SUGAWA Masahiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 20, 2018 at 18:55
 
Avatar
Name
SUGAWA Masahiro
Affiliation
Niigata University
Section
Faculty of Law
Research funding number
40282967

Published Papers

 
Sugawa Masahiro
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   138(3) 249-253   2018   [Refereed]
<p>In this paper, I will discuss about (1.1)The way of the protections of intellectual property what was created by a computer such as AI, (1.2)Examples of mismatch between the progress of information technology and the copyright act, and (2)Legal...
須川 賢洋
研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)   2014(12) 1-6   Nov 2014
営業秘密たる大量の個人情報の持ち出し事件が起こり,営業秘密保護に関する関心が高まっている.そこで本稿では,その為の法律である 「不正競争防止法」 を歴史的推移や他法とのバランスと言った様々な方面から見直し,営業秘密が成立するための三要件である 「秘密管理性」 「非公知性」 「有用性」 について改めて考察する.そして,本来は技術情報を保護するためのものであった同法にて顧客名簿なども同一に保護することに対するメリット・デメリットについても検討する.Interest on trade secre...
Masahiro Sugawa
IPSJ SIG Notes   2014(5) 1-5   Feb 2014
Future, 3D printer will develop rapidly. Therefore, at the same time, We can be considered that various problems occur. For example, it is a problem that the production of hazardous materials such as firearms, counterfeiting of coins, infringement...
SUGAWA Masahiro
IEICE technical report. Social Implications of Technology and Information Ethics   112(488) 207-211   Mar 2013
Digital forensic is being used widely from a criminal case to civil case. On this paper, it is considered whether digital forensic can useful or not on the intellectual property field. For example, Patent (the affirmation of prior use right), the ...
Masahiro Sugawa
IPSJ SIG Notes   2012(6) 1-6   Feb 2012
Crime of "creating computer virus" was added in Japanese criminal law finally by revision of 2011. However, it has lead to many twists and turns, the greater sense of concern, especially from the technical side. In this paper, to verify whether an...
加藤 尚徳, 須川 賢洋
研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)   2011(2) 1-5   Nov 2011
デジタル機器の登場・普及によって、著作権法には私的録音録画補償金制度や技術的保護手段の回避に関する規定が設けられた。しかしながらこれらの制度に関しては賛否両論がある。今後のデジタルコンテンツ流通の促進のためには、これらの論点を現在の技術に合わせて再検討する必要がある。そこで本稿では、SARVH・東芝訴訟第一審判決(東京地判平成22年12月27日)などを参考にして、今後のデジタルコンテンツ流通の制度に関して、権利者の保護と著作物の円滑な利用の双方の観点から考察を加える。Compensatio...
須川 賢洋
コンピュータセキュリティシンポジウム2009 (CSS2009) 論文集   2009 1-6   Oct 2011   [Refereed]
SUGAWA Masahiro, KIRYU Tohru
IPSJ SIG Notes   2006(17)    Feb 2006
本発表で扱う「生体個人情報」とは、個人情報保護法で言うところの「個人情報」とは異なるものである。同法が定める個人情報とは「氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」である。ここでは、身体測定のデータや筋電図・心電図といった極めてプリミティブな個人に関する情報の取扱いについて考察する。スポーツ医科学の発達や、人々の健康意識の高揚等により、これらのデータが従来より多く収集され、活用されるようになってきている。これらのデータは、一人の分だけではそれほどの価値が見い出...
KIRYU Toru, TANIYAMA Asaichi, NANBO Yoko, MARUYAMA Yoshihiro, SUGAWA Masahiro
IEICE technical report. ME and bio cybernetics   102(341) 21-24   Sep 2002
We are developing a stress evalution website by Java and distributed system on the Internet. The system includes a measurring system connected to the Internet, PCs for user terminals, and servers. We developed monitoring control and browsing softw...
Legal consideration on free-riding of wireless LAN devices - The Tokyo District Court On April 27, Heisei 29 -
SUGAWA Masahiro
   2018

Misc

 
菊池 浩明, 須川 賢洋
情報処理   59(5) 438-440   Apr 2018
個人情報を匿名加工して活用する新しいサービスが始まろうとしている.本稿では,実際に行われている匿名加工サービスの例を取り上げ,その課題を指摘し,それに対する匿名加工再識別コンテストの取り組みを紹介する.および,本章特集の各記事を概説している.
須川 賢洋
情報処理   58(4) 354-355   Mar 2018
情報分野において,現在社会が抱えるさまざまな課題について各分野の研究者や実務担当者がエッセイ形式で記述した論集.特にこの2,3年の間に問題が顕著化するであろう事項を中心に収録している.取り扱っているテーマは,「東京オリンピック・パラリンピック」「シーサート(CSIRT)」「システム監査」「標準化/規格化」「仮想通貨」「情報教育」「セキュリティ人材育生」「ダークウェブ」「ソーシャルメディア」「テレビ放送」「自動運転車」「医療情報」「テレワーク」「オープンデータ」「マイナンバーカード」「司法の...
金子 格, 須川 賢洋
情報処理   58(12) 1068-1069   Nov 2017
選挙区割,SNSなどによる選挙操作,ディジタルゲリマンダについて解説する.「1.ディジタルゲリマンダの法規制の可能性」では法的規制を行いうるかを解説する.「2.ディジタルゲリマンダとプライバシー,自己決定権」では,プライバシー/個人情報保護,人格権の観点から考察を行う.「3.ソーシャルメディアと想像の共同体」ではマスメディアからソーシャルメディアに転換したことによる社会への影響を論じる.「4.ディジタルゲリマンダへの工学的アプ ローチ─ディジタルにはディジタルを─」では,数学・工学モデルを...
須川 賢洋
情報処理   57(3) 278-283   Feb 2016
2015年9月に開催されたFIT2015でのパネルディスカッションの記録.シンギュラリティが社会にどのような影響を与えるのかを,人工知能(AI),FinTech,法律といった分野の専門家がそれぞれの立場から意見を述べている.特に,AIの法人格や知的財産権,収益の取り扱いなどについて検討している.
須川 賢洋
情報処理   55(7) 638-639   Jun 2014
In this paper, I would like to discuss on the contermeasure to the social risks which were derived from 3D printer, especially on the affair of gun fabrication. Various approach including legislation, regulation and adminstration will be discussed.
須川 賢洋, 金子 格, 井上 拓
情報処理   54(3) 184-185   Feb 2013