末松安晴

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/10 21:54
 
アバター
研究者氏名
末松安晴
eメール
yasuematlapis.plala.or.jp
所属
東京工業大学
職名
栄誉教授
学位
工学博士(東京工業大学)
その他の所属
公益財団法人高柳健次郎財団

プロフィール

東京工業大 栄誉教授、
高知工科大学 顧問、国立情報学研究所の名誉教授、
公益財団法人高柳健次郎財団 理事長、公益財団法人放送文化基金 理事長、
米国工学アカデミ−国外アソシエート、韓国工学アカデミ−国外会員、中国清華大学客座教授。光ファイバの最低損失波長帯で光を発し、波長が安定で、かつ同調できる、動的単一モードレーザを実現して、大容量長距離光ファイバ通信の確立に貢献した。文化勲章、日本国際賞などを受章。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年6月
 - 
現在
公益財団法人 放送文化基金 理事長
 
2015年6月
 - 
現在
Hoso Bunka Foundation Chairperso
 
2011年7月
 - 
現在
Tokyo Institute of Technology Honorary Professor
 
2010年5月
 - 
現在
公益財団法人 高柳財団  理事長
 
2011年7月
 - 
現在
東京工業大学  栄誉教授
 
2010年5月
 - 
現在
Kenjiro Takayanagi Foundati Chairperso
 
2009年4月
 - 
現在
高知工科大学  顧問
 
2005年4月
 - 
2009年3月
国立情報学研究所 顧問
 
2003年4月
 - 
2009年3月
Science and Technology Council, Chairperson
 
2001年4月
 - 
2005年3月
National Institute of Informatics Director Gener
 
2003年2月
 - 
2005年1月
文部科学省 科学技術・学術審議会  会長
 
2001年5月
 - 
2002年4月
映像情報メディア学会 会長
 
2001年4月
 - 
2005年3月
国立情報学研究所 所長
 
1997年5月
 - 
2001年4月
Science Council of Japan Member
 
2000年6月
 - 
2001年3月
東日本旅客鉄道株式会社  社外取締役
 
1999年8月
 - 
2001年3月
文部省大学設置・学校法人審議会  会長
 
1997年4月
 - 
2001年3月
高知工科大学  学長
 
1997年4月
 - 
2001年3月
Kochi University of Technology President
 
1997年
 - 
2001年
日本学術会議  会員
 
1997年
 - 
2001年
通商産業省産業技術審議会 委員
 

受賞

 
2015年11月
日本政府 文化勲章
 
(光通信工学)光通信工学の分野において、光ファイバの伝送損失が最小となる波長の光を発し、かつ、高速に変調しても波長が安定した動的単一モードレーザを実現して、現在のインターネット社会を支える大容量長距離光ファイバ通信技術の確立に大きく寄与するなどの優れた業績を挙げ、斯学のみならずその境界領域の発展に多大な貢献をした。
2014年11月
(株)東海テレビ 東海テレビ文化賞
 
2014年4月
国際科学技術財団 日本国際賞 大容量長距離光ファイバー通信用半導体レーザーの先導的研究
 
概要 現在の情報化社会を支えているのが光ファイバーによる光通信ネットワークです。末松博士は、光エレクトロニクスの黎明期から光通信の研究に取り組んできました.博士は、常に社会が求める性能を予測、理論と実験を組み合わせ実現するという「問題解決型研究」の先駆けでもありました。そして、1980年代初めに光ファイバーの損失が最小になる波長の光を発し、かつ情報を送るために光を高速で変調しても波長が安定した動的単一モードレーザーを完成。大容量長距離光ファイバ通信の実現に大きく貢献した。
2007年3月
応用物理学会 業績賞
 
2006年11月
Okawa Foundation Okawa Prize
 
2006年11月
瑞寶重光賞
 
2006年11月
大川賞
 
2005年11月
中津川市 名誉市民顕彰
 
2003年11月
文部大臣 文化功労者顕彰
 
(顕彰理由)「多年にわたり工学特に光通信工学分野で教育・研究に努め、優れた業績をあげるとともに、多数の優れた人材を養成し、光通信工学とその境界領域の発展に多大な貢献をした。
大容量の通信においては、電波よりもレーザ光を用いることが有利である。氏は、日米において光通信技術の研究が急速に進展するなか、GaInAsP結晶系の半導体レーザの研究を行い、長波長帯半導体レーザの室温連続発振を達成して、このレーザの重要性を示すとともに、これを高速に直接変調すると伝送帯域が制限される問題に対して、分布反射...
2003年6月
IEEEジェームス・マリガンJr.エヂュケーション・メダル 「大学教育に果たした指導的役割および光通信装置の研究・教育に対する先駆的研究」
 

論文

 
光通信と半導体レーザの研究を振り返って~情報通信社会の到来を目指して~
末松安晴
電子情報通信学会誌   98(6) 445-453   2015年6月   [査読有り][招待有り]
Dynamic Single Mode Lasers
末松安晴
Journal of Lightwave Technology   32(6) 1144-1158   2014年3月   [査読有り][招待有り]
"Density-Matrix Theory of Semiconductor Lasers with Relaxation Broadening Model-Gain and Gain-Suppression in Semiconductor Lasers,"
M.Asada and Y.Suematsu
IEEE J. Quantum Electron., Vol.QE-21, No.5, pp.434-442 (May 1985)      2010年5月   [査読有り]
(自然放出効果を取り込んだ、電子緩和に基づく半導体レーザの動作理論)
「動的単一モードレーザの研究〜超高速・長距離光ファイバ通信の基礎研究〜
末松安晴
日本学術振興会@「ワイドギャップ半導体光・電子デバイス」第162委員会、特別講演会(第56回研究会)   Vol.26(No.9) 1132-1144   2008年1月
Y.Suematsu and S.ARAI
Journal of Selected Topics on Quantum Electronics, Millennium Issue   6(6) 1436-1449   2000年12月   [招待有り]
Y.Kuga, T. Shirai, M. Haruyama, H. Kawanishi and Y. Suematsu
Jpn. J. Appl. Phys   34(8A) 4085-4086   1995年8月
H.Hirayama, K.Matsunaga, M.Asada, and Y.Suematsu
Electron. Lett   30(2) 142-143   1994年1月
(最初の量子ドットレーザの達成)
Fabrication technology for long-wavelength GaInAs(P)/InP quantum-wire lasers by wet-chemical etching, and OMVPE regrowth
S. Arai, K. Kudo, H.Hirayama, Y.Miyake, Y. Miyamoto, S.Tamura, and Y.Suematsu
Optoelectronics-Devices and Technologies   Vol.8(No.4) 461-478   1993年12月   [招待有り]
K. Kudo, Y. Nagashima, S. Tamura, Y. D. Huang, S. Arai, and Y. Suematsu
IEEE Photon. Technol. Lett   5(8) 864-867   1993年8月
Y. Miyake, H. Hirayama, K. Kudo, S. Tamura, S. Arai, M. Asada, Y. Miyamoto, and Y. Suematsu
IEEE J. Quantum Electron   29(6) 2123-2133   1993年6月
K.Komori, S.Arai, and Y.Suematsu
IEEE J. Quantum Electron   28(9) 1894-1900   1992年9月
Fabrication of GaInAs/InP Quantum Wires by Organometallic-vapor-phase- epitaxial (OMVPE) Growth on Grooved Side Walls of Ultrafine Multilayers,
K.Komori, A.Hamano, S.Arai, Y.Miyamoto, and Y.Suematsu
Jpn. J. Appl. Phys   Vol.31Part2(No.5A) 535-538   1992年5月
Y.Suematsu, K.Iga, and S.Arai
Proc. IEEE   80(3) 383-397   1992年3月   [招待有り]
P.A.Yazaki, K.Komori, G.Bendelli, S.Arai, and Y.Suematsu
IEEE Photon. Tech. Lett   3(12) 1060-1063   1991年12月
K.G.Ravikumar, T.Aizawa, K.Matsubara, M.Asada, and Y.Suematsu
IEEE J. Lightwave Technol   9(10) 1376-1385   1991年10月
Observation of Field-Induced Refractive Index Variation Spectrum in Quantum Box Structure,
T.Aizawa, K.Shimomura, S.Arai, and Y.Suematsu
IEEE Photon. Tech. Lett   Vol.3(No.10) 907-909   1991年10月
J.I.Shim, K.Komori, S.Arai, I.Arima, and Y.Suematsu,
IEEE J. Quantum Electron   27(6) 1736-1745   1991年6月
M.Kohtoku, S.Baba, S.Arai, and Y.Suematsu
IEEE Photon. Tech. Lett   3(3) 225-226   1991年3月
K.G.Ravikumar, T.Kikugawa, T.Aizawa, S.Arai, and Y.Suematsu
M.Kohtoku   58(10) 1015-1017   1991年3月

Misc

 
末松安晴, 伊藤良一, 小林功郎 [他]
応用物理   77(12) 1471-1480   2008年2月
霜田 光一, 稲場 文男, 末松 安晴
電子情報通信学会誌   78(10) 1028-1032   1995年2月
末松安晴
電子情報通信学会誌   78(10) 1031-1032   1995年2月
「動的単一モード半導体レーザーの概念形成とその実現−超高速長距離光ファイバー通信の基礎研究−」
末松安晴
応用物理   第76巻(第7号) 729-731   2007年7月
動的単一モードレーザと超高速長距離光ファイバ通信研究
末松安晴
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   56(11) 1703-1706   2002年10月
末松 安晴
コンクリート工学 = Concrete journal   45(10) 100-104   2007年
末松安晴
電子情報通信学会誌   90(9) 727-729   2007年9月
末松安晴, 鶴保征城, 北岡隆, 原島文雄, 内藤喜之
情報処理   43(5)    2002年5月

書籍等出版物

 
人類の技術
末松安晴 (担当:分担執筆, 範囲:光ファイバ通信と社会)
日経BPコンサルティング   2016年   
光通信の発展を支えた基礎研究
末松安晴
科学新聞社   2008年   
末松 安晴, 小林 功郎
オーム社   2007年12月   ISBN:4274204812
末松 安晴, 伊賀 健一
オーム社   2006年3月   ISBN:4274201988
”Semiconductor Lasers and Photonic Integrated Circuits,”
Co-edited by Y.Suematsu & A. Adams,
Chapmann & Hall   1991年   
Optical Devices and Fibers、Japan Annual Reviews in Electronics, Computers & Telecommunications, Vol.15
末松安晴 (担当:編者)
Ohm and North Holland C   1985年   
Optical Devices and Fibers、Japan Annual Reviews in Electronics, Computers & Telecommunications, Vol.11
末松安晴 (担当:編者)
Ohm and North Holland C   1984年   
Optical Devices and Fibers、Japan Annual Reviews in Electronics, Computers & Telecommunications, Vol.7
末松安晴 (担当:編者)
Ohm and North Holland Co   1983年   
Optical Devices and Fibers、Japan Annual Reviews in Electronics, Computers & Telecommunications, Vol.3
末松安晴 (担当:編者)
Ohm and North Holland Co   1982年1月   
末松 安晴
共立出版   1973年9月   ISBN:4320084179

学歴

 
1955年4月
 - 
1960年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 電気工学専攻
 
1951年4月
 - 
1955年3月
東京工業大学 工学部 電気工学
 

社会貢献活動

 
岐阜サイエンス・サマー・スクール 実行委員長
【出演】  中津川市  中学生対象の科学教育  1985年8月 - 現在