:4838602715
井上眞弓・乾澄子・鈴木泰恵編 (担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「「うしろの岡」「うしやの岡」、あるいは「むかひの岡」か―京都大学文学研究科蔵『さころも』(五冊本)の和歌の異文と空間―」)
翰林書房   2011年5月   ISBN:4877373187
中西健治編 (担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「所収歌から見た『源氏物語忍草』の梗概方法」)
和泉書院   2011年1月   ISBN:4757605757
南丹市立文化博物館編 (担当:分担執筆, 範囲:解題:須藤圭「寂然集」「夏中百句」)
南丹市立文化博物館   2010年1月   
立命館大学中古文学研究会編 (担当:分担執筆, 範囲:論文:須藤圭「十本対照「さころもの哥」本文と校異―青山会文庫蔵「さころもの哥」の紹介―」)
和泉書院   2009年3月   ISBN:4757605056

論文

 
若紫はどう語るのか―源氏物語「雀の子を犬君が逃がしつる」の解釈の諸相―
須藤圭
日本文学   67(11) 82-86   2018年11月   [招待有り]
現存夜の寝覚は二巻本であったか―島原本『夜寝覚』(五冊本)の書誌―
須藤圭・荻田みどり・池田彩音
立命館文学   657 1-19   2018年3月   [査読有り]
『源氏物語』の英訳について―これからの翻訳研究に向けて―
須藤圭
海外平安文学研究ジャーナル《インド編2016》   49-67   2017年3月   [招待有り]
京都学を俯瞰する―解釈の多様性と揺れをめぐって―
須藤圭
立命館文学   649 53-65   2017年1月
翻刻・立命館大学図書館西園寺文庫蔵「源氏物語」行間注記(若紫巻)
須藤圭・池田彩音
平安文学研究・衣笠編   7 38-55   2016年3月
源氏物語の「女にて見る」をどう訳すか(承前)―翻訳のなかのジェンダーバイアス―
須藤圭
平安文学研究・衣笠編   7 1-17   2016年3月
源氏物語の「女にて見る」をどう訳すか―翻訳のなかのジェンダーバイアス―
須藤圭
第39回国際日本文学研究集会会議録   23-38   2016年3月
近世紀行文にあらわれた源氏物語享受一斑―義経の歌として語られた光源氏の歌一首をめぐって―
須藤圭
文学・語学   213 135-141   2015年8月   [査読有り]
源氏物語の「京都」はどう英訳されたか―創造された京都と、変貌する源氏物語―
須藤圭
海外平安文学研究ジャーナル   1 37-57   2014年11月
立命館大学図書館蔵奈良絵本『さころも』の翻刻と解題
須藤圭・川崎佐知子
詞林   55 18-62   2014年4月
翻刻・立命館大学図書館西園寺文庫蔵「源氏物語」行間注記(空蝉巻・夕顔巻)
須藤圭・川内有子・中川佳保・池田彩音
平安文学研究・衣笠編   5 66-85   2014年3月
近世後期山陰地方の源氏物語享受―鳥取県米子市八幡神社蔵『源氏物語』(桐壺巻二冊・帚木巻一冊)解題と紹介―
須藤圭
立命館文学   633 1-26   2013年11月
翻刻・立命館大学図書館西園寺文庫蔵「源氏物語」行間注記(帚木巻)
須藤圭・川内有子・中川佳保
平安文学研究・衣笠編   4 114-138   2013年3月
狭衣物語歌集と近衞家―陽明文庫蔵『さ衣之集謌』を端緒として―
須藤圭
平安文学研究・衣笠編   4 59-71   2013年3月
「宮の中将の君とは名のりたまふなりけり」考―夜の寝覚における偽りの名のりの意義―
須藤圭
立命館文学   630 50-59   2013年2月
狭衣物語古筆切の一様相―伝阿仏尼筆切(伝冷泉為相筆切・伝花山院師賢筆切)から―
須藤圭
論究日本文学   97 21-40   2012年12月   [査読有り]
狭衣物語と『古今類句』―伝為明筆本、飛鳥井雅章筆本とのかかわり―
須藤圭
中古文学   89 74-88   2012年6月   [査読有り]
「狭衣三箇秘訣切紙」の方法―狭衣物語と涅槃経―
須藤圭
古代中世文学論考   26 227-250   2012年4月
狭衣物語巻四飛鳥井女君詠二首における異文―諸本間の異同と本文の解釈―
須藤圭
論究日本文学   95 47-64   2011年12月
翻刻・立命館大学図書館西園寺文庫蔵「源氏物語」行間注記(桐壺巻)
須藤圭・久我有生・川内有子
3 58-76   2011年9月
狭衣物語「よそなから」歌の詠者―承応三年版本の解釈をめぐって―
須藤圭
論究日本文学   93 13-27   2010年12月   [査読有り]
天理図書館蔵「紫のふくさ」の年立について―『湖月抄』『岷江入楚』との比較から―
須藤圭
平安文学研究・衣笠編   2 29-43   2010年9月
鷹司信房筆「さころもの哥きゝ書」についての考察―近世前期における狭衣物語享受の一断面―(付 山路の露切・源氏物語切各一葉)
須藤圭
古代中世文学論考   23 125-153   2009年10月
狭衣物語所収歌の連接
須藤圭
国語国文   78(9) 24-41   2009年9月   [査読有り]
青山会文庫蔵「さころもの哥」についての考察―狭衣物語歌集の紹介と意義―
須藤圭
立命館文学   611 1-14   2009年3月   [査読有り]

Misc

 
〔研究余滴〕箱庭の外にあるもの―源氏物語の冒頭表現「いづれの御時にか」を考える―
須藤圭
筑紫語文   27    2018年11月   [依頼有り]
〔資料紹介〕立命館大学図書館のお宝紹介!古筆手鑑「残花帖」
須藤圭
立命館大学図書館だよりLibrary Navigator   120 14   2017年3月   [依頼有り]
〔書評〕原豊二著『源氏物語文化論』
須藤圭
古代文学研究 第二次   24 76-82   2015年10月   [依頼有り]
〔新刊紹介〕中西健治著『茶屋峠』
須藤圭
論究日本文学   102 31   2015年5月   [依頼有り]
〔新刊紹介〕野村倫子著『『源氏物語』宇治十帖の継承と展開―女君流離の物語―』
須藤圭
論究日本文学   97 123-124   2012年12月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
シンポジウム「時空を越える中古文学―その普遍性を探る―」司会 [招待有り]
須藤圭
中古文学会春季大会   2018年5月   
「雀の子を犬君が逃がしつる」の外国語訳と現代語訳
須藤圭
第9回科研基盤(A)研究会「海外における平安文学」   2017年6月   
『源氏物語』の英訳について―これからの『源氏物語』翻訳研究に向けて― [招待有り]
須藤圭
第8回インド国際日本文学研究集会   2016年11月   
狭衣物語の書名考
須藤圭
古代文学研究会例会   2016年1月   
源氏物語の「女にて見る」をどう訳すか―翻訳のなかのジェンダーバイアス―
須藤圭
第39回国際日本文学研究集会   2015年11月   
近世中期の物語享受一斑―萩原宗固と源氏物語―
須藤圭
第52回日本文芸学会大会   2015年6月   
合評会報告「上原作和氏「諸本分類の歴史的基準―附・池田亀鑑『佐渡と源氏物語』―」」
須藤圭
古代文学研究会例会   2015年3月   
嘘つきの「京都」―光源氏のモデルは義経か?―
須藤圭
立命館京都学研究会   2015年1月   
夜の寝覚における「人知れぬ」恋の方法
須藤圭
古代文学研究会例会   2014年1月   
「人知れぬ」恋のゆくえ―夜の寝覚と、源氏物語花散里巻のおもかげ―
須藤圭
立命館大学日本文学会第138回研究例会   2013年4月   
近世後期山陰地方の源氏物語享受―米子市八幡神社蔵『源氏物語』(桐壺巻二冊・帚木巻一冊)解題と紹介―
須藤圭
第20回山陰〈知〉の集積ネットワーク研究会   2012年9月   
狭衣物語受容の一様相―狭衣物語歌集の成立と展開―
須藤圭
中古文学会秋季大会   2012年5月   
狭衣物語古筆切の一様相―伝冷泉為相筆切から―
須藤圭
立命館大学日本文学会第134回研究例会   2011年12月   
狭衣物語と連歌―鎌倉期から南北朝期を中心に―
須藤圭
中古文学会関西部会第29回例会   2011年9月   
「狭衣三箇秘訣切紙」について―稙通、貞徳の狭衣物語注釈―
須藤圭
立命館大学日本文学会第131回研究例会   2010年12月   
狭衣物語の『古今類句』―伝為明筆本、飛鳥井雅章筆本との関わり―
須藤圭
中古文学会秋季大会   2010年10月   
『古今類句』における狭衣物語―山本春正が用いた狭衣物語伝本について―
須藤圭
立命館大学日本文学会第54回大会   2010年6月   
「さころも」を詠む、ということ
須藤圭
立命館大学日本文学会第124回研究例会   2008年9月   

競争的資金等の研究課題

 
『狭衣物語』現存写本の悉皆調査と新校本作成のための基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 須藤圭
『源氏物語』および『十帖源氏』の多言語訳を中心としたジェンダーに関する国際的研究: 立命館大学研究成果国際発信プログラム
研究期間: 2016年10月 - 2017年3月    代表者: 須藤圭
中世王朝物語の語彙集成の構築と研究
立命館大学: 研究推進プログラム(基盤研究)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 須藤圭
日本古代中世物語の生成と伝来の相関的研究
立命館大学: 学外研究制度
研究期間: 2014年10月 - 2015年3月    代表者: 須藤圭
狭衣物語 受容の研究
立命館大学: 学術図書出版推進プログラム
研究期間: 2013年       代表者: 須藤圭

社会貢献活動

 
筑紫女学園高大連携プログラム特別授業
【講師】  筑紫女学園大学  題目「昔の本にさわってみよう!―古典籍入門」  2018年9月19日
筑紫女学園大学オープンキャンパス特別講義
【講師】  筑紫女学園大学  題目「平安時代の「恋文」―作法とその内容」  2018年8月11日
第7回池田亀鑑賞授賞式・記念講演会
【講師】  池田亀鑑賞事務局  題目「新指定重要文化財「池田本」の価値―池田亀鑑のその後に向けて―」  2018年6月30日
町家 de 源氏物語の写本を読む
【講師】  NPO法人源氏物語電子資料館  2017年10月28日 - 2018年1月28日
立命館京都文化講座
【講師】  立命館大学  題目「鞍馬山に「光源氏」をさがして―京都という装置」  2017年12月2日

委員歴

 
2018年12月
 - 
2019年11月
日本文学協会  委員
 
2015年7月
 - 
2017年6月
古代文学研究会  事務局会計委員
 
2014年6月
 - 
2016年5月
立命館大学日本文学会  編集委員
 
2014年6月
 - 
2016年5月
立命館大学日本文学会  研究例会委員主任
 
2013年6月
 - 
2014年5月
立命館大学日本文学会  会計監査
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻 博士後期課程
 
2008年4月
 - 
2009年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻 博士前期課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
立命館大学 文学部 人文学科
 

担当経験のある科目