講演・口頭発表等

APサイト及びこれを含むクラスターDNA損傷収率の放射線の線質及びLET依存性

日本放射線影響学会第55回大会
  • 椎名 卓也
  • ,
  • 白石 伊世
  • ,
  • 菅谷 雄基
  • ,
  • 渡辺 立子
  • ,
  • 鈴木 雅雄*
  • ,
  • 横谷 明徳

開催年月日
2012年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
仙台
国・地域
日本

本研究では、APサイト及びこれを含むクラスターDNA損傷の生成過程の、放射線のトラック構造及びLETに対する依存性を明らかにすることを目的とする。試料としてプラスミドDNA水溶液を用い、これに対してCイオン及びX線を照射し、生成したAPサイトを定量した。また試料溶液中のスキャベンジャー能を変えることで、APサイト誘発における拡散性OHラジカルの寄与を調べた。その結果、スキャベンジャー能が高くなるとAPサイトの収率は低下し、またその減少のスキャベンジャー能依存性がDNA鎖切断のそれとよく似ていることが明らかになった。これらの結果から、鎖切断とAPサイトの生成が同じ反応中間体であるOH-adductに開始され途中まで同じ経路をたどり、塩基損傷の生成経路とは異なることが示唆された。現在これらの実験データをモンテカルロ法によりシミュレーションしており、発表ではAPサイトを含めたDNA損傷生成の一般モデルについて提案をする予定である。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5037636