Satoshi SUGIMOTO

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2019 at 03:29
 
Avatar
Name
Satoshi SUGIMOTO
E-mail
s-sugimotou-ths.ac.jp
Affiliation
University of Tokyo Health Sciences
Research funding number
10352650

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
International University of Health and Welfare
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
Kitasato University
 

Published Papers

 
The effect of the left-field eye patching on left spatial neglect
Journal of Osteoporosis and Physical Activity   6(3) 219-220   Oct 2018   [Refereed]
Neglected field eye patching improves the visual inattention in hemispatial neglect: a case study.
Satoshi Sugimoto, Yuji Fujino
Progress in Rehabilitation Medicine.   2 20170012   Dec 2017   [Refereed]
左半側空間無視患者に対し、無視側または非無視側を遮断した眼鏡を装着した状態で半側空間無視の検査を行い、遮断側の違いを検討した。その結果、線分抹消検査はすべての条件で見落としはなかったが、かなひろいテストでは左視野遮断条件の見落とし数が他の条件よりも少なく、特に用紙の右半分での違いが大きかった。以上より、無視側からの非意識的な注意の情報量を減少させることが、不注意の改善に有効であると考えられた。
White Matter Lesions Affect Severity of Pushing Behavior After Stroke
共著者:Yuji Fujino, Kazu Amimoto, Satoshi Sugimoto, Kazuhiro Fukata, Masahide Inoue, Akira Uchino, Hidetoshi Takahashi, Shigeru Makita
J.Phys.Ther.Sci.   29 2116-2120   Dec 2017   [Refereed]
Pusher現象を示した急性期脳卒中患者の大脳白質損傷の重症度とpuher重症度、体幹のバランス、退院時のADL能力との関連を検討した。TACI(全体的な脳の前方領域の損傷)例では白質損傷の重症度に影響しなかったが、PACI(部分的な脳の前方領域の損傷)例では白質損傷が重症なほど、puher現象が重症であり、体幹のバランスが不良であった。以上より、PACI例においては、白質損傷の程度はPusher現象に関与していると考えられた。
Prone Positioning Reduces severe Pushing Behavior: Three case studies.
共著者:Yuji Fujino, Kazu Amimoto, Satoshi Sugimoto, Kazuhiro Fukata, Yuri Hasuda, Masahide Inoue, Shigeru Makita, Hidetoshi Takahashi
J.Phys.Ther.Sci.   28 2690-2693   Sep 2016   [Refereed]
Pusher現象を示す3名の急性脳卒中患者にに対して10分間の腹臥位練習を2日施行し、scale for contraversive pushingおよびtrunk control testを用いて介入前後の成績を比較した。その結果、介入後にいずれの評価の成績も向上し、1週間後にも持ち越し効果が見られた。